いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

ミントン買取なら
バイセルへ

ミントン買取ならバイセル ミントン買取ならバイセル

ミントン買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

ミントンの

価値を知りたい!

ミントンを
すぐに売りたい

ハドンホール、ビクトリアストロベリー、キリンビアマグコレクションを売るならバイセルへお任せください!

ミントンは流通数の少ないシリーズがあるので、お持ちであれば希少価値が評価されるかもしれません。

価値のある高級食器を安心・安全に売るなら、バイセルの出張買取をご利用ください。

お問い合わせから最短即日で査定員がご自宅に伺います。

査定料・出張料は無料ですので、フリーコールに気軽にお掛けください。

バイセルのミントン買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

年代不明なミントンの食器も査定可能!

年代不明なミントンの食器も査定できます。

査定風景

02

経験豊富な査定員にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定員が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
さらに査定料、送料、出張料などの手数料は無料!気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

ミントンの買取実績

業界最大規模の「月間10万点」以上の
買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品
千葉県四街道市

ミントン:カップ&ソーサー/皿/ティーポット

大阪府大阪市西成区

ミントン:グラス/皿/

千葉県広島市西区

ミントン:皿

東京都府中市

ミントン:洋食器

千葉県船橋市

ミントン:食器

東京都品川区

ミントン:洋食器

東京都品川区

ミントン:洋食器

千葉県流山市

ミントン:洋食器

広島県広島市安佐南区

ミントン:カップ&ソーサー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定員を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 80代女性

    全く問題ありませんでしたよ!

    全く問題ありませんでしたよ!ちゃんと説明もしてもらいました。ゴミとして捨てようと思っていた物だったので、少しでも価値があるとわかって満足です!また何かあればお願いしようと思います。

    東京都八王子市80代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代女性

    さわやかで好感持てました。

    こちらに到着する前に何度かお電話していただきましたし、車降りた時も挨拶がさわやかで好感持てました。ありがとうございました。売るものはなくなりましたがまた機会があればよろしくお願いします

    大阪府堺市堺区50代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    安心して取引できてよかったです。

    初めてで相場がわからないのですが、おかげですっきりしましたし私としては満足です。ありがとうございます。 説明も納得できました。安心して取引できてよかったです。またお願いいたします。

    兵庫県加古郡播磨町60代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    とっても丁寧でした。

    とっても丁寧でした。 言葉遣いもそうですが、わからないことに対しても、親身になって教えていただきました。 査定中にも関わらず、手を止めて説明していただいたのが、とても好印象でした。

    愛知県名古屋市天白区60代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    査定はきちんとしてくれました。

    他のもの結構出しちゃって、査定の時間自体は2時間くらいかかったんですけど査定はきちんとしてくれました。他の査定はどうなっているのかといった話も聞けていたので良かったです。

    埼玉県さいたま市北区60代男性

    出張買取を利用しました

  • 40代男性

    機会があれば是非お願いしたいと思います。

    大丈夫でした。とても良かったです。 価格も良い感じだったと思いますし、説明も詳しくして頂きました。 もしまたこういう機会があれば是非お願いしたいと思います。ありがとうございました。

    兵庫県加古川市40代男性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    丁寧に1点1点見てくれました

    丁寧に対応して頂いたかなと思います。丁寧に1点1点見てくれましたし、説明を詳しくしてくれましたよ。こういう理由で値段が付きますと値段の根拠まで詳しく教えてくれたので納得できました。

    神奈川県横浜市泉区60代女性

    出張買取を利用しました

  • 30代男性

    大変親しみやすく良かったです!

    査定員さんがお話し好きな方で、1時間ほどの査定でしたがあっという間に時間が経ってしまいました!知らなかったことを色々と教えてくれて、勉強になりました。大変親しみやすく良かったです!

    埼玉県三郷市谷口30代男性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

ミントン買取のよくある質問

高級食器をいただきましたが、付属品がなくてどこのブランドかわかりません。査定ってしてもらえますか?
もちろんです。バイセルでは付属品がなくても刻印やデザインなどでブランド名を判断できます。カトラリーなども買い取りますので、ぜひフリーダイヤルにお問い合わせください。
ミントンの食器をいくつか持っています。どの年代かわからなくても買い取ってもらえますか?
食器のコレクションを出張買取で売りたいのですが、自宅に人を入れるのに抵抗があります。バイセルではどのように査定をしますか?
バイセルでは買い取れない食器ってありますか?

ミントンとは?

ミントンは、1793年に創始者のトーマス・ミントンによってイギリスに設立された高級陶磁器ブランドです。

ボーンチャイナの品質が高く評価され、1856年には王室御用達の高級食器ブランドとしての地位を確立し、ブランドがなくなるまで180年間続きました。

ミントンの顧客にはヴィクトリア女王のほか、ヨーロッパの王室、日本の皇室、インドのマハラジャや各国大使らが名を連ねました。

二代目のハーバード・ミントンは、「バリアン技法」や「アシッドゴールド」などを生み出すなどの大きく方向展開を図り、三代目のキャンベル・コリン・ミントンはさらなる発展に貢献し、大使や国家元首らの発注先にまでなりました。

ミントンは、高級食器ブランドのWEDGWOOD(ウェッジウッド)を運営するロイヤルドルトンの傘下に加わっても陶磁器を作り続けていましたが、WWRDグループホールディングスの一員となったためミントンの名は廃止されました。

高値が見込めるミントンの種類

ミントンはかつてあったイギリスの陶磁器メーカーです。

ベストセラーである「ハドンホール」、「ビクトリアストロベリー」、金彩をふんだんに用いた「ダイナスティ」など豊富で、現在はブランド自体がなくなっているため廃盤となっています。

ハドンホール

ハドンホールシリーズは、イングランドにあるハドンホール城の礼拝堂にあるタペストリーをモチーフにして、1948年にデザイナーのジョン・ワズワースが「ハドンホール」と「ハドンホールブルー」を完成させました。

ジョン・ワズワースはミントンの歴代デザイナーの中でも、英国美術工芸史にもその名を刻むほどの存在です。

ハドンホールには、パッションフラワー、カーネーション、パンジーなど総柄が描かれており、ブランドの中で最も有名な絵柄です。

ティーカップ&ソーサーには、螺旋状に波を打っている「ファイフ・シェイプ」が採用されています。

ハドンホールブルー

ハドンホールブルーとは、1993年にミントンが設立200周年を記念して発表されたハドンホールの色違いでです。

1948年にハドンホールが作られた際にブルーもデザインされていましたが、1993年になるまで製品化されていませんでした。

ハドンホール・トレリス&トレリスブルー

ハドンホール・トレリスは、2008年にハドンホール誕生60周年を記念して発売されました。

イギリスのガーデンテラスに欠かせないトレリスを、ハドンホールにアレンジしています。

トレリスとはツル植物を屋根や壁にはわせる格子状の生け垣(いけがき)のことで、花柄のデザインの周りに描かれています。

カラーは、グリーンとブルーの2色あります。

ハードウィック

ハードウィックは、ハドンホールと同じ柄がブルーの濃淡で描かれたシリーズです。

イギリスのマナーハウス(昔の貴族や領主が所有していた館などをホテルに改装した宿泊施設)にあるガーデンから着想を得たとされています。

マナーハウスとは、エリザベス1世の治世の頃、2番目に権力があったハードウィック館のベスによって建てられた屋敷です。

ミントンのデザイナーであるジョン・ワズワースが、このハードウィックを訪れたときに、青一色の「ハードウィック」から着想を得て、ハドンホールのシリーズに名づけました。

ビクトリアストロベリー

ビクトリアストロベリーは、1855年にヴィクトリア女王から注文を受けて制作した野イチゴを描いたシリーズです。

ミントンの中でも人気の一つで、アンティーク価値が見込めます。

また、2004年にはワイルドストロベリーをアレンジした「ヴィクトリアストロベリーホワイト」が誕生しました。

他にもブルーで絵付けした「ヴィクトリアストロベリーブルー」、金彩を施した「ヴィクトリアストロベリーゴールド」、グラス製の「ヴィクトリアストロベリー・クリスタル」など幅広いです。

キリンビアマグコレクション

キリンビアマグコレクションとは、キリンビールが創立100周年を記念して世界の名窯にビヤマグの制作を依頼したシリーズで、1993年版にミントンのハドンホールが採用されています。

第1弾が1979年~1988年、第2弾が1989年~2000年に頒布された限定品です。

新品では手に入らないため中古市場では需要が見込まれるでしょう。

エキゾチックバード

エキゾチックバードは、金を酸で腐敗させて模様をつける「アシッドゴールド」、金を盛り上げて細工をする「レイズゴールド」、白エナメルで透けるような絵付けをする「パテシュールパテ」というミントンの三大技法が駆使された名品です。

古代の中国の磁器を模した絵柄で、深紅に乳白色のパテ・シュール・パテのレリーフを重ねています。

エキゾチックバードは1840年にヴィクトリア女王が、1878年にはエドワード7世が特注した復刻モデルです。

現在は制作できる職人が数名しかおらず、グレードの高いエキゾチックバードが中古市場に出回るのは大変希少です。

コカトリス

コカトリスは、ヨーロッパに伝わる雄鶏とヘビを合わせたような伝説上の生き物をモチーフにしたシリーズです。

1800年代から1950年代頃まで生産されていました。

食器のリム(皿の一段上がったフチの部分)には、細かなグリーンの目柄がプリントされ、牡丹と雲にのったコカトリスの絵柄が描かれています。

市場にわずかに流通しているカラーは人気の高いピンクとグリーンですが、ブルーはもっと少ないとされています。

シュルズベリー

シュルズベリーは、金を厚く盛りつけることで凹凸を表現する「レイズド・ペイスト・ゴールド技法」を用いたミントンの代表作です。

シュルズベリーは1880年頃から製作されるようになり、当時の作品はミントンのペインターだったA.H.ライト氏が絵付けを担当しています。

ミントンのシリーズでは作品数が少ないものの、認知度は高いため中古市場でも希少価値があります。

ミントンを査定に出すときに覚えておきたいポイント

ミントンは中古市場での流通数が少ないシリーズも多く、お持ちの場合は価値を評価される可能性があります。

せっかく高級食器の売却を考えているなら少しでも高値がついてほしいですよね。

ここではミントンを査定に出すときに覚えておいた方がいいポイントをご紹介します。

シリーズやバックスタンプの確認

ミントンは製造年代によって様々なバックスタンプが存在します。

バックスタンプはブランド名、製造年代、シリーズ名などミントンの価値を知る大事な情報源です。

ミントンに押されたバックスタンプには以下があります。

・1805年~1806年頃

金箔を施した食器に使われていたブルーのバックスタンプです。

1805年以前は数字の前に「No.」が付いていましたが、1805年以降は数字のみです。

・1820年代頃

花柄を施した陶器に、ブルーの絵付けした十字剣を真似たマークです。

・1873年~1912年頃

「MINTONS」のロゴの上に王冠を乗せたマークです。

「England」の文字列は1891年以降、「Made in England」の文字列は1902年頃から描かれています。

査定ではどの年代に作られて、どのような価値があるのかを確かめて適切な査定金額をご提示します。

食器の保存状態を確認

ミントンを含む高級食器に共通しているのは、バイセルは未使用の食器買取はできますが、一度でも使用した食器は買取が難しい場合があります。

未使用で保存状態がきれいな食器だと高値になりやすいです。

ミントンの食器を売るには査定前に状態が良いかを確認して、ホコリや汚れがあったら柔らかいタオルで優しく落としておきましょう。

査定までに汚れがつかないように箱に入れて保管しておくことをおすすめします。

箱などの付属品の有無

ミントンの食器が入ってた箱や付属品を食器と一緒に出すと、評価が高くなる可能性があります。

バイセルでは付属品のみの買取はしていないため、ミントンの食器がある場合は箱に入れて出しましょう。

食器をいただいて使わなかった場合は箱に入れて保管している場合が多いでしょう。

査定前に一度箱を開けて状態を確認しておくことをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方には
食器コラムがおすすめです

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料