いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

煎茶道具の買取相場が知りたい!高額買取されるポイントは?

煎茶道具の買取相場が知りたい!高額買取されるポイントは?

お茶は中国から伝わったため、最初は中国産の茶道具が使われていました。しかし、日本で茶道が発展するにしたがって、国産の茶道具が作られるようになったのです。

そして、茶道具は現在まで脈々と受け継がれていますが、なかでも「煎茶道」に用いられる煎茶道具は、骨董品買取市場においても高い価格で取引されるケースが見られます。

この記事では、煎茶道具の特徴や種類、買取相場を解説します。高額買取される煎茶道具の特徴や売る方法も紹介するので、ご一読ください。

煎茶道具とは

ひとくくりに「茶道」といっても、「抹茶道」と「煎茶道」の2つがあるのをご存知でしょうか。

抹茶道は、粉末茶を用いたお点前をする式作法のことです。一方で、今回紹介する煎茶道は、おもに急須を使用して煎茶や玉露などの茶葉を用いたお点前をする式作法となっています。

 

使用するお茶の種類やお点前などが異なるため、日本にもさまざまな流派が存在します。

現在、一般社団法人全日本煎茶道連盟に加盟しているのは31の流派です(2022年5月17日時点)。これ以外にも各地にお家元本部があり、流派独自にそれぞれが活動しています。

「煎茶道具」とは煎茶道で使用する道具のことで、焼きの種類・作家・技法などによって値段が変わってきます。

煎茶道具の種類と買取相場

早速、煎茶道具の種類とその買取相場を見ていきましょう。

  1. 急須
  2. 茶碗
  3. 茶入・茶壷
  4. 茶托
  5. 香炉
  6. 茶杓

なお、同じ作家の場合でも、状態の良し悪し・作風・年代などの諸条件によって買取額は変動するため、紹介する買取相場は買取額を保証するものではありません。

急須

代表的な急須には、常滑焼や萬古焼があります。在銘や共箱がある場合の相場は、~数十万円となっていますが、常滑焼の名工である吉川雪堂の作品だと50万円以上の値がつくこともあります。

茶碗

茶碗は種類が多く、「唐物」「高麗物」「和物」に大別されています。在銘や共箱がある場合の相場は数万円です。しかし、志野系作家は100万円を超えるものもあります。

茶入・茶壷

茶入や茶壷は「唐物」「瀬戸」が有名です。買取価格は品物によりますが、~数十万円になる場合が多くなっています。有名作家の音丸耕堂の作品だと、とても高い金額で買い取られることもあります。

茶托

茶托は基本的には5枚1組のため、枚数がそろっているかが重要です。相場は~数万円です。有名作家の泰蔵六作の作品は10万円を超えるものもあります。

香炉

現代では再現できないデザインが施されている香炉の価値は、非常に高くなっています。相場は~数十万円ですが、板谷波山・富本憲吉などの一部の人気作の場合は100万円を超える作品もあります。

茶杓

茶杓そのものには作品名や作家名が書いていないため、付属品の有無が重要です。共筒や共箱などの付属品がある場合の相場は~数十万円です。千利休の作品は数十万円の値がつくこともあります。

※上記は参考価格であり、実際の買取価格を保証するものではありません。

※ご査定時の市場状況、在庫状況により買取価格が変動する場合ございます。

※お買取相場の価格は未開封の未使用品を想定しています。お品物の状態によって価格が大きく変わる場合がございますのでご了承ください。

高額買取される煎茶道具とは

 高額買取される煎茶道具とは

具体的に、どのような特徴の煎茶道具が高く買い取られやすいのでしょうか。高額買取されやすい煎茶道具の特徴を紹介します。

有名作家の作品

煎茶道具には、急須や茶碗などさまざまな種類があります。種類に関わらず有名作家の作品であれば、その煎茶道具は非常に高い価値があるのです。特に、人間国宝に認定されている作家であれば、高額買取が期待できるでしょう。

保存状態の良い物

保存状態も、査定において重要なポイントです。割れ・欠け・ヒビなどの損傷や、変色・汚れなどがないものほど、高く買い取られやすくなります。

ただし、自分で修復すると第三者の手が加えられたことになり、価値が下がってしまうため注意してください。保存状態が良くない場合でも、そのまま買取業者に見てもらうほうが無難です。

付属品がある物

付属品がそろっているほど買取額が高くなりやすいため、付属品も大切に保管しておきましょう。

煎茶道具の付属品には、作品を入れられる共箱や、作品を包む共布などがあります。共箱・共布には、作者の印や直筆サインなどが入っているものが多いため、作品が本物である証拠になります。

花押がついている物

「花押」とは自署の代わりに書く記号のことで、作家の作品である証拠となります。そのため、花押が残されていればより査定評価が高くなるでしょう。

煎茶道具を売る方法

では、どのようなところで煎茶道具を売るのがよいでしょうか。今回は、煎茶道具の売却方法を2つ紹介します。

買取専門業者

煎茶道具は、よく取り扱っている買取専門業者に売るのがおすすめといえます。なぜなら、煎茶道具の専門知識や査定技術をもった査定員が、本来の価値を丁寧に見抜き、価値に見合った適正な買取金額を提示してくれるためです。

そのような査定員がいない業者に依頼した場合は、価値を見誤られて低い買取額になるおそれがあります。

オークションやフリマサイト

気軽に煎茶道具を売る方法として、オークションやフリマアプリが挙げられます。出品の気軽さや、価格設定の自由さが魅力的です。最近では、煎茶道具の出品数も多くなっています。

その一方で、以下のようなデメリットもあります。

  1. 梱包や発送を自分で行なう必要がある
  2. 出品数の多さからなかなか買い手がつかない場合もある
  3. 希望価格で売却できない場合もある

オークションやフリマアプリを利用する前に、これらのデメリットを把握しておきましょう。

煎茶道具の買い取りならバイセルにお任せください

 煎茶道具の買い取りならバイセルにお任せください

煎茶道具の買い取りなら、骨董買取の実績豊富なバイセルにお任せください。バイセルには3つの買取方法があるため、ご自身の希望に合わせた方法での買い取りが可能です。

店頭買取

バイセルの店頭買取は予約せずに利用でき、予約すれば待ち時間はありません。さらに、駅から徒歩圏内に立地しているため、ショッピングついでのご相談も可能です。

買取ブースは全店舗個室でプライバシーに配慮しているため、不安・悩みなどがある場合でもじっくりと相談できます。

ただし、持っていくのが難しい品物を買取に出したい場合には、違う方法を検討したほうがよいでしょう。

出張買取

「重たい品物がある」「数が多い」「お店に行くのが面倒」という方におすすめなのが、出張買取です。

バイセルでは、最短即日に熟練の査定員がご自宅へ赴いて査定し、査定結果に納得した場合は契約成立となり、その場で現金をお支払いします。また、出張料や査定料などの手数料は無料です。

しかし、時間の調整が難しい方や、査定員の訪問が不安な方には向いていないでしょう。

宅配買取

バイセルには、好きな時間に利用できる宅配買取もあります。宅配キットの取り寄せや発送にかかる費用はすべてバイセルが負担し、査定希望の品物を詰めて送るだけなので手間もかかりません。査定価格は契約成立後に銀行口座へ振り込まれます。

ただし、梱包に自信がない場合やすぐに買取額を受け取りたい場合には、店頭買取または出張買取の利用がおすすめです。

おわりに

「煎茶道」に用いられる煎茶道具は脈々と受け継がれ、今なお高額で取引されるほど価値ある品物です。

そして、その価値を適正に評価してくれる買取業者に査定を依頼することで、道具の種類に関わらず高額買取が期待できます。

今回紹介したような高額買取の特徴に当てはまる煎茶道具が自宅に眠っている場合は、一度売却を検討してみてはいかがでしょうか。