いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

茶碗の買取相場を解説!高額査定のポイントや有名作家もご紹介

2022.05.18

骨董品買取
【茶碗の買取相場を解説!高額査定のポイントや有名作家もご紹介

日本の伝統文化である茶道は現在、海外でも人気が高まっています。

茶碗は、芸術品としての高い価値が認められている茶道具の1つで、精緻な技術と文化が詰まっています。

骨董品の買取市場において人気があり、高い価格で買取されるケースも多くあります。

茶碗の買取相場や高く売れやすい茶碗の特徴、高く売るためのポイント、さらに買取業者の選び方などについてご紹介します。

骨董品買取市場でも人気の高い「茶碗」の魅力

骨董品買取市場でも人気の高い「茶碗」の魅力

茶碗は茶道において欠かせない茶道具の一種で、お茶を飲むための器です。

実用品でありながら、作家ごとの技術やシルエットの美しさ、デザイン(絵柄)の美しさが詰まっており、芸術品としての評価も高いです。

茶碗の形・釉薬による色や現れた景色・華やかな絵付・見込や高台の様子・手触りなど、一つとして同じものはなく、これらのあらゆる要素が重なり合って骨董品コレクターを魅了しています。

茶碗は主に陶器で作られていて、有名作家ものは骨董品買取市場でも人気が高いです。

さらに、金粉があしらわれたものや翡翠などの宝石が使われる作品の場合は、非常に高い価値がつくこともあります。


茶碗のほかにも、茶道に使われる茶道具にはさまざまな種類があります。

以下のページでは、茶道具の種類や買取相場などを詳しくご紹介していますので、気になる方はぜひご参照ください。

ご自宅に価値の不明な茶碗を見つけたらバイセルへご連絡ください!

茶碗の価値を見極めるには専門性の高い査定が必要となります。

バイセルの査定員は骨董品の査定経験が豊富です。ご自宅に保管している茶碗類に関する価値の判別はバイセルへお任せください!

全国を対象にお電話1本で最短で即日の無料出張も承っております!

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

茶碗の買取相場はどれくらい?

茶碗の買取相場はどれくらい?

茶碗の買取を検討している場合、骨董品の買取市場における茶碗の買取相場はどれくらいになるのか気になりますよね。

茶碗に限らず焼き物全般に言えることですが、それぞれが唯一無二の一点物である陶芸作品においては、「買取相場はこれくらい」と一概に言うのは難しいものがあります。

買取金額の幅が非常に広く、明確な買取相場は存在しないと思って良いでしょう。

あくまで目安程度ですが、たとえば人間国宝・荒川豊蔵の瀬戸黒茶碗や、河井寛次郎の三色打薬茶碗などは数百万円という値が付くこともあります。

ほかにも、三輪休雪の鬼萩茶碗や鈴木藏の志野茶碗など、有名作家の作品は数十万円以上で買い取られる傾向にあります。

ただし、買取価格は作品の保存状態などによっても大きく変動しますので、あくまで参考程度ととらえてください。

骨董品バナー
骨董品バナー

高く売れる茶碗の特徴

高く売れる茶碗の特徴

高く買取されやすい茶碗には、共通の特徴があります。

骨董品の買取市場で高く買取されやすいのは、以下のような特徴が見られる茶碗です。


・人間国宝など、有名作家が手がけた茶碗

・美濃焼・萩焼・唐津焼など、有名産地ものの茶碗

・歴史上の有名人にゆかりのある茶碗

・天目茶碗などの唐物(中国で焼かれたもの)

・井戸茶碗などの高麗茶碗(朝鮮半島で焼かれたもの)


これらの茶碗にはコレクターが多く、買取市場での人気も高いため、買取相場も高い傾向にあります。

人間国宝に認定された茶碗作家には、清水卯一や藤原雄、山本陶秀らがいます。

また、有名産地ものの茶碗は、有田焼萩焼益子焼備前焼京焼などさまざまです。

これらの特徴に当てはまる茶碗をお持ちの場合は、高く買取される可能性もありますので、試しに査定に出して価値を確かめてみても良いかもしれません。

茶碗の有名作家

茶碗の有名作家

茶碗は骨董品の買取市場において、有名作家ものの需要が高いです。

その中でも、特に人気が高い茶碗作家をご紹介します。

楽吉左衛門

楽吉左衛門(らくきちざえもん)は、楽焼の茶碗を作る茶碗師の名跡です。

千家十職(茶道に関わり、三千家に出入りする十の職家)の一つに数えられます。

楽焼とは、轆轤を使用せず手とへらだけで成形する「手捏ね(てづくね)」と呼ばれる方法で成形する陶器のことです。

楽吉左衛門は戦国時代から続く大名跡で、現在まで16代も続いています。

骨董品買取市場では15代の茶碗に出会うことが多いですが、非常に人気が高く、買取相場も高くなりやすいです。

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)は、江戸時代初期から続く有田焼の大名跡です。

現在は第15代が伝統を守り続けています。

乳白色の素地に色鮮やかな花鳥図などの上絵を焼き付ける「柿右衛門様式」は、ドイツのマイセン窯やハンガリーの高級食器ブランド・ヘレンドにも大きな影響を与えました。

骨董品買取市場で特に人気が高いのは、人間国宝にも認定された14代酒井田柿右衛門の作品でしょう。

需要は非常に高く、高価買取が期待できる作品も多いです。

三輪休雪

三輪休雪(みわ きゅうせつ)は、山口県萩市の萩焼窯元・三輪窯の当主が代々襲名している名跡です。

現代は第13代が、江戸時代初期から続く伝統を受け継いでいます。

人間国宝でもある10代三輪休雪が生み出した、「休雪白」という厚塗りの白い釉薬は三輪休雪作品の大きな特徴となっています。

骨董品買取市場でも人間国宝である10代三輪休雪・11代三輪休雪の作品は特に人気で、高く買取される可能性は高いでしょう。

中村宗哲

中村宗哲(なかむらそうてつ)は江戸時代初期から400年近く続く、千家十職の一つにも数えられる塗師の名跡です。

当初蒔絵を施した家具などを制作していましたが、明治以降に茶道具を中心とした作品を手掛けるようになり、現在では茶道具の塗師が専業となっています。

中村宗哲作品の特徴は、なんと言っても緻密で華麗な蒔絵(金粉・銀粉などで漆器の表面につけられる絵模様)でしょう。

女性として初めて正式に千家十職当主として認められた12代、その娘である13代の作品は骨董品買取市場でも人気が増しており、高価買取の可能性がある注目作家となっています。

濱田庄司

濱田庄司(はまだしょうじ 1894-1978)は、大正から昭和に活躍した益子焼の作家です。

第1回の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されたほか、紫綬褒章・文化勲章を受章するなど、絶大な評価を得ています。

濱田庄司作品の特徴は、ほとんど手轆轤のみを使用したシンプルな造形と、釉薬の流描による大胆な模様です。

骨董品買取市場においても濱田庄司作品の人気が高く、売りに出されれば高い価格がつく可能性は高いでしょう。

荒川豊蔵

荒川豊蔵(あらかわとよぞう 1894-1985)は、昭和を代表する美濃焼の作家です。

人間国宝に認定され、文化勲章を受章するなど、絶大な評価を得ています。

漆黒の瀬戸黒釉を使った荒川豊蔵の瀬戸黒茶碗には何とも言えない深みと存在感があります。

骨董品買取市場においても荒川豊蔵作品の人気は高く、最も高く買取されやすい作家の1人となっています。

茶碗を賢く売るための買取業者の選び方

茶碗を賢く売るための買取業者の選び方

茶碗のなかには価値の高いものも多いので、買取に出す際には安心して利用できる買取業者を選びたいですよね。

茶碗を賢く売るために押さえておきたい、買取業者の選び方のポイントをご紹介します。

・骨董品買取のバイセル
・出張買取サービスを選べる買取業者
・買取実績が豊富な買取業者
・無料サービスが充実している買取業者

それでは、それぞれ詳しく解説します。

骨董品買取のバイセル

茶碗に代表される陶器や磁器は、正しく価値を見極めるのが難しい品物です。

少ない情報から作者・産地・作られた年代などを見極められる専門知識を持った査定員でなければ、茶碗の価値を正確に見極めるのは難しいでしょう。

そこでやはり、茶碗の買取では骨董品買取のバイセルを利用するのがおすすめです。

リサイクルショップや質屋などでも茶碗を取り扱っている店舗はあるかもしれませんが、そのような骨董品を専門としない買取店には、茶碗に関する専門知識を持った査定員が常駐していない場合も多いです。

茶碗の価値を正しく見極めてくれるかどうか不安が残ります。

査定の信頼性に関しては、やはり骨董品買取のバイセルが最も安心できるでしょう。

出張買取サービスを選べる買取業者

買取業者が提供している買取方法には大きく分けて、店頭に品物を持ち込む「持ち込み買取」、品物を買取業者に送付する「宅配買取」、査定員が利用者の自宅まで来て査定・買取する「出張買取」の3つがあります。

このうち、茶碗の買取でおすすめしたいのは「出張買取」です。

茶碗の買取では、「出張買取」を選べる買取業者を利用するのが良いでしょう。

茶碗は主に陶器や磁器でできていますから、どうしても割れやすいです。

買取店の店頭まで持ち運ぶ際に、あるいは買取業者への配送の際に割れたり傷がついたりという可能性は否定できません。

出張買取なら利用者の自宅で査定してもらえますから、割れやすい茶碗でも安心して買取に出すことができるでしょう。

買取実績が豊富なバイセル

骨董品専門の買取業者といっても数多くありますから、その中からどう選べば良いか迷ってしまうかもしれません。

そういう時、買取実績が豊富、つまり「多くの人から選ばれている」というのは1つの安心材料になるのではないでしょうか。

問い合わせ件数が多い・全国規模で出張買取を行っているなどの買取業者は、多くの人から選ばれており、それに対応できるだけの豊富な人材がいるということでしょう。

安心して利用できる買取業者である可能性が高いと言えます。

無料サービスが充実している買取業者

買取サービスを利用する際、業者によっては査定料やキャンセル料、出張買取の出張費といった手数料が必要になる場合があります。

せっかく茶碗を買取に出したのに、そのような手数料がかかっては実際に手にできる買取金額は目減りしてしまいますよね。

また、いちいち手数料がかかっては、「試しに査定だけ」と思っても安心して利用できません。

茶碗に限らずですが、気軽に利用するには手数料無料のサービスが充実している買取業者の利用がおすすめです。

茶碗を高く売るためのポイント

茶碗を高く売るためのポイント

せっかく価値のある茶碗を売るなら、少しでも高く売りたいですよね。

茶碗を高く売るためのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

・付属品を揃える
・なるべく早く売る
・相見積もりを取る

それでは、それぞれ詳しく解説します。

付属品を揃える

茶碗を含む骨董品の買取では、付属品の有無が買取価格に大きな影響を与えることが多いです。

茶碗の付属品には、共箱や仕覆、栞などが挙げられます。

共箱は作者が箱書きして作品を納めたもので、仕覆は作品を入れる袋です。

特に共箱は作者の直筆で作品名や作家名が書かれるので、その作品が本物である証拠にもなる付属品です。

付属品が揃っていることで、買取業者としても再販時にも買い手が見つかりやすいので、買取額が上がる傾向にあります。

なるべく早く売る

茶碗に限らず骨董品の買取において、作品の保存状態は必ずチェックされる重要な査定ポイントです。

欠けやヒビ、かんにゅう、修繕痕などがあると、買取価格が下がってしまう原因となることがあります。

買取に出す予定のある骨董品は、日ごろから箱に入れて保管するなど、保存状態を損なわないように注意が必要です。

ただし、大切に保管していたとしても、骨董品の経年劣化による損傷は防げないでしょう。

今の状態から悪化させないためにも、なるべく早く査定に出すことをおすすめします。

相見積もりを取る

気になる茶碗の買取業者をある程度絞れたら、それぞれの業者で相見積もりを取ることで高額買取に繋がります。

相見積もりを取れば、実際に各業者の査定額を比べることができるので、少しでも高いところに売ることができます。

少し手間がかかりますが、高く売るためにおすすめの方法です。

相見積もりを取る際には、査定料・キャンセル料を無料としている業者を選ぶと、余計な費用をかけずに査定してもらうことができるでしょう。


最上級の茶碗「耀変天目茶碗」って?

南宋時代(12~13世紀)の中国福建省の建窯で作られたとされる最上級の茶碗が「曜変天目(ようへんてんもく)茶碗」です。

世界の陶芸史上最も美しく、そして最大の謎に包まれた幻の茶碗と言われています。

世界に4点しか現存していない耀変天目茶碗は現在すべてが日本にあり、うち3点が国宝に指定されているほど希少価値が高いです。

もしも値段を付けるとしたら、その額は数十億円にも上るとも言われています。

ちなみに、耀変天目茶碗よりもワンランク価値が落ちると言われている「油滴天目(ゆてきてんもく)茶碗」は、2016年のオークションで12億円という値が付けられました。

博物館でないとお目にかかる機会はありませんが、まさに最上級の茶碗といってもいいでしょう。