ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法と注意点

ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法と注意点
ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法と注意点

ボンボニエールは小さくて愛らしく、インテリアとしても活用できるほどデザインが豊富です。

しかし、使い道に迷って放置してしまっていては勿体ないです。

ボンボニエールは骨董買取市場で需要があり、買取に出すことができます。

本記事ではボンボニエールを売却したい方に向けて、少しでも高く買い取ってくれる方法と注意点をご紹介します。

ボンボニエールとは?

ボンボニエールとは?

ボンボニエールとは子供の誕生や祝事に配る砂糖菓子を入れる容器で、ボンボン菓子を入れる器を指すフランス語「Bonbonnière」が語源です。

1887年以降、皇室で慶事の引き出物として出席者にボンボニエールが配られており、現在まで130年以上引き継がれています。

皇室の公式行事で配られた最古のボンボニエールは、1894年の明治天皇・皇后の銀婚式で出席者に配られた鶴と亀が彫られた銀製のものと言われています。

この銀婚式は、皇室がデザインを発注したボンボニエールの始まりとなりました。

ボンボニエールは作り込まれた意匠を施した工芸品として、1912年~1935年に大流行しました。

昭和初期には皇室だけでなく、華族の結婚式の引き出物として配られるなど使用範囲が広がっていきました。

なお、ボンボニエールの素材は古くに作られたものは銀製が多く、他にも陶磁器、木製、銅製があります。

有名なボンボニエールのブランド

有名なボンボニエールのブランド

ボンボニエールを作っているブランドは有名・無名問わず複数あります。

ここでは、国内・海外で有名なボンボニエールのブランドをご紹介します。

丸山久右衛門商店

1910年に創業した丸山九右衛門商店は、福井県鯖江市にある漆器製造問屋です。

鯖江市周辺、特に河和田町(かわだちょう)で作られている越前漆器は、昔からハレの日に使う風習があるほど人々の生活に馴染んでいます。

越前漆器の特徴である落ち着いた光沢や奥ゆかしさのある模様は、職人の高度な技術が求められるため、工程ごとに分業して製作しています。

また、越前漆器は時代の変化によって大量生産の技術も生み出し、多彩な製品を展開した結果、国内の外食産業用および業務用の漆器のシェア80%以上を生産するほどにまでなりました。

丸山九右衛門商店が作るボンボニエールは、黒に金の華唐草が美しい華唐草ボンボニエールなどがあります。

山田平安堂

山田平安堂は、1919年に山田孝之助が「山田漆器店」として日本橋に創業したブランドです。

創業から100年経った今でも、山田平安堂の漆器は「宮内庁御用達」と呼ばれる皇族が利用する由緒あるブランドとして認められています。

山田孝之助は創業前に京都の漆器屋で修行を積み、その雅やかな漆器に釘付けになりました。

東京の漆器は実用的で粗っぽさがあり、東京で京都の漆器の魅力を広める一心で創業に至ったようです。

後に修行を積んだ京都にちなんで社名を「山田平安堂」に変更し、扱う漆器も時代と共に変貌を遂げています。

山田平安堂は、伝統工芸である蒔絵を職人が全て手描きで仕上げた「蝶に牡丹」「蝶に桜」「蝶に藤」のボンボニエールを製作しています。

香蘭社(こうらんしゃ)

香蘭社は、1879年に佐賀県有田町で創業した日本の食器メーカーです。

陶磁器の原料である「カオリン」が「香蘭(コウラン)」と響きが似ており、陶磁器の会社として世界に通用するようにという願いから、社名を香蘭社に命名しました。

また、香蘭社の製品は有田焼で作られており、世界各国で行われた万国博では有田焼の美しさや製品の品質の高さから受賞歴があります。

1896年に宮内省大膳寮より御用品製造を受けおり、宮内庁御用達として認められるほどの逸品です。

香蘭社のボンボニエールは、瑠璃釉に金彩で梅と蘭が一つの丸紋として配された物と、昔から長寿と繁栄のシンボルだった鶴を描いた蓋物などがあります。

ノリタケ

ノリタケは現在の愛知県名古屋市西区則武(のりたけ)新町に本社を構える、日本屈指の有名陶磁器メーカーです。

1876年に東京・銀座で貿易商社を創業した森村 市左衛門・豊(とよ)兄弟は、日本の輸出品の中でも次第に陶磁器が増えていく様を見て、陶磁器の将来性に確信を持ちました。

森村兄弟は1889年に開催されたパリ万博にて、美しく繊細な模様の白いヨーロッパ製磁器に感銘を受けます。

日本でも美しい磁器を作りたいという強い思いから、国産原料を用いた白い磁器の生産を開始しました。

1914年、森村兄弟は日本初のディナーセットを完成させ、アメリカへ輸出されたノリタケ製の食器は「ノリタケチャイナ」「ボーンチャイナ」の名で世界中の人気を集めるようになりました。

ノリタケのボンボニエールは、ブランドを代表する「YOSHINO(ヨシノ)」の絵柄を用いたものなど、いくつか種類があります。

ヘレンド

ヘレンドは、1826年にハンガリー西部のヘレンド村にて創業した、磁器製のテーブルウェアを手掛ける高級食器ブランドです。

イギリスの万国博覧会で、ヴィクトリア女王がヘレンドのディナーセットを購入し、ウィンザー城の食卓を飾ったことを契機に、ティーセットが「ヴィクトリア」と呼ばれているエピソードがあります。

なお、ヘレンドもボンボニエールを作っており、カラフルなファンタジーのような柄が特徴の「透かしボンボン」や「マルボンボン」があります。

ボンボニエールの買取相場

ボンボニエールの買取相場

ボンボニエールの買取相場は、ブランド名や未使用かどうかによって異なります。

たとえばノリタケ、ヘレンドのボンボニエールは10万円未満で、丸山久右衛門商店、山田平安堂、香蘭社のボンボニエールは1万円ほどで買い取られた事例があります。

買取相場はボンボニエールの保存状態以外にも、箱などの付属品が付いてくるか、限定品かどうかによっても左右されます。

また、皇室の証である菊紋が入っているものだと、買取金額が数十万円になることもあります。

ボンボニエールの買取方法

ボンボニエールの買取方法

ボンボニエールの買取方法は以下の3つがあります。


・リサイクルショップを利用する
・ネットオークション、フリマアプリを利用する
・骨董品を扱う買取業者に査定を依頼する


それぞれの特徴を比較して、決める際の参考にしてみてください。

リサイクルショップを利用する

ボンボニエールはリサイクルショップでも売却できます。

台所用品を含めて幅広く取り扱うリサイクルショップは、ボンボニエールを買い取ってくれるお店もあるでしょう。

しかし、リサイクルショップの場合は、ブランド品の食器や容器をくまなくチェックして、適正な査定金額を出せるかは不安な点があります。

ボンボニエールの中には宮内庁御用達として認められたブランドや、海外の高級ブランドなどがあります。

リサイクルショップの店員は、このようなブランドや伝統的価値を考慮して査定金額を出すほどの知識や査定経験がない可能性があるからです。

そのため、ボンボニエールが「高価そうでおしゃれなお菓子の容器」としか見てもらえず、適正な査定金額が出せない恐れもあります。

ボンボニエールを査定してもらうなら、ブランド問わず幅広い品目を扱うリサイクルショップよりも別の方法を探すことをおすすめします。

ネットオークション、フリマアプリを利用する

ネットオークションでもボンボニエールは売却できます。

ただし、ボンボニエールはブランド価値が高いものもあるため、ネットオークションで出品するときには注意点があります。

買い手は落札した品物が自宅に届くまで実物を見ることができません。

トラブルなく落札者に品物を送るには、出品者が配送中に起こりうるトラブルを見越して準備する必要があります。

ボンボニエールの素材によっては、少しの衝撃で割れやすかったり汚れやすかったりします。

出品者が落札者にボンボニエールを送付する際に、箱の中に梱包材を入れておかないと、落札者の元へ届くまでに衝撃で傷がついたり擦れてしまう恐れがあります。

ネットオークションは、梱包材や箱などの準備などの手間がかかるので、ボンボニエールを売却するには、もっと手軽にできる方法を選んだ方が良いでしょう。

骨董品を扱う買取業者に査定を依頼する

ボンボニエールは、骨董品を扱う買取業者に査定をしてもらう方法もあります。

骨董品を扱う買取業者は、漆焼きや陶磁器で作られたボンボニエールの価値を踏まえた買取金額を算出してくれます。

買取金額や価値の見極めに関しては、骨董品を扱う買取業者が信頼できるでしょう。

また、ボンボニエール以外にも自宅に高級ブランドの食器があれば、まとめて売ってしまうのもおすすめです。

その際に「骨董品を複数持ち歩くのは重いし、欠けたりしてしまわないか不安」と感じる方は大手買取業者が提供している出張買取サービスの利用を検討してみてください。

高級食器はブランドによって大きさや形が違うので、自宅の収納スペースを取ってしまいがちです。

出張買取を利用すれば自宅にいながら高級食器も査定員に買い取ってもらえて、おまけに食器を入れていたスペースも片付きます。

ボンボニエールや高級食器を売却したいときは、骨董品を扱う買取業者を検討してみてください。


ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法

ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法

せっかく価値の高いボンボニエールを買取に出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

ボンボニエールを少しでも高く買取してもらう方法は以下の通りです。


・付属品も一緒に売る
・相見積もりを取る
・手入れをしておく


それでは、それぞれ詳しく解説します。

付属品も一緒に売る

ボンボニエールは正規店で購入すると案内書や箱が付いています。

たとえば、香蘭社の新品のボンボニエールであれば、木箱に入った状態で販売されています。

ボンボニエールの査定時には、それらの付属品を揃えておきましょう。

なぜなら、買取業者が中古市場で再販する際に、買い手が付く可能性が上がるためです。

その分、査定時の買取額も高くなります。

査定に出すまでは、ボンボニエール本体と付属品を一緒の場所に保管しておくことがおすすめです。

相見積もりを取る

同じボンボニエールを買取に出すとしても、買取業者ごとに在庫状況や再販経路が異なるため、買取額も変わってきます。

したがって、少しでも高く売りたい場合には、相見積もりを取ることがおすすめです。

相見積もりを取ることで、買取額を比べることができ、その中で最も高く売れる買取業者がどこかわかります。

相見積もりは少し時間と手間がかかりますが、少しでも高く売るための得策としておすすめです。

手入れをしておく

ボンボニエールなどの骨董品は、変色や傷がない、保存状態が綺麗なほど買取額が高くなります。

長い期間保管していると経年劣化は否めませんので、買取を検討しているなら、なるべく早く買取に出すことがおすすめです。

ボンボニエールを手入れしてから買取に出したいといった方のために、素材別で手入れの仕方を解説しますので、参考にしてみてください。

ただし、割ったり傷つけたりしないように、取り扱いには十分に注意が必要です。

漆器のボンボニエールの手入れ方法

漆器はフォークなどの鋭利な食器を使うと傷が付きやすい一方で、漆が乾いて固まると耐水性・耐久性・防腐性などに強くなる特性があります。

漆器の手入れは、洗剤をつけた柔らかいスポンジで水かお湯で洗い、漆の光沢を保つために柔らかい布巾で水気を拭き取ります。

また、漆器は直射日光による変色や、急激な温度変化によってヒビが生じたり、木地が反ったりしてしまいます。

食器洗浄機や乾燥機を使うと急激な気温の変化に弱くなり、漆の劣化を早めてしまうので避けてください。

陶磁器のボンボニエールの手入れ方法

使用済や制作時期から長年経っている陶磁器のボンボニエールは、傷やホコリに加え、洗っても落ちない汚れや水アカ、絵柄のスレ、ヒビ、欠けなどで劣化している場合があります。

陶磁器のボンボニエールに汚れやホコリが付いていたら、乾いている柔らかい布巾で優しく拭き取ってください。

ただし、ボンボニエールの表面に傷が付いても無理やり直そうとせず、軽く汚れを拭き取ったら査定まで安全な場所で保管しておきましょう。

無理やり直している途中に、手入れをする前よりも保存状態が酷くなってしまい、査定金額が低くなってしまう恐れがあります。

査定に出す前には、ボンボニエールの表面をよく確認しておくことをおすすめします。

骨董品バナー
骨董品バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

骨董品買取エリア