ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

中国美術の買取相場は?人気作家や種類、おすすめの売却方法を徹底解説!

中国美術の買取相場は?人気作家や種類、おすすめの売却方法を徹底解説!

自宅の物置から、価値の分からない骨董品や美術品が出てきたことはありませんか。

その美術品に漢字が書かれていたら、それは中国美術かもしれません。

中国美術は世界中にコレクターが存在しているため、価値が見込まれるものなら高額買取が期待できます。

中国美術の買取相場や人気作家、種類について、さらに中国美術のおすすめの売却方法を徹底解説します。

中国美術の種類

中国美術の種類

中国で制作された陶器・書画・絵画などの美術品すべてが「中国美術」に該当し、古いものであれば数百年から数千年以上も昔に制作された美術品も存在します。

中国美術には主に以下の種類があります。

書画(掛軸、書、古文書など)絵画(山水画、彩色画、人物画、花鳥画など)
文房具(硯、端渓、古墨、筆、印材など)陶磁器(白磁、青磁、青花磁器など)
中国切手古書
文物品(堆朱、翡翠、玉、珊瑚、犀角、金瓶、銀瓶、象牙など)中国古銭

中国では非常に幅広い種類の美術品が作られていることがわかりますね。

中国美術の種類は、この表以外にも多岐にわたり、ほとんどが買取対象となります。

中でも、骨董品の買取市場で人気のある代表的な中国美術をいくつか解説します。

書画

書家が描いた作品を書画と呼びます。

中国では「書と画は名称は違うが同体だ」という意味の「書画同源説」が伝統的に唱えられていました。

そのため中国の芸術は、秦や漢などの時代から「書」と「画」を切り離せないものとしていて、掛軸・屏風・巻物など数多くの作品が生み出されてきました。

書画は「筆を使い墨で書いた書のみの作品」「書と絵画が一体になった作品」を指すことが多いです。

有名な作家は書画を確立したとされる王義之で、彼は現在でも多用される書体の楷書・行書・草書を豊かに表現していたと言います。

王義之の作品では「快雪時晴帖」「蘭亭序」などが有名で、これらをはじめとする価値のある書画は本物であれば大変高い価値ががあります。

絵画

中国絵画のルーツは先史時代(日本では弥生時代)と言われているほど歴史が古く、当時は土器や岩壁などをキャンバスにして絵画を表していたとされています。

中国独特の絵画の手法と言われている、墨で濃淡を作り出す表現方法や影を付けない手法などが、世界的に中国絵画の価値が高まっている理由と言えます。

中国絵画史を広く見ると彩色画・人物画・花鳥画が多く、山水画・水墨画が主な手法となっていきます。

有名な画家は顧愷之・呉道子・呉昌碩、現代作家では黄秋園の作品が人気となっています。

山水画

山水画は主に自然をモチーフとした画風が特徴で、山や四季など季節ごとに異なる色彩が用いられています。

中国では、山水を神仙や霊獣の住処としていたため、秦・漢時代より焦点を当てていました。

五代時代以降は、荊浩・李成・郭煕・斉白石などの山水画家が有名となり、当時絵画の代表であった人物画よりも山水画が台頭してきた時代もあります。

山水画の主な作風は徐々に変化していき、絵の中の人物が山水を鑑賞する作品や、心象風景を取り入れた作品などと時代や作家によって様々です。

無名作品よりも、呉鎮作など、作家物の山水画であれば高額買取が望めるでしょう。

印材

印材とは、いわゆる「スタンプ」のようなもので、紙に印字することを目的とした美術品です。

銅・銀・竹・木材など、多種多様な素材が用いられています。

秦・漢時代に、皇帝や官吏の位を印で表す印象制度が整えられたため、印の役割が重要になり始めました。

印材の大きさや形によって位や役職が表され、初期は粘土の塊に印を押していましたが、紙に捺印することが徐々に一般化していきました。

現在では、印材としての実用よりも観賞用として需要がある美術品とされています。

「天然石でできた印材の場合は石材がいかに良質かどうか」「サイズは大きいかどうか」などが買取査定の評価を上げるポイントになりそうです。

陶磁器

陶磁器

中国の陶磁器の歴史は古く、今から1万数千年以上昔の新石器時代で生まれた「紅陶(こうとう)」や「彩文土器」から始まりました。

陶磁器とは、「陶器」と「磁器」を総称したものです。

中国では、焼成温度1,000度以下の焼物を「陶器」と呼び、1,000度以上の焼き物を「磁器」と呼びます。

さらに、釉薬(ゆうやく・ガラスコーティング)のかかった焼物もすべて「磁器」と呼びます。

中国の陶磁器の中でも代表的な磁器の種類として、白素地に無色の釉薬をかけた「白磁」と、青緑色の釉薬をかけた「青磁」があります。

名前の通り「白磁」は白単色、「青磁」は青単色で出来上がります。

元・明・清代に作られた磁器は、宮廷に納めるために高品質で希少価値が高いとされるので、買取に出すと高値になりやすいです。

宮廷用の陶磁器は時と共に発展していき、一般市場向けの陶磁器に比べて顔料の藍色と白色が鮮やかで、素地である白磁の質も高くなりました。

しかし、官窯(宮廷用の窯)と民窯(一般市場向けの窯)が統一されたと共に、官窯に使用されていた技術が民窯にも流れていきました。

最終的には全体的に磁器の製造技法が大きく発展したため、素人では官窯と民窯の陶磁器の区別をつけるのは難しいかもしれません。

中国切手

中国切手は、中国で発行された切手を指し、主に価値が見込めるのは1950~80年代にかけて流通していたものです。

この時期の切手は、文化大革命でほぼ消失してしまったために、価値が急上昇しています。

また、中国富裕層が投機目的で収集していることも、中国切手の高騰に拍車をかけています。

高価買取が期待できる中国切手の種類や買取相場については、こちらのページをご覧ください。

翡翠

翡翠は曇りのない鮮やかな緑色が特徴の宝石です。

翡翠は清王朝初期にミャンマーから中国に持ち込まれ、宮廷内で装飾品として多く使用されており、古代より重宝されていました。

そのため翡翠は宝石としても価値が見込めるだけでなく、年代物の翡翠は歴史的価値も付くため、中国美術としても価値が見込まれます。

翡翠の中でも高値で買取されやすいカラーや買取相場については、以下のコラムで紹介しておりますので、気になる方はご一読ください。

そのほかの中国美術の種類

前述した中国美術以外の種類をご紹介します。

犀角・黒檀・青銅器・竹根・香木・沈香・硯屏・中国茶器・麻雀牌・鍍金仏・金銅仏・鉄瓶錫器・古家具・帯鉤・如意・扇子・屏風・七宝・絞胎・天目・三彩・染付・藍釉


また、中国陶磁器の主要窯は以下の通りです。

景徳鎮・徳化窯・釉裡紅・官窯・龍泉窯・磁州窯・釣窯・哥窯・汝窯・越州窯・鼎州窯・岳州窯・寿州窯・洪州窯・邢州窯・南宋官窯・湖田窯・磁州窯・建窯・吉州窯・南安窯・莆田窯・郎窯臧・窯年窯・唐窯・宜興窯

中国美術の種類や窯は非常に多岐にわたるため、プロの目でなければ見分けが付かないこともあるでしょう。

詳細がわからない中国美術は、買取実績が豊富な業者に見てもらうのがおすすめです。

骨董品バナー
骨董品バナー

中国美術の人気作家

中国美術の人気作家

中国美術の中でも、骨董買取市場において人気作家が手掛けた作品の方が高額買取に繋がりやすいです。

中国美術の代表的な人気作家をご紹介します。

王義之・顧愷之・呉道子・田黄石・鶏血石・芙蓉石・斉白石・呉昌碩・沈南蘋・于右任・亞明・于非闇・惲寿平・惲南田・袁暁岑・王一亭・王原祁・王献之・王時敏・王西京・王石谷・王雪涛・王鐸・翁同龢・王文治・王蒙・何海霞・何家英・郭沫若・何紹基・顔輝・関山月・関良・魏紫煕・徽宗皇帝・仇英・虚谷・金延標・金農・倪元璐・啓功・乾隆帝・弘一法師・黄永玉・江寒汀・康煕帝・高奇峰・黄君壁・高剣父・黄公望・黄冑・黄庭堅・黄賓虹・康有為・呉冠中・呉湖帆・呉作人・呉彬・祭国強・崔如琢・査士標・左宗棠・沙孟海・常玉・謝稚柳・朱屺瞻・祝允明・朱銘・徐渭・蒋介石・蒋兆和・章炳麟・徐希・徐世昌・徐悲鴻・沈周・石涛・石魯・銭松嵒・曽国藩・宋文治・蘇軾|蘇東坡・孫文・趙之謙・張瑞図・張善孖・張大千・趙樸初・趙孟頫・陳逸飛・沈尹黙・陳鴻寿・陳洪綬・陳半丁・程十髪・鄭燮|鄭板橋・田世光・唐寅・唐雲・董其昌・董寿平・任伯年・任頤・馬遠・白雪石・八大山人・范曾・潘天寿・溥傑・傅山・溥儒・溥佺・馮大中・傅抱石・文徴明・米芾・辺寿民・包世臣・蒲作英・梅蘭芳・雍正帝・頼少其・羅振玉・羅聘・藍瑛・李可染・陸厳少・李苦禅・陸治・李鴻章・李士達・李鱓・劉海粟・黎雄才・劉松年・劉大為・劉旦宅・梁啓超・林散之・林則徐・林風眠・林良・郎世寧

これらの中国美術の作家はほんの一部です。

作家ものの中国美術は高額買取が期待できるので、一度査定に出してみることをおすすめします。

中国美術の買取相場

中国美術の買取相場

中国美術の査定ポイントは、手掛けた作家の知名度や、作品本体の状態が重要となります。

そのため、一概に「買取相場はいくら」とは言い切れません。

あくまで一例としてですが、代表的な中国美術の買取相場をご紹介します。

種類代表的な作家買取相場
書画王義之など~数億円程度
絵画顧愷之・呉道子など~数億円程度
印材田黄石・鶏血石・芙蓉石など~数億円程度
陶磁器元 青花缠枝牡丹纹摩羯鱼耳大罐など~数億円程度

こちらの表は査定評価が高い作品の場合の買取相場となりますので、参考までに留めてください。

中国美術の値段にこだわるなら実績多数のバイセルへ!

バイセルは骨董品をはじめとした中国美術の買取実績を多数持っています。

ご自身のコレクションの整理の際や、ご自宅に眠ったままの価値が不明な中国美術のご売却はお任せください!

さらにお電話1本で経験豊富なスタッフがご自宅までお伺いしますので、運び出しも不要で安心してお使いいただけます。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

中国美術を買取に出すときの注意点

中国美術を買取に出すときの注意点

中国美術を買取に出すときには、いくつかの注意点があります。

お持ちの中国美術が少しでも高く売れるように、以下のポイントを押さえておきましょう。


・無理にクリーニングは行わない

・付属品も忘れずに査定に出す

・なるべく早く買取に出す

・一度にまとめて売る

・査定前に品物の来歴を調べておく


それでは、詳しく説明します。

無理にクリーニングは行わない

大切な中国美術を買取に出す際に押さえておきたいコツとして、無理にクリーニングを行わないことが挙げられます。

汚れているよりも綺麗なほうが査定時の印象としては良いものの、中国美術には歴史的価値も含まれています。

骨董品は、長い年月をかけて蓄積した汚れも含めて価値となりうる場合があります。

無理に綺麗にしようとして風合いを消してしまったり破損してしまうと、価値が大幅に下がるだけでなく、買取不可となるケースもあり得るのでご注意ください。

付属品も忘れずに査定に出す

中国美術は、入手した際、木箱などの専用ケースに入っていることがあります。

箱には、前方の側面などに著名な作家の直筆サインが入っていたり、説明書が同封されている場合があります。

付属品がない状態で査定に出してしまうと、査定員に価値の見極めが困難とされるケースもあるので、必ず付属品は忘れずに査定に出しましょう。

なるべく早く買取に出す

中国美術の買取を検討しているのであれば、なるべく早く買取に出すことをおすすめします。

特に年代物の中国美術であれば、経年劣化により、素材がもろくなっている可能性があります。

そのため、自宅での保管期間を伸ばすほど、本体の状態が悪くなることもあり得ます。

中国美術は状態が良い方が買取額も高くなる傾向にあるため、今以上に状態を悪化させないためにも、買取を検討した時点で早めに買取に出すのが賢明です。

一度にまとめて売る

自宅に売りたい中国美術がいくつかあるという方は、数回に分けて査定に出さず、一度にまとめて売りましょう。

買取業者が品物を買い取る際の1件1件にかかる手間や費用などを考えると、一度で済むことによって、買取額で還元してくれる可能性もあります。

少しでも高値で売るためにも、複数の品物がある場合は、一度にまとめて売るようにしましょう。

査定前に品物の来歴を調べておく

中国美術は種類も多いうえに贋作も存在するため、真贋は非常に慎重に判定されます。

そのため、品物の来歴が明確になっていれば、査定時に大きなヒントとなることがあります。

「どこで手に入れたものか」「誰にもらったものか」などが分かるだけでも査定の手助けになるかもしれません。

一度、査定前に家族などにも協力してもらい、品物の来歴を調べておくのが得策です。

中国美術のおすすめの売り方とは?

中国美術のおすすめの売り方とは?

中国美術は、リサイクルショップや質屋など様々なところで売れます。

その中でも、最もおすすめしたい売り方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

骨董専門の買取業者に査定依頼する

中国美術は、骨董専門の買取業者に査定依頼するのがおすすめです。

骨董専門の買取業者には、中国美術に関して専門知識をもつ査定員が在籍しています。

そのため、お持ちの中国美術がもつ価値を正しく見極めてくれるでしょう。

骨董専門の買取業者であれば、リサイクルショップなどで美術品の知識がないスタッフに低く買いたたかれるよりは、満足のいく価格で売ることができると言えます。

出張買取サービスを利用する

数多くの種類がある中国美術の中でも、特に陶磁器など重くてかさばるものを売りたい場合は、買取業者が行っている出張買取サービスを利用しましょう。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅まで来てくれ、その場で査定してくれるサービスです。

出張買取であれば、自宅に居ながら査定・買取が可能なので、品物を自分で外に持ち出す必要がありません。

「買取店まで持ち運ぶ間に割ってしまわないだろうか」などの心配も無用ですので、中国美術を売る際は出張買取サービスの利用がおすすめです。

持ち込み買取や宅配買取の場合は、しっかりと梱包しよう

自宅に査定員を入れるのは少し気が引ける…と考える方は、中国美術の持ち込み買取や宅配買取の利用を検討するかと思います。

もし、持ち込み買取や宅配買取を利用する際は、品物を移動中に傷付けてしまわないように充分注意しましょう。

持ち込み買取であれば、普段持ち歩くバッグとは別に品物専用のバッグや箱の用意をおすすめします。

専用のバッグ・箱へ丁寧に品物を入れて、他のものと擦れたりすることのないよう配慮が必要です。

また、宅配買取の場合は、段ボールの中で動かないように緩衝材をしっかり敷き詰めましょう。

せっかくの美術品を、不用意に傷つけて査定評価を下げることのないように、気をつけておくことが大事です。

買取業者の賢い選び方

買取業者の賢い選び方

骨董専門の買取業者が最もおすすめとご紹介しましたが、インターネット等で検索すると多数の業者が出てきます。

厳選の仕方に迷ってしまうという方に向けて、買取業者を賢く選ぶための3つのポイントをご紹介します。


・買取実績が多い

・各種手数料が無料

・広告宣伝をしている


それぞれ詳しく解説しますので、ポイントを押さえて、賢く業者を選んでみましょう。

買取実績が多い

まず、たくさんの買取実績を公表している買取業者であれば、していない業者よりも安心感があるでしょう。

特に、自分が買取を検討している中国美術の作品に近い品物の買取実績が掲載されていたら、買取相場の目安にもなります。

必ずしも実績通りにならないとしても、ある程度の目安を知っておけば、極端に低く買いたたかれることはないかもしれません。

買取実績は、買取業者の公式ホームページなどで掲載されていますので、買取業者を選ぶ際にチェックしてみましょう。

各種手数料が無料

骨董専門の買取業者の中には、査定料・出張料・キャンセル料などの手数料を請求してくる買取業者もあります。

そのため、各種手数料を無料としているところは、そうでない業者よりも良心的と言えます。

「自宅にある美術品の現時点での価値を知りたいので、試しに査定を頼みたい」などと考えている方は、そのまま買取に出さずにキャンセルすることなどもあり得るでしょう。

また「相見積もりを取って、買取額が最も高い業者に売りたい」などと考えている方にとっても、キャンセル料が無料であれば気軽に査定を依頼できるでしょう。

「手数料がすべて無料」と謳っている業者でも、「宅配買取で査定後にキャンセルした場合、品物の返送料は利用者負担」などのケースもあるので、査定前にしっかり確認しておくと安心でしょう。

広告宣伝をしている

広告宣伝をしている買取業者であれば、大手企業が運営している可能性が高いので、優良な対応をしてくれる傾向にあります。

広告宣伝をしているということはある程度の知名度がある業者と言えるので、利用者の口コミを考慮したうえでサービスを行います。

悪い評価を拡散されてしまうと業者のイメージが悪くなるため、ほとんどの場合、悪質な対応はしないでしょう。


中国美術の価格が高騰傾向である理由

中国美術の価格が高騰傾向である理由

近年、中国美術が注目されており、価格が高騰しているようです。

そのため、買取業者で中国美術が高額買取されるという例も少なくなく「中国美術を買取に出すなら今だろう」と囁かれています。

何故、今それほどまでに中国美術が人気なのでしょうか。

中国美術の価格が高騰傾向である理由をひもといていきます。

中国富裕層による投資ブーム

数年前の中国人による爆買いブームは落ち着いてきましたが、近年でも中国富裕層による「骨董品」への投資ブームはいまだ勢いがあるようです。

特に「日本が出品する中国骨董」に対して人気が高く、骨董市場では高値で取引されている傾向にあります。

その理由の1つは「中国から出回る骨董品はコピー品が多い」というところにあります。

それに対して、日本の鑑定士の鑑定能力の高さが中国市場に評価されているため、日本に実在する中国骨董品は質が良いものとして浸透しています。

中国富裕層たちは、投資価値が高い良質な骨董を求めて、日本の中国骨董を集めるようになったということです。

中国政府が美術品の国外持ち出しを禁止

2007年、中国国家文物局による規制により「1911年以前の中国美術品の海外持ち出しが禁止」となりました。

そのため、日本では古い中国美術品の残存数は少ないです。

今でも日本国内に出回っている、1911年以前に製作された中国美術品は大変希少なものとされ、価値が高くなっているようです。

歴史の古さも美術品としての価値を高めている

日本で浸透している骨董の中には、中国から技術が伝わったものもあります。

例えば、中国掛軸の有名な画風「山水画」「花鳥画」「神仏画」などもそうです。

中国掛軸をはじめとする骨董品は、残存数が少ないとされる古いもののほうが高く売れる傾向にあります。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

骨董品買取エリア