いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

アコースティックギター
買取なら
バイセルへ

アコースティックギター買取ならバイセル アコースティックギター買取ならバイセル

アコースティックギター買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

汚れているギターでも

売れるかな?

メーカー名がわからなくても
買取できる?

ヤマハ、モーリス、テイラー、アリア、メイトンなどのアコースティックギターを積極的に買い取ります!

アコースティックギターの買取ならバイセルにお任せください。

しばらく使っていなくて保存状態に不安があっても、適切な査定金額をお出しできます。

また、新しい趣味を始めてアコースティックギターを購入したのに使わなくなってしまった方も、状態が良いうちに査定に出すと高値で売れるかもしれません。

自宅に置いたままになっているアコースティックギターはバイセルにお売りください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルのアコースティックギター買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

古いアコースティックギターでも
大歓迎

購入時期を覚えていないくらい古いアコースティックギターでも気軽に査定に出してください。

査定経験豊富なバイセルなら1本ずつ丁寧に査定いたします。

査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
さらに査定料、送料、出張料などの手数料は無料!気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

アコースティックギターの買取実績

業界最大規模の「月間10万点」以上の
買取実績をご紹介致します。

買取地域 買取商品
東京都新宿区

Tomson アコースティックギター

東京都新宿区

Aria Dreadnought アコースティックギターAD-35N/HEadway アコースティックギターHCL-28 STR

東京都新宿区

ヤマハ アコースティックギターN-700

愛知県豊橋市

K.Country アコースティックギター

和歌山県和歌山市

Morris アコースティックギター W-40

大阪府茨木市

Gibson アコースティックギター J-45

愛知県名古屋市北区

Jose Ramirez アコースティックギター

東京都目黒区

ギルド アコースティックギター D-40NT

茨城県日立市

Gibson アコースティックギター

茨城県日立市

KAN アコースティックギター

※上記買取実績はあくまで一例です。状態によっては、ご希望の金額に添えないものや、お値段が付かないものもございますのであらかじめご了承下さい。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

楽器買取の前に、
押さえておきたいポイント

査定対象となる楽器の種類

バイセルではギターやベースをはじめ、以下の楽器の買取を行っております。

  • ギター

  • ベース

  • クラシックギター

  • アコースティックギター

  • サックス

  • トランペット

  • バイオリン

  • フルート

  • クラリネット

  • 管楽器

  • ウクレレ

  • アンプ

  • エフェクター

高額になりやすい楽器

保存状態が良いもの

保存状態が良いと中古市場で買い手がつきやすくなり、高値が期待できます。
音が出ない、作動しない、ノイズが発生している、ボディに激しく傷がついている、タバコの臭いがする、サビついている、塗装がはがれているなどの状態で査定に出しても大幅に査定金額が下がってしまうでしょう。
愛用している楽器に使用感が出てしまうのは当然ですが、このような状態になる前になるべく早く売却して買い替えることをおすすめします。

付属品がそろっているもの

楽器を購入すると専用ケース、ストラップ、スタンド、保証書などがついてきます。
中古市場では購入したらすぐに使える状態の楽器は需要が高いです。
楽器を使う人が新しく買い足さなくても済むように、付属品をそろえておいた方が良いでしょう。
初心者セットには付属品が複数ついてくるので、購入時のものを楽器と一緒に査定に出しましょう。

中古需要の高いもの

中古市場では、人気メーカーの代表的なモデル、生産終了品、古い時代に作られたヴィンテージ品、限定販売品の楽器は需要が見込まれます。
これから楽器を始めたい人の中には新品よりも中古で気軽に欲しいという人もいるので、人気メーカーの代表的なモデルも一定の需要が見込まれるでしょう。
市場に出回っていないモデルだと新品の倍以上の価格にまで高騰しているものもあります。

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 60代女性

    印象が良かったです!

    大変結構でしたよ。二人とも、丁寧でしたね。言葉遣いも優しくて印象が良かったです!きちんと最後までご対応頂けたので満足していますよ。お二人によろしくお伝えして下さい。

    茨城県水戸市60代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    丁寧に説明してくれた

    素晴らしかったですよ!一つ一つこれはこう、あれはああと丁寧に説明してくれたので素人でもよくわかりましたよ!何か見つかったらまたお願いしたいと思います。

    佐賀県鹿島市60代男性

    出張買取を利用しました

  • 50代男性

    また機会があったら使おうかな

    良かったと思います。 気になるところもなかったですし、言葉遣いなども丁寧で良かったですよ。 価格も概ね満足しています(笑) また機会があったら使おうかなと思っています。

    茨城県行方市50代男性

    出張買取を利用しました

  • 80代女性

    わかりやすくて良かったですね。

    細かいところまで詳しく丁寧に説明してくださいましたし、口調も優しくお話しいただけましたのでわかりやすくて良かったですね。

    神奈川県横浜市80代女性

    出張買取を利用しました

  • 30代男性

    好感が持てました!

    感じの良い人でした。すごい打ち解けるような会話というか、そういった所が非常に好感が持てました!最後までお気遣いまで頂きね本当に気持ち良くお願いする事が出来ましたよ!

    東京都北区30代男性

    出張買取を利用しました

  • 30代男性

    わかりやすかったですよ。

    良かったですよ。丁寧に教えていただいたので良かったですね。わかりやすかったですよ。もともといらなかったものだったので売れたのでありがたかったですね。何かあればまたお願いしたいと思います。

    徳島県阿南市30代男性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    丁寧にやってくれました。

    とてもよかったですよ。親切で、お話もわかりやすかったですし丁寧にやってくれました。友達に売りたいと言ってる人がいたら親切にしてくれたから、安心して紹介できますよ。

    埼玉県埼玉県60代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代女性

    いいと思いました。

    いいと思いました。物腰がとても柔らかくて安心して売買を進められました。前日に値段についてネットで調べていたのですが、実際に査定してもらったら想定よりもちょっと高くなっていたので良かったです。

    千葉県四街道市50代女性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

アコースティックギター買取のよくある質問

譲ってもらったアコースティックギターなのでメーカーがわからないのですが、売れますか?
もちろんです。査定士がしっかりお調べして価値をご提示いたします。メーカーがわからないアコースティックギターも気軽に査定に出してみて下さい。
アコースティックギター以外にも何本もありますが、まとめて売れますか?
ヴィンテージの楽器も買取してもらえますか?

アコースティックギターとはどんな楽器?とは?

アコースティックギターは生音での演奏を前提に作られた楽器です。

エレアコとは「エレクトリック・アコースティックギター」の略で、アコースティックギターにマイクやピックアップを搭載し、内蔵マイクで拾った音をケーブル一本でスピーカーに送ります。

また、アコースティックギターのボディは箱鳴りを起こすため空洞になっており、木材や製法、サイズによっても音色・音量が異なります。

・ドレッドノート…サイズが大きくて厚みもあり、くびれが弱い

・000(トリプルオー)…ドレッドノートよりも小さく、くぼみが深い

・00(ダブルオー)…トリプルオーと比べてボディサイズが小さめ

ギターの構造

ギターの形状としては、曲線的な形状のボディ、フレットのついたネック、ペグ(糸巻)のついたヘッドから成っているのが一般的です。

ボディにあるブリッジと、ネックとヘッドの間にあるナット(上駒)の間に6本の弦が張られ、ペグによって各弦の張力と音の高さを調整(チューニング)します。

アコースティックギターではボディが空洞になっており、中で共鳴した音がボディに開いた穴(サウンドホール)から出る仕組みになっています。

エレキギターではボディが空洞になっているものと空洞のないものの両方が存在し、弦の振動を微弱な電気信号として取り出し、それを増幅回路(アンプ)で電気的に増幅させることによって音を表現します。

アコースティックギターに使われている木材

アコースティックギターにはスプルース、マホガニー、シダー、メイプル、コアなどの木材が使われ、それらの木材を表板、側板、裏板と組み立てていきます。

表板は、高価なギターであるほど1枚の板を使用しており、複数の板を合わせた合板よりも、振動が伝わりやすくてギターの響きが良くなります。

側板と裏板は単板と合板のものがあり、裏板は同じ木材同士を張り合わせているのが一般的です。

中古市場で需要のある
有名なアコースティックギターメーカーどは?

海外や国内で名の知られているアコースティックギターのメーカーは多数あります。

アコースティックギターはエレキギターよりも高価格帯のメーカーが多いので、モデルや保存状態などの条件を満たせば高値が期待できるでしょう。

1960年~1980年代に作られたヴィンテージギターも、メーカーや製造年代によっては高い需要が見込まれます。

ここでは中古市場で需要のある有名なアコースティックギターのメーカーをいくつかご紹介します。

YAMAHA(ヤマハ)

1946年からアコースティックギターを製作しているヤマハは、初心者からプロまで使えるモデルを展開しています。

Charや中島みゆき、ゆずの北川悠仁などが愛用していることでも知られています。

また、サイズ、値段、見た目に至るまでバリエーションが豊富です。

アコースティックギターを初めて購入する人におすすめな「FG / FSシリーズ」、高級モデルの「Lシリーズ」、「トランスアコースティックシリーズ」、そして「FSシリーズ」の弾きやすさをトレースした「STORIA(ストーリア)」、ギターとミニギターの間くらいの大きさの「CSFシリーズ」などがあります。

「Lシリーズ」は初登場モデルのL-31、上位モデルのL-51、52、53、54などがあります。

「FG/FS」シリーズはヤマハのビンテージギターで、製造年代はサウンドホール内に貼ってあるラベルの色からわかります。

年代ごとのギターの特徴はさほど変わりませんが、ビンテージギターを集めたい人には需要が高いでしょう。

ラベルの種類はレッドラベル、グリーンラベル、ブラックラベル、オレンジラベル、ベージュラベル、アイボリーラベル、一部の上位モデルには本革ラベルがあります。

ビンテージ価値が見込まれるのはレッドラベル、グリーンラベル、ブラックラベルです。

グリーンラベルは、レッドラベルが世に出る前に短期間だけ作られていて、数十万円程の価値がつく場合があります。

morris(モーリス)

モーリスは株式会社モリダイラ楽器のブランドで、アコースティックギターを中心とした楽器を製作しています。

フォークブームの中心となった谷村新司や堀内孝雄、現在ではKen Yokoyamaなどに愛用されています。

また、モーリスのアコースティックギターはシリーズによって生産部署が異なります。

・「LUTHIER MADE PREMIUM(ルシアーメイド・プレミアム)」…弦楽器製作家・森中巧が全工程に携わるモーリスで最高品のギターです。

・「HAND MADE PREMIUM(ハンドメイド・プレミアム)」…長野県の松本工場で10人ほどの職人によって製造されるモデルです。

レギュラーモデルやシグネイチャーモデル、限定生産のハンドメイドモデルなど種類が豊富にあります。

・「PERFORMERS EDITION(パフォーマーズ・エディション)」…中国工場などで製造されている海外製のモデルで、上記2つよりも手に届きやすい価格です。

モーリスにもヴィンテージモデルがあり、特に「W-30」は手に届きやすい価格だけれども音の響きが良いと人気です。

他にも「W-100」「MG1100」「W-LTD VYL」「Morris SC-16U 打田十紀夫シグネイチャー」などがあります。

アリア(ARIA)

アリアはクラシックギター奏者の荒井史郎が創業した楽器商社・荒井貿易のブランドです。

アコースティックギターのシリーズは、

・「Aria Dreadnought(アリアドレッドノート)」…ブランドの定番モデルで、「900 series」「500 series」「200 series」「100 series」などがあります。

・「Elecord」「Sinsonido」…アリアドレッドノートと同く定番モデルです。

・「Maccaferri(マカフェリ)」…ベルギーの著名なギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトが広めたモデルです。

・「The Sandpiper(サンドパイパー)」…サウンドホールの花柄のようなデザインが特徴のなどを多数展開しています。

・「Aria Pro II」…クラシックギターやエレキギターのシリーズです。

また、生産終了品も多数あり、モデルの情報が非常に少ないです。 「The Sandpiper」「Meister」「Aria 200 series」「Aria 100 series」「Mayfair series」「Sinsonido」

メイトン(Maton Guitars)

メイトンは戦後まもない1946年に設立されたオーストラリアのギターメーカーです。

楽器の製作に適したオーストラリア産のタスマニアン・ブラックウッドやクイーンズランド・メイプルなどの木材を使用しています。

また、メイトンは他社メーカーよりもヘッドの角が少し浅く、弦のテンションが下がって押さえやすくいところが特徴です。

有名な愛用者は、Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)やJoe Robinson(ジョー・ロビンソン)、日本ではソロギタリストの井草聖二などがいます。

シリーズは10種類ほどと、アコースティックギターのメーカーの中では多いです。

・「808」…少し小さめのサイズで、ブランドの定番モデルです。このシリーズだけでも和多くの種類があります。

・「Custom Shop series(カスタムショップ)」…弦楽器製作家のアンディ・アレンが全行程を担当するモデルです。

・「Signature series(シグネイチャー・シリーズ)」…トニー・エマニュエルとジョー・ロビンソンモデルがあります。

・「EBG series」…代表機種「808」を様々な形で製作したモデルです。

Taylor(テイラー)

テイラー・ギターズは、米カリフォルニア州エルカホンにあるギターメーカーです。

1974年に誕生したテイラーは既存のギターメーカーにはなかった電子制御の工作機械を導入し、さらに音響性能を追求しており他メーカーとの差別化を図りました。

同じくアメリカ発のGUITARS(マーチン)、Gibson(ギブソン)と並ぶブランドとして厚い信頼感を得ています。

海外ではテイラー・スイフトが愛用していることでも有名で、日本では若手アーティストを中心に愛用されています。

テイラーの代表的な800シリーズ「814ce」、厳選した木材で製作された「900 Series」、迫力なサウンドが魅力の「300Series」、2021年で生産中止となった「400 Series」などがあります。

期間限定モデルや日本限定モデルなどもあり、10本しか入荷されない日本限定モデルもあり、希少性が見込めるでしょう。

Takamine(タカミネ)

タカミネは1962年に創業し、日本で初めてエレアコを発売したメーカーです。

1978年に開発者たちの自由な発想で生まれた「パラスティック・ピックアップ」は、全てのエレアコモデルに搭載された代名詞的存在です。

タカミネのエレアコは金属製のケースに収められたピックアップを、ブリッジの下に吊り下げるようにして取りつけられていることで、大音量でもハウリングしづらくなっています。

エレアコの先駆者とも呼ばれており、大手メーカーのMartin(マーティン)、Taylor(テイラー)、YAMAHA(ヤマハ)が、タカミネと同価格帯のエレアコに注力しています。

また、エレアコが人気で、「500Series」はタカミネの代表的シリーズです。

タカミネは、どのモデルも中古市場で需要が見込まれます。

ミニギター

一般的なアコースティックギターのサイズよりも一回りから二回りほど小さい「ミニギター」も人気です。

ヤマハやモーリスなどの大手楽器メーカーも1万円代から販売しており、音の性能は少々劣りますが、「一般的なギターだと敷居が高いからもっと気軽に始めたい」「子供用に購入したい」という方などに愛用されています。

買取店ではミニギターも積極的に買い取っています。

その他の有名な海外・国内のメーカー

以下の表に記載した国内外のアコースティックギターのブランドは、エレキギターやベースも取り扱っています。

楽器の種類や保存状態、製造本数などによっては高値で売れる可能性があります。


fender(フェンダー) Gibson(ギブソン) Martin(マーチン) K.Yairi(Kヤイリ)
S.Yairi(Sヤイリ) Cole Clark(コールクラーク) Guild(ギルド) Epiphone(エピフォン)
Ovation(オベーション) HEADWAY(ヘッドウェイ) VINCENT(ヴィンセント) Seagull(シーガル)
Ibanez(アイバニーズ) ASTURIAS(アストリアス) Gretsch(グレッチ) Ayers(エアーズ)
baden(ベーデン) CRAFTER(クラフター) Dobro(ドブロ) Eastman(イーストマン)
Furch(フォルヒ) Guild(ギルド) Larrivee(ラリビー) LOWDEN(ローデン)
Martin(マーチン) Sepia Crue(セピアクルー) Zemaitis(ゼマイティス) Chaki(チャキ)
Yamaki(ヤマキ) Yokoyama(ヨコヤマ)

アコースティックギターを少しでも高値で売る方法

同じメーカーのアコースティックギターでも、査定基準を満たせていないと大幅に金額が変わる場合があります。

大事に使っていたアコースティックギターを納得して売りたいですよね。

ここではアコースティックギターを少しでも高値で売る方法をいくつかご紹介します。

適切な場所に保管する

アコースティックギターは湿度と温度によって状態が変わりやすいです。

保存場所が悪いと音の出が悪くなる、ネックが曲がる、カビが生えるなどトラブルの原因になります。

風通しが良くて温度が低く、エアコンの風が直接当たらない場所に保管しましょう。

専用ケースに入れ保管する場合は湿度調整剤を入れておくことおすすめします。

弦を張り直しきれいに

アコースティックギターの弦は湿度や温度以外にも、皮脂汚れやタバコのヤニによって汚れが蓄積されるとサビていきます。

弦が古くなるとガサついた音が出るようになったり音程も合わなくなります。

多少の出費はかかっても、弦を張り替えてから査定に出せば金額のアップが見込めるでしょう。

ボディの汚れを拭いておく

アコースティックギターに汚れがついているほど保存状態が悪いと評価されて金額が下がってしまいます。

査定前に皮脂汚れているのに気づいたらポリッシュやクロスで落としておきましょう。

アコースティックギター内部は固く絞ったガーゼを中に入れて転がすように動かすと落ちます。

指板にオイルを塗る

ボディの汚れを落とすのと同時に、指板もレモンオイルを塗って乾燥を防ぎましょう。

指板は木が空気に触れて乾燥しやすくなるので、ケアを怠ると割れる場合があります。

アコースティックギター専用のオイルを使えば、フレットのくすみも消せて弦と指のすべも良くなります。

ボディについたタバコの臭い、凹み、キズなどの損傷がない

ボディの汚れ以外にも、タバコの臭い、凹み、フレットのキズなどがあると査定金額が下がってしまいます。

特にタバコの臭いがハードケースの中にしみつくとなかなか落とせません。

市販の芳香剤をケースにかけて消臭する人もいますが、変色したりタバコの臭いと混ざって余計に取れなくなってしまいます。

また、ギターのサウンドホール内部からもタバコのツンとした臭いが漂ってくる場合があります。

臭いが取れなければ無理に取らずにそのまま査定に出しましょう。

ネックが反っているかを確認する

ネックが真っ直ぐだと弦高(弦と指板のスキマ)は均一ですが、反っていると弦高が均一ではなくなって高いところと低いところが出てきます。

弦高が高すぎると弦を押しづらくなり、低すぎると別のフレットと弦が当たって音が出ずらくなります。

しばらく使っていないとネックが反ってしまいますが、反りを戻すのは難しいのでそのまま査定に出すことをおすすめします。

付属品も一緒に査定に出す

アコースティックギターを購入すると専用ケース、ストラップ、保証書などの付属品がついてきます。

中古市場では「購入したらすぐに使える状態」のギターの価値が高いです。

ですから付属品にも値段がつきますので、査定時に本体と一緒に付属品を提示しておきましょう。

初心者セットには付属品が複数ついてくるので、どれが売れるのかわからない人も査定時に全部提示することをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方には
楽器コラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料