ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介

82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介
82円切手は今でも使える!おすすめの使い道を紹介

手紙の郵便料金が2019年に84円へ値上がりしたため、82円切手が手元にある場合はどうすればいいのかお困りでしょうか。

現行販売されていない82円切手でも、使い道がいくつかあります。

82円切手の郵便料金としての使い方や、交換・買取に関する様々な使い道についてご紹介します。

82円切手の使い道は?

82円切手の使い道は?

82円切手は、手紙を出す際に1枚貼っただけでは郵送できませんが、現在でも郵便料金として使用することができます。

82円切手の郵便料金としての使い方や、その他の使い道についてご紹介します。

82円切手をお持ちの方は、参考にご覧ください。

差額分の切手を使う

定型内の手紙の郵便料金は、2019年に84円へ値上げされています。

そのため、82円切手を手紙に貼り付けて使用する際には、差額の2円分の切手を一緒に貼る必要があります。

具体的には、2円切手1枚、又は1円切手2枚とともに貼れば、郵送してもらえます。

今後、手紙を出すことがたくさんあるという方は、差額分の切手を購入しておくと良いでしょう。

郵便局で交換する

郵便局では、切手を別の額面の切手・はがきへ交換することが可能です。

82円切手を持っているが、手紙ではなくはがきの方が使い道がありそう、などという方には便利なサービスですよね。

ただし、郵便局で切手を交換するには手数料がかかります。

82円切手1枚ごとに5円の交換手数料がかかるため、交換したい切手がたくさんあるという場合には、手数料がかさんでしまうでしょう。

郵便局で切手と交換できる商品や、切手の種類ごとの手数料について詳しく知りたい方は、以下のコラムも併せてご覧ください。

買取に出す

不要となった切手は、買取サービスを利用して現金化できます。

買取サービスでは、手数料をかけずに多くの切手をまとめて売ることができるため、大量の切手を一気に処分したいという方に最適です。

特に切手専門の買取業者であれば、積極的に切手を買い取っているので、現行販売されていない82円切手でも買い取ってくれる傾向にあります。

郵便を利用する予定があまりないという場合、余った切手は買取に出すのがおすすめです。

以下ページでは、切手専門の買取業者が行う買取サービスの流れや、査定対象となる切手の種類について詳しく紹介しております。

気になる方は、是非とも併せてご覧ください。


切手バナー
切手バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

切手の種類

買取対象品目