ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

島岡達三を高く買取してもらうには?買取相場と買取のポイントをご紹介

島岡達三を高く買取してもらうには?買取相場と買取のポイントをご紹介
島岡達三を高く買取してもらうには?買取相場と賢く売る方法をご紹介

島岡達三(しまおか たつぞう 1919-2007)は、人間国宝にも認定されている陶芸家で、芸術品・骨董品としての陶芸において日本を代表する作家の1人です。

本記事では、島岡達三の陶芸作品について、買取相場や高く買取してもらうためのポイントをご紹介します。

買取対象になりやすい島岡達三の代表的な作品や、おすすめの買取方法と併せてご一読ください。

重要文化財「島岡達三」について

重要文化財「島岡達三」について

島岡達三は、1919年(大正8年)に東京で生まれました。

組紐師である父・島岡米吉のもとに生まれた島岡達三は、幼いころからモノづくりに関心を寄せ、高校3年生で陶芸家を志すようになります。

1946年に濱田庄司の門下になり、独自の作風を確立するために研究を続け、1953年(昭和28年)に独立・自身の窯を持ちました。

彼の作品の特徴は「縄文象嵌(じょうもんぞうがん)」と呼ばれる技法で描かれる装飾で、父がつくっていた組紐から着想を得たといわれています。

その後、1966年(平成6年)には重要無形文化財「民芸陶器(縄文象嵌)」の技能保持者として人間国宝に認定され、益子を代表する陶芸作家の1人になりました。

島岡達三の代表的な作品

島岡達三の代表的な作品

島岡達三の代表的な作品には、「窯変象嵌縄文壺」「鐵砂釉象嵌草花文角平皿」「地釉縄文象嵌壺」「塩釉象嵌草花文徳利」「灰被縄文象嵌壺」などが挙げられます。

島岡達三の数ある作品の中でも「大皿」「塩釉象嵌縄文扁壺」について解説します。

大皿

島岡達三のつくる大皿は、自身が確立した「縄文象嵌」の技法の特徴が良く分かる作品です。

そもそも「縄文象嵌」とは、形成して半乾きになった作品に縄を転がして模様をつける技法です。

その後、作品全体に化粧土を塗ることで、縄によって凹んだ部分にだけ土が残り、焼くことで色が付き、独特の縄模様ができるのが特徴です。

塩釉象嵌縄文扁壺

「塩釉象嵌縄文扁壺(えんゆうぞうがんじょうもんへんこ)」は、自身の縄文象嵌に加えて、師匠である濱田庄司が得意としていた「塩釉(えんゆう)」と呼ばれる技法を用いて仕上げた陶器です。

塩釉とは、陶器を窯で焼いている最中に、食塩を窯に投入し、化学変化によって陶器をガラスコーテイングする技法です。

食塩が付着した部分は塩が変色して青くなります。

塩釉象嵌縄文扁壺は、縄文象嵌によって付けられた溝に食塩が入り込むことで、青と陶器本来の色の縞模様が表現されているのが特徴です。

島岡達三の買取相場

島岡達三の買取相場

人間国宝である島岡達三の陶器は非常に人気が高く、多くのコレクターから需要があります。

そのため、陶器の中でも島岡達三の作品は特に価値が高く、買取・販売価格においても非常に高価になるのが一般的です。

ただ、島岡達三の陶器の買取価格は、作品の種類や保存状態、付属品の有無などによって決まります。

そのため、一概にいくらとは言えないでしょう。

参考として挙げるとすれば、「象嵌刷毛目皿」などは10万円前後で買い取られた事例があります。

ほかには、大皿は数万円~数十万円程度、塩釉象嵌縄文扁壺は数万円ほどの買取相場となります。

これらの買取相場は本体の状態によって上下するので、あくまでも目安として捉えておいてください。

骨董品バナー
骨董品バナー

島岡達三作品のおすすめ売却先

島岡達三作品のおすすめ売却先

人間国宝である島岡達三の作品は、湯呑などの小さな作品でも充分価値があります。

しかし、売却先によってはその価値を価格に加味されなかったり、思わぬ手間がかかってしまうかもしれません。

島岡達三の作品を売るための主な3つの方法をご紹介します。

・ネットオークションを利用する
・リサイクルショップを利用する
・骨董品の買取業者を利用する

それでは、それぞれの特徴と併せて、売却先としてどの方法が適しているのかを解説していきます。

ネットオークションを利用する

島岡達三作品を売却する方法の1つとして、ネットオークションの利用が考えられます。

スマートフォン1つあれば出品できる点が手軽で、インターネットさえ使える環境であればいつでもどこでも利用できるのが便利です。

しかしネットオークションでは、売り手と買い手が直接顔を合わせることがないうえに、落札するまで買い手が実際の品物を見ることができません。

そのため取引に安心感が持ちにくく、真贋の見極めが難しい陶芸作品、特に島岡達三作品のような価値の高い物は売れにくい傾向にあるようです。

また、陶芸品は割れやすい性質があるため、宅配業者を介した品物のやり取りにも不安があります。

ケースとしては少ないながら、配送中にヒビや欠けが発生してしまうといったトラブルが発生する可能性も考えられるでしょう。

リサイクルショップを利用する

島岡達三作品などの陶芸品は、総合リサイクルショップなどでも買い取ってくれます。

ほとんどの店舗で予約不要としており、売却したい陶芸品を店頭に持ち込めば、その場で査定・買取してもらえる点が手軽です。

ただし、リサイクルショップはあくまで食器や酒器という実用品として陶芸品を取り扱っているに過ぎません。

島岡達三作品のように、芸術性の高い陶芸作品の価値をしっかりと見極められるかどうかは疑問です。

取扱商品の幅が広いリサイクルショップにおいて、芸術としての陶芸作品に精通した鑑定士が常駐している可能性は極めて低いでしょう。

そのため、島岡達三作品の真の価値を見極めてもらえない可能性があります。

島岡達三作品を賢く便利に売るなら出張買取!

島岡達三作品を賢く便利に売るなら出張買取!

島岡達三作品の売却先としては、骨董品の買取業者がおすすめです。

しかし、自宅の近くに骨董品の買取業者がないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合は、骨董品専門の大手買取業者が行っていることの多い出張買取サービスの利用を検討してみてください。

出張買取とは、買取業者の査定スタッフが利用者の自宅まで訪問し、その場で査定・買取してくれるサービスです。

近くに店舗がなくても、自宅にいながら専門業者の買取サービスを受けることができます。

陶芸作品を自分で運ぶ必要がないため、運んでいる最中にぶつけて傷付けてしまうといったリスクも回避することができます。

島岡達三作品を賢く便利に売るなら、出張買取の利用が得策でしょう。

島岡達三作品を高く買取してもらうためのポイント

島岡達三作品を高く買取してもらうためのポイント

日本を代表する陶芸家の一人である島岡達三の作品は非常に高価なうえに、希少なものでもあるので、買取に出す際は慎重に行うようにしましょう。

もとより貴重な作品ではありますが、ポイントを押さえることでより高い買値になるかもしれません。

島岡達三作品を高く買取してもらうためのポイントを3つご紹介します。

・贋作に注意する
・状態を綺麗にしておく
・鑑定書や保証書を一緒に査定に出す

それでは、詳しく解説します。

贋作に注意する

人間国宝として名が知られる島岡達三の作品は、高い価格で取引されることが多いゆえに、贋作も多く出回っています。

残念ながら、贋作と分かった瞬間、美術品としての価値がゼロになってしまいます。

贋作かどうかを自分で見極める方法としては、陶器の底部や高台部分に彫られている刻印の有無を調べる方法があります。

しかし、近年の贋作は精巧に出来ているため、刻印の有無だけでは真贋の判断は難しいかもしれません。

もしも、本物なのに贋作と鑑定されてしまっては、大きく損をしてしまうでしょう。

お持ちの陶器の真贋をしっかり見極めてもらいたいという方は、専門知識を有する査定員に一度見てもらうことをおすすめします。

状態を綺麗にしておく

陶芸品全般にいえることですが、ヒビ・欠け・傷などが付いていて、状態が悪いと判断された陶器は買取値が下がってしまいます。

人間国宝である島岡達三の作品であっても、それは例外ではありません。

そのため、陶器は不用意に扱わず、箱などにしまう際も布などに包むことを忘れないようにしましょう。

ただし陶器は大事に保管していたとしても、制作より長年経過すると、経年劣化が進んでいきます。

「そのうち買取に出そう」と考えて放置してしまっていると、劣化によるヒビ割れや変色などが見られる恐れがあります。

島岡達三作品などの陶器は、経年劣化しないうちになるべく早く買取に出すことがおすすめです。

鑑定書や保証書を一緒に査定に出す

贋作も多い島岡達三作品の買取において、最も重要なのは「島岡達三作品であることを証明すること」です。

島岡達三は人間国宝で人気作家なため、「島岡達三の作品である」ということ自体に価値があります。

そこで鑑定書や保証書は、査定時に非常に重要な役割を果たします。

鑑定書や保証書などの「間違いなく島岡達三の作品である」という証拠が付いているものは、買取業者としても再販がしやすいため、買取価格が高くなりやすいです。

陶芸作品の専門知識を持った査定員に鑑定書や保証書を見てもらえば、本物の作品であると確認してもらうことができます。

鑑定書や保証書がある場合には、忘れずに査定の際に提示するようにしましょう。


バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。