ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

【切手整理】切手の保管方法おすすめ5選をご紹介!

【切手整理】切手の保管方法おすすめ5選をご紹介!
【切手整理】切手の保管方法おすすめ5選をご紹介!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手が大量にあって保管場所に困っています。売りたいのですがいくらになりますか?

  • A
  • 切手は保存状態や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父の本棚に整理されていない切手コレクションが大量に見つかりました。価値ってありますか?

  • A
  • 切手は種類によっては額面以上の価値があるものもございます。バイセルでは未整理切手の査定実績が多数ございます。切手買取ページへお進みください。

その他、おすすめの切手の保管方法を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

趣味に然り仕事に然り、切手をたくさん持っていると保管方法に悩んでしまいます。

「新しく買った切手を綺麗に保管したい」「使用済みの切手やバラバラに保管している切手をひとまとめにしたい」とお考えの方も多いでしょう。

ここではおすすめの切手の保管方法を4選ご紹介します。

  • 1、ストックブックを使う
  • 2、100円ショップのプラスチックケースかタッパーを使う
  • 3、チャック付きポリ袋を使う
  • 4、お菓子の空き缶を使用する

切手が折れ曲がったり丸まったりすることを予防して、美しい状態を少しでも長く保てるように、日頃から保管方法に注意してみてください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

おすすめの切手の保管方法5選

おすすめの切手の保管方法5選

生活していくうえで「切手を使ったことがない」という人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

余った切手や、記念にとっておく切手は、なんとなく保管している人も多いかと思います。

切手は以下の方法で整理・保管しておくことをおすすめします。

それでは詳しく説明します。

1、ストックブックを使う

【その1】ストックブックを使う

ストックブックとは、ページごとにある厚紙と透明フィルムの間に切手を差し込んで保存するアルバムです。

ストックブックでよりきれいに切手を保管したいなら、以下のような一工夫をすると見栄えよく保管できるでしょう。

ヒンジを用いた切手保管の仕方

ヒンジとは茶色く薄い糊のついた紙です。

切手の裏面に湿らせたヒンジを台紙に貼りつけて保管します。

ヒンジを用いれば切手が台紙にしっかり固定されて、折れや破れの心配がありません。

しかし、ヒンジを切手に貼り付けると「ヒンジ跡」が残ってしまいます。

「跡がついても構わない」「切手を固定して保管したい」という方は使用してみましょう。

マウントを用いた切手保管の仕方

マウントとは2枚重ね合わせたフィルムです。

切手をフィルムの間に挟んだら、好きな大きさに切り分けてストックブックに保管します。

フィルムの間に切手を入れるだけなので、切手の両面にヒンジ跡がつきません。

ただし、固定されていないためストックブック内でズレ動く可能性があります。

マウントはコレクション目的で切手を集めている方、切手の表面も裏面も汚さずに保管したいという方には持っておいて損はないでしょう。

2、100円ショップのプラスチックケースやタッパーを使う

切手をしまうケースはプラスチック製がおすすめです。

プラスチックは丈夫なので、落としてしまっても壊れる心配がありません。

プラスチックケースとタッパーは100円ショップなどで安く購入できます。

特に小さな仕切りがあるケースは、額面やデザインごとに区分けできます。

また、タッパーは額面やデザインを気にしないで一か所にまとめたい人にはおすすめです。

タッパーは蓋がカチッとしまるので切手がバラけず、狭い収納スペースに積み重ねて保管できます。

一気に数枚~数十枚の切手が取り出せるので、一度に複数枚の切手を使うならタッパーが使いやすいです。

仕切りがないので切手が揺れ動くのが気になる方は、仕切りがあるタッパーを選ぶといいでしょう。

3、チャック付きポリ袋を使う

チャック付きポリ袋を利用すると、スムーズに使いたい切手を取り出すことができます。

切手を額面ごとに分け、マジックで何の切手が何枚入っているかを記載すれば、どの袋にどんな切手がどれくらい入っているのか一目瞭然です。

また、チャック付きポリ袋はサイズが豊富なので、バラ切手以外にも数枚つづりの切手を一つの袋に入れられます。

切手を小分けにして、スペースをとらずにまとめたい方へおすすめできる保管方法です。

4、お菓子の空き缶を使用する

【その5】お菓子の空き缶を使用する

使い道がないお菓子の空き缶を利用して、切手を保管できます。

お菓子の空き缶は、中身を入れずにそのまま引き出しの中にしまっていたり、棚に飾ってインテリアにしていると、かさばるだけで少しもったいないかもしれません。

そこで、入れるものがないままインテリア代わりになっているお菓子の空き缶を、切手の整理に活かしてみましょう。

お菓子の空き缶は光を通さないので切手の変色を防げるうえに、いくつか空き缶を持っていたらデザインによって切手を仕分けることもできます。

切手の保管や整理の方法まとめ

切手の保管や整理の方法まとめ

切手を保管する方法5選をご紹介しました。

家に余っている切手が多数ある方は是非参考にしてみてください。

切手専用のストックブックであれば、折れたり破れたりする心配がなく、また見栄えも美しく保管できるのでおすすめです。

また、切手を鑑賞せずに実用する機会が多ければ、100円ショップで売っているピルケースやタッパーなどを活用すると便利です。

切手をコレクションして眺めたいのか、すぐに取り出して使えるよう効率的に収納したいのか、用途によって整理方法を決めましょう。

切手バナー
切手バナー

査定対象となる切手の種類

バイセルでは普通切手をはじめ、以下の切手の査定を行っております。
もし切手の処分方法にお困りでしたら、是非ともバイセルまでご相談ください。

切手買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する