見返り美人切手は中古市場で価値ってある?少しでも高く売るには?

2024.06.07

切手買取 コラム
見返り美人切手は中古市場で価値ってある?少しでも高く売るには?

身内に熱心な切手コレクターがいましたら、コレクションを受け継いだ際には見返り美人切手が含まれているかもしれません。

見返り美人切手は70年前に発行された切手です。

現在でもコレクターから人気があり、中古市場では一定の需要が見込まれています。

本記事では見返り美人切手の種類、中古市場での価値、少しでも高く売るときのポイントをご紹介します。

切手の買取保証実施中!

お問い合わせ・無料相談はこちら

0120-612-783

通話料無料・24時間365日受付中

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

見返り美人はどんな切手?

見返り美人はどんな切手?

見返り美人切手は、1948年にコレクター向けの切手を発行する「切手趣味週間」シリーズの第2弾として誕生しました。

当時は浮世絵を題材にした切手自体が珍しく、見返り美人切手は最初の浮世絵切手です。

コレクター向けに発行された特殊切手でしたが、その人気は凄まじく、1960年代に切手収集ブームが起こった要因と言われています。

見返り美人切手はコレクター向けに発行された特殊切手です。

切手1枚あたりのサイズは縦67ミリメートル・横30ミリメートルと普通切手より大きく、5枚綴りのシートで発行されました。

図案は江戸時代に活躍した浮世絵師・菱川師宣(ひしかわもろのぶ)の作品「見返り美人図」です。

1948年当時は終戦直後で印刷技術が未発達であったため、茶色一色で印刷されました。

原画の色鮮やかな着物の美しさを切手に再現することは難しかったですが、単色ゆえに菱川師宣の繊細なタッチが際立つという効果があり芸術性の高さが窺えます。

見返り美人切手は収集用に発行されたこと、大判サイズであること、美しいデザインが採用されたことなどが理由で切手コレクターから絶大な人気を得ました。

現在でも中古市場において一定の需要が見込まれます。

見返り美人切手は3種類ある

見返り美人切手は、これまで3度にわたって発行されました。

発行年額面図柄発行のきっかけ
1948年5円茶色一色「切手趣味週間」シリーズとして
1991年62円フルカラー郵便事業120周年記念切手として
1996年80円単色・カラー双方「郵便切手の歩み」シリーズとして

初回の1948年分は累計で150万枚しか発行されなかったため希少性が見込まれます。

また、見返り美人切手1枚が刷り込まれた小型シートも同時期に発行されました。

フルカラーの1991年分は郵便事業120周年記念切手として発行されました。

節目に発行される切手をコレクションしている人がごぞって購入したといわれています。

1996年分は浮世絵切手の「月に雁」とセットで発行され、それぞれ単色版とフルカラー版の合計4種類が4枚ずつ入っています。

見返り美人切手の中古市場での価値

見返り美人切手の中古市場での価値

これまでに3種類発行されている見返り美人切手の中で、最も価値が高いとされているのは初年度の1948年に発行された切手です。

70年以上経った今でも中古市場における価値は高く、状態の良い見返り美人切手であればバラ・シート問わず高値が期待されるでしょう。

また、切手本体に限らず見返り美人切手の初日カバーも需要が見込まれます。

初日カバー(FDC)とは、貼られている切手にその切手の発行日の消印が押されている封筒類のことで数が限られるためコレクターに人気があります。

きれいに残っている見返り美人のシート切手をお持ちなら、状態が悪くならないうちに買取に出すことをおすすめします。

切手を大切に扱っていたとしても湿気などの環境の変化によって劣化を避けられません。

切手の状態は査定金額を決める要なので、状態に問題がないうちに査定に出すことを検討してみてください。

以下の切手買取ページでは、バイセルの切手買取実績や買取価格をご紹介しておりますので、参考にご覧ください。

見返り美人切手を買取に出すなら早めがおすすめ

見返り美人切手を買取に出すなら早めがおすすめ

切手は状態が良いほど、買取額も高くなりやすいです。

そのため、今以上に状態が悪くならないうちにお早めに買取に出すことをおすすめします。

切手買取のバイセルなら、査定料とキャンセル料などの手数料が無料なので、「いくらで売れるのかを試しに査定してもらいたい」というご要望でも喜んで承ります。

出張買取をご要望であれば、経験豊富な査定士が自宅に伺って、コレクションしている切手を丁寧に査定します。

バイセルでは見返り美人切手の買取を積極的に行っております。

見返り美人切手の買取を検討されている方は、この機会にぜひバイセルをご利用ください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

見返り美人切手を少しでも高く売るポイント

見返り美人切手を少しでも高く売るポイント

せっかくコレクションしている見返り美人切手を査定に出すなら、中古市場での価値をしっかり査定金額に反映してもらいたいところです。

見返り美人切手を少しでも高く売るには以下の注意点を押さえておくと良いでしょう。

  1. 切手の状態を保つ
  2. 見返り美人切手の買取相場を把握する
  3. シート切手はバラさずに査定に出す
  4. 切手買取実績が豊富なバイセルに売る

それではそれぞれ詳しく解説します。

切手の状態を保つ

切手は紙でできているので、湿度や日光によって劣化しやすいです。

湿度が高いと切手にカビが生えたり、紙が柔らかくなって破れやすくなったりします。

見返り美人切手を押し入れやクローゼットの中にしまったままだと、湿気が滞留して状態が悪くなりやすいです。

そのため、査定前に換気されている場所に置いて湿気を飛ばしておきましょう。

保管する際にはバラ切手はケースに、シート切手は専用アルバムやファイルに入れておくと状態を保てます。

見返り美人切手の買取相場を確認する

おおまかな買取相場は、買取業者の公式サイトで確認できます。

事前に買取相場を確認しておけば、買取業者に提示された金額に対して「思った以上の金額にはならないから別の買取業者にも聞いてみよう」と判断できたり、価格交渉などにも役立ちます。

ただし、切手の状態と種類によって実際の査定金額が異なる点は留意しておきましょう。

買取相場は参考価格なので、必ずその価格で売れるわけではありません。

シート切手はバラさずに査定に出す

シート切手は目打ち(切手を切り離す際に使う周囲にある連続した小穴)が無傷なので状態が良いとされ、バラ切手よりも高い査定金額がつきやすいです。

また、切手コレクターからの需要もシート切手の方が高い傾向にあります。

5枚そろっている見返り美人切手のシートをお持ちの方は、必ず切り離さずにシートの状態のままで査定に出すようにしましょう。

1枚でも切り離されていると全てがバラ切手扱いになってしまうので、余白部分も含めて破らないように気を付けてください。

切手買取実績が豊富なバイセルに売る

見返り美人切手の適正な価値を見極めるには、中古市場の動向に詳しい査定士ではないと困難です。

バイセルは切手買取実績が豊富で、切手に詳しい査定士が在籍しています。

見返り美人切手以外にも希少価値の高い切手を多数買取しています。

コレクションしている切手の価値を見極めてほしいとお考えなら、ぜひバイセルにお任せください。

まずは 無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料