いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

長野オリンピック記念硬貨の買取相場は?種類と賢く売るポイントをご紹介

長野オリンピック記念硬貨の買取相場は?種類と賢く売るポイントをご紹介

長野オリンピック記念硬貨は、1998年の長野五輪冬季大会を記念して発行されました。

長野オリンピック記念硬貨の買取相場と賢く売るポイントを解説します。

額面ごとの特徴やプルーフ貨幣セットについてもご紹介しますので、併せてご一読ください。

掲載品の買い取りに関するお知らせ

一部掲載品について、弊社規定により買い取りいたしかねるものがございます。
あらかじめご了承ください。

長野オリンピック記念硬貨とは

長野オリンピック記念硬貨とは

長野オリンピック記念硬貨とは、1998年に長野県で開催された冬季オリンピックを記念して発行された硬貨です。

500円白銅貨、5000円銀貨、10000円金貨が3回に分けて絵柄違いで発行され、計9種類の硬貨が存在します。

硬貨の表面にはアルペンスキーやアイスホッケーといった長野オリンピックを代表する競技の図案が描かれているのが特徴です。

長野オリンピック記念硬貨の中でも、24金製である10000円金貨は状態によってコイン買取市場で高値で取引されることがあります。

長野オリンピック記念硬貨の種類

長野オリンピック記念硬貨を額面ごとに、発行時期・発行枚数と共にご紹介します。

また、それぞれの図柄も解説しますので、お持ちのコインと照らし合わせてご覧ください。

長野オリンピック記念10000円金貨

長野オリンピック記念10000円金貨の種類は以下の表の通りです。

刻印図案 発行時期 発行枚数
スキージャンプ 1997年(第1次) 55,000枚
フィギュアスケート 1997年(第2次) 55,000枚
スピードスケート 1998年(第3次) 55,000枚

長野オリンピック記念10000円金貨は、スキージャンプ・フィギュアスケート・スピードスケートと、華やかな競演姿が印象的な図柄です。

裏面は、長野県の県花である「りんどう」の図案に統一されています。

また、素材に24金が使われているので、金としての価値も望める硬貨です。

長野オリンピック記念5000円銀貨

長野オリンピック記念5000円銀貨の種類は以下の表の通りです。

刻印図案 発行時期 発行枚数
アイスホッケー 1997年(第1次) 5,000,000枚
バイアスロン 1997年(第2次) 5,000,000枚
アルペンスキー 1998年(第3次) 5,000,000枚

長野オリンピック記念5000円銀貨は、アイスホッケー・バイアスロン・アルペンスキーと、長野オリンピックで注目を集めた競技が図案になっています。

裏面は、長野県の県獣である「かもしか」の図案に統一されています。

長野オリンピック記念500円白銅貨

長野オリンピック記念500円白銅貨の種類は以下の表の通りです。

刻印図案 発行時期 発行枚数
スノーボード 1997年(第1次) 20,000,000枚
ボブスレー 1997年(第2次) 20,000,000枚
フリースタイル 1998年(第3次) 20,000,000枚

長野オリンピック記念500円白銅貨は、ボブスレー・スノーボード・フリースタイルスキーの躍動感溢れる図案が刻まれています。

裏面は、長野県の県鳥である「らいちょう」の図案に統一されています。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

長野オリンピック記念プルーフ貨幣セットの種類

長野オリンピック記念硬貨には、プルーフ貨幣が納められたセットもあります。

プルーフ貨幣とは、流通している貨幣と同じデザインで、表面を鏡のように磨いたものを指します。

長野オリンピック記念プルーフ貨幣の種類は以下の通りです。

種類 発行枚数
金貨単独 66,000枚
3点セット(金・銀・白銅貨) 99,000セット
2点セット(銀・白銅貨) 300,000セット

長野オリンピック記念プルーフの10000円金貨は単独で発行され、最も発行枚数が少ないため、買取額が期待できる種類と言えます。

発行時期は全て1996〜1997年で、プルーフではない通常の長野オリンピック記念硬貨と同様に3回に分けて発行されました。

長野オリンピック記念プルーフ貨幣は、専用のケースに納められているため、コインコレクターから需要の高いコインとされています。

長野オリンピック記念硬貨の買取相場

長野オリンピック記念硬貨の買取相場

長野オリンピック記念硬貨は、額面や使用されている素材、発行枚数によって買取額が左右されます。

具体的には、長野オリンピック記念10000円金貨は、3つの額面の中で最も高いうえに発行枚数が少ないため、買取額も期待できます。

さらに、現在金価格が高騰している傾向にあるため、今まで以上に注目が集まっている硬貨とも言えます。

5000円銀貨、500円白銅貨はいずれも発行枚数が多いことに加えて所有しているコレクターも多数いるため状態問わず額面割れの可能性は高いといえます。

査定にはこちらのボタンから申し込めます。

また、バイセルの古銭買取の実績や買取方法、買取可能な状態などを詳しく記載していますので、査定前にご覧ください。

長野オリンピック記念硬貨は銀行で引換えすると損?

長野オリンピック記念硬貨は銀行で引換えすると損?

長野オリンピック記念硬貨は、銀行などの金融機関で現在流通しているお金に引き換えてもらえます。

住まいの近くに銀行があるという人は、「その方が手っ取り早い」と感じるかもしれません。

しかし、長野オリンピック記念硬貨を銀行へ持っていくことはおすすめできません。

なぜなら、銀行では額面通りの金額でしか引き換えてくれないためです。

貴金属の価値があるので銀行よりも買取業者へ

長野オリンピック記念硬貨は、金や銀を素材としているため、コインとしてだけではなく貴金属としても高い価値をもちます。

額面よりも高値になる可能性があるため、額面通りにしかならない銀行へ持っていくと、損をするかもしれません。

一方で、コインを専門的に取り扱っている買取業者であれば、額面だけでなく素材・発行枚数・希少性などを加味して価値を正しく見極めます。

長野オリンピック記念硬貨を正しい価値で売りたいと考える方は、コイン買取のバイセルで売ることが得策です。

長野オリンピック記念硬貨を賢く売るポイント

長野オリンピック記念硬貨を賢く売るポイント

長野五輪冬季大会記念硬貨は、額面や発行枚数によって価値が見込めます。

そのため、どうせ売るなら「少しでも高く売りたい」「賢く買取サービスを利用したい」と考えますよね。

以下のポイントを押さえれば、長野オリンピック記念硬貨を含むコインを賢く売ることができるでしょう。

  • ・保存状態に気を付ける
  • ・出張買取を利用する
  • ・複数の買取業者で査定額を比較する

それでは、詳しく解説します。

保存状態に気を付ける

長野五輪冬季大会記念硬貨をはじめとするコインは、表面に傷や汚れなどが見られない綺麗な状態であるほど高く売れる傾向にあります。

具体的な保管方法としては、空気に含まれる湿気で劣化する恐れがあるため、専用ケースに入れて空気に触れないようにすることです。

また、直射日光に長期間当たると変色の原因となるため、風通しの良い暗所での保管をおすすめします。

もし、コインが汚れている場合は、むやみに自分で洗浄しない方が良いでしょう。

反対に傷つけて、コインの価値を落とす可能性があります。

出張買取を利用する

長野五輪冬季大会記念硬貨などのコインを売る場合、コイン買取のバイセルが行っている出張買取を利用するのが賢明です。

出張買取とは、査定士が利用者の自宅へ行き、その場で査定する買取サービスで、バイセルでも提供しており無料でご利用いただけます。

利用者は自宅にいながら買取を済ませられ、忙しい人でも便利に利用できます。

特に細々しているコインの場合、自分で買取店まで持ち運ぶとなったら、傷つけたり紛失してしまう心配があるでしょう。

出張買取であれば、コインが自宅にある状態のまま査定が受けられるので、今以上に価値を落とすこともありません。

買取店までの往復時間も節約できるので、出張買取はおすすめの買取サービスです。

複数の買取業者で査定額を比較する

「コインを少しでも高く売りたい」と考える方は、複数の買取業者へ査定を依頼して、実施の査定額を比較すると良いでしょう。

比較した後は、最も査定額が高かった業者へ売るだけです。

複数箇所へ依頼をしたり、何回か査定を受けるなどで時間や手間はかかりますが、確実に高く売るには適している方法でしょう。

査定を依頼する際には、査定料・キャンセル料を無料としているところが望ましいです。

さらに、出張買取が利用できるところを選べば、家から出ずに査定額を比べられます。