ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

青森で着物の持ち込み買取を利用する際の注意点は?着物を高く売るためのポイントを徹底解説!

青森で着物の持ち込み買取を利用する際の注意点は?着物を高く売るためのポイントを徹底解説!

当記事の案内

① 情報を知りたい方

記事の内容をより詳しく知りたい方は、そのまま【目次】へお進みください。

② 査定を利用したい方

お手持ちの着物・帯等の査定なら、下記の【メール】もしくは【お電話】からお問い合わせください。


高価買取でちょっと豪華なクリスマス 買取金額20%アップ 高価買取でちょっと豪華なクリスマス 買取金額20%アップ

※本キャンペーンは出張買取のみ対象とさせていただきます。
※切手、金券、古銭、金・貴金属・ダイヤ・宝石は対象外となります。
※2021年2月28日までのお問合せ。
※キャンペーン併用不可

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

青森県内にお住いの方で「もう着る機会が減ってしまったから」とお持ちの着物の処分を考えており、最寄りのリサイクルショップに着物を持ち込み買取してもらおうと検討されている方も多いと思います。

しかし「着物を近くのリサイクルショップで持ち込み買取してもらう」という選択は、最善と言えるのでしょうか。

着物の持ち込み買取を利用して「むしろ損をしてしまった」というケースも実は大いにあり得ることです。

ここでは、着物の持ち込み買取を利用することで損をしてしまうケースの解説と、着物を売却する前に押さえておくべきポイントをご紹介します。

青森で着物の持ち込み買取をしているお店はどこにある?

青森県で着物の持ち込み買取に対応してくれるリサイクルショップや着物買取店は、10店舗以上あります。

それらの店舗は県庁所在地である青森市をはじめ、人口が20万人以上の八戸市やそれに次ぐ人口の弘前市など、青森県内でも特に人口の多い地域に集中しているようです。

着物の持ち込み買取に対応している店舗は、青森市に多く出店されているので、お出かけの際についでに利用するといった場合には便利ですよね。

しかし、近郊に店舗がない郊外からわざわざ遠距離移動して持ち込み買取を利用しようとする場合は、不便に感じる方も少なくないと思います。

せっかく遠方から着物を持ってきて買い取ってもらったのに「結果的には損をしてしまった」という事態は避けたいですよね。

本記事では、どういった場合に持ち込み買取で損してしまうのかを詳しく解説します。

青森で着物の持ち込み買取を利用すると損してしまう理由とは?

青森で着物の持ち込み買取を利用する際の注意点は?着物を高く売るためのポイントを徹底解説!

「持ち込み買取」とは、利用者が買い取って欲しい品物を自分で買取店へ持ち込んで査定を受ける方法です。

着物に限らずその他の多くの中古品についても、定番の買取方法です。

しかし、着物の中古品は他の中古品と比べても査定が難しいと言われています。

買取業者によっては、着物の価値を見誤られて「買取金額が想像以上に低く、損することになってしまった」という場合も少なくありません。

持込買取で損する理由:着物の知識がない中古品買取店を選択してしまう

着物を売る際に損をしないためには「着物の専門知識を有する人材が所属する業者を選ぶこと」が非常に重要です。

着物は種類も豊富で、正しい価値を見極めるためには着物の専門知識が不可欠です。

特に様々な商品を取り扱う総合リサイクルショップでは、そもそも着物の専門知識があるスタッフが在籍していない場合がほとんどです。

そのため、持ち込み買取を利用した際に、着物の正しい価値が判断されないまま買取が行われるケースがあります。

持込買取で損する理由:買取価格の上限が低く設定されている場合がある

店舗での買取をメインに行っている業者は、出張買取や宅配買取といった他の方法に比べて、買取金額の上限が低く設定されている場合があります。

店舗運営にはテナント料、光熱費などの運営コストが多くかかります。

買取金額の上限を低く設定することで、少しでも実店舗運営のコストを回収する目的が査定金額に反映されることも少なくないです。

また、倉庫を持たず店舗での販売が主な販路となっており、一店舗で管理できる在庫量が決して多くないところもあります。

管理専用の大きな倉庫を持っている業者と比べて、倉庫を持たない店舗は在庫を抱えきれなくて買取不可となったり、買い取ってもらっても買取価格が安くなる傾向があります。

持込買取で損する理由:着物の査定が重量査定であることが多い

総合リサイクルショップでは、着物を衣類や古着として取り扱っています。

査定方法も一枚ずつ着物の価値を見るのではなく、生地の重さに比例した査定金額を算出する「重量査定」を採用している店舗が多いです。

重量査定は着物の重さによって査定金額を決めます。

そのため、どれだけ価値のある着物でも本来の価値が反映されないまま、買い取られてしまいます。

青森で着物を高く売るために必要なポイント

青森で着物の持ち込み買取を利用する際の注意点は?着物を高く売るためのポイントを徹底解説!

青森でお持ちの着物を高く売るには、押さえておくべきポイントが3つあります。


● 着物を売るなら着物買取の専門店を選ぶ

● 出張買取や宅配買取も検討する

● 複数の買取業者に査定を依頼して見積もり額を比較する


それでは、それぞれのポイントについて説明します。

着物を高く売るポイント:着物を売るなら着物買取の専門店を選ぶ

着物の買取を行う業者は、リサイクルショップだけではなく着物専門の買取業者もあります。

着物を高く売るためには、着物を専門に扱う買取業者での査定が最も得策と言えます。

なぜなら、着物専門の買取業者には、着物に関する豊富な知識と査定経験を有する査定スタッフが在籍しているからです。

そのため、着物の査定が確かな知識と根拠に基づいたものとなり、その時々の流行なども鑑みて正確な価値を見極めてくれるでしょう。

着物を高く売るポイント:出張買取や宅配買取も検討する

「買取と言えば持ち込み買取」と考える方も多いと思いますが、持ち込み以外にも「宅配買取」や「出張買取」といった方法があります。

宅配買取は、買取業者から送られてくる段ボールなどの宅配キットに、査定してもらいたい着物を梱包して返送するだけで、査定を受けることができる方法です。

出張買取は、電話やメールで査定の日時などを予約して申し込み、査定員が自宅まで訪問し、その場で査定を受けられる方法です。

中古品買取のお店へ着物を持ち込もうと思い立っても、枚数が増えれば意外に重量は大きくなります。

店舗持ち込みには時間も労力も掛かりますので、高齢者や多忙で出掛ける暇もないという人には、出張買取が最も便利な手段ですよね。

着物を高く売るポイント:複数の買取業者に査定を依頼して見積もり額を比較する

着物にもおおよその買取相場があります。

しかし、同じ着物を買い取ってもらう場合でも、買取業者によって重視するポイントや保存状態の良し悪しの判断基準はそれぞれ異なるので、査定額に数千円の差が出ることもあります。

着物を高く売るには、複数の買取業者に査定依頼を出して見積もり額を比較するのが得策です。

最近は「無料査定」を実施している専門業者が多く、見積もり額を出してもらうだけなら料金は一切かかりません。

時間や金銭面のコストをかけずに、最も査定金額が高くて条件に合った買取業者を選びやすくなります。

大切にしていた着物だからこそ、売るのであれば少しでも高く評価されたいですよね。

着物を高く売るには、複数の買取業者に見積もりをとってもらうことを強くおすすめします。

青森のバイセル出張買取対応エリア

バイセルの青森県内における買取対応可能エリアは、下記の通りです。

青森市の他にも青森県全域で対応しておりますので、遠方にお住まいのお客様からも多数ご利用いただいております。

※出張買取のご予約状況によっては、最短で即日での出張対応が難しく、お待ちいただく場合もございます。詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。


青森県内(市)

青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市


青森県内(郡)

東津軽郡平内町、東津軽郡今別町、東津軽郡蓬田村、東津軽郡外ヶ浜町、西津軽郡鰺ヶ沢町、西津軽郡深浦町、中津軽郡西目屋村、南津軽郡藤崎町、南津軽郡大鰐町、南津軽郡田舎館村、北津軽郡板柳町、北津軽郡鶴田町、北津軽郡中泊町、上北郡野辺地町、上北郡七戸町、上北郡六戸町、上北郡横浜町、上北郡東北町、上北郡六ヶ所村、上北郡おいらせ町、下北郡大間町、下北郡東通村、下北郡風間浦村、下北郡佐井村、三戸郡三戸町、三戸郡五戸町、三戸郡田子町、三戸郡南部町、三戸郡階上町、三戸郡新郷村

査定対象となる着物の種類

青森で有名な織物とは?

青森で着物の持ち込み買取を利用する際の注意点は?着物を高く売るためのポイントを徹底解説!

青森で有名な織物は主に4つあります。

青森の名産品ですから、着物好きの方であれば1つは持っていらっしゃるかもしれません。

青森県で有名な織物を簡単にご紹介します。

バイセルでは青森の織物も買取対象ですので、ご自宅にあれば査定に出してみましょう。

こぎん刺し

「こぎん刺し」とは麻を織って藍染した布に、白くて太い木綿の糸で、織り目に沿って手刺しするものです。

こぎん刺しは布地の横糸に沿って、縦糸の本数を数えながら刺していきます。

また、こぎん刺しは地域によって柄の多様性があり、種類は西こぎん、東こぎん、三縞こぎんの3つあります。

津軽刺子

刺し子とは布を重ね合わせて、一面に細かく刺し縫いしたものです。

江戸時代の津軽の農民は、麻の着物しか着ることが許されませんでした。

農民は寒波の時期を過ごすために、麻布に木綿の糸で刺し子を施すようになって「津軽こぎん刺し」が生まれました。

南部裂織(さきおり)

「南部裂織」とは、古布・端布などを利用して織られたものです。

暖色系の色合いのコタツ掛けが特徴です。

寒波の時期が長い青森県では綿を生産できず、防寒用として麻布、藤布、科布を織っていました。

作業中に出た布の端切れも重ねて刺し子にしたり、夜着・帯・前掛けなどに作り変えていました。

南部菱刺(ひしざし)

「南部菱刺」は青森県の伝統工芸である三大刺し子の一つとされています。

こぎん刺しと同じく糸で布に模様を刺したもので、布地に厚みを加えたり、補強する目的で使われていました。

綿糸や毛糸、色糸などの刺し糸を使って作られ、小さな菱形を刺してそれらが集まると大きな菱形になります。


着物買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。


バイセルの買取品目

着物バナー
着物バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する