いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

中古ギターの信頼できる買取業者の選び方を解説!

2022.09.15

楽器買取 コラム
中古ギターの信頼できる買取業者の選び方を解説!

お手持ちのギターを買い取りに出したいと思ったことはありませんか?

「昔はよく弾いていたけど、最近は触ることもなく自宅に置いているだけ」という方は、買い取りに出すのがおすすめです。

とはいえ「どのような業者に買い取りを依頼すればよいのかわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、買取業者の選び方や高く買い取ってもらうためのポイントなどを詳しく解説します。

また、中古ギターを買い取りに出す前にしてはいけないことも解説するので、参考にしてください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

勘違い!?中古ギターの買い取りでしてはいけないこと

中古ギターを買い取りに出す前に、してはいけないことがあります。

「知らずに行動したことで査定額が大幅に下がってしまった」とならないよう、査定に出す前の注意事項を把握しておきましょう。

弦を外して査定に出す

弦を外した状態で査定に出すと、査定額が大幅に下がる可能性があります。

弦が張られていないとチューニングができず、ギターの状態を正しく判断できないからです。

最悪の事態を想定したうえでの査定になるおそれもあるため、ギターを買い取りに出す際は弦を張り付けた状態で査定に出しましょう。

電装系の修理を無理にしない

コンデンサーや配線材などのパーツが使われているエレキギターの場合は、無理に電装系パーツの修理を行なわないようにしましょう。

慣れている方であれば問題ありませんが、不手際が原因で逆に査定額を下げてしまう可能性があります。

例えば、接触不良の改善を試みて接点復活剤を使用した結果、ボディに付着して塗装が剥げてしまった事例も少なくありません。

ガリやノイズ程度の不具合は査定額に影響しないことも多いため、そのままの状態で査定に出すとよいでしょう。

ネックやフレットの調整をする

ネック反れ・音詰まりを直そうとして、自分でネックやフレットを強引に調整すると、ネック折れにつながる場合があります。

ネックが折れてしまったギターはジャンク品扱いになるため、査定額が大幅に下がってしまいます。

最悪の場合、買い取ってもらえない可能性もあるため、査定前に自分でネックやフレットを調整するのは止めましょう。

中古ギターを高く買い取ってもらうためのポイント

 中古ギターを高く買い取ってもらうためのポイント

ここからは、中古ギターを高く買い取ってもらうためのポイントを解説します。

どの方法も難しくないため、事前にしっかりとポイントを押さえましょう。

ギターの保存状態を確認する

ギター本体の状態は、査定に大きく影響します。

目視で確認できる傷や汚れなどもその一つです。

ギターを買い取りに出す際には、できる限りきれいな状態にするためにも、クリーニングを行ないましょう。

汚れを拭き取る際は、やわらかい布などで軽く拭く程度にして、ボディが傷付かないように注意してください。

ギター本体だけではなく、弦もクロスで包むようにして1本ずつ拭き取っておくとよいでしょう。

ギターケースなどの付属品をそろえる

ギター本体だけではなく、付属品も一緒にそろえて査定に出しましょう。

付属品がそろっていると、査定価格が上がりやすくなります。

特に、製造年が古いギターの付属品は製造終了で入手できない場合があり、付属品がないだけで査定額が下がる可能性もあります。

ギターの種類によっては、特定の付属品がないと演奏できないものもあるため、紛失しないよう注意が必要です。

ギターケース、アンプ、シールド、アームなどのほか、保証書や説明書もある場合は、忘れずに査定へ出しましょう。

買い取りに出す前に音のチェックをする

買い取りに出す前には、実際にギターを弾いて音をチェックしてください。

音が出ないギターは価値がないものと判断され、査定額が下がりやすくなるからです。

弦が錆びている場合は、新品の弦に交換することで出音を改善できるでしょう。

ギターは、可能な限り良い音が出る状態で査定に出すことがポイントです。

高価買取が期待できる人気のギターメーカー5選

 高価買取が期待できる人気のギターメーカー5選

数あるギターメーカーのなかでも、特に高価買取が期待できる人気のメーカー5選を紹介します。

ギブソン(Gibson)

アメリカのテネシー、ナッシュビルに本社を構えるギブソン(Gibson)は、ロックギターの名機として名高い、レスポールを生み出したギターメーカーとして広く知られています。

レスポールは、ギブソンとギタリストのレス・ポール氏が共同で開発したギターです。

1952年に誕生したレスポールは、現在でも多くのギタリストに愛用されています。中古市場でも人気が高いです。

フェンダー(Fender)

エレキギターの元祖ともいえるテレキャスターを生み出したフェンダー(Fender)は、1940年代にアメリカで創立されたギターメーカーです。

フェンダーのギターは、幅広いジャンルの音楽でプロアマ問わず多くの人に使用されています。

1954年に誕生したストラトキャスターも、エレキギターの代表的なモデルとして有名です。

マーチン(Martin)

1833年に創業されたマーチン(Martin)は、アコースティックギターで有名なギターメーカーです。

180年以上の歴史があり、アコースティックギターの標準構造ともいえる、Xブレーシングを開発したメーカーとしても知られています。

さまざまなギターメーカーのアコースティックギターに採用されている、ドレッドノートボディのパイオニアとしても有名です。

PRS(ポール・リード・スミス)

PRS(ポール・リード・スミス)は、1985年に設立されたアメリカのギターメーカーです。

ギブソンやフェンダーと比較するとその歴史はまだ浅いですが、幅広いジャンルに対応できるサウンドと美しいデザインで人気を博しています。

2021年4月1日には、PRS日本法人も発足しました。PRSのギターは「PRS SE」「PRS S2」「PRS Core Models」「PRS Private Stock」の4つのグレードで展開されています。

ヤマハ(YAMAHA)

楽器全般やPA機器などを幅広く扱っているヤマハ(YAMAHA)は、アコースティックギターやエレキギターも販売しています。

ヤマハのギターは、使いやすく無駄のないデザインや操作性、ジャンル問わずオールマイティーに対応できる順応性が特徴です。

ヤマハが持つ独自技術の投入や良質な木材の使用などにより、比較的安価なモデルでもクオリティの高いサウンドを実現しています。

中古ギターは信頼できる買取業者に査定してもらいましょう

中古ギターの買い取りを依頼する際は、買取業者選びが重要です。

買取業者選びを間違えると、相場よりも低価格で買い取られてしまう可能性があるからです。

ここからは、信頼できる買取業者の選び方を詳しく解説します。

ギターの知識が豊富な買取業者を選ぶ

的確な査定をしてもらうには、ギターの知識が豊富な買取業者に依頼するのがおすすめです。

ギターの買い取りには専門的な知識が求められます。ギターに詳しい担当者がいない一般的なリサイクルショップなどでは、実際の価値よりも安く査定されてしまう可能性があるため要注意です。

専門的な知識を持った査定員がいる業者であれば、ギターの価値を見極めたうえで適切な査定をしてくれるでしょう。

ギターの買取実績が豊富な業者を選ぶ

ギターの買い取りを依頼する際は、買取実績が豊富な業者を選ぶとよいでしょう。

ギターの買取実績が豊富な業者なら、過去にどのくらいの価格で取り引きされているのかが把握しやすくなります。

さらに、自分が買取依頼をするギターと同じ種類やモデルの実績があれば、どのくらいの価格で買い取ってもらえるのか、大体の見当がつきます。

そのため、想定していた価格よりも大幅に安く査定されて落胆するような事態を避けられるでしょう。

買取方法の選択肢が多い業者を選ぶ

ギターの買取業者選びの際は、買取方法の選択肢が多い業者に注目することもポイントです。

おもに、ギターの買取方法は、宅配買取・出張買取・店頭買取の3種類ですが、なかには出張買取に対応していないところもあります。

それぞれの買取方法にはメリットとデメリットがあるため、特徴を把握して自分にとって都合の良い方法を選択してください。

中古ギターの買い取りならバイセルにお任せください

中古ギターの買い取りなら、買取実績が豊富なバイセルにお任せください。

バイセルでは店頭買取のほかに、出張買取や宅配買取も行なっているため、お客様の都合にあった方法を選択していただけます。

宅配買取

宅配買取は、店頭まで行かずに買取査定を依頼できるのがメリットですが、輸送時において破損のリスクがあります。

特にギターのネック部分は折れやすいため、注意が必要です。

買い取りを依頼するギターの専用ハードケースがある場合は、そのケースに入れて送ると安心です。

ソフトケースのみの場合は、ソフトケースごと段ボールに入れて送りましょう。

その際は、ソフトケース自体を緩衝材で包むなどの対応が必要です。

バイセルの宅配買取は、送料無料・査定料なしでご利用いただけます。

梱包資材をお持ちでない場合は、梱包キットを無料でご自宅にお届けすることも可能です。

出張買取

買い取りを依頼するギターの本数が多い場合や、近隣にバイセルの店舗がない場合などは出張買取が便利です。

バイセルの出張買取は、お客様のご自宅に査定員が伺い、その場で査定と買い取りをします。

出張買取のメリットは、店頭までギターを持っていく手間と時間がかからないことです。

バイセルの出張買取は日本全国に対応していますが、離島にお住まいの方はご利用いただけません。

店頭買取

自宅の近くに店舗がある場合は、店頭買取をご利用いただけます。

予約なしでも利用可能ですが、ご予約いただければ待ち時間なしでご案内できます。

バイセルの店舗は、全店舗個室の買い取りブースを完備しているため、周囲の目を気にせずに落ち着いたご商談が可能です。

店頭買取では、買い取りをご希望されるギターと本人確認書類を持参していただく必要があります。

店頭買取は自宅で査定員を待つ必要や、宅配のために梱包する手間がかからないのがメリットです。

ショッピングや食事などで出かけたついでに、バイセルの店舗に立ち寄って買取査定を依頼することも可能です。

店舗が遠い場合は、出かける手間や移動に要する時間がかかります。

おわりに

長期間使っていないギターや不要なギターがある場合は、買い取りに出すことをおすすめします。

ギターの買取価格はメーカーやギターの種類によって大きく変動しますが、なかには高額買取が期待できるものもあります。

ギターを買い取りに出す際は、買取業者選びが重要です。

ギターの知識を持っていない業者は的確な査定ができないため、たとえ価値のあるギターでも安価に査定されてしまうおそれがあります。

バイセルにはギターの知識が豊富な査定士も在籍しているため、お手持ちのギターの価値を正しく見極めたうえでの査定が可能です。

加えて、これまでさまざまなギターの買取実績を誇り、そのなかには高額買取の実例もあります。ギターの買い取りをお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。