いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

ゼンザブロニカ(ZENZA
BRONICA)買取なら

バイセルへ

ゼンザブロニカ(ZENZABRONICA)買取ならバイセルへ ゼンザブロニカ(ZENZABRONICA)買取ならバイセルへ

ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

古いゼンザブロニカを
売りたい!

作動しないゼンザブロニカは

売れるの?


「古いカメラを集めていたが処分しなくてはいけなくなった」「動かないゼンザブロニカのカメラを売りたい」という方はバイセルへお問い合わせください。

バイセルの査定士はゼンザブロニカを含む国内外のカメラに熟知しているので、お持ちのカメラの価値に見合った金額を自信をもってつけられます。

ゼンザブロニカはブランドがないため、当時のカメラ技術や形状を知る手段として価値が評価されるでしょう。

売却をご検討であればバイセルの査定をお試しください。

バイセルのゼンザブロニカ買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

壊れているのカメラも積極的に査定!

作動できないゼンザブロニカでも買取可能です!アンティーク価値として評価が見込めます。気にせず査定にお出しください。



査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
出張料や査定料などの手数料は無料!
お近くに買取店がない方でもお気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)の買取実績

業界最大規模の「月間10万点」以上の
買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品 買取価格
東京都新宿区

BRONICA S2 + NIKKOR-P 75mm F2.8 など

3,000
茨城県石岡市

ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR-P 75mm F2.8 + ZENZANON 150mm F3.5 など

5,000
大阪府柏原市

BRONICA S2 ブラック + NIKKOR-P 75mm F2.8 など

5,000
北海道札幌市手稲区

BRONICA ETR + ZENZANON MC 75mm F2.8 など

6,000
京都府京都市左京区

ZENZA BRONICA SQ-Ai + ZENZANON PS 80mm F2.8 など

10,000
神奈川県横浜市港南区

ZENZA BRONICA S2 + Nikon NIKKOR-P.C 75mm F2.8 など

15,000
東京都世田谷区

BRONICA EC-TL II + NIKKOR-H.C 75mm F2.8 など

20,000
群馬県藤岡市

BRONICA S2 + Nikon NIKKOR-P 75mm F2.8 など

2,000
東京都武蔵野市

ZENZA BRONICA ETR + ZENZANON MC 105mm F3.5 など

2,000
埼玉県草加市

ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR-P 75mm F2.8 など

2,500

※上記買取実績はあくまで一例です。状態によっては、ご希望の金額に添えないものや、お値段が付かないものもございますのであらかじめご了承下さい。

ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)の買取相場

商品名買取相場

ミラーレス一眼カメラ canon EOS R6

134,400円

ミラーレス一眼カメラ canon EOS R

60,000円

デジタル一眼レフカメラ canon EOS-1D X Mark Ⅱ

168,000円

デジタル一眼レフカメラ canon EOS Kiss X9i

27,200円

フィルム一眼レフカメラ canon EOS-1V

20,800円

フィルムレンジファインダーカメラ canon 7s

12,000円

ミラーレス一眼用レンズ canon RF 15-35mm F2.8L IS USM

108,000円

ミラーレス一眼用レンズ canon RF 35mm F1.8 MACRO IS STM

18,400円

AF一眼用レンズ canon EF 16-35mm F2.8L Ⅲ USM

76,000円

MF一眼用レンズ canon New FD 20-35mm F3.5L

13,600円

※上記は参考価格であり、実際の買取価格を保証するものではありません。 ※ご査定時の在庫状況や市場の状況によりお買取価格が変動する場合がございます。 ※お買取相場の価格は未使用新品、付属品完備を想定しています。お品物の状態によって価格が大きく変わる場合がございますのでご了承ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

カメラ買取の前に、
押さえておきたいポイント

よくご相談いただくカメラの種類

  • フィルム
    カメラ

  • レンズ

  • アンティーク
    カメラ

  • 一眼レフ
    カメラ

  • コンパクト
    カメラ

  • レンジファインダー

  • 二眼レフ

  • カメラアクセサリー

高額になりやすいカメラ

保存状態が良いもの

一眼レフ・デジタルカメラは状態が良いほど査定金額が上がりやすいので、汚れを落としてからなるべく早く売りましょう。
カメラは使用頻度や扱い方次第で、表面が削れたりレンズにヒビが入ったりなどのトラブルが起きがちです。
何年も愛用していて手入れもしっかりしているつもりが、カメラの隙間に細かいチリが蓄積されている可能性があります。
査定前にきれいにしようと分解して洗浄する手もありますが、査定金額よりも業者に洗浄してもらう料金の方が高くなってしまうかもしれません。
また、年式の古いカメラは洗浄してくれる業者が少なく、探す手間もかかってしまいます。
売りたいカメラはなるべく自分で手入れをするようにしましょう。
ブロア、ハケ、クロスの3点を使えば、スイッチ周り、フィルム室、レンズと本体の溝、カメラ全体についた汚れを落とせます。

付属品がそろっているもの

カメラを購入すると付属品がいくつかついてきます。
ストラップ、レンズキャップ、充電池、説明書、箱などが付属され、全てそろっているて状態だと査定金額に反映されやすいです。

また、生産が終了したシリーズの中にはコレクション価値が認められるカメラもあり、付属品が複数残っているだけでも貴重になります。
コレクターは、カメラ本体も付属品もきれいな状態の製品を探しています。
中古市場で需要が見込まれるよう、付属品は用意しておきましょう。

中古需要の高いもの

中古市場で高くなるカメラには特徴がいくつかあります。
例えば、事業を撤退して廃盤になった、生産数が少ない、メーカーが初期に製作した、高い技術を駆使したモデルなどです。
一眼レフやデジタルカメラよりもフィルムカメラは生産量が少なくて希少価値が高いです。
ィルムカメラ全盛期に作られたカメラは需要の高いモデルもあります。

古いカメラ・ヴィンテージカメラも
積極買取中です!

古いカメラでも、 実はいろんな需要があります!

バイセルなら
カメラ本体だけでなく、
部品やパーツも査定いたします!

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 40代女性

    価格についても満足してますよ。

    丁寧にお話ししてくださいましたね。これはこうだからこのくらいの値段になりますって、鑑定基準を教えてくれてましたね。価格についても満足してますよ。また機会があればよろしくお願いしますよ。

    大分県別府市40代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    査定員さんの対応が良かった

    【決め手】査定員対応・価格・処分希望・会社信用 全てですね。査定員さんの対応が良かったですし思いがけないくらいお金をもらうことができたので決めました。

    栃木県那須烏山市60代女性

    出張買取を利用しました

  • 40代女性

    身だしなみもよかったですよ。

    良かったです。無理強いしない感じで、知らないことかもいろいろ教えていただいて感じが良かったです。身だしなみもよかったですよ。また機会があればお願いします。査定員さんによろしくお伝えください。

    埼玉県川口市40代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    大変よかったです。

    ちゃんと一つ一つ確認しながら査定してくださいましたし、わかりやすく商品の説明もしてくださって、理由もちゃんと教えてただけて、大変よかったです。

    神奈川県愛甲郡愛川町60代男性

    出張買取を利用しました

  • 80代女性

    対応も丁寧でしたし、バッチリですよ!

    とてもよくしていただきましたよ!説明も丁寧でしたし、買取額もお勉強してもらえました笑。対応も丁寧でしたし、バッチリですよ!もう一軒あるので、そちらもお願いしようかなと思ってます!

    兵庫県西宮市80代女性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

ゼンザブロニカ買取のよくある質問

ゼンザブロニカなどの古いカメラをたくさん持っています。部屋を片付けたくて全部売りたいです。どうやって売ったらいいでしょうか。
バイセルの出張買取をご利用ください。査定士が自宅で査定して、その場で査定金額をお渡しします。査定料と出張料も無料です。カメラは何台でも査定可能で、レンズなどの機材もまとめてお売りできます。ぜひフリーコールにおかけください。
ゼンザブロニカの限定モデルを持っています。高く売れますか?
ゼンザブロニカのカメラとレンズを持っています。今でも価値ってありますか?

中古市場で需要のあるZENZA BRONICAのシリーズ

ゼンザブロニカは、スウェーデンのカメラメーカー・ハッセルブラッドに似た形状で「和製ハッセル」と呼ばれていますが、それとは異なる独自機能を兼ね備えています。

ゼンザブロニカのシリーズは、発売当初より一眼レフ式カメラの基本機能を全て搭載している中判カメラです。

1960年代に作られて2000年に廃盤したため、どのモデルも中古市場では高く売れる可能性があります。

また、一部のモデルは中古市場でも出回っている数が少ないといわれています。

ここではゼンザブロニカの代表的なモデルをご紹介します。

Zenza Bronica D

「Zenza Bronica D」は1959年にゼンザブロニカが初めて発表したカメラです。

創業者・吉野善三郎が当時の金額で2億円の私費を投入して開発しました。

ゼンザブロニカDは1961年にゼンザブロニカSが発表された際、区別するためにD型と呼ばれるようになりました。

「Zenza Bronica D」は中古市場であまり見かけることがなく、価格が上昇傾向にあります。

ZENZA BRONICA Sシリーズ

「ZENZA BRONICA S」は1965年に発売された6×6判の一眼レフカメラです。

ゼンザブロニカDは内部機構が複雑で外装にも多大なるコストがかかっていました。

1961年に発売されたゼンザブロニカSは、セルフタイマーやオートマット機構などの構造を再設計してシンプルにし、ゼンザブロニカDよりもサイズを大きく改良しました。

また、他社の一眼レフのミラーは跳ね上げ方式ですが、ゼンザブロニカの6×6判シリーズは降下式のレフレックスミラーが採用されています。

同シリーズの「S2」はゼンザブロニカを代表するロングセラーとなり、廃盤になった今でもコレクター間では大人気のモデルです。

「S2」は一般的な35mmフィルムと比べて、大きい中判フィルムを使用しているため解像度が高いです。

ETRシリーズ

ETRシリーズはゼンザブロニカの中でモデルやパーツの種類が豊富で、開発に力を入れていた当時の勢いを感じます。

また、限定生産の記念モデルもあり、通常モデルよりも買取相場が高く評価されるでしょう。

ここでは、ゼンザブロニカのETRシリーズをいくつかご紹介します。

Zenza Bronica ETR

「Zenza Bronica ETR」は1976年から2004年まで作られていた中判一眼レフカメラです。

1976年に発売された初代モデルは、翌年にグッドデザイン賞を受賞しました。

ゼンザブロニカSシリーズは撮影スタジオでの使用を意識していました。

ETRシリーズはSシリーズとは異なり、絞り優先のAEを実現するため電子シャッターを採用しています。

レンズシャッターはレンズ内に装備されていますが、シャッター速度の操作はボディ側にあるダイヤルで操作します。

さらに、AEプリズムファインダーを装着することでAEカメラに変わり、露出計も機能します。

Zenza Bronica ETRS

「Zenza Bronica ETRS」は1978年に発売されたモデルです。

ゼンザブロニカETRの内部機構や操作性を改良し、シャッターボタン半押しでファインダー表示確認できます。

同モデルは、「ゼンザブロニカETRS 20thモデル」「ゼンザブロニカETRS クラブマン」「ゼンザブロニカETRS SF」など限定品も展開されています。

Zenza Bronica ETRSi

「Zenza Bronica ETRSi」は1988年に発売されたETRシリーズ最後のモデルです。

TTLダイレクト自動調光(カメラに使われる内蔵露出計の一種)に対応し、モーターワインダー(モーターの力でフィルムを巻き上げる機構のこと)も搭載されています。

ゼンザブロニカの中判一眼レフカメラとしては高機能なモデルです。

限定モデルとして「ETRSi 30万台記念モデル」と「ETRSi 40thモデル」が展開されています。

ZENZA BRONICA GS-1

「ZENZA BRONICA GS-1」は1983年に発売された6×7判の一眼レフカメラです。

小型で軽量さが売りで、標準レンズとウエストレベルファインダー付きだと約1800gです。

GS-1は電子制御のレンズシャッターで、バルブ(夜景や天体撮影時などの長時間露光撮影時に使う機能)と16秒〜1/500秒を搭載しています。

ZENZA BRONICA RF645

「ZENZA BRONICA RF645」は2000年に発売された6×4.5判レンジファインダーカメラです。

しかし、発売してから5年経った2005年に、デジタル市場の振興により中判カメラ市場が縮小し、販売数が激減したことでゼンザブロニカの全モデルが生産中止になりました。

RF645の販売期間は5年間なので、流通数が少なく希少価値が高まっています。

ゼンザブロニカの査定ポイントとは?

ゼンザブロニカの査定では、以下のいくつかのポイントがあります。

・限定販売や記念モデル

・保存状態がきれいか

・付属品・アクセサリーがそろっている

査定に出す前にぜひご一読ください。

限定販売や記念モデル

ゼンザブロニカはブランド自体がなくなってしまい、全モデルが新品ではなく中古でしか購入できません。

創業したての頃に作られた「ゼンザブロニカD」などは高値になる場合がありますが、販売数が限定されたモデルも希少価値が高くなりやすいです。

例えば、ETRシリーズが30万台販売を記念して「ETRSi 30万台記念モデル」やブロニカ発売40年を記念してた「ETRSi 40周年記念モデル」などがあります。

どちらも販売数は300台のみなので、査定に出せば高値が見込まれるでしょう。

保存状態がきれいか

現在ではプロでも中判カメラを使う機会はほとんどありませんが、二度と作られないゼンザブロニカがどうしても欲しいという中上級者のコレクターは大勢います。

ゼンザブロニカはプロの写真家向けに作られた中判カメラなので耐久性に優れています。

また、故障が多いという口コミもありますが、ゼンザブロニカ問わずカメラを購入時から何十年も経過しているとキズや汚れがつきやすくなります。

査定では保存状態が良いと高値になりやすいので、手入れをしてから査定に出すことをおすすめします。

ブロアーをホコリを入念に飛ばして、ハケでカメラ表面の汚れを取り、最後にクロスで拭いてください。

ゼンザブロニカを使う機会がなくてケースなどに入れていない場合は、ホコリまみれになっている可能性があるため、しっかりと汚れを落としておきましょう。

付属品・アクセサリーがそろっている

ゼンザブロニカを購入すると箱、説明書、保証書、ストラップ、レンズキャップ、シリーズによってはアクセサリーがついてきます。

ブロニカカメラのアクセサリーは、あおり・シフト機能つきベローズ、小型ベローズ、ポラロイドバック、野外ファインダー、接写リング、リバースリング、レンズフード、L型グリップ、フォーカスレバーなどがあります。

2005年にカメラ、付属品、アクセサリーの提供が終了しているので、今お持ちの付属品類を大切に保管しておきましょう。

カメラ買取ならバイセル

ZENZA BRONICAとは?

ゼンザブロニカは、カメラ収集家で実業家の吉野善三郎が、「世界一のカメラを自分で作りたい」という理念のもとに設立しました。

吉野善三郎は、シガレットケースやオイルライターなどを製造する会社を経営している傍ら、世界中のカメラを収集するほどの熱心な愛好家でもありました。

写真店も経営するほどで、理想のカメラを開発するために当時で2億円もの私費と、約8年をかけて、1959年に6×6の中判フィルムカメラ「ZENZA BRONICA」を完成させました。

それまで6×6の中判フィルムカメラは、スウェーデンのハッセルブラッドが出していましたが、国内ではゼンザブロニカが初めてです。

1961年に「BRONICA S」、1965年に「BRONICA S2」を発表し、S2は代表作となりました。

1998年にタムロンに吸収合併されてゼンザブロニカの法人はなくなりますが、ブランド名はそのまま残ります。

2000年に「ブロニカRF645」が発売されましたが、このモデルを最後にブランドがなくなることになりました。

中判カメラでは高機能で人気だったゼンザブロニカですが、デジタル一眼市場にシェアと取られてしまい、生産終了となりました。

もっと詳しく知りたい方には
カメラコラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

  • ゴルフクラブ買取

  • 家電買取

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料