いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

古いカメラは売れる!高額買取が期待できるカメラブランドは?

古いカメラの買取できる!高額買取が期待できるカメラブランドは?

古いカメラは売れるのか、どこに売ったら良いのかでお困りの方はいませんか。

古いカメラは中古市場で需要が高いです。

本記事では、中古市場で需要が高い古いカメラのブランド、売却方法、査定に出す前にやっておくことをご紹介します。

カメラの処分に困っている方はぜひ参考にしてみてください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

中古市場で古いカメラは需要ある?

中古市場で古いカメラは需要ある?

メーカーの技術発達に伴い高性能なカメラが続々と発売され、古いカメラは型落ちとなり販売価格が下がります。

趣味で始めたいから安く手に入れたい人や、アンティークカメラを使ってみたいカメラ中級者が多く、中古市場では古いカメラが頻繁に取引されています。

中古市場で需要が期待できる古いカメラは、プロ向けの上位機種、戦前に作られたモデル(クラシックカメラ)、旧製品、廃盤品、数量限定品、フィルムカメラです。

カメラは大きく、デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラの3種類で、ほとんどの買取業者が査定を受け付けています。

その中でも上位機種のデジタル一眼レフカメラは高く売れる傾向にあり、入門モデルや販売価格が低く機能が少ないコンパクトデジタルカメラは傾向にあります。

日本の三大カメラメーカーは常に高い人気を誇る

中古市場ではキヤノン、ニコン、ソニーの3三大メーカーが常に高い人気を誇ります。

メーカーとモデルの種類によって中古市場で買取相場の差はありますが、高い価値がつきやすいです。

中古市場で需要が高くなりやすいモデルを簡単にご紹介します。

Canon(キャノン)

キャノンの人気モデルはデジタル一眼レフカメラの「EOS-1D」シリーズ、「EOS 5D」と「EOS 6D」シリーズ、「EOS Kiss」シリーズです。

ミラーレスカメラは「EOS R」シリーズ、「EOS M」シリーズ、「EOS Kiss M」です。

Nikon(ニコン)

ニコンの人気モデルはミラーレスカメラ「Zシリーズ」、デジタル一眼レフカメラ「Dシリーズ」の「D5 XQD-Type」「D850」「D750」です。

クールピクスシリーズは「COOLPIX A900」「COOLPIX P1000」「COOLPIX P950」が人気です。

廃番になっているミラーレスカメラ「Nikon 1」シリーズがあります。

ソニー(SONY)

ソニーの人気のカメラは、フルサイズミラーレスカメラ「a7シリーズ」、スタンダードモデル「α7 II」、ベストセラーモデル「α7 III」、持ち運びに特化した「α7C」シリーズです。

ソニーはミラーレスカメラに強く、高値で売れやすいでしょう。

国内外のアンティークカメラは希少価値がつく可能性が!

日本の三大カメラメーカー以外にアンティークカメラも高値で売れる傾向にあります。

アンティークカメラは戦前に作られたもの、流通台数が少ないもの、今はないブランドは希少価値がつく可能性が高いです。

ライカ・ローライ・ハッセルブラッド・マミヤ・ペンタックスの中判カメラは昔のカメラを試してみたい、当時のカメラ技術を知りたいという人たちに需要が見込めます。

国内外のアンティークカメラのブランドは以下の表に記載しました。



ゼンザブロニカ ヤシカ トプコン ミノルタ
ライカ コンタックス ローライ ハッセルブラッド
シュナイダー リンホフ マミヤ コニカ
フォクトレンダー ツァイス エボニー ルクルト
ワトソン&サンズ フォルマー&シュウィング アグファ アルパ
ペンタコン レオタックス タチハラ タナック
シグマ プラウベル

古くて壊れているカメラでも査定に出せる

シャッターが切れない、部品が足りないなどの状態のカメラでも方法を選べば売れます。

製造年代が古いカメラや生産終了したカメラはコレクション価値が評価されるでしょう。

ただし、分解や改造をしたカメラは部品が足りない、原状復帰できていない可能性があり買取を断られる場合があります。

壊れていても手を加えずに作動するかを確認するだけに留めましょう。

古いカメラはどこに売ればいいか

古いカメラはどこに売ればいいか

古いカメラは買取方法を選べば高く売れる可能性があります。

ここでは買取方法の種類と特徴をご紹介します。


・リサイクルショップに売る

・オークションサイトやフリマサイトに出品する

・カメラを扱う買取店に売る


どこで売ろうか迷っているかたは参考にしてみてください。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは古いカメラの買取を行っています。

カメラの査定は状態がきれいか、作動するかなどを簡易的なマニュアルに沿って確認し、査定金額を提示します。

リサイクルショップではアンティーク価値や機種ごとの価値を考慮して査定金額をつけることが難しいです。

高く売れそうなカメラでも適正金額よりも低く提示される可能性があります。

中古市場で需要があるかどうかをしっかり見てもらいたい場合は不向きでしょう。

オークションサイトやフリマサイトに出品する

古いカメラを売るならオークションサイトやフリマサイトを利用してみましょう。

カメラの価値を知っている人に落札してもらいやすく、欲しい人が多ければ入札金額が上がり高値で売れる可能性があります。

買取業者に査定金額をつけてもらえなかったカメラを出品すると、コレクション価値を評価されるでしょう。

ただし、出品前にカメラの状態や特徴を紹介文に詳しく書いておかないと、落札者からクレームが来てしまい、到着後にトラブルに発展する恐れがあります。

オークションサイトやフリマサイトを利用するときには、カメラの状態と一緒に出品する機材の特徴がわかる紹介文と写真を載せましょう。

カメラを扱う買取店に売る

古いカメラは、カメラを扱う買取店でも売れます。

買取店にはカメラの希少価値や中古市場での価値に熟知している査定士が在籍しており、周辺機器の買取も積極的に行っています。

買取店はリサイクルショップとは異なって扱っているカメラの種類が多く、簡易的なマニュアルではなく、状態、人気度、中古市場での需要度、付属品の有無などのチェック項目を設けて査定します。

さらに、再販ルートをいくつも持っているため、割れているレンズ、マニア向けカメラ、ストラップや三脚も査定可能です。

カメラ買取店では利用者のニーズに合わせて複数の買取方法を提供しています。

出張買取を利用すればカメラを自宅にいたまま査定できます。

カメラとレンズは衝撃で割れてしまう場合があるので、古いカメラを複数売る際には出張買取の利用をおすすめします。

古いカメラはバイセルに売却しよう!

バイセルにはカメラの価値を判断できる査定士が在籍しています。

カメラの買取経験が豊富な査定士は希少価値と中古市場での需要を熟知しており、適正金額で買取できます。

バイセルはレンズ、フラッシュ、三脚も査定可能です。

売却を検討しているならカメラと周辺機器をまとめて査定に出しましょう。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

査定に出す前にやっておくこと

査定に出す前にやっておくこと

せっかく古いカメラを売却するなら少しでも得をしたいですよね。

査定前にやっておいたほうがいいことを簡単にご紹介します。


・カメラは動くのかを確認する

・SDカードと乾電池を取り除く

・レンズとセットで売る

・付属品がそろっているか

・保存状態をきれいにする

カメラは動くのかを確認する

古いカメラを査定に出す前に、シャッタースピードの精度、露出メーターの正確性、ダイヤルの反応、フォーカスの動作を確認しておきましょう。

スイッチが入らない、シャッターが切れないカメラは壊れているとみなされて査定金額が低くなりやすいです。

SDカードと乾電池を取り除く

カメラを査定に出す前に、SDカードと乾電池を抜いておきましょう。

買取業者はカメラのデータが残っていないかをチェックして初期設定に戻しますが、安心して売却するために個人情報は削除しておきましょう。

カメラ本体の個人認証機能で登録した顔写真やプロフィール、無線LANの設定のデータも消去してください。

乾電池は長年入れておくと液漏れしてカメラを痛めてしまうので外しておきましょう。

レンズ、フラッシュ、三脚をまとめて売る

カメラとそれに対応しているレンズ、フラッシュ、三脚類は一緒に査定に出しましょう。

特に初心者セットはついてきたものをすべてそろえて売ることをおすすめします。

付属品がそろっているか

カメラを購入した際に付属品として外箱、専用ケース、充電器、バッテリー、説明書、保証書、レンズキャップ、ストラップ、ボディキャップなどがついてきます。

付属品がなくても査定してもらえますが、付属品が全てあると査定時に評価が上がりやすくなります。

できる限りそろえておきましょう。

特にデジタルカメラとビデオカメラは充電器とバッテリーがないと、継続的に使用ができないため必ず一緒に出してください。

保存状態をきれいにする

古いカメラは使用機会が少ないため、ホコリやチリがついているでしょう。

カメラ全体をきれいにしてから査定に出すことをおすすめします。

ブロアーで汚れを飛ばし、クロスで全体をふき取り、細かい部分についた汚れは綿棒で取り除きます。

グリップはベタベタしやすいので、しっかりと拭きましょう。

カメラに汚れがあっても査定金額はつきますが、状態がきれいだと高く売れやすいです。