いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

カメラ買取サービスで高い査定額を出してもらうには?高値で売るコツも解説!

カメラ買取サービスで高い査定額を出してもらうには?高値で売るコツも解説! 
カメラの買取をお願いしようと思っています。高い査定価格はつきますか?
メーカーや機種、保存状態、付属品の有無などによって価格は変動します。拝見させて頂きますのでまずはこちらよりお問合せ下さい。
自宅に使っていないカメラが数点あります。価値はつきますか?

使わなくなったカメラを売るなら、できるだけ高値で売りたいと考える方が多いでしょう。

大切にしていたカメラであれば、なおさらです。

しかし、カメラの買取価格は業者によって変わるため、高く査定してくれる業者を選ぶことが重要になります。

また、査定額はカメラの状態によっても変わるので、良い状態にしてから売るのが理想です。

今回の記事では、カメラ買取サービスの種類や業者の選び方、査定額を高くするコツを紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

カメラ買取サービスの種類

カメラ買取サービスの種類は、大きく分けて「店頭」「宅配」「出張」の3つがあります。

それぞれに特徴があるので、自分に合った買取方法を選択するとよいでしょう。

店頭買取

店頭買取とは、カメラ買取業者の実店舗にカメラを持ち込み、そこで査定・買い取りを行なってもらうサービスです。

お店まで出向く必要がありますが、納得する査定額が出た場合はその場で買い取ってもらえるので、すぐに現金を受け取ることができます。

宅配買取

宅配買取はカメラ買取業者へカメラを送り、査定結果を連絡してもらうサービスです。

基本的に、カメラの配送には専用の梱包キットを使用するため、カメラの破損や紛失といった心配はほとんどありません。

ただし、査定結果から現金の受け取りまでに時間がかかります。

出張買取

カメラ買取業者に自宅まで来てもらい、自宅で査定・買い取りをしてもらうサービスです。

お店まで出向く必要がない点や、その場で現金を受け取れる点が大きな魅力といえるでしょう。

近くにカメラ買取業者の実店舗がない場合や、査定依頼品が多い場合などにも便利です。

カメラ買取業者の選び方

カメラ買取業者を選ぶ基準は人によって異なりますが、スムーズな取引や高い査定額を求めるなら、以下の点を押さえておくとよいでしょう。

買取方法の種類

先述した「店頭」「宅配」「出張」のうち、自分が利用したい買取サービスに対応している業者を選びましょう。

なかには、店頭買取にしか対応していない業者もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

買取金額

高い査定額を出してもらうには、買取金額が高い業者を選ぶ必要があります。

カメラの買取金額は査定してもらうまでわからないので、複数の業者に事前査定を依頼し、結果を比較するのがおすすめです。

また、業者によってはホームページ上で買取価格表を公開しているところもあるため、これらを参考にしてみるのもよいでしょう。

手数料

宅配・出張買取サービスを利用する場合は、カメラの送料や出張費用などの手数料がかかることがあります。

これらの手数料は業者によって異なるため、できるだけ安い業者を選ぶようにしましょう。

また、査定額に納得できずカメラの売却をキャンセルする場合は、キャンセル料がかかる可能性もあります。

キャンセル時の対応も、事前に確認しておくと安心です。

口コミ

多くの場合、カメラ買取業者の対応や査定額などは、インターネット上の口コミで確認できます。

実際にサービスを利用した方のリアルな声は、どのような情報よりも信憑性が高いといえるでしょう。

より正しい情報を得られるように、良い口コミだけでなく悪い口コミもチェックすることが大切です。

カメラを高く売りたいならバイセルにおまかせ

バイセルでは、壊れたカメラからヴィンテージカメラまで、数々のカメラ買取を行なっています。

カメラに詳しい専門査定士が在籍しているため、初めての方でも安心して利用していただけるでしょう。

また、店頭・宅配・出張買取のすべてに対応しているので、カメラの売却をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

買取価格が高くなるカメラの特徴

買取価格が高くなるカメラの特徴

カメラ買取の査定では細かなチェックが行なわれますが、特に以下の3つが査定額に大きく影響する要素です。

メーカー

カメラの査定額は、メーカーによって変わるといっても過言ではありません。

特にデジタル一眼レフカメラについては、メーカーによる価格差が大きいことを頭に入れておきましょう。

保存状態

査定額は購入してから一度も使用していない状態のカメラが最も高く、そこから保存状態によって減額されていく仕組みです。

そのため、保存状態の良いカメラは査定額が高くなる傾向にあります。

保存状態については、キズ・へこみの有無のほかに、ダイヤルがきちんと反応するか、撮影画像がメディアに記録できるかといった動作確認も行なわれるのが一般的です。

付属品

カメラ本体を査定に出す際に、カメラの電池や充電器、説明書、箱などの付属品もセットにすると、その分査定額が高くなる傾向にあります。

特に、レンズは本体と同様に価値があるため、本体と一緒に売ることで査定額を上げられるでしょう。

ただし、レンズも保存状態が悪ければ評価が下がってしまうので、ほこりやカビ、くもりなどには気を付けてください。

カメラ買取サービスで高く買い取ってもらうコツ

カメラ買取サービスで高く買い取ってもらうコツ

カメラの査定額は、メーカーや保存状態などに左右されますが、少しの工夫で査定額をさらに高めることが可能です。

付属品がそろっている状態で売る

先ほど、付属品とセットにすると査定額が高くなる傾向があるとお伝えしましたが、不足品がすべてそろっていると、より高い査定額を期待できます。

もちろん、カメラ本体だけでも売ることはできますが、付属品がそろっていないとその分減額されてしまいます。

そのため、購入したときと同じ状態で売るのが望ましいといえるでしょう。

  1. カメラが入っていた箱
  2. 説明書
  3. カメラケース
  4. 電池、充電器
  5. レンズ
  6. オプション品など

汚れをきれいに拭き取ってから売る

カメラの汚れも査定額に大きく影響するため、査定に出す前には必ず掃除をしましょう。

カメラを買い取ってもらった場合、買取業者はカメラをきれいな状態にしてから販売します。

カメラが汚れた状態で査定に出すと、買取業者の掃除の手間が増えるため、減額につながるのです。

そのため、カメラの外部はもちろん、ファインダーやミラー室などの汚れもしっかりと取り除いてから売るようにしましょう。

できるだけ早く売る

先にも触れたとおり、カメラは未使用の状態が最も高く買い取ってもらえます。

購入してから長く使うほどに査定額が下がっていくため、カメラの売却を考え始めたら、できるだけ早く売るのがポイントです。

関連グッズもまとめて売る

カメラとは別で購入した、レンズや脚立、カメラケース、ストラップなどがある場合は、これらも一緒に売るのがおすすめです。

ものによっては値が付かない可能性もありますが、値が付けばその分査定額もアップします。

「これは売れないだろう」と自分で判断せず、すべてまとめて査定に出してみましょう。

  1. レンズ
  2. 脚立
  3. SDカード
  4. カメラケース
  5. カメラバッグ
  6. 保護フィルム
  7. ストラップ
  8. クリーニング用品など

複数サービスの見積もりを比較する

高く買い取ってくれる業者を見極めるためには、複数の業者に査定を依頼して比較するのが大切です。

カメラ買取業者の多くは無料で査定してくれるため、費用をかけずに比較できるでしょう。

ただし、宅配や訪問サービスの場合は手数料がかかる可能性があります。

その場合は、事前見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

事前見積もりとは、電話やメールなどでカメラの情報を伝え、査定金額の目安を出してもらうことです。

実物を見せていないため実際の査定額とは異なりますが、業者を比較する際の参考になります。

おわりに

カメラの査定額はメーカーや保存状態、付属品の有無で大きく変わります。

特に、デジタル一眼レフカメラはメーカーが重視されやすい傾向にあります。

ただし、需要の高いメーカーでも保存状態が悪かったり、付属品がなかったりすれば減額になるため、カメラを売る前にはしっかりと準備をすることが大切です。

また、関連グッズをまとめて売ることや複数業者の見積もりを比較することも、より高い査定額を目指すうえでのポイントなので、ぜひ実践してみてください。