いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

マイセン買取ならバイセルへ

マイセン買取ならバイセル マイセン買取ならバイセル

マイセン買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

サービスを
初めて
利用するので不安

価値のわかる
業者に

依頼したい

マイセンを売るならバイセルへ!バイセルなら経験豊富な査定士がお品物を徹底査定。

着物やブランド品、骨董品など50品目以上の買取を行うバイセルが大切なお品物の価値を見極めます。

バイセルの食器買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

重たい食器は運ばなくてOK

自宅にいても、
お電話一本でかんたん買取!

 
査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
出張料や査定料などの手数料は無料!
お近くに買取店がない方でもお気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

食器の買取実績

業界最大規模の「月間10万点」以上の
買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品
神奈川県横浜市港南区

マイセン/カップ、ソーサー

東京都世田谷区

マイセン/カップ

東京都江戸川区

マイセン/カップ、ソーサー

千葉県千葉市稲毛区

マイセン/カップ

千葉県千葉市稲毛区

マイセン/グラス

東京都大田区

マイセン/グラス

神奈川県横浜市港南区

マイセン/ポット

東京都世田谷区

マイセン/ワイングラス

奈良県生駒郡平群町

マイセン/ポット

広島県広島市中区

マイセン/カップ

※上記買取実績はあくまで一例です。状態によっては、ご希望の金額に添えないものや、お値段が付かないものもございますのであらかじめご了承下さい。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

マイセンの買取相場

商品名買取相場

マイセン

アラビアンナイト

40,000

マイセン

ミッドサマー・ナイトドリーム

40,000

マイセン

スワンレイク

12,000

マイセン

アーモンドの樹

8,000

マイセン

インドの鳥

8,000

マイセン

インドの華

8,000

マイセン

宮廷の小花

8,000

マイセン

祝祭舞踏会

8,000

マイセン

花と果物

8,000

マイセン

ブルーオーキッド

8,000

マイセン

ブルーオニオン

8,000

マイセン

ブルーオニオンスタイル

8,000

マイセン

シノワズリ

6,400

マイセン

ドラゴン

6,400

マイセン

野バラと忘れな草

6,400

※上記は参考価格であり、実際の買取価格を保証するものではありません。 ※ご査定時の在庫状況や市場の状況によりお買取価格が変動する場合がございます。 ※お買取相場の価格は未使用新品、付属品完備を想定しています。お品物の状態によって価格が大きく変わる場合がございますのでご了承ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

食器買取の前に、
押さえておきたいポイント

高額になりやすい食器

有名ブランドの食器

「エルメス」「マイセン」「ロイヤルコペンハーゲン」「バカラ」「ノリタケ」といった有名ブランドが手掛けた食器は、買取市場でも人気となっています。中古でも高い需要があり、高額買取の可能性もあるでしょう。

骨董的価値の高い食器

アンティークの洋食器や人間国宝が手掛けた和食器など、骨董的価値の高い食器は高額買取されやすいでしょう。日本のものでは「オールドノリタケ」や、「酒井田柿右衛門」「今泉今右衛門」などの作品が有名です。

未使用品または傷・汚れのない食器

食器の買取では、使用済みのものに比べて未使用品なら買取価格が格段に高くなりやすいです。また、傷やヒビ割れ、汚れや色褪せがないなど保存状態の良い食器ほど高く売れる可能性は高いでしょう。

高価な素材が使われた食器

食器の素材には様々ありますが、買取価格が高くなりやすいのは純金・純銀・金彩・クリスタルガラスといった高価な素材が使われた食器です。陶磁器の素材では、カオリンやボーンチャイナも高額になりやすいです。

人気デザインの食器セット

多くの食器ブランドには人気のデザインで揃えたセット商品があり、買取市場でも人気です。ティーポット・カップ&ソーサーなどがセットになったティーセット、プレートセットなど、高く買取されるものも多いです。

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 30代女性

    よくしてくれました。

    よくしてくれました。きちんと説明してくれて、質問したことにもちゃんと答えてくれて、当たり前のことですけどちゃんと対応してくれましたよ。

    愛知県名古屋市東区30代女性

    出張買取を利用しました

  • 30代女性

    丁寧でしたね!

    丁寧でしたね!査定が丁寧だったことと、対応がお若いのにすごく良かったですね!身だしなみもきちんとしていましたよ。価格も期待以上で満足です!また何かあればお願いしたいと思います!

    東京都江戸川区30代女性

    出張買取を利用しました

  • 40代女性

    ありがとうございました。

    とても分かりやすくて正直で、ここまで高値を付けていただけると思ってなかったので助かりました。本当に親切な方で良かったです。ありがとうございました。

    東京都西東京市40代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    とても分かりやすく説明してくれました。

    とても分かりやすく説明してくれました。処分に困っていたので見てもらえてよかったです。また何かあればお願いしたいと思います。

    鹿児島県鹿児島市60代男性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    全部最高でした。

    お話しているときでも、きちんと説明してくださり、とてもありがたかったです。全部最高でした。 わからない部分を解消してから契約することができました。 本当にありがとうございました。

    東京都大田区60代男性

    出張買取を利用しました

  • 50代女性

    ご親切でご丁寧でした。

    ご親切でご丁寧でした。色々とこちらが分かるように丁寧に説明してくれたので良かったです。お気遣いも頂いてね、安心出来ました!またあればぜひお願いしたいと思います!

    岐阜県岐阜市50代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代女性

    本当に感じのいい方でした。

    親切でした。気持ちよく対応してくれました。説明も分かりやすかったですし重い物も運んでくれて片付けもしてくれました。本当に感じのいい方でした。

    神奈川県横浜市戸塚区50代女性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

マイセン買取のよくある質問

食器の買取に手数料ってかかりますか?
いいえ、査定料などの手数料は全て無料です。出張買取を利用すれば、査定士がお客様のご自宅で査定をするので、食器が割れる心配なく売却できます。
マイセンの双剣マークが擦れて見えなくなっていたり、一部が欠けていますが査定対象ですか?
マイセンの食器はセットではないと買い取ってもらえませんか?
古い食器のモデルを持っていますが買い取ってもらえますか?

マイセンを売るときに抑えておきたいポイント

マイセンは古くから作られてて現在でも人気のシリーズがいくつかあります。

その中にはアンティーク価値が見込めるものもあり、ポイントを抑えておけば高く売れるかもしれません。

ここでは、マイセンを高く売るためのポイントをご紹介します。

食器は未使用品に限って売れる

マイセンなどの食器は未使用品に限り買取可能です。

ただし、未使用品でも箱がホコリまみれ、日焼けしている、食器が欠けている状態だと査定金額が下がる可能性があります。

高級食器には陶磁器の製法上、個体やロットによってはスタンプの滲み、突起、ザラつき、色飛び、黒点、線傷、濃淡が出てくるため、未使用でもこれらが目立つと査定金額に影響が出る場合があります。

マイセンの状態が悪く見えても査定金額をしっかりとつけられるので、不安であれば査定に出すことをおすすめします。

人形は汚れをふき取ってから査定に出す

人形も食器と同じく人気シリーズがあり、パゴダ人形、女神、天使、キリスト、ヘンチェル人形、世界限定品などは中古市場で需要が見込まれるでしょう。

部屋に飾っているとホコリや汚れがついているので、クロスなどで拭き取ってから査定に出しましょう。

経年劣化によっては褐色や変色する場合がありますが、マイセン人形のコレクターは多いので多少状態が良くなくても査定金額はつきます。

食器はセットで査定に出す

マイセンを含む高級ブランド食器は、カップ&ソーサーやポット、プレートなどを購入したらすぐにティータイムができるセットが売られています。

中古市場では「カップ一客だけほしい」という方もいるので、単品での査定も可能な場合があります。

高級ブランド食器は新品で且つ全ての食器がそろっているものだと高値になりやすいです。

廃盤品や世界限定品は希少価値がある

マイセンの食器は廃盤品、記念年に作られる世界限定品、中古市場で人気シリーズは高値で売れる可能性があります。

中古市場で需要が見込めるマイセンの食器はこちらです。

・サマーナイトドリーム カップ&ソーサー、透かしプレート

・波の戯れ ポット&クリーマー、カップ&ソーサー、ディッシュプレート&タンブラー、プレート、サラダボウル

・Xフォーム カップ&ソーサー、シュガー&クリーマー、プレート、コーヒーポット、クリーマー

・ブルーオニオン コーヒーカップ&ソーサー、プレート、トリオ、ポット、小皿

・インドの華 リッチグリーン カップ&ソーサー、ピンクプレートなど

廃盤品であるインドの鳥、インドの花、サマーナイトドリームなどが挙げられ、中古市場でも高い需要をキープしています。

また、マイセンは記念年には世界限定品として、その時代のマークを入れた陶磁器を展開しています。

通常版とは異なって限定生産数が決められており、通し番号が入っていたり証明書がついきます。

世界限定品をコレクションしていたら種類によっては高値で売れるでしょう。

付属品がある

マイセンにはどのシリーズを購入しても、双剣マーク入りの箱や冊子などの付属品が付いてきます。

付属品と一緒に査定に出すと金額に加算されやすくなります。

食器しかない場合は査定までに付属品があるかどうかを探しておきましょう。

マイセンとはどんなブランド?

マイセンはドイツのマイセン地方で生まれた、ヨーロッパで初めて磁器製造に成功したブランドです。

17世紀頃のヨーロッパでは日本や中国から輸入されていた磁器は王侯貴族の憧れでした。

マイセンのシリーズには東洋の白磁食器への憧れを反映させたデザインが多く、中国語を意味するフランス語の「chinois」に由来して「シノワズリ」と呼ばれていました。

アウグスト強王は東洋の磁器に匹敵するような白磁作るという命令を錬金術師のベトガーに出し、1709年に磁器の製造に成功しました。

1710年にはマイセン市に王立磁器製造工場が完成し、現在に至るまで当時製造していた原型や資料を保管・伝承し、技術を守りながら古典磁器を完全に再現しています。

マイセンの中でも特に「ブルーオニオン」は1739年から続く代表作です。

中国の染め付け技術を応用して作られ、コバルト色でザクロやモモを描いています。

剣マークの変化

マイセンのトレードマークである青い双剣は、絵付師が手描きで全陶磁器の底面に剣マークを描いています。

青い双剣の窯印ができるまでは別のマークが描かれており、窯印を見れば製造年代がわかります。

マイセンが始まった1710年頃には窯印がなく、1720年~1730年頃は鞭やマーキュリーの杖とも呼ばれていた印や、アウグスト強王のシンボルだった「AR」という文字が書かれていました。

また、1725年頃に双剣マークが登場しましたが、当時は双剣マークと一緒にマイセン磁器製作所の略である「K・P・M」が記されていました。

1731年に双剣マークが正式に採用され、現在に至ります。

マイセンの人気シリーズ

マイセンの工房が誕生してから300年ほど経ち、現在までに陶磁器は23万種類を越えます。

マイセンは、カップ&ソーサー、ポット、シュガーポット、オードブルディッシュセット、スターターセット、ディッシュ、プレート、プラター、花瓶、マグ、プラタ―、湯呑などのアイテムがあります。

以下はマイセンのメジャーなシリーズです。

・COSMOPOLITAN(コスモポリタン)

・波の戯れ

・ホワイトレリーフ

・スワンホワイト

・ブルーオニオン

・ブルーオニオンスタイル

・剣マークコレクション

・サマーナイトドリーム

・インドの鳥

・マイセングラス(テレジアンタール、波の戯れ・WELLENSPIEL)

・年代別世界限定コレクション

・イヤーコレクション

その中でもブルーオニオン、剣マークコレクション、インドの花、インドの鳥、コスモポリタン、波の戯れなどのシリーズは現在でも人気です。

人気シリーズには廃盤品もあり、中古市場では古いマイセンが欲しい人の需要が高いです。

ここではマイセンの人気シリーズをご紹介します。

ブルーオニオン

ブルーオニオンは、コバルトブルーを基調にザクロ、東洋で縁起物だとされていた桃、菊、竹、蓮などが描かれています。

ザクロには子孫繁栄、桃には延命長寿、竹は節操、蓮は聖性という意味が込められていますが、当時の西洋ではザクロの認知度が低く、玉ねぎだと勘違いされたためブルーオニオンと呼ばれていたという説があります。

1739年にヨハン・D・クレッチマーが、中国磁器から着想を得て絵付けしました。

特に初期の頃のブルーオニオンは、中国磁器に描かれていたザクロが写実的に描かれています。

剣マークコレクション

剣マークコレクションは、アウグスト強王の紋章から取られた2本の剣が交差する「双剣マーク」が描かれています。

マイセンを象徴する双剣マークは1722年頃に登場しました。

マイセン人気シリーズ「波の戯れ」のフォームに、アクセントとして双剣マークが描かれています。

インドの花・インドの鳥

インドの花は、東洋の模様に似せたインド文様が描かれたシリーズです。

当時のヨーロッパの王族貴族たちはオランダの東インド会社によって輸出された磁器に憧れを抱いており、特に陶磁器作家・酒井田柿右衛門の磁器を高く評価していました。

インドの華は酒井田柿右衛門の作品を写したといわれており、西洋人は絵付けされた花をインドの花だと思ったことから名づけられました。

絵付けの仕方は繊細に描きこまれた「リッチ」とシンプルな「枝付き」の2種類で、ピンク、オレンジ、グリーンなどの華やかな色使いで描かれています。

また、インドの鳥は東洋の磁器の色彩に強く影響を受けたデザインで、別名「インディアンフラワーバード」とも呼ばれています。

色の種類はピンクやブルーがあり、プレートザラには鳥や花などが描かれています。

波の戯れ

波の戯れは、風が吹いたときに水面にできる波をモチーフにした白磁のシリーズです。

食器全体のフォルムはマイセンの職人ザビーネ・ワックスが、波のレリーフは同じくマイセンのデザイナーであるヨルク・ダニエルチュクが考案しました。

剣マークコレクションにマイセンのロゴがついていない食器です。

サマーナイトドリーム

サマーナイトドリームはシェイクスピアの作品「真夏の夜の夢」をモチーフに、妖精の王女・タイターニアが、妖精の王・オベロンが描かれています。

お皿の周りに描かれている小動物やチヨウなどには金やプラチナで絵付けされていて高価そうに見えますが、マイセンの中では購入しやすい価格帯です。

サマーナイトドリームにはケーキプレートやコーヒーカップなど12種類のモチーフがあります。

マイセンの人形シリーズ

マイセンを創業したベトガーが硬質磁器を完成させて間もなく、マイセン磁器製作所は造形家のヨハン・ヨアヒム・ケンドラーを招き入れました。

ゲンドラーは、磁器という東洋の文化に西洋の形を与えたとされ、数え切れないほどの人形や食器を生み出した功労者です。

マイセンでは、パーツごとに作られ、磁土で貼り付け一体となった人形は素焼きや施釉(せゆう:焼き物に釉薬を施して色ツヤや光沢などの風合いを出す)、本焼成を経たあとに絵付をし、仕上げの焼成を行ないます。

人形シリーズはパゴダ人形、女神、天使、キリスト、ヘンチェル人形、世界限定品、ペーター・シュトラングデザイン、小動物、ミニチュアシリーズ(チェス、カエル、トカゲ)、猿の楽隊、ベドガーせっ器、パウル・ショイリッヒ、12星座、人形付ボウル、白磁人形など幅広いです。

ここでは天使シリーズ、猿の楽隊、ヘンチェル人形、パゴダ人形をご紹介します。

天使シリーズ

1764年にフランスの彫刻家であるミッシェル・ヴィクトール・アシエが成型師となり、マイセンの人形を制作していました。

天使人形の「箴言の天使」シリーズの原型をミッシェルが作り、1775年に初めて16種類が完成しました。

また、天使シリーズには、台座の裏にマイセンの窯印と手描きの双剣マークがあり、楕円形のプレートの台座にはフランス語の格言が書かれています。

天使シリーズには、世界限定50体の「ビーナスの誕生」、舞踊と社交を司る3人の美と愛の女神を表現した「三美神」、楽器隊をモチーフに15の天使を表現した「エンジェル」などがあります。

猿の楽隊

猿の楽隊は、2古典的な洋装をした21種類の猿の楽隊人形と譜面台からなるシリーズです。

猿の指、歯、舌などの繊細な色使いが特徴で、宮廷の窮屈な生活を猿を使い風刺したものといわれています。

1992年に公開されたイタリア映画「マイセン幻影」にも登場します。

また、「タンバリン」は造形家・ゲンドラーの生誕300周年を記念して作られました。

タンバリンシリーズは21体の猿と譜面台で22ピースのセットですが、22本目の猿を世界限定300本で製造されました。

ヘンチェル人形

マイセンの中でも子供シリーズの「ヘンチェル人形」は人気が高いです。

「ブルーオニオンのカップでミルクを飲む男の子」は、シリーズの中でも定番品とされています。

男の子の足の裏に双剣マーク入っています。

子供シリーズは「犬の見つめる子供」「座って本を読む子供」「砂遊びをする子供たち」「犬にもたれ眠る子供」「猫を抱く少女」「人形を持った女の子」「人形をもってしゃがんだ子供」「新聞紙の兜をかぶり木馬に乗る子供」「座ってキスする子供」などがあります。

仕掛け人形

マイセンの仕掛けに人形にはいくつかあり、骨董品価値が十分認められます。

パゴダ人形は神の坐像(ざぞう)の形をした動く仕掛けのある人形です。

1720年~1730年頃から存在するパコダ人形は、現在は年間で数体しか作られていません。

胴体とは別に作られた頭部には重りがあり、頭がゆらゆらと動くと舌が出て両手も動きます。

男性神と女性神のペアで販売されています。

黄色の着物をまとった人形や赤の衣をまとった人形もあります。

また、左手が動く仕掛けのある招き猫人形もあります。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

もっと詳しく知りたい方には
食器コラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

  • ゴルフクラブ買取

  • 家電買取