いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-542-668

カメラ買取は箱なしでもOK?査定額への影響と高く売るコツを解説!

2022.04.26

カメラ買取
カメラ買取は箱なしでもOK?査定額への影響と高く売るコツを解説!

不要になったカメラを売ろうとした際に、「箱がない」「付属品が欠けている」ということが起こった方もいるのではないでしょうか。

カメラの購入後には、基本的にカメラ本体があれば問題ないと考えて、箱や付属品を処分してしまうケースも少なくありません。

カメラ買取業者は箱なしでも買い取ってくれるのが一般的ですが、査定額に影響したり、なかには買い取ってくれない業者があったりするので注意が必要です。

今回の記事では、箱なしカメラの売却可否やデメリット、箱なしカメラの査定額を高くする方法を紹介します。

カメラ買取は箱なしでも売れる!

カメラ買取は箱なしでも売れる!

カメラ買取においては、購入時にあった箱がない場合でも買い取ってもらうことは可能です。

カメラ買取では、カメラのメーカーや製品番号、カメラの状態、需要の有無などの要素を重視しているため、「箱がないと売れない」ということはありません。

ただし、箱や付属品も査定対象になるので、一部の商品によっては箱があったほうが高く売れるケースもあります。

特に比較的新しいカメラや一眼レフカメラなどの査定額は、箱や説明書といった付属品の影響を受けやすいというのが一般的です。

箱なしの場合のデメリット

箱なしのカメラを買取業者に買い取ってもらいたい場合、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

買い取ってくれない業者もいる

カメラ買取業者によっては、梱包の手間を省くために「箱付き」を条件にしているところもあります。

箱なしカメラの場合、カメラを売ったり保管したりする際に業者が梱包しなければならず、梱包に必要な箱や気泡緩衝材も業者が用意しなければなりません。

そのため、業務効率や経費を重視している業者では、箱なしカメラを買い取ってくれないことがあります。

このような買取不可の業者に査定を依頼すると、カメラを買い取ってもらえなかったり、手数料や回収料が発生したりする可能性があるので注意しましょう。

買取業者が査定しづらくなる

カメラの箱には、生産日やメーカーの詳細、カメラの操作方法などが記載されているため、買取業者は箱がないと査定しづらくなります。

そのため、査定が長引いたり、業者によっては「時間がかかるから」と後回しにされてしまったりする恐れがあります。

特に、宅配買取サービスはその場で査定をしてもらうわけではないため、後回しにされやすいといえるでしょう。

梱包の手間がかかる

箱がない場合、買取業者のもとにカメラを持ち運んだり宅配買取サービスを利用したりする際に、自分で梱包しなければなりません。

また、梱包の手間だけでなく、梱包用の箱や泡緩衝材を用意する手間もかかります。

万が一、キズがついてしまうとカメラの査定額が大幅に下がってしまうので、しっかりと梱包しなければならず、どうしても梱包に手間がかかってしまいます。

価値が落ちる

先述したように、カメラによっては箱がないことで査定額が下がってしまうケースもあります。

希少価値の高いカメラやブランドカメラなどは箱にも高い価値がついており、箱がないだけで査定額が大幅に変わってしまうことも少なくありません。

有名ブランドと有名デザイナーがコラボした箱などは、箱だけでも高値が付くこともあります。

ノーブランドの場合でも、箱とセットにすることでボーナスをつけてくれる業者が多く、査定額が500〜2,000円ほどアップする可能性があります。

箱なしのカメラでも高値で売れるケース

カメラの査定額は、箱があったほうが高くなる傾向にあります。

しかし、ある程度古い年式のカメラになると、箱や付属品がそろっていること自体が珍しいため、箱がなくても査定額にはさほど影響しません。

また、カメラに詳しい査定員がいる買取業者であれば、カメラの細部までしっかりと査定してくれるので、箱がなくとも比較的高値で買い取ってもらいやすいでしょう。

箱なしカメラの買い取りならバイセルにおまかせ

バイセルは、カメラ専門の査定員が在籍する、カメラ買取のプロフェッショナルです。

箱なしカメラはもちろん、廃盤カメラや汚れ・キズがあるカメラ、故障しているカメラなどの査定も積極的に受け付けています。

そのため、他の買取業者で断られたカメラであっても、バイセルなら買い取りができるかもしれません。

また、三脚や交換レンズなど、カメラの部品やパーツも一緒に査定することが可能です。

カメラ本体だけではなく、カメラに関わる品物をまとめて処分したいという方も、バイセルなら買取ができる可能性がありますので、ご相談ください。

ご来店が難しい場合は、宅配買取や出張査定もご利用いただけます。

無料査定を行なっており、メールや電話で手軽に申し込み可能ですので、興味のある方は以下からご確認ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

箱なしカメラの買取査定を高くする方法

箱なしカメラの買取査定を高くする方法

箱なしカメラの査定額をより高価格にするには、カメラの保存状態や付属品の有無がポイントです。

以下は、査定額を上げる重要なポイントになるので、ぜひ押さえておきましょう。

湿度の低い状態で保管する

カメラは湿度に弱いため、湿度の高い場所で保管してしまうと汚れやカビの発生、故障の原因につながります。

そのため、良い状態を維持できるよう、湿度の低い場所で保管することが大切です。

また、カメラは専用ケースに入れ、乾燥剤とともに保管するのがおすすめです。

カメラをきれいにしてから査定に出す

カメラをきれいに保管していたつもりでも、よく見ると汚れがついていたり、カビが生えていたりするケースは少なくありません。

汚れているカメラをそのまま査定に出してしまうと減額につながりかねないので、査定前には必ずカメラの掃除をしましょう。

査定前に掃除をすると「保存状態が良い」と判断され、査定額の大幅アップにもつながる可能性があります。

すべての付属品をセットで売る

カメラ買取では付属品も査定の対象となるため、付属品を持っているなら、カメラとセットで買い取ってもらうとよいでしょう。

付属品がない場合は仕方がありませんが、説明書や充電器など、手元にあるものだけでもセットにすると、査定額がその分高くなることが考えられます。

保証書も合わせて査定に出す

カメラを売る際に忘れがちなのが保証書です。

保証書は箱に入っていることが多いため、箱と一緒に処分してしまったという方は少なくないでしょう。

保証書もカメラの付属品として査定対象になるので、手元にある場合はカメラとセットで査定に出してください。

おわりに

カメラ買取は、箱の有無に関係なく査定依頼・売却が可能です。

ただし、箱を含む付属品も査定対象となるため、箱があったほうが査定額は高くなりやすいでしょう。

特に、ブランドカメラなど希少価値の高いカメラは、箱自体に高値が付くこともあり、箱の有無で査定額に大きな差が出る可能性があります。

また、年式の古いカメラに関しては箱があること自体が稀なので、箱なしでも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

箱なしのカメラだとしても、カメラの保存状態が良かったり、付属品をセットにしていたりと工夫をすることでも、査定額のアップが期待できます。

カメラを買い取ってもらう際のポイントを押さえ、しっかりと準備をしたうえで査定依頼を進めましょう。

バイセルでは、カメラの無料査定を行なっています。

ご相談・お問合せは24時間365日受け付けておりますので、箱なしカメラの処分でお困りの方はぜひ一度ご連絡ください。