ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

ヘレンドの買取相場は?高く買取してもらう注意点3つをご紹介

ヘレンドの買取相場は?高く買取してもらう注意点3つをご紹介

引き出物や贈答品でブランドの食器を頂いたものの、なかなか使う機会がないという人も多いのではないでしょうか。

そんな使っていないブランド食器は、買取に出すことで高い価格がつくことがあります。

なかでもヘレンドは美しいデザインで、高い人気を誇る高級食器ブランドです。

ヘレンドの食器の人気シリーズや買取相場、ヘレンドの食器を高く買取してもらうためのポイントをご紹介します。

高級食器のヘレンドとは

高級食器のヘレンドとは

ヘレンドは1826年、ハンガリー西部のヘレンド村で創業しました。

創業間もなく、その質の高さが評価されてハンガリーの貴族たちの注文を受けるようになり、高い技術と芸術性を獲得していきます。

1851年のロンドン万博に出品されたヘレンドの磁器食器は、ヴィクトリア女王の目にとまり、ウィンザー城のためのディナーセットを手掛けることになりました。

その後もオーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフからハプスブルク宮廷の食器製作を依頼されるなど、高級食器ブランドとしての確固たる地位を築きます。

このような活躍から、1866年にはヘレンドのハンガリー産業への貢献が認められ、経営者であったモーリッツ・フィッシャーに貴族の称号が与えられました。

伝統の確かな技術と優れた芸術性を生かして、ヘレンドは現在も手作り・手描きにこだわった質の高い磁器製品を作り続けています。

ティーカップ・ソーサー・ティーポットといった食器以外にも、フィギュリンや花瓶などのインテリア小物も多く手掛けています。

ヘレンドの人気シリーズ

ヘレンドの人気シリーズ

ヘレンドにはさまざまなシリーズがあり、製造技術・芸術性ともに高いものばかりです。

人気のシリーズであれば、買取額も期待できるでしょう。

ヘレンドのなかでも特に人気の高い4つのシリーズについてご紹介します。

「ヴィクトリア」シリーズ

ヘレンドが世界的な食器ブランドに成長するきっかけであるロンドン万博以降に作られるようになったのが、「ヴィクトリア」シリーズです。

ロンドン万博でヴィクトリア女王の目にとまった中国風のデザインを踏襲しているのが特徴です。

迫力ある牡丹の花のまわりを色鮮やかな蝶が舞い飛ぶ姿は美しく、19世紀に始まったシリーズでありながら現在でも人気が落ちることはありません。

カップ&ソーサー・デザートプレート・ティーポット・シュガーポット・クリーマーといった商品展開があります。

「インドの華」シリーズ

19世紀後半、ヨーロッパでは浮世絵や漆器の流行によって日本ブームが訪れていました。

その中で人気だった酒井田柿右衛門の磁器製品に描かれた日本風の草花を写したことから始まったのが、「インドの華」シリーズです。

当時、日本の製品は東インド会社がヨーロッパへ運んでいたため、このように名付けられました。

インドの華シリーズの草花柄は緑一色で行われることが多いのですが、この緑色は「ヘレンドグリーン」と呼ばれ、独特な風合いを持つことから根強い人気を誇ります。

カップ&ソーサー・ティーポット・各種プレートなどの食器に加え、磁器製の壁掛け時計やテーブルランプといった商品展開もあります。

「ウィーンの薔薇」シリーズ

ヘレンドの顧客であったハプスブルク家のための食器として始まったのが、「ウィーンの薔薇」シリーズです。

ハプスブルク帝国が終わったことをきっかけに、ハプスブルク家以外に向けても販売されるようになりました。

たおやかな一輪のバラが白磁に映える様は、優雅なことこの上ありません。

高貴でありながら可愛らしさもある図柄は、永きにわたって愛され続けています。

カップ&ソーサー・ティーポット・各種プレートやトレーなどの食器に加え、磁器製の壁掛け時計といった商品展開もあります。

「アポニー」シリーズ

ハンガリーの伯爵アポニーの注文により、「インドの華」を元にしながらよりシンプルに草花を描いたのが「アポニー」シリーズです。

「注文が急だったためにシンプルなデザインになってしまった」という裏話があるのですが、そのシンプルさゆえに広く愛されるようになりました。

「アポニー」シリーズは、「インドの華」と同じくヘレンドグリーンが美しく、シンプルなデザインで落ち着いた雰囲気が特徴です。

さまざまな場面で使いやすいことから、世界のトップセラーとなりました。

カップ&ソーサー・ティーポット・各種プレートやディッシュ、トレーやオードブルセットなど、幅広い商品展開があります。

ヘレンドの食器の買取相場

ヘレンドの食器の買取相場

ヘレンドの磁器食器はコレクターからの人気が高く、買取市場でも需要があります。

ヘレンドの食器の買取相場は、シリーズだけでなく、作品の大きさによっても異なります。

たとえば、カップ&ソーサーのような小さいものであれば、保存状態の良いもので数千円程度の買取相場になるでしょう。

ティーポットのように比較的大きいものであれば、保存状態の良いもので数千円~数万円といった買取相場になるようです。

また、ヘレンドで特に買取相場が高いのは、セットになっている商品です。

ティーポット・カップ&ソーサー・プレートなどがセットになったティーセットなどは、一式揃っていれば10万円を超える価格で買取してもらえることもあります。

ただし、これらはあくまで保存状態が良かった場合の買取相場です。

ヒビや欠けがあるなど保存状態が良くないと、買取価格は下がってしまう可能性があるため、保管の際には保存状態に注意しておきましょう。

骨董品バナー
骨董品バナー

ヘレンドの食器を買取してもらうにはどんな方法がある?

ヘレンドの食器を買取してもらうにはどんな方法がある?

ヘレンドの食器を売却したいと考えたとき、どのような方法が考えられるでしょうか。

代表的な3つの方法の概要と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

ヘレンドの食器を買取してもらう3つの方法は以下の通りです。

・リサイクルショップを利用する
・ネットオークションを利用する
・ブランド食器専門の買取業者を利用する

それぞれのメリット・デメリットを確認し、ご自身に合う方法を検討してみてください。

リサイクルショップを利用する

幅広い商品を取り扱うリサイクルショップの中には、ヘレンドなどの食器の買取に対応している店舗も多くあります。

リサイクルショップは駅前や幹線道路沿いに多く店舗があるため、その点で利便性の高い買取店だと言えるでしょう。

ただし、リサイクルショップは高級ブランド食器を専門に取り扱っているわけではないため、ヘレンドの適正な価値を見極められない可能性が高いです。

ヘレンド本来の価値や、人気シリーズ・セット商品などによる特別な付加価値を見極められない店舗へ買取に出してしまうと、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

ヘレンドのような高級ブランド食器の買取においては、リサイクルショップにはこのようなリスクがあることを知っておきましょう。

ネットオークションを利用する

ネットオークションを利用した売却は、スマートフォン1つあればできてしまう点が手軽です。

インターネットを介した方法のため、利用する時間や場所の自由度が高い点も魅力でしょう。

しかし、ネットオークションでは売り手と買い手が直接顔を合わせることがなく、さらに買い手は落札するまで商品の実物を見ることができません。

それゆえ取引に安心感が生まれにくく、ヘレンドのような高級品は売れにくい傾向があるようです。

特に食器は割れものなので、配送上のトラブルにも要注意です。

ネットオークションは手軽に利用できる反面、ヘレンドのような高級ブランド食器の売却に関してはデメリットも大きいです。

ブランド食器専門の買取業者を利用する

ヘレンドを売るなら、ブランド食器に特化した、あるいは取扱商品がいくつかある中でもブランド食器に強みを持った買取業者がおすすめです。

そのようなブランド食器の買取業者には、ブランド食器に精通した鑑定士が在籍しているので、ヘレンドの食器の正しい価値を見極めてもらうことができます。

しかし、ブランド食器の買取業者はリサイクルショップなどに比べて店舗が少なく、自宅の近くなどに思い当たる店舗がないという人も多いでしょう。

そんな時には、ブランド食器専門の大手買取業者が行っていることの多い出張買取サービスを利用してみてください。

出張買取とは、買取業者の査定スタッフが利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスです。

近くに店舗がなくても、自宅にいながら専門業者のサービスを受けることができます。

食器を自分で運ぶ必要がありませんから、運んでいる最中に割れてしまうといったリスクも回避することができます。

バイセルの出張買取サービスは、出張料・査定料無料で、全国を対象としております。

主張買取サービスについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

ヘレンドの食器を高く買取してもらうための注意点

ヘレンドの食器を高く買取してもらうための注意点

ヘレンドの食器は買取市場において価値が高いので、せっかく売るなら少しでも高く買い取ってほしいですよね。

ヘレンドの食器を少しでも高く買取してもらうための3つのポイントをご紹介します。

・なるべく良い保存状態を維持しておく
・ブランド名の印字を確認しておく
・なるべく早く売る

詳しく解説しますので、ヘレンドを査定に出す前に確認し、参考にしてみてください。

なるべく良い保存状態を維持しておく

いくら価値の高いヘレンドの食器とはいえ、ヒビや欠けがあるなど保存状態が良くないと買取価格は減額されてしまうでしょう。

割れがひどい場合には、買取してもらえない可能性すらあります。

ヘレンドの食器は使用や保管の際には丁寧に扱い、ヒビや欠けが起こらないようにしましょう。

また、購入時に付属していた箱はしっかり保管しておく、セット商品はセットをすべて揃えておくなど、購入時の状態を維持しておくことで買取価格アップの可能性があります。

食器の印字も買取価格を左右する

ヘレンドの食器には、主に本体の裏面にブランド名の印字があります。

この印字が擦れなどによって印字が薄くなっている、読み取れなくなっているなどの場合には買取価格が下がってしまう恐れがあります。

また、贈答品として用いられることも多いヘレンドの食器ですが、宛名が印字されている場合には買取価格減額の対象となってしまうことが多いです。

ヘレンドの食器を買取に出す際には、印字の状態を確認しておきましょう。

なるべく早く売る

ヘレンドの中でも新作や人気商品であれば、比較的高い買取価格が期待できます。

反対に、同じシリーズの新作が出ると、それ以前のものは人気が下がって需要が落ちてしまう傾向にあります。

買取を思い立ったヘレンドの食器があるなら、なるべく早く買取に出すというのも、1つのポイントかもしれません。

また、保存状態が悪くならないうちに早めに買取に出すことで、保存状態の面からも買取価格ダウンを防ぐことができるでしょう。


ヘレンド買取でよくあるQ&A

ヘレンド買取でよくあるQ&A

ヘレンド買取でよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

参考にしていただき、疑問を晴らしてから、ヘレンド買取に望んでいただければ幸いです。

Q.ヘレンドのキリンビアマグがあるのですが買取対象ですか?

A.キリンビアマグコレクションは麒麟麦酒が世界中のメーカーや作家に特別依頼して制作した作品です。

ヘレンド製品はティーカップセットがメインですが、ブランド食器の買取業者であれば、それ以外のビアマグなどでも買い取ってくれるでしょう。

状態が良く、箱付きなどであれば買取額に期待できることもあるので、一度査定に出してみることをおすすめします。

Q.持ち手部分の形状が微妙に異なる同シリーズのティーカップを持っていますが不良品ですか?

A.ヘレンドは1点1点ハンドメイドであるため、よく見ると持ち手の形状やフィギュリンの表情が異なります。

それもまたヘレンドの魅力の1つとして、コレクターは楽しんでいます。

形状が異なるヘレンドでも、ぜひブランド食器の買取業者に見てもらいましょう。

Q.詳細がわからないヘレンドの製品でも査定してくれますか?

A.ブランド食器を主に買い取っている業者であれば、専門知識が備わった査定員が在籍しているため、詳細がわからないヘレンドの製品でも査定してくれます。

正しく価値を見極めて、適正価格を付けてくれるでしょう。

買取に出す前に、いつ頃いくらくらいで買ったかなどについてだけでも、もしわかれば確認しておくと良いでしょう。

Q.ヘレンド以外のブランド食器も一緒に買い取ってくれますか?

A.ブランド食器の買取業者であれば、ヘレンド以外のブランド食器も買い取ってくれるでしょう。

まとめて複数の食器を査定に出すことで買取額をアップしてくれることもあります。

あまりに量が多いと持ち運びが大変なので、複数の品物の査定は出張買取の利用がおすすめです。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

ヘレンドの食器の品質を維持するための「マスター制度」

ヘレンドの食器の品質を維持するための「マスター制度」

磁器製品に限らず、ヨーロッパでは15世紀ごろから同業の職人たちによる組合を作ってきました。

その組合の中で基準を設け、最も優れた技術を持つ職人だけが「マスター」を名乗る資格が与えられます。

これが「マスター制度」です。

しかし、産業革命以降は機械によって製品の質を安定させるようになりました。

マスター制度と、マスター制度によって受け継がれてきた匠の技は失われていきます。

そのような状況の中でも手作りにこだわり、機械では再現できない匠の技に価値を見出してきたのがヘレンドです。

ヘレンドでは今でもマスター制度がとられ、職人たちはマスターを目指して日々技術に磨きをかけています。

特にヘレンドのペイント部門のマスターであるマスターペインターが手掛けた作品は人気が高いです。

マスターペインターの署名がある作品は、ヘレンドの高級食器の中でも特に価値が高いとされています。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

骨董品の種類

買取対象品目

骨董品買取エリア