いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

管楽器買取なら
バイセルへ

管楽器買取ならバイセル 管楽器買取ならバイセル

管楽器買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

管楽器を

買い取ってほしい

サックスやトランペットは
いくらで売れる?

サックス・クラリネット・フルート・トランペットなど、管楽器の買取ならバイセルにお任せください!

バイセルではお客様の安心を第一に考え、充実したサポート体制・高い査定品質・豊富な無料サービスなどを整えて楽器買取サービスを提供しております。

その結果、日本全国にお住まいの多くのお客様にご利用いただき、たくさんのお客様からご満足のお声をいただけるようになりました。

管楽器の買取をお考えなら、ぜひ1度バイセルの無料査定をお試しください。

バイセルの管楽器買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

長年使っていない
管楽器も大歓迎

長年使っていない古い管楽器も、バイセルにお任せください。
古くなっていても、保存状態が良ければ高価買取の可能性はあるかもしれませんよ。

査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
さらに査定料、送料、出張料などの手数料は無料!気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

楽器買取の前に、
押さえておきたいポイント

査定対象となる楽器の種類

バイセルではギターやベースをはじめ、以下の楽器の買取を行っております。

  • ギター

  • ベース

  • クラシックギター

  • アコースティックギター

  • サックス

  • トランペット

  • バイオリン

  • フルート

  • クラリネット

  • 管楽器

  • ウクレレ

  • アンプ

  • エフェクター

高額になりやすい楽器

保存状態が良いもの

保存状態が良いと中古市場で買い手がつきやすくなり、高値が期待できます。
音が出ない、作動しない、ノイズが発生している、ボディに激しく傷がついている、タバコの臭いがする、サビついている、塗装がはがれているなどの状態で査定に出しても大幅に査定金額が下がってしまうでしょう。
愛用している楽器に使用感が出てしまうのは当然ですが、このような状態になる前になるべく早く売却して買い替えることをおすすめします。

付属品がそろっているもの

楽器を購入すると専用ケース、ストラップ、スタンド、保証書などがついてきます。
中古市場では購入したらすぐに使える状態の楽器は需要が高いです。
楽器を使う人が新しく買い足さなくても済むように、付属品をそろえておいた方が良いでしょう。
初心者セットには付属品が複数ついてくるので、購入時のものを楽器と一緒に査定に出しましょう。

中古需要の高いもの

中古市場では、人気メーカーの代表的なモデル、生産終了品、古い時代に作られたヴィンテージ品、限定販売品の楽器は需要が見込まれます。
これから楽器を始めたい人の中には新品よりも中古で気軽に欲しいという人もいるので、人気メーカーの代表的なモデルも一定の需要が見込まれるでしょう。
市場に出回っていないモデルだと新品の倍以上の価格にまで高騰しているものもあります。

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 80代女性

    今までにない対応

    今まで買取に来てもらった人がおりますけども、そこと比べても、会社との連絡やらを非常に密にやっていて、今までにない対応でしたので、会社としてもこういう方針でやっているんだなと思っておりました!

    愛知県瀬戸市若宮町80代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代男性

    礼儀正しくてびっくりしました。

    礼儀正しくてびっくりしました。古い品物だったんですが、丁寧に扱ってくれました。長い間、お付き合いいただいて感謝しています。5点満点です!

    東京都新宿区50代男性

    出張買取を利用しました

  • 40代女性

    安心できました!

    1つ1つ丁寧に説明してこの金額になるということをちゃんとしてくれたので、安心できました!説明もわかりやすかったです!

    東京都足立区40代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代男性

    スムーズにして頂いて良かったです。

    良かったです!スムーズにして頂いて良かったです。私が初めて利用するので詳しく説明をして頂きました!

    静岡県裾野市50代男性

    出張買取を利用しました

  • 30代女性

    とても良かったです!!

    とても良かったです!!丁寧だったし、説明もしてくれたし、にこやかに色んな話をしてくださいました。もう家には物が無いので、お友達に聞かれたら「良かったよ!」って伝えておきます!!

    埼玉県鴻巣市30代女性

    出張買取を利用しました

  • 40代女性

    納得して取引することができました。

    人柄が良かったし、1つ1つわかりやすく説明していただいたので、納得して取引することができました。ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。

    広島県広島市安佐南区40代女性

    出張買取を利用しました

  • 70代女性

    安心して取り引きすることができました。

    丁寧な説明があったので、私としても安心して取り引きすることができました。ありがとうございました。 また価格に関しても説明があったので納得の価格です。また機会あれば利用したいと思います。

    東京都大田区70代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    また機会があれば利用したいな

    対応良かったよ。 話し方も丁寧だし、こちらが質問したことにもちゃんと答えてくれたので良かったですね。 値段も期待に添えたかなと思っています(笑) また機会があれば利用したいなと思いましたね。

    東京都江戸川区60代男性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

管楽器買取のよくある質問

大きい管楽器を買取に出したいのですが、おすすめの買取方法はありますか?
管楽器の中にはバスサックスやチューバのように大きくて重いものもあり、買取店まで持ち運ぶのは大変な場合も多いでしょう。そこで、管楽器買取ではバイセルの出張買取をおすすめしております。バイセルの出張買取はご予約から査定・買取までご自宅で完結するため、楽器を持ち運ぶ必要もなく手軽です。ぜひお試しください。
管楽器の買取に手数料はかかりますか?
他店で買取を断られた管楽器があるのですが、見てもらえますか?

管楽器とは?

管楽器とは、楽器に息を吹き込むことで中の空気を振るわせて音を出す楽器のことを言います。

管楽器の起源は、動物の角や骨、巻貝であったと言われています。

中が空洞になっているそれらの道具の先端に穴を開け、息を吹き込むことで音を鳴らし、狩りや家畜の飼育といった用途に使われていたようです。

これが時代の変化と共に進化し、木や金属の加工技術の高まりも相まって現在のような管楽器の姿になりました。

管楽器には、大きく分けて「金管楽器」と「木管楽器」の二種類があります。

これは「金属製」「木製」という楽器の材質ではなく、音を出す仕組みによって分類されています。

金管楽器と木管楽器

金管楽器とは、演奏者の唇の振動によって発音する管楽器の総称です。

一方の木管楽器は奏者の唇の振動によらない方法で発音する管楽器を指します。

つまり、定義としては木管楽器は「管楽器のうち、金管楽器でないもの」といったことになります。

それでは、金管楽器と木管楽器には具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれの構造や音程の出し方といった観点から見ていきましょう。

金管楽器

金管楽器は、マウスピースから吹き込まれた息が長い管を通り、伝わった唇の振動が音量を増大させるためのベルから出ることで音を発するという構造になっています。

そしてその長い管の途中、ピストンやレバーによって管の長さや空気の通り方を調整することができるようになっており、これによって音階を変えることができます。

例えばトランペットなら、3つのピストンの出入りの組み合わせによって空気の通り道を変え、様々な音程を出しています。

トロンボーンなら、本体下部に管をスライドさせることができる機構がついており、それによって音程を変化させます。

また、唇の使い方によって違う音を出すこともできます。

木管楽器

木管楽器は、奏者がマウスピースに息を吹き込むことでリードを震わせ、その振動が管を伝ってベルから出ることで音を響かせるという構造になっています。

リードとは竹などで出来た薄片のことで、これが振動することで音源となります。

楽器によって、リードが1枚のシングルリード、2枚のダブルリード、枠の中で薄片が自由に振動するフリーリード、空気を楽器のエッジに当てて振動させるエアリードなど、様々な種類があります。

木管楽器においては、管の途中にあけられたトーンホール(音孔)を指やキィ操作で塞ぐことで管の長さを変え、音階を変えることができます。

指では届かない穴もキィ操作によって塞ぐことで、より広い音域を演奏する事が可能となっています。

管楽器の種類

ひとくちに管楽器と言っても、その種類は多岐にわたります。

代表的なものだけでも、金管楽器ならトランペット・ホルン・トロンボーン・チューバ・ユーフォニアム・コルネット、木管楽器ならサックス・クラリネット・フルート・オーボエ・ファゴット・ピッコロ・リコーダーなどがあります。

また、広い意味では笙や尺八、オカリナなども木管楽器にあたります。

中古市場で高く売れやすい
管楽器メーカーとは?

吹奏楽やオーケストラに欠かせず、趣味として演奏する人も多い管楽器は買取市場においても需要が高く、活発に取引されています。

ひとくちに管楽器と言っても種類は数多くあり、メーカーも様々あるため買取市場における価格も幅が広くなっています。

特にヤマハやセルマーといった有名な管楽器メーカーは買取市場においても人気が高く、買取価格も高くなりやすいと言えるでしょう。

ここでは、中でも特に買取市場における人気の高いメーカーについてご紹介します。

ヤマハ

ピアノやギターなど様々な楽器で有名なヤマハ(YAMAHA)は、管楽器においても世界のトップメーカーの1つとなっています。

高い製造技術から生み出される高性能な管楽器は、日本のみならず海外でも高い人気を集めています。

管楽器のラインナップも、サックス・クラリネット・フルート・トランペット・トロンボーン・ユーフォニアム・オーボエ・ピッコロ・コルネット・ホルン・チューバと、挙げればきりがないほど幅広いです。

どの管楽器も、性能の高さから買取市場でも常に高い需要があり、買取価格も高くなりやすいと言えます。

セルマー

セルマー(Selmar)は19世紀に創業した、フランスの老舗総合管楽器メーカーです。

歴史があるだけでなく、他社の追随を許さない高品質な音色は世界中で愛されています。

管楽器のラインナップとしては、サックス・クラリネット・トランペットなどが有名です。

買取市場における支持も厚く、高く買取されるケースも多い管楽器メーカーだと言えるでしょう。

ヤナギサワ

ヤナギサワ(YANAGISAWA)は、19世紀に創業した日本のサックスメーカーです。

熟練の職人による手作業と機械を組み合わせた独自の製造方法により、品質を安定させながら初心者からプロまで使いやすいサックスの製造に成功しています。

ラインナップとしてはサックスに特化していますが、その甲斐あって現在ではセルマー・ヤマハと並ぶサックスの世界3大メーカーの1つに数えられています。

買取市場でもサックス奏者からの信頼は厚く、高く買取されるケースも多いサックスメーカーだと言えます。

クランポン

クランポン(Buffet Crampon)は、19世紀はじめにフランスで創業した木管楽器の老舗メーカーです。

長い歴史の中で培った高い技術で高品質の木管楽器を作り続けている、世界のリーディングカンパニーの1つです。

管楽器のラインナップとしては、クラリネットとサックスが有名です。

買取市場においても人気が非常に高く、買取価格の可能性もあるメーカーと言えるでしょう。

ヴィンセント・バック

ヴィンセント・バック(VincentBach)は20世紀はじめに創業したアメリカの金管楽器メーカーです。

耐久性と音質の高さから、初心者・中級者・プロまで幅広い奏者に愛されています。

ラインナップとしては、トランペットとトロンボーンが有名です。

買取市場においてもファンからの人気は根強く、高価買取の可能性も期待できるメーカーだと言えます。

ヴィンテージの管楽器

管楽器には製造年代が古いビンテージやプライヤーの間で知られているモデルがあります。

製造年代が古くても状態が良いと高値で売れる可能性が見込まれるでしょう。

ここではビンテージモデルがあるブランドの一部を紹介します。

セルマーのアメセル

セルマーは、1885年にヘンリ・セルマーがフランスで設立したブランドです。

クラリネットやマウスピース、リードを製作し、1954年に発表した「マークVI」で一気に知名度を上げました。

ヘンリ・セルマーの弟がフランス製のセルマーをアメリカで組み立てたことで名づけられた「アメリカンセルマー(アメセル)」は、1954年以降にアメリカのジャズ市場でトップに君臨していました。

ですが、日本のブランドが参入するとアメセルは衰退していきました。

1950年代に製造された「Mark-6」には、1本ずつにシリアルナンバーが刻まれており、どの年代に作られたのかがわかるようになっています。

アメセルは中古市場でも高値がつきやすく、買取相場は高い傾向にあります。

1974年から1980年まで製造された「Mark-7」は、多くの演奏家から根強い支持のあるモデルです。

KING(キング)

キングとは、アメリカで有名な管楽器ブランドです。

ヘンダーソン・N・ホワイトとミュージシャンのトーマス・キングが、販売をスタートしたことが始まりです。

キングは世界で初めてネックやベルが総銀製の楽器を作りました。

1935年から1975年まで製造された「ZEPHYR(ゼファー)」、1945年から1998年まで製造された「Super20」などがあります。

シー・ジー・コーン(C.G.CONN)

シー・ジー・コーンは、1889年にサクソフォン奏者・E.A.ルフェーブルのためにサクソフォンを製作したことから始まりました。

1954年にトロンボーン奏者のエモリー・レミントンと製作した「88Hシリーズ」が知られています。

先端の曲線部分にはニッケルシルバーを採用しているので、クリアな音色を出せます。

また、手が小さい方でも持ちやすいことが特徴です。

同じシリーズにはテナートロンボーン「100HY」とアルトトロンボーン「36HY」があります。

まだまだある管楽器の人気メーカー

上記でご紹介したメーカー以外にも、買取市場において需要の高い管楽器メーカーは多数あります。

以下の表にあるようなメーカーの管楽器なら、高価買取のケースもあるかもしれません。


Schilke(シルキー)Alexander(アレキサンダー)B&S(ビー・アンド・エス)MURAMATSU(ムラマツ)
V.Q.Powell(パウエル)MIYAZAWA(ミヤザワ)Altus(アルタス)MATEKI(マテキ)
Pearl(パール)三響(サンキョウ)iO(イオ)Julius Keilwerth(ユリウス・カイルベルト)
Chateau(シャトー)Cannonball(キャノンボール)C.G.Conn(コーン)Gottsu(ゴッツ)
Cadeson(カドソン)BENGE(ベンジ)King(キング)Holton(ホルトン)
E.Schmid(E.シュミット)Antoine Courtois(アントワンヌ・クルトワ)Besson(ベッソン)Jupiter(ジュピター)
Hans Hoyer(ハンスホイヤー)Ed.Kruspe(クルスペ)MONNIG(メーニッヒ)H.F.Knopf(クノッフ)
Wenzel Meinl(ヴェンツェル・マインル)D.Otto(D.オットー)PAXMAN(パックスマン)Melton Meinl Weston(メルトン・マイネル・ウェストン)
BM SYMPHONIC(BMシンフォニック)Willson(ウィルソン)XO(エックス・オー)Brasspire unicorn(ブラスパイアユニコーン)
CAROL BRASS(キャロルブラス)J.Michael(J.マイケル)AZUMI(アズミ)Hammig(ハンミッヒ)

これらの人気メーカーが手掛けた管楽器をお持ちなら、ぜひ1度お気軽にバイセルの無料査定で価値を確かめてみてはいかがでしょうか。

付属品が揃っている

管楽器をはじめとする楽器の買取では、楽器本体のほかに様々な付属品が揃っているものの方が高く買取されやすいという傾向があります。

管楽器にまつわる付属品としては、楽器の種類にもよりますがマウスピースやストラップ、あるいは購入時についてくるケースや保証書などがあります。

こういった付属品は買取市場で管楽器を求める人にとっても必要なものであるため、付属品の揃っている方が需要が高くなりやすいのです。

そのため、買取業者としても付属品の揃っている管楽器の方がより積極的に買取でき、買取価格が高くなる可能性があります。

購入時についていた付属品は、管楽器本体と一緒に大切に保管しておきましょう。

保存状態がきれい

管楽器の買取価格を大きく左右するもう1つの重要な要素として、楽器の保存状態があります。

音が悪くなってしまっている、割れ・凹み・変形があるなど保存状態が良くないと、買取価格は下がってしまうでしょう。

反対に、本体に傷などがなく、各パーツにも傷みが見られないというような良い状態の場合には、高く買取される可能性も期待できます。

管楽器を保管したり持ち運んだりする際には、傷がつかないようにケースに入れておくのがおすすめです。

また使用後、呼気に含まれる水分が楽器の中にずっと残っていると、音が悪くなる原因になってしまうことがあります。

普段からこまめなメンテナンスをしてあげることも、より高い買取につながるでしょう。

もっと詳しく知りたい方には
楽器コラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

  • ゴルフクラブ買取

  • 家電買取

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料