いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

不要になった楽器の処分方法や買い取りに出す際のコツを紹介します!

2022.07.08

楽器買取 コラム
不要になった楽器の処分方法や買い取りに出す際のコツを紹介します!

自宅に、もう弾かなくなった楽器はありませんか?

不要になった楽器の処分方法にはさまざまなものがありますが、なかには買い取りに出したいと考えている方も多いでしょう。

買取専門業者へ依頼すれば、楽器の価値をプロ視点で評価してもらえるため、価値相応の金額で売却できます。

この記事では、不要になった楽器の処分方法や高く買い取ってもらうコツについて、詳しく説明します。

楽器の処分を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

楽器の処分方法6選

楽器を処分する方法は、大きく分けて以下の6つです。各方法の特徴について説明します。

知人に譲る

楽器が欲しい人に譲れば、お金がかからず手軽に手放せます。

知人にも喜んでもらえるため、楽器が使える状態なら、きれいに掃除して譲り渡しましょう。

フリマアプリやオークションサイトに出品する

フリマアプリやオークションサイトでの出品は、周りに知人がいなくても、インターネットがあれば楽器を処分できる方法です。

自分が決めた値段で出品できるのが、大きなメリットでしょう。

出品するデメリットは楽器の梱包から発送まで、すべて自分で作業するため手間や労力がかかることです。

また、出品しても買い手が見つからない・値下げ交渉されるなどで、スムーズに処分できない可能性があります。

粗大ゴミとして処分する

楽器が壊れて使用できない場合は、粗大ゴミとして処分するのも一つの方法です。

ただし、サイズが小さい楽器は、粗大ゴミに該当しないケースもあるため、事前に自治体ルールを確認しましょう。

また、粗大ゴミとして処分する場合、基本的に有料の粗大ゴミ処理券を準備しなければなりません。

処分する楽器に貼り付け、回収日に指定場所で引き取ってもらいましょう。

不用品回収業者に回収依頼をする

不用品回収業者は回収日を決めていないため、好きな時間に楽器を引き取ってもらえます。

回収を依頼すると自宅まで訪問してもらい、楽器の運搬から処分までまとめて任せられるため便利です。

ただし、不用品回収業者に処分依頼する際、回収料金が高くなることに注意してください。

また、悪徳業者に騙されないように、依頼先の詳細や評判について事前に調べるなどの対策も重要です。

寄付をする

楽器が使用できる状態であれば、施設に寄付する方法があります。

例えば、ピアノの場合は以下を参考にして、需要がある施設に寄付を検討してもよいでしょう。

  1. 保育所
  2. 幼稚園
  3. 児童養護施設
  4. 介護施設
  5. 個人スクール

区役所や市民センターでは、ものの譲り渡しに関する情報を掲載している場合があるので、施設へ寄付する際は確認してみてください。

楽器買取業者に買い取りを依頼する

楽器買取業者に依頼すると、楽器の価値を正しく判断して買い取ってもらえます。

フリマアプリやオークションサイトでもお金に換えられますが、買い手が素人の場合は適正価格で取り引きされない可能性もあるでしょう。

楽器に傷が付いていても価値があると判断された場合、問題なく買い取ってもらえるので、売却して処分したい方は楽器買取業者の利用がおすすめです。

なお、出張査定に対応している業者に依頼すると、自宅まで楽器を引き取りに来てもらえるため、店舗まで持ち運ぶ手間がかかりません。

楽器の査定基準となるポイント

 楽器の査定基準となるポイント

楽器のモデルが同じ場合でも、付属品の有無や状態によって査定金額が変わります。

楽器の査定基準となるポイントを3つ紹介します。

付属品の有無

楽器の付属品もそろっている場合、査定金額がアップする可能性があります。

以下が、楽器の付属品の例です。

  1. 楽器のケース
  2. 取扱説明書
  3. 保証書
  4. 関連パーツ
  5. 周辺機器

楽器の購入時に付属していた書類やパーツを確認し、一式がきれいな状態であれば査定金額が上がるかもしれません。

楽器本体の状態

楽器本体は傷や汚れが少ないほど、査定金額は高くなります。

楽器が傷んでいると本来の音色を再現できない場合があるため、査定評価は下がる点に要注意です。

楽器の製造年月日

基本的に、古い楽器は壊れやすく価値が低いと判断されるため、査定金額が低くなる傾向にあります。

ただし、入手しにくいモデルや限定モデルの楽器など、いわゆるヴィンテージと呼ばれるような楽器は、古いものでも高値がつく可能性があります。

楽器を少しでも高く買い取ってもらうコツ

 楽器を少しでも高く買い取ってもらうコツ

楽器の買い取りを依頼する前に、ひと手間かけるだけで高く売れる可能性があります。

高く買い取ってもらうコツは3つです。

査定前にクリーニングをしておく

楽器本体の傷や汚れなどの状態は査定金額に反映されるため、査定前のクリーニングが重要です。

ただし、薬品を使用したクリーニングは楽器を傷める可能性があるため、慎重に行なってください。

取扱説明書があれば、クリーニング前に確認しておきましょう。

長年蓄積した汚れはクリーニングで落としきれないことがあるので、普段からのメンテナンスが大切です。

付属品と一緒に査定に出す

先述のとおり、楽器本体の状態だけでなく、付属品の有無も査定金額に影響します。

専用ケースや取扱説明書など、購入時に付属していた備品は一式そろえることがおすすめです。

弦の状態を確認しチューニングをしておく

自分でチューニングができる楽器であれば、査定前にチューニングしておくと、高く買い取ってもらえる可能性が上がります。

査定では実際に音が出るかチェックし、音が出ない楽器は不良品として扱われるため、減額されてしまいます。

チューニング済みの楽器は、買い取った業者がメンテナンスする手間を省けるので、好印象です。

弦を張り替えられる場合は、査定前にチューニングし、査定時に良い印象を与えましょう。

いらなくなった楽器の買い取りならバイセルにお任せください

いらない楽器があれば、買取方法が豊富なバイセルにご相談ください。

3つの買取方法を用意しているので、状況に応じてスムーズに楽器を処分できます。

店頭買取

店舗買取は予約なしで対応しているため、買い取りまで手間がかかりません。

また、予約した場合は待ち時間がないので、時間を有効活用できます。

楽器買取でおなじみのバイセルの店舗はすべて個室で、感染症対策を徹底しているため衛生的で安心です。

個室では、周りのお客さんを気にせず相談できます。

また、各店舗は駅から徒歩圏内にあるため、マイカーやタクシーは必要ありません。

ただし、楽器を持ち運べない方や開店時間に都合が合わない方は、他の買取方法を検討してみてください。

出張買取

出張買取を利用すると、自宅にいながら手軽に査定依頼できます。

日本全国どこでも対応しているので、店舗から離れて住んでいる方でも利用可能です。

出張料・査定料・送料などの手数料は、一切かかりません。

買い取りが成立すればその場で現金を受け取れます。

なお、自宅に知らない人を招くのが不安な方は、別の買取方法をおすすめします。

宅配買取

バイセルでは宅配買取にも対応可能です。

宅配キットを無料で提供しているので、楽器梱包などの発送準備を最小限に抑えられ、スムーズに手続きが進みます。

宅配方法がわからない場合でも、スタッフから徹底的にサポートしてもらえるので、安心してください。

ただし、梱包の手間をかけたくない方は、店頭買取や出張買取を利用しましょう。

おわりに

不要になった楽器を処分する際は、正しく価値を評価してもらえる楽器買取業者への依頼がおすすめです。

この記事で説明したような査定前のポイントを押さえることで、同じモデルの楽器でも高額査定を狙えるかもしれません。

イセルでは買取方法が3種類あり、ニーズや状況に応じて柔軟に買取依頼できるので、楽器をお得に処分したい方はご利用ください。