いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

ロイヤルアルバート
買取なら
バイセルへ

ロイヤルアルバート買取ならバイセル ロイヤルアルバート買取ならバイセル

ロイヤルアルバート買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

ロイヤルアルバートの食器を

売りたい

廃盤になったコレクションの
価値を知りたい

100周年記念コレクションシリーズ、エンチャントメント、オールドカントリーローズなどロイヤルアルバートをお持ちならバイセルへお任せください!

食器を買取店まで持ち運ぶのは割れてしまいそうで不安ですよね。

そこでバイセルの出張買取を利用してみませんか?

出張買取なら査定料・出張料無料で、ご自宅まで査定士が伺います。

「コレクションしていた食器の価値を知りたい」「箱にしまったままのロイヤルアルバートの食器を売りたい」など様々なご要望にお答えします。

ロイヤルアルバートを売りたい方は査定経験豊富なバイセルにお任せください。

バイセルのロイヤルアルバート買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

製造年代がわからないロイヤルアルバートの食器もバイセルなら見極められます。

また、バラなどの花模様が多くて見分けが難しいと思いますが、しっかり確認して査定金額をご提示します。

査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
出張料や査定料などの手数料は無料!
お近くに買取店がない方でもお気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

ロイヤルアルバートの買取実績

業界最大規模の「月間10万点」以上の
買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品
千葉県市原市

ロイヤルアルバート:カップ&ソーサー

神奈川県横浜市金沢区

ロイヤルアルバート:カップ&ソーサー

千葉県松戸市

ロイヤルアルバート:洋食器

福岡県福岡市南区

ロイヤルアルバート:洋食器

東京都国分寺市

ロイヤルアルバート:洋食器

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

食器買取の前に、
押さえておきたいポイント

高額になりやすい食器

有名ブランドの食器

「エルメス」「マイセン」「ロイヤルコペンハーゲン」「バカラ」「ノリタケ」といった有名ブランドが手掛けた食器は、買取市場でも人気となっています。中古でも高い需要があり、高額買取の可能性もあるでしょう。

骨董的価値の高い食器

アンティークの洋食器や人間国宝が手掛けた和食器など、骨董的価値の高い食器は高額買取されやすいでしょう。日本のものでは「オールドノリタケ」や、「酒井田柿右衛門」「今泉今右衛門」などの作品が有名です。

未使用品または傷・汚れのない食器

食器の買取では、使用済みのものに比べて未使用品なら買取価格が格段に高くなりやすいです。また、傷やヒビ割れ、汚れや色褪せがないなど保存状態の良い食器ほど高く売れる可能性は高いでしょう。

高価な素材が使われた食器

食器の素材には様々ありますが、買取価格が高くなりやすいのは純金・純銀・金彩・クリスタルガラスといった高価な素材が使われた食器です。陶磁器の素材では、カオリンやボーンチャイナも高額になりやすいです。

人気デザインの食器セット

多くの食器ブランドには人気のデザインで揃えたセット商品があり、買取市場でも人気です。ティーポット・カップ&ソーサーなどがセットになったティーセット、プレートセットなど、高く買取されるものも多いです。

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 40代女性

    また利用したいです。

    査定士さん、よかったですよ。 わかりやすくて、好青年でした。金額も十分いただけましたし、説明もしっかりわかりやすかったですね。また利用したいです。本日はありがとうございました。

    愛知県高浜市40代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代女性

    説明もわかりやすくて満足しています。

    査定士さん、すごいよかったですよ。 査定の時の手指の消毒、マスクの着用、話も面白い上に、説明もわかりやすくて満足しています。金額も十分いただけました。ありがとうございました。

    大阪府泉大津市50代女性

    出張買取を利用しました

  • 80代男性

    安心して任せることが出来ました。

    対応がすごく良い方だったので安心して任せることが出来ました。 説明も詳しく事細かにして頂いたので良かったです。 またなにかあればお願いしたいなと思いました。ありがとうございました。

    千葉県市原市80代男性

    出張買取を利用しました

  • 70代女性

    しっかりやってくれましたよ。

    ちゃんとしっかりやってくれましたよ。言葉遣いが優しくて、対応もよくて、身だしなみもきちんとして、とても爽やかでハンサムでした!価格も満足ですし説明もしっかりやっていただきましたよ。

    東京都北区70代女性

    出張買取を利用しました

  • 30代女性

    良かったです。

    私が知らなかったことが多かったんですけど、こちらが質問した時にきちんと答えてくれたので良かったです。また今後何かあったら今日来てくれた方に来てもらいたいねって主人と話していました。

    東京都墨田区30代女性

    出張買取を利用しました

  • 70代女性

    全体的に丁寧でした

    全体的に丁寧でした。品物に対しても丁寧に説明いただけました。初めての利用だったので相場もわからなかったのですが、その中でもいろいろ説明いてもらえたので価格については満足しています。

    神奈川県厚木市70代女性

    出張買取を利用しました

  • 80代女性

    大変好感が持てました。

    大変良かったですよ。あんまりしつこくなくてこちらの要件をのむようきちっとお答えいただきまして特にどうということなく大変好感が持てました。もし何かあったら利用させていただきたいです。

    兵庫県芦屋市80代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    スッキリしました。

    事細かく教えてもらったんで良かったですよ!!自分では品物の価値が分からんから捨てるつもりでいたけど、それだけでも十分だったんじゃないかなって思ってますよ。片付いてスッキリしました。

    北海道函館市60代男性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

ロイヤルアルバート買取のよくある質問

ロイヤルアルバート以外にもどこのブランドかわからない食器でも買い取ってもらえますか?
ブランド名がわからなくても査定可能です。「ロゴが擦れていて見えづらい」「食器の形に特徴がなくて調べようにない」とお困りであれば査定士がしっかりを確認いたします。査定料無料ですのでぜひお申し込みください。
ロイヤルアルバートのティーカップを持っています。使用済みで水垢が多少ついていても買い取ってもらえますか?
ロイヤルアルバートなどの食器を集めています。数が多いので、お勧めの買取方法はありませんか?
何十年も前に買ったロイヤルアルバートでも売れますか?

ロイヤルアルバートとは?

ロイヤルアルバートは、1896年にイギリスの陶器の街といわれるストーク・オン・トレントで、トーマス・ワイルドとクラーク・ワイルド親子が、陶器工場を買い上げて「トーマス・ワイルド・カンパニー」を創業したことから始まります。

ブランド名はヴィクトリア女王の夫・アルバート公と、女王夫妻の孫・アルバート・ジョージ王子から付けられました。

翌年に王室からヴィクトリア女王即位60周年記念の製作を依頼され、出来栄えが認められたため王室御用達の勲章を授けます。

1904年には英国王室から「ロイヤル」の名を冠することを許され、ブランド名をロイヤルアルバートに変更しました。

2009年にロイヤルアルバートはイギリスの陶器ブランド・ウェッジウッドとロイヤルドルトンを抱えるWWRDホールディングスの傘下となり、大きな転換期を迎えます。

2015年にWWRDもイッタラ、アラビアなどの有名食器ブランドを抱えるフィスカースグループに買収されました。

ロイヤルアルバートは、最も英国的な王室御用達のテーブルウェアとして世界中の食器愛好家に使われています。

中古市場で需要のあるロイヤルアルバートの食器

ロイヤルアルバートの全シリーズにイギリスの国花であるバラが描かれています。

バラにロココ調やバロック調をイメージしたデザインを多用しているので、ロイヤルアルバートには覚えやすい食器が多いかもしれません。

また、ロイヤルアルバートは高級ブランド食器として、ロイヤルコペンハーゲンやウェッジウッドなどと並んで人気があります。

廃盤品や記念シリーズは、保存状態がきれいだと高値になる可能性があります。

ここでは中古市場で高値が見込めるロイヤルアルバートのシリーズをご紹介します。

100周年記念コレクションシリーズ

100周年記念コレクションシリーズは、2006年にロイヤルアルバートが設立100周年を記念して作られました。

1900年~1990年代までに製造された10年代ごとの代表的なデザインを復刻させたコレクションで、各デザインにティーカップ&ソーサー、プレート、マグがあります。

1900年…Regency Blue(リージェンシーブルー)

リージェンシーブルーは、コバルト地と花菱模様(はなひし:菱形の中に花びらを4枚描いた文様)が交互に描かれています。

ロイヤル・アルバート・アーカイブのパターンの組み合わせたデザイン金彩もゴージャス。

1910年…Duchess(ダッチェス)

ダッチェスは、19世紀前半に皇太子であったイギリス国王・ジョージ4世の摂政期にイギリスで見られた建築とインテリア様式の「リージェンシー様式」から着想したデザインです。

1920年…Spring Meadow(スプリングメドウ)

スパーリング メドウとは広大な牧草という意味です。

第一次世界大戦後の時代の雰囲気を反映して、白地にサクラソウ、バラ、スミレなどの春の花々を描いています。

1930年…Polka Rose(ポルカローズ)

ポルカローズは淡い青に白い水玉模様、そしてティーカップの内側にはバラが描かれています。

1940年…English Chintz(イングリッシュチンツ)

イングリッシュチンツは、第二次世界大戦中の1940年代に人気だった英国更紗(さらさ:光沢のついた派手な模様を描いた木綿)の柄から着想を得ました。

1950年…Festival(フェスティバル)

フェスティバルは淡い水色に大きくツリガネソウが描かれています。

1960年…Golden Rose(ゴールデンローズ)

ゴールデンローズは、1962年に発売された「オールドカントリーローズ」と同じくピンク地にゴールドでバラがあしらわれています。

1970年…Poppy(ポピー)

ポピーは、フラワーパワーの時代を反映して明るいコラールオレンジやイエローでヒナゲシが描かれています。

フラワーパワーとは1970年代のヒッピー世代が唱えた反体制的なスローガンです。

ヒッピーは自分のことをフラワーチャイルドと呼び、”武器ではなく、花を”をスローガンに愛と平和の尊さを訴えていました。

1980年…Holyrood(ホーリールッド)

ホーリールッドは、イギリス王室の住居がある「Holyrood」から命名されています。

1990年…Hartington Lane(ハーティントンレーン)

ハーティントンレーンは紫色に近いピンク地に、濃い紫色の花模様が描かれています。

エンチャントメント

エンチャントメントは1950年~1980年まで製造されていました。

イギリス製は廃盤になっていますが、インドネシア製は新品で販売されています。

エンチャントメントとは日本語で「魔法にかけられる」「魅惑」などの意味を持ち、ターコイズブルーと大胆に描かれた白いバラのブーケ、そして食器のフチを彩る金彩が描かれている華やかな作品です。

また、ビクトリア女王の夫・アルバート公と、女王の孫であるアルバート・ジョージ皇太子の名にちなんでいます。

オールドカントリーローズ

1962年に誕生したオールドカントリーローズはブランドの代表的なデザインです。

ティーカップの形状は「モントローズシェイプ」といい、上半分が横に広がって、下半分は丸くふくらんでおり、この部分の対流で紅茶の温度とうまみを保てるように作られています。

高台がついているとティーカップソーサーから直接熱を奪われにくくなり、口に近づけるときには熱々の紅茶を適温で飲めます。

ニューカントリーローズ

ニューカントリーローズは、オールドカントリーローズを元にデザインされたカジュアルラインです。

ロイヤルアルバートの中でも模様や色彩を控えめにして、食事のシーンに合うデザインにしています。

金彩がない食器には電子レンジでも使える利便性も特徴です。

ムーンライトローズ

1987年に発売されたムーンライトローズは、オールドカントリーローズの色違いのシリーズです。

オールドカントリーローズは赤と黄色を主体としたバラを描いていますが、ムーンライトローズは青と紫を基調に、イギリス湖水地方にある庭園で月光に照らされたバラが咲いている様子をイメージしています。

青いバラには、「夢が叶う」「奇跡」「神様の祝福」などの花言葉があります。

同シリーズは廃盤となっていますが、今でも人気が高いです。

レディーカーライル

1946年に発売されたレディーカーライルは、18世紀に大流行したバロック調とロココ調を用いて金彩で彩り、鮮やかなピンク色をベースにバラやブルーベル、勿忘草(わすれなぐさ)などを描いています。

全体的にフォーマルなデザインが気品あふれるシリーズです。

フラワー・オブ・マンス

フラワー・オブ・ザ・マンスは、月を象徴する花が描かれた全12種類のシリーズです。

1月はスノードロップ、2月はバイオレット、3月はアネモネ、4月はチューリップ、5月はスズラン、6月はバラ、7月は勿忘草、8月はポピー、9月はデイジー、10月はコスモス、11月はキク、12月はクリスマスローズが描かれています。

現在は廃盤となっていますが、このシリーズが好きな人が全てコンプリートしたくなるでしょう。

自分の誕生月だけ購入した人もデザインに魅了されて集めたくなる遠みます。

中古市場ではシリーズものをコンプリートしたい方も多いので、一定の需要が見込まれます。

ミランダ・カーコレクション

ミランダ・カーコレクションは、ヴィクトリアシークレットのモデルとしても絶大な人気を誇るモデルのミランダ・カーとコラボしたシリーズです。

2014年に発表されて以来、ティーカップ、トレイ、プレート、マグ、3段ケーキスタンドなどアイテムが増えています。

全ての食器のデザインをミランダが考案し、おばあ様が持っていたロイヤルアルバートのティーカップで紅茶を飲んだ思い出をイメージしたそうです。

アイテムのデザインにはDevotion(愛情)、gratitude(感謝)、blessings(祝福)、joy(喜び)、Friendship(友情)などのネーミングがついています。

ロイヤルアルバートのシリーズは?

ロイヤルアルバートのシリーズは種類が多く、中には発売時から現在まで人気のシリーズもあります。

ここでは上記に挙げたシリーズ以外を簡単にご紹介します。

ラベンダーローズ

ラベンダーローズは1961年~2009年に使われていたデザインです。

イングリッシュガーデンの影響を受けて、ラベンダー色の葉がローズのアクセントになっています。

カンタベリー

カンタベリーは、イングランドの都市・カンタベリーの名から取っています。

白地に濃い赤色の模様と、全体に描かれたイングリッシュローズが特徴です。

1939年から作られていましたが、現在は廃盤になっています。

エンチャント

エンチャントは1950年~1980年に作られた、お皿の外側にターコイズと白いブーケのモチーフです。

ブリガドーン

ブリガドーンは1963年~2001年に作られた淡い紺色と紫色の野あざみが描かれています。

フォーゲットミーノット

フォーゲットミーノットとは1950年頃に生産されていたシリーズで、勿忘草が描かれています。

スイートヴァイオレット

スイートヴァイオレットは、1966年~2001年まで生産されていたスミレ(Violets:ヴァイオレット)を描いたシリーズです。

大小のスミレを全体に散りばめた上品なデザインが特徴です。

シルバーメープル

シルバーメープルは1959~1984年に作られた薄青色のメープルの葉が描かれています。

モスローズ

モズローズは1947年に生まれて、2001年に廃盤になっています。

淡い色でピンクローズを描いたシリーズです。

レディカーライル

レディカーライルは1944年から現在も生産されているシリーズです。

外側にはビビットなピンク色をベースにローズ、ブルーベルを描いています。

プロヴィンシャル・フラワーズ

レディカーライルは1944年から現在も生産されているシリーズです。

外側にはビビットなピンク色をベースにローズ、ブルーベルを描いています。

マスカレード

マスカレードは、1950年~1970年に製造されていたシリーズです。

目立つデザインが多いロイヤルアルバートですが、マスカレードは黒っぽいバラが描かれたシックなデザインです。

オールドイングリッシュローズ

オールドイングリッシュローズは1962年に製造されて、世界総生産1億ピース以上も売れたとされるブランドの代表的なシリーズです。

ブランドのどのシリーズよりも手に入りやすい値段ですが、初期に製造された食器は現在販売されている食器よりもアンティーク価値が見込めるでしょう。

エアルーム

エアルームは1927年まで製造されたシリーズです。

エアルームとは「家宝」という意味で、日本の伊万里焼に影響を受けデザインが特徴です。

金彩と花柄がきれいに残っていれば高値が見込まれるでしょう。

ロイヤルアルバートを買取に出す際に注意すること

ロイヤルアルバートの食器を売る際にはいくつかのポイントがあります。

・バックスタンプを擦らない

・保存状態をきれいにしておく

・付属品を揃えておく

上記のポイントを簡単にご紹介します。

バックスタンプを擦らない

高級食器には底にロゴや製造年代、食器の特徴を表すバッグスタンプが押されています。

バックスタンプも食器の価値を判断する際に重要なポイントです。

食器を保存する際にはスタンプが擦れないようにしましょう。

例えば、ロイヤルアルバートのオールドカントリーローズには、「Old Country Roses」の刻印と、赤、桃、黄のバラが描かれています。

ブランドによっては初期の頃からバックスタンプのデザインが変化しており、一見ロイヤルアルバートとはわからないスタンプも存在する場合があります。

ロゴが擦れていると判断できない場合があるので、丁寧に扱うことをおすすめします。

保存状態をきれいにしておく

大前提として食器は未使用ではないと、買取できない可能性があります。

査定では未使用で保存状態が良ければ高値で売れる見込みがあるでしょう。

ロイヤルアルバートはアンティーク価値が評価されるシリーズがあります。

しかし、金彩が剥げている、箱にホコリが大量についている、食器のフチや底が欠けているなどの状態だと価値が低くなる傾向にあります。

製造年代が古いとカップの内側に灰の濁点や金彩の凹凸などがみられ、品質には問題ないですが査定ではなるべくない方が望ましいでしょう。

お持ちのロイヤルアルバートの価値を知りたい方は査定に出してみてください。

付属品を揃えておく

ロイヤルアルバートを売るときには付属品も一緒に出しましょう。

購入時に箱や冊子、食器を包む袋などがついてきますが、食器を査定に出すときには一緒にまとめて出すと査定金額に反映される場合があります。

ですから、査定までに食器と一緒に大切に保管しておきましょう。

もっと詳しく知りたい方には
食器コラムがおすすめです

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料