いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

アンプ買取なら
バイセルへ

アンプ買取ならバイセル アンプ買取ならバイセル

アンプ買取

なら

買取実績豊富なバイセルへ

アンプが古くなったから

買い替えたい

ギターを弾かなくなったから
アンプを売りたい

Roland、Marshall、VOX、fender、ORANGEなどのアンプ買取ならバイセルへ!

アンプの他にもギター、ベース、ドラム、管楽器まで楽器関連商品を幅広く買い取ります。

有名・無名メーカー問わず状態や種類に応じて、納得する査定金額をお付けいたします。

アンプの買取をお考えなら、ぜひバイセルの無料査定をお試しください。

バイセルのアンプ買取が
選ばれる3つの理由

電話を掛ける女性

01

純正カスタムでない
アンプでも大歓迎

出張買取が強みのバイセルは、アンプを含む音楽機材の関連商品を積極的に買い取っています。
出張買取を利用すればアンプを買取店まで持ち運ばずに自宅にいたまま気軽に手放せます。

査定風景

02

経験豊富な査定士にお任せ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍!

現金のお渡し

03

納得いけば、
その場で現金買取!

気が変わってもクーリングオフ
8日以内に解約できます

最短で即日査定
各種手数料も無料

バイセルなら、お問い合わせ・お申し込みからご希望に合わせて、最短で即日のご訪問が可能です。
さらに査定料、送料、出張料などの手数料は無料!気軽にご利用いただけます。

査定料・送料・出張料無料

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・
ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

電話をかける木村佳乃

楽器買取の前に、
押さえておきたいポイント

査定対象となる楽器の種類

バイセルではギターやベースをはじめ、以下の楽器の買取を行っております。

  • ギター

  • ベース

  • クラシックギター

  • アコースティックギター

  • サックス

  • トランペット

  • バイオリン

  • フルート

  • クラリネット

  • 管楽器

  • ウクレレ

  • アンプ

  • エフェクター

高額になりやすい楽器

保存状態が良いもの

保存状態が良いと中古市場で買い手がつきやすくなり、高値が期待できます。
音が出ない、作動しない、ノイズが発生している、ボディに激しく傷がついている、タバコの臭いがする、サビついている、塗装がはがれているなどの状態で査定に出しても大幅に査定金額が下がってしまうでしょう。
愛用している楽器に使用感が出てしまうのは当然ですが、このような状態になる前になるべく早く売却して買い替えることをおすすめします。

付属品がそろっているもの

楽器を購入すると専用ケース、ストラップ、スタンド、保証書などがついてきます。
中古市場では購入したらすぐに使える状態の楽器は需要が高いです。
楽器を使う人が新しく買い足さなくても済むように、付属品をそろえておいた方が良いでしょう。
初心者セットには付属品が複数ついてくるので、購入時のものを楽器と一緒に査定に出しましょう。

中古需要の高いもの

中古市場では、人気メーカーの代表的なモデル、生産終了品、古い時代に作られたヴィンテージ品、限定販売品の楽器は需要が見込まれます。
これから楽器を始めたい人の中には新品よりも中古で気軽に欲しいという人もいるので、人気メーカーの代表的なモデルも一定の需要が見込まれるでしょう。
市場に出回っていないモデルだと新品の倍以上の価格にまで高騰しているものもあります。

バイセルでは
いろいろ無料な出張買取がオススメ!

出張買取は
かんたん3ステップで完了

  • STEP01

    STEP01

    お問い合わせ

    電話かメールで
    かんたん申込み

  • STEP02

    STEP02

    査定

    査定結果は
    その場でご報告!

  • STEP03

    STEP03

    現金即払い

    提示金額に納得したら
    即現金受取!

バイセルの査定士を紹介します

お客様のご都合に合わせて、
その他の買取方法も選べます!

安心して
お取引いただくために

より安心してお客様にご利用頂けるように、バイセルでは出張買取をさせて頂いたお客様に限り、
契約日含め8日間以内のお申し出に関して返品保証を実施しております。

お客様第一主義に徹するバイセルでは、サービス満足度向上の為に、全従業員が従事しております。クーリング・オフ申請のみならず、契約に関するご相談は、「お客様相談室」にてお伺いさせて頂きますので、ご不明点・ご不安点があればご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

バイセルを利用されたお客様の声

バイセルは日々たくさんのお客様に
ご利用いただいております。

  • 30代女性

    今後機会あればお願いしたい

    価格にはまあ満足という感じですし、査定士さんの対応も丁寧でよかったので今後機会あればお願いしたいと思ました。ありがとうございました。

    富山県下新川郡入善町30代女性

    出張買取を利用しました

  • 40代女性

    悪い所もなく素敵

    いい人で良かったです。ほんとに誠実で、6年やってるって話もしましたし、悪い所もなく素敵な営業マンだなって思いました!

    大阪府大阪市阿倍野区40代女性

    出張買取を利用しました

  • 50代男性

    大変よかったです

    大変よかったですよ。わかりやすく説明してくれて「これはこうだから」と教えてくれて感じがよかったです。

    神奈川県川崎市高津区50代男性

    出張買取を利用しました

  • 80代女性

    優しくてお話しやすい

    対応が優しくてお話しやすい雰囲気作りがあって良かったです。私が分からないことも詳しく説明してくださって、金額も思ったよりも多くもらえて良かったです。

    和歌山県東牟婁郡80代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代女性

    対応は大変良かったです。

    対応は大変良かったです。ハキハキとしてらっしゃって、笑顔で分かりやすく説明をしていただきました。説明も納得いたしております。また何かあったらお願いしたいなって思います。

    長崎県長崎市60代女性

    出張買取を利用しました

  • 60代男性

    品物を丁寧に扱っていただいた

    速やかにやっていただいたので良かったです。品物を丁寧に扱っていただいたり、査定のポイントを教えていただいたりして良かったです。

    東京都葛飾区60代男性

    出張買取を利用しました

  • 50代男性

    とても親切でよく見てくださいました!

    とても親切でよく見てくださいました!どうなのかなって思う物でも「いいですよ~!見てみましょう!」って言ってくださったので良かったです。

    三重県四日市市50代男性

    出張買取を利用しました

  • 30代男性

    対応丁寧で良かったですよ。

    対応丁寧で良かったですよ。最初の挨拶からきちんとしていたし、部屋にあがるときにも丁寧に話してくれていましたね。商品説明もしっかりしてくれたし納得できました。価格も満足しています。

    兵庫県伊丹市30代男性

    出張買取を利用しました

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

※掲載しているお客様の声の内容はお客様個人の感想であり、お買い取りした商品はお客様によって異なります。

アンプ買取のよくある質問

音の出が悪いアンプでも売れますか?
はい、査定可能です。長年使っていると音が切れたり、音の出が悪くなってきます。状態によっては買取不可になってしまう場合がありますので、売却をご検討ならお早めに査定にお申し込みください。
アンプをいくつか持っています。自宅まで来てもらえますか?
高く売れるメーカーってどこですか?

アンプとは?

アンプ(amplifier)とは、音響を表現した電気信号を増幅する機器のことです。

エレキギターやエレキベースから出力された音楽の信号、またはCDやレコードから読み取る音楽の信号は非常に小さいため、そのままではスピーカーから十分な音量を出すほどの力がありません。

そこでアンプによって電気信号を増幅してスピーカーへ送ることで、スピーカーから十分な音量で音楽を鳴らすことができるのです。

アンプは、使われているパーツ・役割・用途・形態の違いなどによって様々に分類することができます。

アンプにはどのような種類があるのか見ていきましょう。

真空管アンプ・トランジスタアンプ・ICアンプ

アンプは、電気信号を増幅するためのパーツによって分類することができます。

つまり、最も古くに誕生した、真空管によって電気信号の増幅を行う「真空管アンプ」、ラジオなどに多く使われ、トランジスタによって電気信号を増幅する「トランジスタアンプ」、ICによって電気信号を増幅する「ICアンプ」という分類です。

真空管アンプはサイズが大きく、部品の交換も頻繁に行う必要があるため、現代ではトランジスタアンプかICアンプが使われることがほとんどです。

しかし、真空管アンプの音は「やわらかい」「あたたかみがある」として、熱心な音楽ファンからは厚い支持を集めています。

そのため、保存状態の良い真空管アンプはマニアからの需要があり、高値で買取されるケースもあります。

プリアンプ・パワーアンプ・プリメインアンプ

アンプは、役割の違いによって分類することができます。

つまり、電気信号を増幅する前段階で音量・音質・左右のバランス調整を行う「プリアンプ」、プリアンプから送られてくる電気信号を増幅させ、スピーカーから再生できるレベルにする「パワーアンプ」、プリアンプとパワーアンプの機能を1つにまとめた複合型の「プリメインアンプ」という分類です。

初心者にも使いやすいプリメインアンプには幅広い需要があり、音質にこだわりを持つ上級者にはプリアンプとパワーアンプが別々になったタイプが人気です。

プリメインアンプでありながら、プリアンプ部分とパワーアンプ部分をそれぞれ単独でも使用できるセパレートタイプもあります。

オーディオアンプとギターアンプ

アンプは、用途の違いによって分類することができます。

つまり、CDやレコード等に接続する「オーディオアンプ」と、エレキギターに接続する「ギターアンプ」という分類です。

オーディオアンプは流れてくる音を忠実かつフラットに再生させ、音を自然に楽しめるのが特徴です。

一方のギターアンプは、ゲイン・ベース・ミドル・トレブルなどのツマミを操作することでサウンドメイクしたり、音に歪みを生じさせるなども出来るのが特徴です。

スタックタイプとコンボタイプ

アンプは、スピーカーと一体になっているかどうかによって分類することができます。

つまり、アンプとスピーカーが別れた「スタックタイプ」、スピーカーとプリアンプが一体化している「コンボタイプ」という分類です。

スタックタイプはキャビネットと呼ばれるスピーカー部分にヘッドアンプと呼ばれるアンプ部分が積まれた形になっています。

出力の高いモデルが多いことと、ヘッドアンプとキャビネットを自分の好きな組み合わせで使えるという拡張性の高さが特徴です。

コンボタイプはアンプ部分とスピーカー部分が一体になっており、比較的小さくて低出力のものが多いです。

自宅などで練習用に使われるアンプはコンボアンプであることが多いでしょう。

大きなメリットとしては、一体型かつ小型ゆえの持ち運び易さが挙げられます。


その他にも買取市場で見かけることあるアンプとしては、映像信号の入出力端子と映像機器へ信号を分配する機能を備えた「AVアンプ」、ヘッドホン端子の無い製品を使う場合や高音質でヘッドホンリスニングしたい場合に使用される「ヘッドホンアンプ」などがあります。

買取市場で人気の有名アンプメーカーとは?

ギターやベースなどの楽器に有名メーカー・人気ブランドがあるように、アンプにも買取市場で高く売れやすい人気メーカーがあります。

例えばMarshallやVOXといった有名メーカーの人気モデルであれば、高く買取される可能性は高くなるでしょう。

ここでは、買取市場で需要の高い有名アンプメーカーをご紹介します。

Marshall

Marshall(マーシャル)は、ギターをプレイしている方なら知らない人はいないほど有名なイギリスのアンプメーカーです。

創始者のジム・マーシャルが、当時高価だったFenderのBassmanを参考に新しいアンプの製作を試みたのが始まりで、スタックタイプの生みの親としても知られています。

1962年に初めてのアンプが誕生し、モデルは45W仕様であるところから「JTM45」と命名されました。

Marshallアンプの人気モデルには「JTM」シリーズ、超小型アンプ「Micro-Amp」シリーズ、自宅練習に使える小型アンプ「MG-CF」シリーズ、音楽スタジオやフェスにも使われる定番品の「JCM」シリーズ、生産終了をした「MBシリーズ」などがあります。

買取市場でも人気は絶大で、最も高く買取されやすいアンプメーカーの1つと言えるでしょう。

VOX

VOX(ヴォックス)は、主にエレキギターやエレキベース用のアンプを製造しているイギリスの人気メーカーです。

ギターやベースの本体も販売していますが、有名なのはやはりアンプです。

中でも特にコンボタイプのアンプ製造に強みを持っています。

VOXアンプの人気モデルには、ビートルズが使用したアンプとして名高い「AC30」シリーズ、手の届きやすい価格帯の「Valvetronix 」シリーズ、初心者向けの「Pathfinder」シリーズなどがあります。

買取市場でも人気の高いアンプメーカーであり、高値での買取例も多く見られます。

Roland

日本の大手音響・楽器メーカーであるRoland(ローランド)も、アンプの製造で有名です。

Rolandアンプの人気モデルとしては、マーシャルのアンプと同じくらい定番品で知られる「Jazz Chorus(ジャズコーラス)」シリーズ、小型ギターアンプ「MICRO CUBE GX」、「Blues Cube」「JCクリーン」シリーズなどがあります。

特に「Jazz Chorus」シリーズの「JC-120」は、1976年に発売して以来「ジャズコ」の愛称で親しまれているロングセラー品です。

大きな特徴は、開発当初に単体エフェクターとして存在しなかったコーラスとビブラートを搭載した点です。

ジャズコーラスという名前から、当時流行していたジャズフュージョンのギタリストに向けてクリーンなサウンドを鳴らせるように設計されました。

個人の需要のほか、貸しスタジオなどでもRolandのアンプは定番となっており、非常に需要の高いアンプメーカーだと言えるでしょう。

ORANGE

ORANGE(オレンジ)は、1968年にロンドンで設立されたイギリスの有名アンプメーカーです。

アンプというと黒色のものが多い中、明るいオレンジ色の外装は非常に目を惹きます。

また、他のメジャーなアンプメーカーと異なり、ツマミ部分の表記が文字ではなくアイコンで表現されているところも特徴的です。

ジミーペイジ、エアロスミス、日本でも忌野清志郎や椎名林檎など数多くの有名アーティストが愛用していることでも知られます。

ORANGEアンプの人気モデルには「AD200B」「TERROR BASS」「Crush Mini(クラッシュミニ)」「Custom Shop 50H(カスタムショップ)」などがあります。

熱烈なファンも多く、買取市場でも需要の高いアンプメーカーだと言えます。

Fender

世界で初めてエレキギターを量産したことでも知られる人気楽器メーカーであるFender(フェンダー)は、ギターやベースだけでなくアンプにも高い人気があります。

1940年代に作られたフェンダーの「BASSMAN」はマーシャルにのアンプ製作のきっかけになるなど、フェンダーのアンプは絶大な影響力を与えています。

Fenderアンプの人気モデルとしては、ギターアンプの「FRONTMAN(フロントマン)」「CUSTOM(カスタム)」「Deluxe(デラックス)」「Super-Sonic(スーパーソニック)」「Hot Rod (ホットロッド)」、ベースアンプの「Bassman(ベースマン)」「Rumble(ランブル)」などがあります。

フェンダーのギターやベースを購入する際に揃いで購入するといった需要もあり、買取市場でもアンプの人気が高いメーカーの1つです。

Hughes&Kettner

Hughes&Kettner(ヒュース&ケトナー)は、エレキギター・エレキベース用のアンプで有名なドイツのアンプメーカーです。

ネオンのように青く光るパネルとその奥でオレンジに光る真空管のアンプはステージ映えすると評判で、一度見たら忘れられない印象を与えるのが特徴です。

アレックス・ライフソンやKISSのトミー・セイヤー、日本でも布袋寅泰やBUMP OF CHICKENの増川弘明など、有名アーティストにもファンの多いアンプメーカーです。

Hughes&Kettnerの人気モデルとしては、「TRIAMP MARK3」「TubeMeister Deluxe 20 HUK-TM20DX/H」「TubeMeister Deluxe 40 HUK-TM40DX/H」「TubeMeister 212 Cabinet HUK-TM212」「TubeMeister 110 Cabinet」「EDITION BLUE 15DFX」などがあります。

買取市場でも人気の高いアンプメーカーであり、高値での買取例も多く見られます。

まだまだあるアンプの人気メーカー

上でご紹介したメーカー以外にも、買取市場において需要の高いアンプメーカーは多数あります。

以下の表にあるようなメーカーのアンプなら、高価買取のケースもあるかもしれません。

IBANEZ(アイバニーズ)YAMAHA(ヤマハ)DIEZEL(ディーゼル)
MESA/BOOGIE(メサブギー)TRACE ELLIOT(トレースエリオット)KEMPER(ケンパー)
Hartke(ハートキー)SWR(エスダブリューアール)Ampeg(アンペグ)
MUSICMAN(ミュージックマン)BLACK STAR(ブラックスター)Hiwatt(ハイワット)
Pignose(ピグノーズ)FERNANDES(フェルナンデス)Ampeg(アンペグ)
Gibson(ギブソン)DANELECTRO(ダンエレクトロ)Bad Cat USA(バッドキャット)
WARWICK(ワーウィック)ASHDOWN(アシュダウン)Mesa Boogie(メサ・ブギー)

これらの人気メーカーが手掛けたアンプをお持ちなら、ぜひ1度お気軽にバイセルの無料査定で価値を確かめてみてはいかがでしょうか。

アンプをより高く売るためのポイント

人気メーカーのものを中心に買取市場での価値が高いものも多いアンプですが、より高く売るためにはどのような点に注意すれば良いでしょうか。

アンプを少しでも高く買取してもらうために知っておきたい、「こういう条件のアンプなら高く売れやすい」というポイントについてご紹介します。

保存状態の良いアンプ

アンプの買取価格を大きく左右するポイントの1つに、保存状態があります。

中身の状態が良く、外装も綺麗なアンプであれば高く買取してもらえる可能性は高くなるでしょう。

一方、以下のような状態の良くないアンプは買取価格が下がってしまう場合があります。

・アンプ本体に目立つキズがある
・トーレックス(本体の木部を保護するための布や合成皮革)がはがれている
・経年劣化により全体的に黒ずんでいる
・真空管の一つまたは全部が割れている
・スイッチを入れても作動しない
・ガリが発生している(音にノイズが混じっている)

外装が綺麗かどうかに加え、真空管アンプでは中の真空管の状態も大きな査定ポイントです。

音色を変えたり大音量を出すときに真空管の状態が悪いと査定金額は低くなってしまいます。

ただし真空管が壊れていても、修理すると査定金額の差よりも修理代金の方が高くついてしまう可能性がありますので、まずはそのままの状態でバイセルの無料査定をご利用ください。

さらに、査定では「ガリ」と呼ばれるノイズが発生しているかどうかもチェックされます。

コントロールツマミを回してノイズが発生していないか、日ごろから確認しておきましょう。

コンスタントに通電してガリを防ぐ

アンプは長期間使っていないと内部で腐食などが発生し、接触不良を起こしてガリの原因となってしまう場合があります。

ガリがあるアンプは買取価格が下がったり、場合によってはジャンク品の扱いをされてしまうこともありますので、ガリの有無はアンプの買取価格に大きく関わる要素だと言えるでしょう。

ガリを防ぐためには、毎日通電してツマミを操作し、「ガリ抜き」をしてあげることが有効です。

もちろん、すでに劣化が進んでいる場合にはガリ抜きできないこともありますが、その場合にも諦めてしまわず、試しにバイセルの無料査定で買取可能かどうか確認してみましょう。

付属品の揃っているアンプ

アンプを購入した際にはケーブルやアクセサリ類、箱・保証書・取扱説明書といった付属品が付いてくる場合が多いです。

これらの付属品は中古でアンプを買う人にとっても必要なものであるため、付属品が揃っているものの方が買取市場での需要が高くなり、より高く買取されやすくなります。

また、別売りのケーブルなどを買い揃えていた場合にも、それらをアンプ本体とまとめて買取に出すことで、より高い評価をしてもらえる可能性があります。

購入時についていた付属品は、アンプ本体と一緒に大切に保管しておき、買取の際には忘れず提示するようにしましょう。

スピーカーなどの関連製品も一緒に査定に出す

音楽を聴くときや楽器を演奏するとき、アンプで増幅させた音をスピーカーから流して楽しむわけですが、アンプとスピーカーには相性があります。

そのため買取市場でも、音楽を良い音で聴くために「アンプと、相性の良いスピーカーを一緒に買いたい」という需要が一定数あります。

アンプと相性の良いスピーカーをまとめて買取に出せば、その組み合わせに需要が発生し、より高く買取してもらえる可能性が出てくるのです。

ほかにも相性の良いヘッドホン、同じメーカーのエレキギターなど相性の良い関連商品があることで、アンプ単体で売るよりも高く買取してもらえるかもしれません。

また、まとめて買取を依頼することで価格交渉に応じて貰いやすくなるという側面もあります。

スピーカーなどの関連商品をお持ちの場合には、試しにアンプと一緒に査定に出してみても良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方には
楽器コラムがおすすめです

バイセルではその他商品も
幅広く買取・査定致します!

  • 着物買取

  • 切手買取

  • 古銭買取

  • 毛皮買取

  • ブランド品買取

  • お酒買取

  • 金(貴金属)買取

  • 宝石買取

  • 時計買取

  • 骨董品買取

  • 金券買取

  • カメラ買取

  • 食器買取

  • 楽器買取

  • レコード買取

  • ゴルフクラブ買取

  • 家電買取

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料