いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

カメラ買取は箱なしでもOK?査定金額への影響と高く売るコツを解説!

カメラ買取は箱なしでもOK?査定金額への影響と高く売るコツを解説!
カメラを売りたいのですが箱なしです。買取可能ですか?
箱がなくても買取自体は可能です。まずはお電話・メールよりお問合せ下さい。
一眼レフなどのカメラやレンズがあります。箱なしですが価値はつきますか?

購入した後はカメラの本体があれば箱を捨ててしまう人は少なくありません。

しばらくして使わなくなり、査定に出そうとしたらカメラの付属品がそろっていなくて困ってしまうでしょう。

付属品のないカメラは買取で売れますが、業者によっては査定金額が低くなったり、買取不可になったりします。

本記事では箱なしカメラを買取に出すデメリットと少しでも高く売れる方法を紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

カメラの箱がなくても買取OK!

カメラの箱がなくても買取OK!

カメラは箱がなくても買取可能です。

最新モデルや数年以内に発売されたモデルは、購入時の状態のまま査定に出すと中古市場で買い手が付きやすくなります。

古い年式のカメラはきれいな状態で残っていることが珍しく、箱を含めた付属品が揃っていると多少査定金額に反映される可能性があります。

いずれ買取に出すことを考えて付属品は全てそろえて保管しておくと安心です。

ただし、電池やバッテリーがないと査定時に起動するか確認できません。

付属品がなくても電池やバッテリーは用意しておきましょう。

箱がないカメラを売るデメリットは?

箱がないカメラを売りたい場合のデメリットをいくつか紹介します。


・買取業者が査定しづらくなる

・中古市場での価値が落ちるかも

買取業者が査定しづらくなる

カメラの査定では起動するか、シャッターが押せるかを確認します。

箱には製造年月日、製造メーカー、操作方法などが書かれており見ながら査定します。

しかし、箱も取扱説明書もないと操作がわからなくて査定しづらくなる場合があります。

査定士はカメラの扱いには慣れているのでなくてもできますが、念のため用意したほうが思わぬアクシデントを防げるでしょう。

中古市場での価値が落ちるかも

最新モデルや年式が古いカメラは、状態がきれいで付属品がそろっていると中古市場で価値が高くなりやすいです。

状態の良い新しいモデルでも箱がなければ、査定金額が下がりやすくなります。

再販時にできるだけ早く買い手がつくように付属品がないカメラを買取不可にしている場合があります。

査定前に、箱がなくてもカメラを買取可能かどうかを確認しておきましょう。

特に年式が古いカメラはネットで調べても説明が出てこないほどで、箱や付属品が重要な情報源になり得ます。

査定時に箱があるだけでも価値を評価されるでしょう。

箱なしカメラの査定金額を少しでも高くするには?

箱なしカメラの査定金額を少しでも高くするには?

箱なしカメラを少しでも高く売るには抑えておきたいポイントがあります。


・温度と湿度が安定した場所に保管する

・カメラの汚れをきれいにする

・付属品や周辺機器もまとめて売る

温度と湿度が安定した場所に保管する

カメラは湿度が高く、直射日光が当たる場所に弱いです。

適切ではない場所にカメラを保管すると、色焼けやカビの発生、故障のおそれがあります。

査定まで良い状態を保てるように高温多湿の低い場所を避けましょう。

カメラは専用のケースに乾燥剤を入れて保管するのがおすすめです。

カメラの汚れをきれいにする

カメラを手入れしたつもりでも、よく見ると汚れが残っているかもしれません。

汚れが残っていると査定金額が下がってしまう可能性が高いので、査定に出す前に必ずカメラの掃除をしておきましょう。

特にアウトドアでの使用頻度が多いと、土や砂汚れを落としきれてない場合があります。

本体とレンズの間、ボタンの隙間などの細かいところを確認しましょう。

付属品や周辺機器もまとめて売る

購入時には箱、説明書、ケーブルやバッテリーを入れた袋、カメラケース、ストラップ、CD-ROMなどの付属品がついてきます。

査定ではカメラのメーカー、機種、状態、中古市場で需要度、希少性の有無、付属品の有無などを評価項目に入れています。

保証書があると正規店で購入した証明になるので、一緒に提示することをおすすめします。