ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介

82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介
82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介

手紙の郵便料金が2019年に84円へ値上がりしたため、82円切手が手元にある場合はどうすればいいのかお困りでしょうか。

現行販売されていない82円切手でも、使い道がいくつかあります。

82円切手の郵便料金としての使い方や、交換・買取に関する様々な使い道についてご紹介します。

82円切手の使い道は?

82円切手の使い道は?

82円切手は、手紙を出す際に1枚貼っただけでは郵送できませんが、現在でも郵便料金として使用することができます。

82円切手の郵便料金としての使い方や、その他の使い道についてご紹介します。

82円切手をお持ちの方は、参考にご覧ください。

差額分の切手を使う

定型内の手紙の郵便料金は、2019年に84円へ値上げされています。

そのため、82円切手を手紙に貼り付けて使用する際には、差額の2円分の切手を一緒に貼る必要があります。

具体的には、2円切手1枚、又は1円切手2枚とともに貼れば、郵送してもらえます。

今後、手紙を出すことがたくさんあるという方は、差額分の切手を購入しておくと良いでしょう。

こちらの記事には、郵便切手・はがき・レターパックの交換手数料を記載しております。

郵便局で交換する

郵便局では、切手を別の額面の切手・はがきへ交換することが可能です。

82円切手を持っているが、手紙ではなくはがきの方が使い道がありそう、などという方には便利なサービスですよね。

ただし、郵便局で切手を交換するには手数料がかかります。

82円切手1枚ごとに5円の交換手数料がかかるため、交換したい切手がたくさんあるという場合には、手数料がかさんでしまうでしょう。

郵便局で切手と交換できる商品や、切手の種類ごとの手数料について詳しく知りたい方は、以下のコラムも併せてご覧ください。

買取に出す

不要となった切手は、買取サービスを利用して現金化できます。

買取サービスでは、手数料をかけずに多くの切手をまとめて売ることができるため、大量の切手を一気に処分したいという方に最適です。

特に切手専門の買取業者であれば、積極的に切手を買い取っているので、現行販売されていない82円切手でも買い取ってくれる傾向にあります。

郵便を利用する予定があまりないという場合、余った切手は買取に出すのがおすすめです。

以下にある「査定対象となる切手の種類」は、バイセルが査定可能な切手の種類や買取相場などを記載したコラムをご紹介しています。

気になる方は併せてご覧ください。


切手バナー
切手バナー

査定対象となる切手の種類

バイセルでは普通切手をはじめ、以下の切手の査定を行っております。
もし切手の処分方法にお困りでしたら、是非ともバイセルまでご相談ください。

切手買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する