ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

価値のあるエラーコインの種類や見分け方を解説!古銭買取業者で高額買取を狙おう

価値のあるエラーコインの種類や見分け方を解説!古銭買取業者で高額買取を狙おう
驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

当記事でよくある質問

  • Q
  • ゾロ目の一万円札と千円札を売りたいです。いくらになりますか?

  • A
  • 紙幣の状態によって価格は大きく変動します。一度拝見いたしますので、こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から譲り受けた古いお札の中に、連番のお札が紛れていました。価値ってありますか?

  • A
  • 連番は組み合わせや状態次第で価値は大きく変わり、バイセルでは買取実績多数です。古銭買取ページをご覧ください。

その他、ゾロ目紙幣について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

「エラーコイン」という言葉を聞いたことがありますか?

実は、私たちが普段何気なく使っている硬貨のなかには、額面の何倍もの高値がつく「エラーコイン」が紛れ込んでいる可能性があります。

ここでは、エラーコインの種類や希少性、古銭買取で少しでも高額買取してもらうためのコツをご紹介しましょう。

額面以上の価値がつくこともあるエラーコイン

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

「エラーコイン」とは、製造過程で何らかのエラーが生じ、不良品となってしまった硬貨のことです。

通常、造幣局で製造される硬貨は厳しく検査され、不合格品は市場に出る前にはじかれます。

しかし、何らかの理由で市場に出回ってしまったものが、「エラーコイン」として古銭買取やオークションなどで、額面以上の価格で取引されています。

もともと市場に流通するエラーコインが少ないうえに、近年は技術の進歩により不良品自体が減ってきていることから、エラーコインより希少価値が上がってきています。

「この硬貨、どこか違うかも?」と感じたら、ぜひエラーコインかどうか調べてみてください。

エラーコインの種類と見分け方

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

エラーコインといっても複数種類があり、その種類によっては買取価格に影響することもあります。

それではエラーコインコインにはどのような種類があるのかを確認していきましょう。

穴なし・穴ずれ

5円玉や50円玉などの、通常は穴が開いている硬貨で、穴の部分がふさがったままになっているものです。

気づきやすいエラーで、仮に使用しても自動販売機などではじかれてしまうため、なかなか流通しにくいエラーコインです。昭和50年製造の硬貨に多く見つかっています。

また、穴ずれコインは、5円玉や50円玉などの穴がある硬貨で、穴が中心からずれてしまったものです。

穴なし・穴ずれエラーは数あるエラーのなかで比較的多いので探せば見つかりやすい種類といえます。

大切なエラーコインの買い取りは古銭に詳しいバイセルへ

エラーコインは数ある古銭のなかでも特に希少価値が高い種類の一つです。

もしご自宅に形状が特殊なコインを見つけたら今すぐバイセルへご相談ください!古銭に関する広い知識を持った査定員が、あなたの持っているコインの価値をお調べします。

バイセルでは形状が特殊なコインをはじめ、エラーコイン等多岐にわたり取り扱っておりますので、まずはお気軽にバイセルまでお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

角度ずれ

表面の模様と裏面の模様の角度がずれてしまったコインで昭和40年代までの硬貨、特に10円玉で多く見つかっています。

よく見ないと気づかないことも多いため、流通している可能性が大きいエラーコインです。

もしかすると、お財布や貯金箱のなかのコインに紛れ込んでいるかもしれません。

刻印ずれ

模様がずれて刻印されてしまった硬貨です。

なかには、コイン自体が変形してしまっているものもあります。

影打ちエラー

両面が同じ模様になってしまった硬貨です。

一度刻印された硬貨に別の硬貨が重なり、プレスされたことによってできます。

片面は正常に、もう片面には同じ絵柄が鏡に映した状態で刻印されています。

裏写りエラー

裏と表の模様が重なって刻印されてしまったコインです。

10円玉の裏写りエラーが多く見つかっています。

たとえば、平等院鳳凰堂の模様に、裏面の「10」がうっすら重なって見えるケースなどです。

ヘゲエラー

素材の金属の状態により、一部がめくれがあったり、余計な金属の塊がくっついてしまったりしたコインです。

ヘゲエラーは見た目がよくないため、人気が低く、高値がつきにくいエラーコインです。

しかし平成年号のものは少なく、高額になる傾向があります。

傾打ずれ

表面の模様と裏面の模様の角度がずれているコインです。

昭和40年代までの硬貨、特に10円玉で多く見つかっています。

角度ずれとの違いとしては、角度ずれは模様の一部がずれているのに対し、傾打ずれは模様全体がずれていることが挙げられます。

傾打ずれは模様のずれ方が大きいほど高額で取引される傾向です。

より高値になるプレミアエラーコインの条件

古銭処分

希少性のあるエラーコインは、古銭買取やオークションで、より高額で買い取ってもらえるでしょう。

以下で査定額が高くなる可能性のあるエラーコインの種類をご紹介しましょう。

新しい年号のコイン

古い年号のコインにはエラーコインも多く存在しますが、近年では技術の進歩により、エラーコイン自体が少なくなっています。

特に昭和40年以降は流通量が少ないのが現状です。

そのため、製造年が新しいほど、買取金額も高くなる傾向があります。

一般流通用の硬貨が製造されなかった年のエラーコイン

硬貨には、一般流通用の硬貨が製造されなかった年があります。

その年の硬貨として流通しているものは貨幣セットとして生産されたもののみで、ごくわずかです。

そのため、その年のエラーコインはとても希少価値が高く、買取金額も高くなるでしょう。

たとえば、昭和62年の50円硬貨などが有名です。

一点物のエラーコイン

硬貨が変形しているなど、一点物のエラーコインも、かなりの高額で取引されています。

エラーコインはコレクターからも注目を集めているため、稀にネットオークション等で表面を削ったり不自然に加工を施したりした偽物も出回っていますのでご注意ください。

希少価値のあるエラーコインを早く・高く売るならバイセルへ!

バイセルでは、全国を対象に古銭の豊富な買取実績を持っており、古銭コレクター様をはじめリピーター様など多数のお客様からご好評いただいております。

ご自宅に眠っている大切な古銭を【どこよりも早く、高く】バイセルが買い取りいたします!

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

エラーコインのおすすめの探し方!

古銭は今や価値の高い通貨として、市場でも高値で買い取りされていることがあります。それだけ古銭の価値が現代では上昇しており、時代が進んでいくほど価値は上がってる傾向にあります。

そのような古銭を見つけるためにおすすめの探し方をご紹介しますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

フリマアプリやオークションサイト

フリマアプリやオークションサイトには高値で落札を目指す方や、高単価で販売に出している業者などがいます。フリマアプリなどのメリットとしては、掘り出し物の古銭が低価格で出品されていることもある点が挙げられます。

ただし、フリマアプリやオークションサイトには偽物が混じっている可能性もあるので注意しておきましょう。

骨董屋や古銭取り扱い店

骨董屋や古銭取り扱い店でも販売されています。買い取りをしてほしい所有者が、骨董屋や古銭取り扱い店で買い取りをしてもらい販売されていたりします。

古銭を見つけたいのなら、骨董屋と古銭取り扱い店もチェックしておきましょう。買い取りをしたい場合には複数の店舗で査定してもらい、一番高く買い取ってくれるお店で買い取りをしてもらうとよいでしょう。

エラーコインを見つけたらどうすればいい?

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

エラーコインは、買取市場の相場において買取価格が驚くほどに跳ね上がる可能性が大きいです。エラーと言えば、欠陥商品のイメージがあるので、むしろ価格が下がってしまうのではないかと思うかもしれません。

しかし、硬貨にエラーがある場合、希少性が高くなり価値が上がる現象が起きますが、その分偽物の硬貨も多くあるので注意が必要です。

本項ではエラーコインが本物であるかどうか見極めるポイントについてご紹介します。

本物かどうかをしっかり確かめましょう

エラーコインは額面以上の価値がつき、場合によっては数十倍、数百倍になることもあるため、意図的に変造された偽物のエラーコインもあるためです。

たとえば、本物の穴をあける前のコインには、穴が開くはずの部分に3つの突起があります。

突起がないものは、後から穴をふさいだ偽造品である可能性が濃厚です。

通常のコインの穴と比較してみよう

単に穴の位置がずれてしまっただけなので、本物であれば、穴の状態は同じはずです。もし不自然な磨き跡や傷があるなら、偽物かもしれません。

コインや硬貨を意図的に加工すると法律違反になります

コインや硬貨類に意図的な加工を施すと法律違反になるので絶対におやめください。

エラーコインは額面以上での値段になるため、意図的に加工したコインが稀にオークションサイトで販売されている事例もあります。

片面しか打刻のないコインや、一部模様のないコインも、意図的に削られている可能性があるので、注意しましょう。

エラーコインの保管方法

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

もし本物のエラーコインや古銭を見つけたら、そのままお財布や貯金箱に入れておくのではなく、きちんと保管しコイン同士がぶつかって傷がついてしまうのを防ぎましょう。

硬貨は外気に触れることで酸化し、サビがつくこともあります。できれば専用のケースなどに入れておきたいところです。

使い捨てカイロと一緒に密閉容器で保管すると容器のなかを無酸素化し酸化を防ぐのでおすすめです。

また、古銭は湿気が少なく風通しのよい場所で保管するのがベストです。また、ときどき、コインの状態を確認するようにしてみてください。

エラーコインの売却先は何がある?古銭買取で高額買取を狙おう

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

エラーコインを売却する際は、高値がつく場所を探すことが大切です。

希少価値のあるエラーコインも、その価値を知らないところへ持ち込んでしまえば値段がつかないケースも考えられるため注意しましょう。

ここでは高額買取を狙えるおすすめの売却先を紹介します。

オークションに出す

エラーコインをできるだけ高く売るなら、まずはネットオークションを利用するという方法があります。

オークションの仕組みは、期間内にもっとも高い金額で入札した人が落札できるというもの。

人気のエラーコインなら入札が重なり高値で売れる可能性もあるでしょう。

ただし、自分で出品の手続きをしなければならない、出品してみないといくらの値がつくのかわからないといったデメリットはあります。

古銭買取業者へ査定を出す

エラーコインを早く、高く売却したい場合、古銭買取業者で査定してもらう方法があります。

実績豊富な古銭買取業者ならエラーコインの価値を把握しているため、額面の何倍もの高額買取が狙えるでしょう。

また売却までの期間もオークションより早い可能性があります。

ただし、買取価格はお店によって変動する場合もあります。

そのため、より高く売るなら複数の古銭買取業者に査定してもらい、そのなかでもっとも高い買取価格を提示した業者に売却するのがおすすめです。

   古銭バナー
古銭バナー

おわりに

驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

今回は、「エラーコイン」について、種類や特徴、古銭買取で高く買い取ってもらう方法などをご紹介しました。

より新しい硬貨、よりエラーの大きい硬貨、珍しいエラー内容の硬貨は希少性が高く、驚くほどの高値がつく場合もあります。

「エラーコイン」を見つけたら、今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ高額古銭買取を狙ってみてください。

   古銭バナー
古銭バナー

古銭買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。