いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

古銭買取で10銭はいくらになる?10銭硬貨や札の種類と買取価格について

2022.09.07

古銭買取 コラム
古銭買取で10銭はいくらになる?10銭硬貨や札の種類と買取価格について
10銭などを含む古いお金のコレクションを持っています。いくらになりますか?
保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。
祖父から10銭などを含む古銭のコレクションを譲り受けました。今も価値ってありますか?

皆さんは「10銭」という古い日本円をご存知でしょうか。

このお金は昔の日本で流通していたお金で、古銭買取の場で比較的よく査定に出されるポピュラーな古銭です。

10銭は初めて貨幣として登場してから廃止されるまで様々な種類が発行されてきました。

ここではその種類やそれぞれの買取価格をみていきましょう。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

10銭の買取相場

結論から言うと、大半の10銭(貨幣・紙幣含む)は買取不可の判定をする古銭買取業者が多いと言えます。

ただし、10銭の中にはごく稀にプレミア品の判定をするところもあるようですが、これは古銭の価値ではなく骨董的な価値を下す場合もあるようです。

10銭の買取が難しい理由は当時大量に発行されたため希少性が見受けられないということや、銭単位のお金は既に通貨としての効力がなく、つまり何枚あっても1円にすらならないのです。

古銭買取を専門としている業者では難しい10銭ですが、どうしても売却したい場合はオークションを活用するのも良い方法かもしれません。

必ずしも売れる保証はありませんが、中には欲しがっているコレクターも存在しているようです。

10銭の種類と買取価格について

10銭には銀貨・硬貨に区分される貨幣と紙幣があり、この多くは古銭コレクターの中では広く知られている種類です。

10銭をはじめ、どんな種類があるのかみていきましょう。

旭日竜10銭銀貨

明治3年に発行された旭日竜10銭銀貨は銀8割・銅2割で構成され、近代貨幣の代表として有名です。

表面には竜の刻印と、裏面に旭を意味する太陽が描かれています。

10銭白銅貨

10銭白銅貨は戦争の影響で銀の価格が高騰したことを受け、銅が使われた貨幣です。

表面には菊と桐の紋章に10銭と刻印があり、中央に穴が空いてるのは偽造防止と材料の節約のためといわれています。

10銭ニッケル貨・10銭アルミ青銅貨

10銭ニッケル貨も他の貨幣同様に戦争の影響で材料が高騰したことを受け、ニッケルが使われた貨幣です。

その後さらに政局の悪化でさらに安いアルミ青銅貨へと変更されていきました。

この時代に発行された貨幣の多くは戦争(第一次世界大戦)の影響を大きく受け、人々の生活に大きく影響した時代でもありました。

この他にも「菊10銭アルミ貨」「稲10銭アルミ貨」などの貨幣が発行されています。

コレクターの間で過去に人気を博した10銭

古銭買取においては大半の10銭が買取不可の判定をされる可能性があるものの、ここで紹介する10銭は過去にコレクターの間で人気が出た10銭になります。

もし該当する10銭であるならば、価値を調べてみるのも良いかもしれません。

竜10銭銀貨

竜10銭銀貨は明治7年に発行され、表面に描かれた竜が特徴の銀貨です。

コレクターの中にはこの竜の刻印がはっきり出ているものや、使用されていない綺麗なもの、未使用品などは人気といわれています。

明治通宝10銭

明治通宝10銭は紙幣になりますが、当初はドイツで発行されたことから注目を集めました。

ただし発行年数が古いことや紙幣のため状態が悪いものが多く流通しています。極端に状態の良い美品はコレクターに人気がありますが、古銭買取市場ではあまり見かけません。

発行年数が古いことや紙幣のため状態が悪いものが目立ちますが、極端に状態の良い美品はコレクターに人気がありますが、古銭買取市場ではあまり見かけません。

八咫烏10銭銀貨

数多く発行された10銭の中でトップクラスの人気があるといわれる古銭です。

大正7年に発行されましたが、素材として使われていた銀の価格が安定しなかったことを受け、流通しなかったといわれる幻の10銭です。

古銭買取市場でほぼ目にすることはありませんが、もしお持ちの場合は高値が期待できる数少ない10銭といえるでしょう。

高値が付きやすい古銭買取について

古銭買取で高値が付く可能性がある条件はどういったことが挙げられるのでしょうか。

まず前提として発行枚数が少ないもの、また発行年数によっては極端に枚数が少ない場合もあり、年号を調べるのも良いでしょう。

10銭を古銭買取に出す時の注意点や保管方法

10銭硬貨や紙幣を少しでも高値で売却したい場合は、買取業者に査定を依頼することがおすすめです。

また10銭貨幣を少しでも良い状態で買い取りに出したいという場合には次のことに注意しましょう。

10銭硬貨の場合

10銭硬貨は、製造された時代によって銀の配合割合や、ニッケル、アルミといった使用金属の割合が変化します。

どの時代のものでもクリーニングをすることはせず、汚れていてもそのままの状態で査定に出しましょう。

理由としては、洗浄剤やブラシなどで硬貨に傷がつき、状態が悪化してしまう可能性があるからです。

また、銀の含有率が高い旭日竜10銭銀貨は、水や洗浄剤に触れてしまうとサビなどの腐食が発生する可能性があります。

10銭硬貨の場合、古銭販売店などでシュリンク包装のうえ販売されている硬貨があります。

その多くには証明書がついており、買い取りに出す際は証明書を一緒に提示することで、高価買取につながります。

10銭札の場合

10銭紙幣は明治時代から昭和28年まで4種類の紙幣が発行されています。

明治5年から発行された明治通宝10銭札のほか、大正6年〜昭和28年までに発行された大正少額紙幣10銭札、昭和に入ってから発行された2種類の10銭紙幣があります。

とくに、八紘一宇塔10銭札や鳩10銭札は昭和に入ってから発行され流通枚数も多いのが特徴です。

しわのない新券に近い紙幣や状態の良い紙幣は高価買取が期待できますが、現状のままで査定を依頼することをおすすめします。

洗浄したりアイロンをかけたりするという工程で、破れやインク落ちが発生することもあります。また熱を加えることで、紙を焦がしてしまうほか、酸化を早めてしまうことも考えられます。

10銭札を保管する際には、紙の酸化や退色を防ぐために日光や外気に触れないよう保管するのが高額査定のポイントとなります。