いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

古金銀買取なら
バイセルへ

古金銀買取ならバイセル 古金銀買取ならバイセル

古金銀買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

古金銀の

価値を知りたい

古金銀を
整理したい

古金銀を売りたいなら古銭買取多数のバイセルにお問い合わせください!

古銭を売ろうとしても不安があると査定に出すハードルが高くなってしまいます。面倒になって古金銀を自宅に眠らせたままにしておくのはもったいないです。

不要になった慶長一分金、天保一分銀、万延二分判金などの古金銀をお持ちで、買取業者が見つからずにお困りであれば、その時点でバイセルにお問い合わせください。あなたの悩みに応えるべく、古銭に熟知した査定士が丁寧にお答えします。

バイセルの古銭買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

状態問わず!
古金銀を徹底査定

状態で諦めた古金銀も、
バイセルなら価値を見極められる

査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
出張料や査定料などの手数料は無料!
お近くに買取店がない方でもお気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

古金銀の買取実績

古金銀の買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品 買取価格
大阪府大阪市北区

天保小判金

70,000
徳島県徳島市

慶長一分金

21,000
兵庫県宝塚市

一分金

12,000
奈良県奈良市

二朱金

10,000
愛知県名古屋市北区

一朱銀

7,800
愛知県名古屋市南区

二朱金

5,500
神奈川県横浜市南区

古南鐐二朱銀

5,500
奈良県奈良市

一朱銀

5,000
長崎県長崎市

一朱銀

3,500

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

古銭買取の前に、
押さえておきたいポイント

査定対象となる古銭の種類

  • 金貨

  • 10万円金貨

  • 大判・小判

  • 古金銀

  • ミントセット(カバーあり)

  • 銀貨

  • 記念硬貨

  • プレミア硬貨

  • 穴銭

  • 外国コイン

  • プレミア紙幣

  • 旧一万円札

  • 旧千円札

  • 500円札

  • 100円札

  • 1円札

  • 古紙幣

※バイセルでは買取が難しい場合がございます。
詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

バイセルでは買取が難しい古銭

以下のお品物は一部を除き、買取が難しい場合がございます。まずはオペレーターまでお問合せください。

レプリカ品の古銭・コイン / 偽物の古銭・コイン / 現行貨幣

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

古金銀買取のよくある質問

文政一朱金などの古金銀を見つけました。大量ですが売れますか?
はい、バイセルの出張買取をご利用ください。古金銀を整理せずにそのまま査定に出しても構いません。自宅に伺った査定士が1枚ずつ丁寧に確認します。
何の古金銀か読み取れないほど汚れていても売れますか?
どんな古金銀だと希少価値がありますか?

古金銀とは?

古金銀は、江戸時代から明治初期にかけて流通していた金や銀で作られた通貨の総称です。日本で最古の古金銀は1601年に発行された慶長一分金と言われ、幕府が代替えするごとに増えていき、1869年までの268年間に渡って流通されていました。

古金銀は額面によって一分金(銀)、二分金(銀)、一朱金(銀)、二朱金(銀)に分類されます。

家康が定めた三貨制度によって発行された金貨は、小判、二分金、一分金、二朱金、一朱金です。四進法によってレートが定められており、小判が一番価値が高くて1枚で一両の価値があります。

一分金(銀)は、額面が小判1枚(1両)の1/4にあたる古金銀で、重さも小判の1/4になるように作られました。

二分金(銀)は、一分金(銀)の2倍の額面価値を持ちます。二分金は補助的な貨幣として鋳造されたもので、金の含有量は一分金よりも少ないです。幕府は二分銀を発行しておらず、地方貨幣としてのみ存在しています。

一朱金(銀)は1両の1/4である1分の、さらに1/4の額面価値を持ちます。一朱金は一分金に比べて額面金額が安い分、金の含有割合も低いです。二朱金(銀)は、一朱金(銀)の2倍の額面価値を持ちます。二朱銀といえば江戸幕末の開国にあたって、貿易取引のために鋳造された安政二朱銀が知られています。発行期間が短く、枚数が少ない古金銀は現存数も少ないため、希少価値がつきやすいです。

古金銀の種類の一例

古金銀とは、江戸時代から明治初期にかけて流通した金や銀で作られた通貨です。初代の徳川家康は、金・銀・銭(銅)の貨幣を用いて取引する「三貨制度」を施行して、全国の貨幣統一を試みました。

日本最古の古金銀は、家康が政権を担っていた1601年に発行されたとされ、種類が増えていき、1869年までの268年間に渡って流通していました。それぞれ貨幣の価値が異なり、金貨が一番価値の高いものとされました。三貨制度によって発行された金貨は、小判、二分金、一分金(いちぶ)、二朱金、一朱金で、以下のような古金銀があります。

一分金は、1599年から1867年にかけて12種類が発行されています。それぞれ、慶長一分判金、元禄一分判金、宝永一分判金、正徳一分判金、天保一分判金、安政一分判金、万延一分判金、享保一分判金、元文一分判金、文政一分判金、佐渡一分判金、額一分判金です。

二分金は、文政二分判金、万延二分判金、真文二分判金、草文二分判金、安政二分判金、貨幣司二分判金です。

一分銀は、天保一分銀、庄内一分銀、明治一分銀、古一分銀、安政一分銀です。

一朱金銀は、文政一朱金、文政南鐐一朱銀、嘉永一朱銀、明治一朱銀、安政二朱銀です。

二朱金は、元禄二朱判金、天保二朱判金、万延二朱判金です。

ここでは、代表的な古金銀の種類をご紹介します。

慶長一分金

慶長一分判金は、徳川家康が強大な覇権を誇示すべく1601年~1695年の約100年に渡って鋳造していた金貨です。品位は金857/銀143、量目は4.43gです。

徳川家康は関が原の戦いに勝利した翌年だった1601年に、初めて大判・小判・一分判金の3種の金貨幣を製作しました。

慶長一分判金は江戸座、京座、駿河座などで造られており、造られた座によって表面の「本」という字の数などに異なります。これらは「片本」や「両本」と呼び分けられます。通常は丸星の間に「一」字が刻印されていますが、前期に作られた一分金は刻印されていません。

また、慶長一分金は、江戸時代最初に作られた貨幣としてコレクターから人気です。金品位が高く、きれいな状態で残っているものは少ないと推測され、極めてきれいな状態ですと高値が見込まれます。

元禄一分金

元禄一分金は、1695年~1710年に五代将軍・徳川綱吉の命令によって発行されました。品位は金564/銀436、量目は4.46gです。

貨幣の流通量を増やす財政政策により、すでに流通した貨幣は新貨鋳造や家康政権時に発行されていた慶長一分金と交換するためにほとんどが鋳潰されてしまいました。

元禄一分金は慶長一分判金の次に作られた一分金で、裏面には後藤光次(みつつぐ)の刻印の右上に年代を表す「元」の文字が彫られています。「元」の文字には長元と短元の2種類あり、価値も多少変動するでしょう。

金品位は慶長一分判金より低いものの、慶長一分金よりも発行期間が短く15年しかありません。そのため、江戸時代の残存数が少ない金貨として知られています。

宝永一分金

宝永一分金は1710年~1714年の4年間発行された金貨です。品位は金834/銀166、量目は2.33gです。

江戸時代になってから3番目に鋳造された宝永一分金は、今までの慶長一分金や元禄一分金と比べても、金の量目が半分くらい減っています。

宝永一分金の裏面には年代を表す「乾」という印が刻まれており、この乾の字は大字と小字があり、書体も複数存在します。逆打ちなどの特徴があれば希少性が見込まれるでしょう。

なお、この時代には、合わせて宝永通宝と言われる十文銅銭も通用していました。

正徳一分金

正徳一分金(しょうとく)は1714年~1714年に、七代将軍・徳川家継(いえつぐ)を補佐した新井白石(はくせき)が断行した貨幣改革によって発行されました。

元禄・宝永の改鋳によって上昇した物価を安定させるためと、新井白石の貨幣観である「貨幣の品位は家康時代と同じであるべき」という思想の下で行われ、品位と量目は慶長一分金と同じにしました。

しかし、元々は五大将軍・綱吉のどんぶり勘定による、品位の低い金貨の発行を引き締める目的でしたが、大幅な物価の下落を招いて1年で発行停止になりました。

正徳一分金の特徴は、享保一分金と裏面の光次(みつつぐ)の極印が似ています。正徳一分金は光次の二字が完全に離れているのに対し、享保一分金は少し離れています。正徳一分判金は発行期間の短さから現存数が少ないため希少価値が高いです。

もっと詳しく知りたい方には
古銭コラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

  • ゴルフクラブ買取

  • 家電買取

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料