ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!
1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 前島密の1円シート切手を持っています。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や枚数により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から1円切手を含む切手コレクションを譲り受けました。どのような価値がありますか?

  • A
  • バイセルでは切手の査定実績が多数ございます。切手買取ページへお進みください。

その他、1円切手に描かれている前島密について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

切手収集といえば、人気がある趣味の1つであり、様々な切手が収集対象となっています。

切手の中でも1円切手は、マイナーチェンジをしながらも肖像であり続ける前島密は、1度もデザインが変更されていない珍しい切手です。

なぜ前島密は、1円切手の肖像であり続けるのか。

郵便の歴史から前島密の7つの功績、前島密モチーフの切手をご紹介します。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

郵便の歴史から前島密の活躍まで

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

ポストに手紙を投函するだけで配達される郵便の仕組みを確立したのはイギリスでした。

1500年代にポストが新設、1800年代には郵便切手が発行され、均一料金の郵便制度が施行され始めました。

江戸時代の日本では、郵便物を馬と駆け足で運ぶ「飛脚制度」によって届けられていました。

しかし、郵便料金が高額であることや海外へ手紙が届けられないなどの懸念点が重なり、明治時代からは郵便局を拠点とする近代郵便の制度に移行していきました。

この近代郵便制度を提唱したのが、駅逓権正(交通通信担当官司)であった前島密です。

前島密は、政府が費やしている高額な飛脚制度の費用を見て、誰でも安価に郵便を利用できるよう郵便制度を考え出し、東京・大阪間で官営の事業を開始しました。

1871年に郵便先進国のイギリスを視察後、日本で制度の改革をし、「郵便」や「切手」という言葉を定めました。

その後全国に郵便局が配置され、郵便料金を全国均一にし、誰でも郵便を送ることができるようになりました。

前島密が行なった7つの功績

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

郵便事業をはじめとし、前島密が称えられる理由は他にもあります。

代表的な7つの功績をご紹介します。

郵便サービスの創業

前島密は1870年から11年間、郵政の長を務め、彼が中心となり1871年より郵便事業が開始されました。

長年に渡り郵便サービスに尽力していた前島密は「郵政の父」とも呼ばれています。

新聞事業の育成

郵便先進国であるイギリスを視察してきた前島密は、1871年の帰国後、すぐ郵便サービスを改良します。

郵便利用において、手紙類だけではなく、新聞・雑誌も安価で送れるようにしました。

1872年には郵便報知新聞(のちの報知新聞)を創刊、1873年には新聞の原稿を無料で送れるようにしました。

郵便為替サービスの開始

1875年、かねてから前島密がイギリス郵政に影響されて提案していた郵便為替が開始されました。

郵便為替とは、日本政府・日本郵政公社が行っていた送金に関する事業のことで、全国各地へお金を送れるサービスです。

郵便貯金サービスの開始

1875年、東京・横浜にて郵便貯金サービスが利用開始されました。

郵便貯金についても前島密がイギリス視察時に発見したもので、国民の生活や国家の発展のために彼が提案しました。

当初は「貯金」という概念がなかなか一般的に理解されず、普及させるのに苦労したようです。

勧業博覧会の開催

前島密は内務省に向け産業振興について強く奨励し、1877年に東京の上野で第1回勧業博覧会を開催することに成功しました。

この大会は産業発達に大きな影響を与え、審査官長を務めた前島密は「日本文明の1大恩人」とも言われるようになりました。

東京専門学校の創立

1882年、前島密は東京専門学校の創立の携わり、1887年には校長に就任しました。

東京専門学校は、教育水準が高く大学昇格を展望して組織を改編した後の1902年に「早稲田大学」へと改称しました。

電話サービスの開始

1890年には、電話の交換業務開始にも携わりました。

東京・横浜市内とその相互間に開設され、後に便利さが理解されると急速に拡大していきました。

前島密がモチーフの切手

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

近代郵便制度の確立に貢献した前島密を称え、日本初の郵便局である東京日本橋郵便局には「郵便発祥の地」という碑と前島密の像が立てられています。

また、前島密がモチーフとなっている切手も存在しているのでいくつかご紹介します。

没後100周年の記念切手

オリジナルフレーム切手セット「前島密 没後100周年」は、前島密の没後100周年を迎えた2019年に発行された切手セットです。

セット内容は、前島密の肖像写真をあしらった切手2枚が台紙に収められています。

切手は洋装の82円切手と、和装の62円切手です。

台紙の外側は、彼が居住していた横須賀市の情景写真が用いられています。

ゆかりがあるとされる新潟県・神奈川県のそれぞれ一部の郵便局で販売されました。

1円切手

日本の普通切手の絵柄は、基本的に産業・国宝・自然などのものがテーマとなっていますが、1種類のみ人物が描かれている切手が存在します。

それが、前島密が描かれている1円切手です。

これは前島密の偉業を長く称えていくことが目的であり、今後も1円切手の肖像だけは変えることがないと、日本郵便から公言されています。

これまで、銭単位・色・ロゴ・書体などについては細かい変更が何度も行われてきましたが、前島密の肖像は1947年の初発行より変わることはありませんでした。

郵便創業80年記念切手

郵便創業80年記念切手は、1950年に郵便創業80年を記念して発行されたもので、1円切手が4枚で構成されているシートです。

発行部数は100万枚で、図柄は普通切手の1円とほぼ同様で前島密が描かれています。

前島密は、この他にも「郵便創始75年記念切手」「郵便切手の歩みシリーズ」などでも図柄に使用されています。

1円切手が手元にあったら?

1円切手の肖像「前島密」ってどんな人?7つの功績まとめ!

1円切手が手元にあったら、切手を扱う買取業者の査定に出してみてはいかがでしょうか。

部分的な絵柄変更を経ており、現在では手に入りにくい古い1円切手は、額面以上の価値が付く可能性があります。

また、査定金額は保存状態などによって左右されるので、売却を検討している方は保管方法を押さえておきましょう。

切手は以下の2つに気をつけて、通気性の良くて直射日光の当たらない場所にしまいましょう。

  • ・湿気や水分が付着すると裏糊が溶けて台紙に貼り付いたり、損傷しやすくなる
  • ・直射日光が当たる場所に放置しておくと、変色・変質する

古い1円切手が手元にあったら切手を扱う業者に査定に出せば、思いがけない査定結果を聞けるかもしれません。

バイセルでは普通切手・記念切手・希少価値の高い切手など多数の買取実績があります。

査定に興味のある方は、下にあるリンクから買取方法、買取実績、サービスエリアをチェックできるのでぜひご覧ください。


切手バナー
切手バナー

査定対象となる切手の種類

バイセルでは普通切手をはじめ、以下の切手の査定を行っております。
もし切手の処分方法にお困りでしたら、是非ともバイセルまでご相談ください。

切手買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。