ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

銀食器の買取相場は?買取対象の種類や高く売れるブランドをご紹介

銀食器の買取相場は?買取対象の種類や高く売れるブランドをご紹介
銀食器の買取相場は?買取対象の種類や高く売れるブランドをご紹介

特有の光沢が美しい銀食器は、贈答品やコレクションとして根強い人気があります。

ご自宅に不要となった銀食器をお持ちの場合は、買取に出すことを検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では買取対象となる銀食器の種類や、高く売れる銀食器の特徴、銀食器の買取相場について解説します。

銀食器をより高く買取してもらうためのポイント、よくある質問と併せてご一読ください。

買取対象となる銀食器の種類

買取対象となる銀食器の種類

一般的に買取対象となる銀食器の種類は実にさまざまです。

銀食器の主な種類は、以下の通りです。

プレートグラス
カトラリーポット
クリーマーボンボニエール

大きく括ると上記の種類が主ですが、グラスでもワイングラスやコップ、カトラリーでもスプーンやナイフ、フォークなどと細かく分けると多くの種類があります。

お持ちの銀食器の種類が買取対象になるかどうかお悩みの場合は、買取業者に直接問い合わせてみましょう。

高く売れる銀食器の特徴

高く売れる銀食器の特徴

高く売れる銀食器には、いくつか共通している特徴があります。

主な特徴を3つご紹介します。

・有名ブランドもの
・銀の純度が高いもの
・アンティークもの

それでは、詳しく解説します。

有名ブランドもの

ブランドものの銀食器は、人気が高いほど買取額も高くなります。

代表的な銀食器ブランドは以下の通りです。

クリストフル(Christofle)マッピン&ウェッブ(Mappin & Webb)
エルキューイ(Ercuis)ジョージジェンセン(GEORG JENSEN)
ピュイフォルカ(PUIFORCAT)ガラード(Garrard)
上田銀器工芸早川器物

中でもフランス王室御用達と認められた「クリストフル」は、世界中で愛される銀食器ブランドです。

流行りがあるブランド業界の中で「唯一の品質、それは最高の品質」をモットーに食器を制作し続けているため、その品質に魅了された一定のファンがついています。

ブランドものの銀食器をお持ちの場合は、高額買取が期待できることもあるので、一度査定を受けてみることをおすすめします。

銀の純度が高いもの

一般的には銀の純度が高いほど買取相場も高くなります。

純度の見極め方としては、銀食器をはじめとする銀製品に入っているホールマークという刻印を確認する方法があります。

これは、時代や製造国によって様々ですが、調べることで銀の純度や製造年代などが分かります。

ホールマークには絵柄のマークもありますが、一番分かりやすいのは「純度100%」は「1000」、「純度95%」は「950」と1000分率の数字で表しているものです。

ただし、純度の高い銀は柔らかすぎるため、銀食器には「スターリングシルバー」と呼ばれる純度92.5%の銀合金が用いられることが多いです。

銀相場の変動によって銀食器の買取価格も変化することがあるため、銀食器の買取を考える際には銀相場の変動にも注目しておくと良いでしょう。

アンティークもの

アンティークの銀食器は、歴史的価値・骨董品としての需要などが買取相場に大きな影響を与えます。

アンティークとは、製造された時点から100年を経過した作品を指します。

それほどの年月が経過した銀食器は、種類によっては残存数も少なく、希少価値が高くなります。

アンティークものであるうえに、保存状態が良ければ、なお買取額に期待できるでしょう。

銀食器の買取相場

銀食器の買取相場はどのように決まる?買取の注意点もご紹介

銀食器の買取価格は、ブランドかどうか、アンティークかどうか、さらには銀の含有量などによって大きな差が出てきます。

そのため、製品によって買取価格は異なるため、「銀食器の買取相場はいくら」と一概には言えません。

たとえば、フランスの人気ブランドであるクリストフルの銀食器であれば、10万円前後の買取価格がつくこともあります。

ただし、これは保存状態が良い、セット内容が揃っているなどの条件が整った場合に限ります。

実際の買取価格とは異なる場合もありますので、あくまで参考程度と考えてください。

骨董品バナー
骨董品バナー
 

銀食器をより高く買取してもらうためのポイント

銀食器をより高く買取してもらうためのポイント

高い価値が認められることも多い銀食器ですが、少しでも高く買取してもらうためにはどのような点に注意すれば良いでしょうか。

銀食器を高く買取してもらうために知っておきたいポイントを4つに分けてご紹介します。


・セット内容を揃えておく

・付属品も一緒に査定に出す

・慎重な手入れで保存状態を保つ

・相見積もりを取る


それでは、詳しく説明します。

セット内容を揃えておく

銀食器は贈答品や記念品としても人気が高いため、銀食器のセットを贈り物で受け取ったという方もいらっしゃるでしょう。

セットの銀食器を買取に出す際には、セット内容をすべて揃えておくことで、より高い買取価格がつきやすいです。

セットものの銀食器は、セット内容がすべて揃っているものの方が需要が高く、買取業者としても再販がしやすいためです。

特にブランド品の場合は、買取額へ顕著にあらわれやすいです。

セットの銀食器は、中の食器だけでなくセット内容を収納できる箱も大切に保管しておき、買取の際にはセット内容をすべて揃えて査定に出すようにしましょう。

付属品も一緒に査定に出す

ブランドものの銀食器は、正規店で購入すると、セット品でなくとも箱が付属してくることが多いです。

この場合にも、箱を銀食器と一緒に査定に出すことで、より高い買取価格がつく可能性があります。

またブランドによっては新品購入時に、代表者や工房長の署名が入った鑑定書が付いていたり、銀食器本体にブランドのマークやシリアル番号が刻印されている場合もあります。

これらは本物のブランド銀食器であることを証明する証となりますので、査定の際には忘れずに揃えておきましょう。

慎重な手入れで保存状態を保つ

銀食器の買取価格を大きく左右するのが、保存状態です。

価値ある銀食器でも傷がついていたり、装飾などに欠けがあったりすると、買取価格が下がってしまう傾向にあります。

また、銀食器は空気や人間の皮膚に触れることで、化学変化を起こして黒く変色してしまう場合があります。

銀食器を黒ずんだまま買取に出すと、場合によっては減額されてしまうかもしれません。

銀を磨くクロスや黒ずみが落ちる専用クリームなども販売されていますので、そういったアイテムで手入れすることも検討してみましょう。

手入れの際は銀食器を傷つけないよう、慎重に行うようにしてください。

ただし、元々が高価な銀食器でなかった場合、買取価格の上昇分よりも手入れ費用の方が高くついてしまう可能性もあります。

そのあたりを考慮し、買取価格の上昇幅が大きそうな場合に、お手入れアイテムを賢く利用するようにしましょう。

相見積もりを取る

銀食器を買取に出すときは、2~3箇所以上の買取業者に査定の申し込みをして、相見積もりを取るのがおすすめです。

実際に複数の業者に査定をしてもらうことで、対応の仕方や査定額を比べることができます。

査定してもらった中で、最も高い買取額を提示してくれたところに買取を出せば、お持ちの銀食器を少しでも高く売ることができるでしょう。

また、相見積もりを取る場合は、最終的に最高額以外の業者を断ることになるので査定料・キャンセル料を無料としているところに査定依頼するとほぼ余計な費用がかかりません。

銀食器は骨董品の買取業者に売るのがおすすめ!

銀食器は骨董品の買取業者に売るのがおすすめ!

銀食器の買取に対応している業者は、総合リサイクルショップや骨董品の買取業者などさまざまです。

なかでも、銀食器を売るなら、骨董品の買取業者の利用がおすすめです。

銀食器を強みとしている骨董品の買取業者であれば、銀食器のブランドとしての価値や歴史的価値、銀自体の価値を見逃さないでしょう。

銀食器がもつ価値をしっかりと見極めてくれるので、高額買取にも繋がりやすいでしょう。


一方で、全国的に展開されている総合リサイクルショップなどは、最も身近で利用しやすい買取店かもしれません。

しかし、銀食器に対する専門性を持っている可能性が低く、銀食器本来の価値を見極めてもらえない可能性があるため、おすすめできません。

骨董品バナー
骨董品バナー

銀食器の買取でよくある質問

銀食器の買取相場はどのように決まる?買取の注意点もご紹介

銀食器の買取サービスを初めて利用するときには、分かりにくいことや疑問点が出てくることも珍しくありません。

ここでは、銀食器の買取でよくある質問をご紹介し、解説します。

銀メッキの食器も買取してもらえる?

銀食器の中には、大きく分けて純銀製の食器と銀メッキの食器とがあります。

やはり純銀製のものの方が、銀の貴金属としての価値も見込まれるため、買取価格は高くなりやすいです。

ただし、銀メッキだからと言って買取してもらえないというわけではありません。

貴金属としての銀の価値は認められませんが、ブランドものなどの場合には、銀メッキの食器にも高い価値が付く場合もあります。

銀メッキだから高い買取価格はつかないと諦めてしまわず、まずは試しにブランド食器専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

折れたシルバーカトラリーなども買取してもらえる?

シルバーカトラリーなどの銀食器で、折れてしまっている場合には買取してもらえるのか不安になってしまうかもしれません。

もちろん、保存状態が良い場合に比べれば食器としての価値は下がってしまうでしょう。

しかしながら、銀の貴金属としての価値に絞って考えるならば、極端なことを言えば変形していようが折れていようが影響はありません。

貴金属として買取される場合には、次の用途に合わせて溶かして成形し直すことが予想されますから、食器としての形をとどめている必要はないのです。

その意味で、折れたシルバーカトラリーなどを買取に出すなら、貴金属の買取に強い買取業者を選ぶと良いかもしれません。

セット内容が揃っていないけど査定してもらえる?

セット内容に欠品があったとしても、ほとんどのところで査定してもらえるでしょう。

完璧にすべて揃っているものよりは買取額が下がってしまいやすいですが、食器専門の買取業者であれば査定してくれるところが多いです。

すでにセットの一部を持っていて、持っていない部分を探している人からすれば、欠品があるセット内容でも需要があります。

欠品があるセットものは、食器に特化した販路をもっていると言える食器専門の買取業者へ査定を依頼しましょう。

銀食器の買取方法は何を選べばいい?

買取業者によっては、持ち込み買取・宅配買取・出張買取のうち、利用者が買取方法を選ぶことができます。

この中で最も手間がかかりにくい、おすすめな銀食器の買取方法は、出張買取です。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅を訪問し、その場で査定・買取してくれるサービスです。

持ち込み買取のように自分で買取店まで品物を持ち運ぶ手間や、宅配買取のように梱包する 手間が省けます。

出張買取を利用すれば、自宅にいながら銀食器の査定を受けられるので、その他の買取方法に比べて時間や労力を削減できます。

銀食器以外についでに査定してもらいたい品物があれば、その場で気軽に追加依頼もできるので、銀食器の買取方法で迷ったら出張買取を選びましょう。


銀食器コラム

銀食器コラム

銀食器の歴史や歴史、そしてステンレス食器との違いについて解説します。

銀食器の歴史

銀の歴史は古く、世界遺産としても有名なトルコのカッパドキアからは、紀元前4000年頃に作られたと思われる粒状の銀が出土しています。

また、銀製宝飾品の歴史は紀元前3000年頃、銀食器の歴史は紀元前200年頃より始まったと言います。

精製技術が十分でなかった中世以前、銀は金に比べて精製に高い技術が必要だったため生産量が少なく、金よりも高価な存在でした。

銀があまりに希少であったことから、金に銀メッキを施すことさえあったと言います。

従って中世ヨーロッパの銀食器も非常に高価なものであり、実際に使うことができたのは王侯貴族に限られたようです。

銀食器の価値

近代以降は精製技術の向上もあって銀の価値は下がりましたが、それでも銀食器には高い価値が認められるものが多いです。

銀食器は骨董品やアンティークとしてコレクション目的の高い需要があるほか、素材である銀自体にも価値があります。

銀は宝飾品等に使われる貴金属であることに加え、工業製品などに使われる実用的な金属としても幅広く用いられます。

様々な分野から需要が高い素材である銀を使った銀食器は、買取市場においても値崩れしにくい商材であると言えるでしょう。

銀食器とステンレス食器との違い

銀食器と似たもので、ステンレス食器があります。

一見すると違いが判らない2つですが、価値は銀食器の方が高いとされています。

ステンレス食器は非常に錆びにくく強度がありますが、銀に比べると黒っぽく見えます。

一方、銀食器は変色することはありますが、純銀であれば剥げることはなく優しい光沢を放ちます。

ステンレス食器は1本数百円と安価で入手しやすいため、高い買取額はさほど期待できないでしょう。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。