いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

陶器(陶芸品)を高く売るコツやおすすめの買取業者をご紹介!

陶器(陶芸品)を高く売るコツやおすすめの買取業者をご紹介!

陶芸品の買い取りを検討中の方のなかには「どのような陶芸品が高額買取されるのか?」「どこで売ればいいのか?」などと疑問が浮かびますよね。

本コラムでは、高額買取されやすい陶芸品の特徴や買取相場、高く売るコツなど陶芸品の買い取りにおいて事前に知っておきたい情報をご紹介します。

お持ちの陶芸品を賢く買い取りに出すために、おすすめの買取業者についても解説しますので、併せてご覧ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

陶芸品について

陶芸品について

そもそも「陶芸品」とは、どのように作られたものをそう呼ぶのでしょうか。

陶芸品の概要と種類について解説します。

陶芸品とは

陶芸とは、陶磁器などを作る際に粘土を成形し、高温で焼成する技術のことです。

陶芸品とは、そんな技術によって作られたものを指します。

「焼き物」と呼ばれることもあり、聞いたことのある人も多いことでしょう。

陶芸品には、2種類の区分けがあります。

それは、釉薬(表面を覆うガラス質部分)を塗らない「土器」と、陶器・磁器を指す「陶磁器」の2種類です。

この区分けは、地域や文化によっても異なりますので、注意しましょう。

陶芸の造形方法は、紀元前より用いられていた手びねり(粘土を手でこねて形を作るなどの手法)や、型・轆轤(ろくろ)を用いる方法などです。

陶芸品の種類

陶芸品には様々な種類があり、その多くが買取対象となっています。

主な陶芸品の種類を見てみましょう。

花瓶
徳利 お猪口 ぐい呑み
急須 湯呑
茶碗 銘々皿 菓子器
箸置 置物 香合・香炉

陶芸品は日本だけでなく、海外からも人気です。

日本以外でも作られている、主な陶芸品を下記にまとめました。

国名 陶芸品
中国 唐三彩、景徳鎮
イタリア マジョリカ焼
オランダ デルフト焼
イスラーム圏、スペイン ラスター焼
ドイツ マイセン焼
フランス セーヴル焼、リモージュ焼
韓国 かいらぎ

これらの表から、陶芸品は日本のみではなく世界中に数多くの種類があることがわかります。

お持ちの陶芸品がどの国のどのような作品なのか、詳細を知りたい方は、プロの査定士に見極めてもらうといいでしょう。

高額買取されやすい陶器(陶芸品)の特徴

高額買取されやすい陶芸品の特徴

高額買取されやすい陶芸品には、いくつかの特徴があります。

特徴は、以下のとおりです。


・人間国宝の作家が手掛けた陶磁器

・工芸技法が用いられている陶磁器

・有名産地の陶磁器

・展覧会図録に掲載されている陶磁器


上記の特徴に当てはまる陶芸品は高額査定が期待でき、なかでも特に作家ものが買取相場を大きく左右します。


それぞれの特徴について詳しく紹介していきますので、お持ちの陶芸品が高額買取されやすい作品かどうか、買い取りに出す前に確認しておきましょう。

人間国宝の作家が手掛けた陶磁器

人間国宝に認定された作家が手掛けた陶磁器は、買取市場でも需要が高い傾向にあります。

具体的な人間国宝(重要無形文化財保持者)の陶芸家は、以下のとおりです。

濱田庄司 島岡達三 伊藤赤水
金城次郎 田村耕一 山本陶秀
酒井田柿右衛門 徳田八十吉 藤原啓
井上萬二 加藤卓男 田村耕一

こちらに挙げた作家以外にも、人間国宝に認定された作家は多数います。

また人間国宝同様に、文化的功績のある人に授与される文化勲章や、芸術等で優れた功績を残した人が表彰される紫綬褒章等を受けている作家の作品も価値が高いとされます。

工芸技法が用いられている陶磁器

工芸技法が用いられている陶磁器も、高額買取されやすい陶芸品の一つです。

有名な工芸技法をいくつか挙げます。


・鉄絵

・染付

・色絵

・青白磁

・象嵌

・練上げ など


金粉模様などの金を使ったような見た目にも美しい工芸技法が施された陶磁器は、骨董品としての価値に加え、美術品としての価値も付加されるでしょう。

特に装飾品などの陶磁器は、自宅などに飾る目的で入手する人が多いため、目で見て美しいかどうかも評価基準となることが多いです。

有名産地の陶磁器

陶磁器の中には有名産地ものがあり、伝統工芸品として価値が高いものとされています。

代表的な有名産地の陶磁器をいくつか見ていきましょう。

有田焼(伊万里焼) 瀬戸焼(赤津焼)
美濃焼(織部焼・志野焼) 益子焼
萩焼 九谷焼
京焼(清水焼) 信楽焼
丹波焼 唐津焼
伊賀焼 鍋島焼
薩摩焼 中国陶磁器

このなかでも有田焼・瀬戸焼・美濃焼は「日本の三大陶磁器」と総称され、日本の焼き物のなかでも、記念品や大切な人への贈り物として大変重宝されています。

これらの産地ものの陶磁器は高額買取につながることが多いので、お持ちの場合は査定に出してみることがおすすめです。

展覧会図録に掲載されている陶磁器

展覧会図録に掲載されている陶磁器は、そうでないものより高く売れる傾向にあります。

展覧会図録とは、美術展や展覧会の出品作を記録した図録です。

美術展や展覧会に出品されている作品であれば、出品されたことによって知名度が高くなり、人気も上がるでしょう。

そのため、展覧会図録に掲載されている陶磁器は、高額買取が期待できます。

高額買取されやすい陶芸品:その他の特徴

有名産地・作家以外の高額買取されやすい陶芸品の特徴として、技巧の高い傑作や作者のサインとなる銘や花押が入っているものなどがあります。

銘や花押が入る一般的な場所は、作品の側面や耳の下側、裏底などです。

もちろん、陶芸品は割れ物であるために、割れ・欠けのない保存状態の良い無傷な作品は買取額が上がりやすいでしょう。

陶器(陶芸品)を売却するおすすめの方法3選

陶芸品の売却をする場合、どんな方法があるのでしょうか。

ここでは、いくつかある陶芸品売却の方法から、主要なもの3つをご紹介します。

フリマアプリやオークションサイト

フリマアプリやオークションサイトは、簡単に陶芸品を売却できる一つの方法です。

自分の望んだ価格で売りに出すことができ、インターネットを介した手軽な出品が魅力といえるでしょう。

反面、顧客とのやり取りや、配送などの手間や料金がかかるというデメリットもあります。

特に、商品に関わる責任はすべて自分で持つ必要があるため、保存状態などにも気を配らなくてはなりません。

リサイクルショップ

街中などにたくさんの店舗を構えるリサイクルショップでは、手軽に陶芸品を売却することができます。

店を訪れたらすぐに売れる手軽さや、大量の買い取りにも応じてくれることが魅力です。

しかし、一つひとつの買取価格は高いものではありません。

できる限り高く売却したい場合には、別の方法を使いましょう。

買い取りのバイセル

陶芸品を扱っている買取業者は、陶芸品売却の方法のなかでも、一番おすすめできる方法です。

食器買取でおなじみのバイセルには査定のプロが在籍しており、自分にブランドの知識がなくとも、しっかりと査定してくれます。

また、買取方法も持ち込みだけではありません。

宅配買取や出張買取などにも対応してくれている業者が多いため、忙しい人や陶器の扱いに自信がない人にも利用しやすいというメリットがあります。

陶器(陶芸品)買取を行なうおすすめの買取業者とは

陶芸品買取を行うおすすめの買取業者とは

陶芸品の買い取りを行なっている業者は多数あります。

陶芸品を賢く買い取りに出したいなら、以下の条件を満たしている買取業者を利用するようにしましょう。

・買取サービスの種類が充実している
・買取実績を公開している
・手数料を無料としている

それでは、詳しく解説します。

買取サービスの種類が充実している

骨董に特化している大手の買取業者であれば、店頭買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法を実施しているところが多いでしょう。

バイセルでもこれら3種類の買取方法があり、それぞれの特徴は以下になります。

店頭買取

店舗買取では、他人に査定や取引の様子を見られたくないという方も多くいます。その点 バイセルでは、全店で個室を用意しており、プライバシーにも最大限考慮しています。

また、バイセルでは各地の主要駅の近くに店舗を構えているので、比較的容易にアクセスいただけます。

店舗買取のメリットとしては、予約が不要で、いつでも気軽に骨董の買い取りに対応できる点が挙げられるでしょう。買い取りが決定した時点で、すぐに現金化できることもメリットです。

なお、店舗買取の場合、4人に1人は相談のためだけに来店されているので、お気軽にご利用ください。

宅配買取

宅配買取とは、買い取りを希望する骨董をバイセルまで宅配していただき、買取対応するサービスです。

宅配買取を申し込むと、自宅まで無料宅配キットが送付されます。あとは宅配キットのなかに、買い取りを希望する骨董を箱詰めしていただき、バイセルまで送るだけです。

届いた品物をバイセルの経験豊富なスタッフが査定し、お客様に査定結果を通知して、ご納得いただける場合は買い取りが成立します。

バイセルの宅配買取は、送料・荷物の集荷などの費用は完全無料です。もし、査定結果にご納得いただけない場合でも、無料で返送に対応しています。

出張買取

出張買取では、手数料無料でご自宅にバイセルのスタッフが訪問し、査定・買い取りを行ないます。

最短即日での訪問が可能で、離島を除く全国で利用できる点も魅力的です。大型なものや重い骨董の買い取りを希望する場合に、特に便利な買取方法といえます。

出張買取であっても、基本的にその場で現金でお支払いしているため、後日振込を待つなどの手間がかかりません。

バイセルでは、お問い合わせから利用後のアフターフォローまで、丁寧に対応させていただきます。特に、フォローコールと呼ばれる、査定スタッフが退室したあとの電話確認は、多くの方にご好評いただいております。

買取実績を公開している

買取業者のなかには、買取実績を公開しているところもあります。

そのような業者であれば、信用性が高く、実績が豊富なほど買取経験も多いことがわかります。

バイセルでは、ホームページ上で買取実績を公開しており、より高値で買取対応を行なっています。

さらに、自分の持っている陶芸品と同じ種類の作品の買取実績が把握できれば、おおよその買取額が予想できるかもしれません。

バイセルでは、陶器をはじめとして多くの品目の買取実績が公開しており、なかには希少価値が高いものも含まれています。ぜひ、参考にしてみてください。

手数料を無料としている

出張買取サービスを行なっている骨董の買取業者を選ぶ際は、手数料を無料としているかどうかがポイントです。

買取業者のなかには、査定料・出張料・キャンセル料がかかる場合があります。

そのため、これらの手数料を無料としている業者であれば、そうでない業者に比べて優良とも言えます。

バイセルでは、査定料はもちろんのこと、出張費やキャンセル料をいただいておりません。

出張買取を依頼して、仮に買い取りが成立しなくても費用がかからないため、査定だけでも受けたいという方に特におすすめです。

陶器(陶芸品)の買取相場

陶芸品の買取相場

陶芸品の買取相場を種類別でご紹介します。

お持ちの種類や作家ものに該当するかどうか確認して、参考にしてみてください。

有名作家の陶器の買取相場

陶芸品の価値は、作家によって大きく異なります。

主な陶芸の種類別における、有名な作家は以下のとおりです。

種類 作家 買取相場
河井寛次郎、酒井田柿右衛門など 〜200万円前後
花瓶 酒井田柿右衛門、金重陶陽、近藤悠三など 〜100万円前後
濱田 庄司、酒井田柿右衛門など 〜100万円前後
茶碗 荒川豊蔵、河井寛次郎など 〜500万円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまでブランドのなかでもっとも人気のある作品の相場を記載しております。

骨董品の状態によってはお値段がつかない場合もございます。

※査定させていただく骨董品の保存状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※骨董品に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の骨董品は査定対象外となります。

瀬戸焼を手掛けていた荒川豊蔵は人間国宝にも認定され、文化勲章も受章しているので、彼の手掛けた瀬戸黒茶碗は価値が高いものとされています。

ノーブランドの陶器の買取相場

ノーブランドの陶器であっても、場合によっては買い取ってもらえます。ただし、未使用品や大量に買い取ってもらう場合など、条件が限定されるケースが大半です。

買取相場としてはとても低く、数百円~数千円程度 とまちまちですが、まとめ売りすることで、査定金額がアップするキャンペーンを行なっているケースもあります。

陶器(陶芸品)を高く売るコツ

陶芸品を高く売るコツ

お持ちの陶芸品が高額買取されやすい特徴に当てはまる場合も、そうでない場合も、より価値を活かして売るために、こちらのコツを念頭に置いておきましょう。


・付属品を揃えておく

・保証書や鑑定書を用意する

・直射日光を避け湿気の少ないところで保存しておく

・壊れていても自分で修理しない


それでは、詳しくご紹介していきます。

付属品を揃えておく

陶芸品の付属品は、共箱・外箱・栞・緩衝材などです。

共箱とは、作者本人の直筆の署名がある箱を指し、桐などでできています。

骨董コレクターであれば、新品に近い状態で手に入れたいと考える人が多いでしょう。

買取業者も再販しやすくなるため、お持ちの付属品をすべて揃えて買い取りに出すのが好ましいです。

保証書や鑑定書を用意する

陶芸品のなかでも特に有名産地・作家ものである場合は、保証書や鑑定書などがあると、査定士がそれを参考にしてスムーズに査定が進めることができます。

保証書や鑑定書などは「本物である証」となり、高額買取につながりやすいため査定士に提出するとよいでしょう。

直射日光を避け湿気の少ないところで保存しておく

陶磁器は長期間、直射日光に当てておくと変色してしまう恐れがあります。

さらに陶磁器のなかでも特に陶器は土でできているため、水分を含みやすく、カビが発生しやすいです。

買取査定の際、作品に変色・カビが見られると評価が下がってしまいます。

作品の状態を良好に保つためには、直射日光を避け、湿気の少ないところで保存しておくのがよいでしょう。

また、陶磁器をしっかりと乾燥させるのもポイントです。

壊れていても自分で修理しない

陶磁器にヒビ・欠けなどが見られると、価値が下がってしまいます。

そのため、査定評価を上げたいがために自分で修理しようと考えてしまうかもしれませんが、これはおすすめできません。

自分で修復しようとすると反対に状態を悪くしてしまったり、作者以外の手が入ったと判断されたりして買取額が下がってしまうことがあります。

多少壊れてしまっている陶磁器でも、そのまま買い取りに出しましょう。

おわりに

陶芸品を高く売るコツや売却方法、おすすめの買取業者について解説してきました。

陶芸品を高く売るには、付属品や保証書の有無、保存状況などが重要になります。

もし壊れている部分があった場合は修理したくなりますが、そのままの状態にておきましょう。

下手に手を出してしまうと、買取価格が下がる原因になってしまいます。

また、買取業者を選ぶ際には、買取実績や手数料の有無についても注目しましょう。

買取実績があると安心ですし、手数料がなければ、より優良な業者ということができるからです。

納得できる陶芸品売却のためにも、自分に合った方法を見つけましょう。

陶器(陶芸品)の買い取りでよくある質問

陶芸品の買取でよくある質問

陶芸品の買い取りについて説明してきましたが、他にも悩みはいくつかあるでしょう。

そのなかでも比較的よくある質問にお答えしていきますので、参考にしてください。

Q.骨董品かどうかわからないのですが、査定してもらえますか?

A.大掃除などの機会に「押し入れから骨董品が多数出てきた」などというケースも多いようです。

買取業者によっては、整理しきれていない場合や、骨董品かどうか不明という場合でも見分けてくれるところがあります。

使っていない骨董品が自宅で見つかったら査定依頼してみましょう。

Q.状態が悪い骨董品は?

A.劣化していたり、汚れていたりする骨董品でも、買取査定をしてくれる買取業者が多いです。

反対に悪化させてしまうこともあるので、無理に自分で状態を整えようとせずに、そのままの状態で査定してもらうのがよいでしょう。

Q.付属品や証明書がない骨董品は?

A.付属品や証明書がお手元になくても、骨董買取のバイセルであれば査定します。

バイセルには、陶芸品の専門知識や買取経験が豊富な査定士がいます。

付属品や証明書がない場合でも、お持ちの陶芸品に適した価値を見極めてくれるでしょう。

Q.箱と中身がバラバラになっていますが、査定に出しても良いですか?

A.プロの査定士が在籍している買取業者であれば、箱と中身がバラバラになっていても、査定時に区別がつけられます。

自分で区別がつけられないような箱と中身でも、そのまま買取業者に持っていきましょう。

Q.売りたい陶芸品が大量にありますが、一つずつ丁寧に見てもらえますか?

A.骨董に特化しているバイセルであれば、査定士が専門知識を活かして1点ずつ丁寧に精査してくれます。

また、買取業者へ一度に大量の陶磁器を売ることは、むしろ数回にわたっての買い取りより歓迎されるでしょう。

1回の査定ごとにかかるコストも軽減される分、買取額が高くなる可能性もあります。

Q.本物か贋作か見分けがつきませんが、査定してくれますか?

A.買い取ってくれるかどうかは査定結果によりますが、自分で見分けがつかない作品であっても、ほとんどの業者で査定はしてくれるでしょう。

骨董の専門知識を有している査定士に査定を依頼すれば、本物か贋作かをしっかり判別してくれるはずです。

Q.出張料や査定料、キャンセル料はかかりますか?

A.買取業者にもよりますが、必要ないところもあります。

インターネットなどで調べるか、電話で直接聞くなどして、出張料や査定料、キャンセル料を無料としている優良な買取業者に査定依頼をしましょう。