記念硬貨は両替と換金のどちらがおすすめ?買取に出す際のポイントもご紹介

2024.06.20

古銭買取 コラム
記念硬貨は両替と換金のどちらがおすすめ?買取に出す際のポイントもご紹介記念硬貨は両替と換金のどちらがおすすめ?買取に出す際のポイントもご紹介

記念硬貨とは、国家的な出来事を記念して発行される硬貨のことです。

日本の記念硬貨では、1964年に発行された東京オリンピック記念硬貨や、1970年に発行された日本万国博覧会記念硬貨などが有名です。

記念硬貨は額面通りの価値があるものの、「自動販売機では使えない」「お店によっては使用を断られることがある」など実際に使うには不便なことが多いです。

不要になった記念硬貨は、現行の流通貨幣に両替するか買取店に出すかどちらが良いでしょうか。

本記事は両替と買取のメリット、中古市場で需要が見込まれる記念硬貨の種類をご紹介します。


掲載品の買い取りに関するお知らせ

一部掲載品について、弊社規定により買い取りいたしかねるものがございます。
あらかじめご了承ください。

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

記念硬貨を銀行で両替する

記念硬貨を銀行などで両替する

記念硬貨は銀行で額面通りの金額(記念硬貨に印字されている金額)に両替できます。

額面と同じ金額で両替されるので、記念硬貨の価値は反映されません。

両替時には手数料が発生するため本来受け取れる金額を下回る可能性があります。

ちなみに、ATMでは記念硬貨の取り扱いができません。

郵便局は両替業務を行っていないので、両替したい場合は銀行に行きましょう。

記念硬貨を買取業者に売る

記念硬貨を買取業者に売る

記念硬貨は古銭を扱う買取業者の査定に出すことで換金できます。

買取であれば額面通りに換金される金融機関での両替とは異なり、状態、種類、コレクションの価値などを加味してしてくれます。

記念硬貨の種類によっては高値が付く場合があります。

さらに、昔の硬貨や紙幣もまとめて換金してもらえます。

現在は流通していない、両替もできない古い貨幣の換金を考えているのであれば買取業者を利用してみましょう。

両替と買取はどちらがお得?

お持ちの記念硬貨を両替するか買取に出すかどちらを選べばいいでしょうか。

記念硬貨を一旦査定に出して、額面を超える金額が出たら売却することをおすすめします。

買取業者はコレクションとして人気が高い・希少性がある・保存状態が良いかなどを踏まえて査定金額を提示してくれます。

お持ちの記念硬貨の価値をじっくりと見てくれるでしょう。

バイセルでは記念硬貨の買取実績が多数あります!

記念硬貨の価値を正確に見極めるには、コレクションとしての需要などを総合的に判断する必要があります。

バイセルは古銭をはじめとした買取サービスを全国で提供し、多くのリピーターにご利用いただいています。

出張買取なら手数料無料でご自宅まで査定士がお伺いします。

不要な記念硬貨をお持ちでしたらぜひお試しください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

中古市場でコレクター需要を見込まれる記念硬貨の種類

中古市場でコレクター需要を見込まれる記念硬貨の種類

日本ではこれまでに数十種類の記念硬貨が発行されており、そのなかには中古市場でコレクター需要を見込まれる記念硬貨があります。

下記に紹介した記念硬貨であれば需要を見込まれるでしょう。


・天皇陛下御即位記念硬貨(10万円金貨)

・皇太子殿下御成婚記念硬貨 (5万円金貨)

・2005年日本国際博覧会記念硬貨(4万円金貨)

・天皇陛下御在位10年記念硬貨(1万円金貨)

・天皇陛下御在位20年記念硬貨(1万円金貨)

・長野オリンピック冬季競技大会記念硬貨(1万円金貨)

・2002FIFAワールドカップ記念硬貨(1万円金貨)

・東日本大震災復興事業記念硬貨(1万円金貨)

・東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念硬貨(1万円金貨)


金貨と銀貨のセットも中古市場で高い傾向にあります。

ただし、実際の査定金額は記念硬貨の保存状態や種類などによって左右されます。

出張買取の相談をしてみませんか?

記念硬貨を少しでも高く売るための注意点とは

記念硬貨を少しでも高く売るための注意点とは

記念硬貨を少しでも高く売るには何に注意すれば良いでしょうか。

ここでは3つのポイントをご紹介します。


・記念硬貨の状態を保つ

・セット内容を揃えておく

・付属品は硬貨と一緒に査定に出す

記念硬貨の状態を保つ

記念硬貨の査定では、状態が重要なポイントの一つです。

傷やサビがついている、変形している状態だとコレクション価値が下がってしまうでしょう。

発行枚数が少ない記念硬貨プレミア価値のつく種類であっても、額面通りの価値になってしまうといったケースも考えられます。

記念硬貨のプレミア価値を高く保つためにも、保管の際には湿気の多い場所を避ける・ケースに入れて保管するなどの工夫をしましょう。

セット内容を揃えておく

記念硬貨が販売される際には、複数枚の硬貨がセットになっていることも多いです。

セットで販売された記念硬貨の場合には、セット内容がすべて揃っている場合の方がコレクションとしての需要が高まり、高く売れる可能性が上がります。

長く保管している間に紛失してしまって、「買取に出すときにセットが不完全になってしまっている」といったことのないように大切に保管しておきましょう。

付属品は硬貨と一緒に査定に出す

記念硬貨が販売されるときには、ケースや説明書といった付属品がついてきます。

これらの付属品もコレクションとして重要なアイテムであるため、ついている方が高く買取されやすいでしょう。

中でも、ケースが未開封である場合には特に希少価値が高いとされ、買取価格も高くなりやすい傾向があります。