ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

500円切手の価値があるものとは

500円切手の価値があるものとは
500円切手

当記事でよくある質問

  • Q
  • 切手コレクションの整理に伴い不要になった500円切手など売りたいです。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や枚数によって買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父の他界に伴い譲り受けた大量の切手の中から500円切手がたくさん出てきました。価値ってありますか?

  • A
  • コレクター人気の高い500円切手など高い価値を有する種類も多数ございます。バイセルでは500円切手をはじめ切手の査定実績が多数ございますので切手買取ページをご覧ください。

その他、500円切手の価値について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

ハガキに使う52円切手や封書によく用いられる82円切手などに比べると、500円切手を使う機会は少ないかもしれません。

しかし、切手自体を持っている人はいるようです。

そこで今回は、500円切手の価値があるものについてご紹介します。持っている人は自分の切手と照らし合わせてみてください。

発行部数が少ない

切手によって発行部数は異なります。

通常の切手はたくさん発行されますが、限定デザイン切手など切手によっては発行部数が少ないものもあります。

発行部数が少ないと手に入りにくく、手に入れることができる人は限られてきます。

発行部数が少なければ少ないほど手に入れることが難しくなるので価値も上がります。

500円切手でも、どこの金券ショップにもほとんど並んでいないものもあります。

買取をお願いすると発行部数の少ない切手だったということもあります。

持っているものがあまり見かけない切手であれば、それは発行部数が少なくレアなものだからかもしれません。

人気の記念切手である

記念切手は多く売れるだろうということを見越してたくさん発行されることもあります。

しかし、いくら発行部数が多くても、人気のあるものはすぐに売り切れてしまいます。

どこの郵便局でも完売必至だと手に入りにくいので価値があるものになります。

発行部数が少ないのと同じで、どこを探してもなかなか見当たらないものです。

オークションでもほとんど見かけないものは相当レアだと言えるでしょう。

家の使われていない切手が意外に人気だったものということもありますので、査定員に依頼してみてはいかがでしょうか。お宝である可能性もあります。

古い切手である

切手の価値を分けるものにいつごろのものかというものがあります。

新しい切手はいつでも手に入るので、手に入れることが難しい古い切手ほど価値がありません。そのため、額面の数割にしかならないことがほとんどです。

何年か前の500円切手で今はもう売られていないものであれば、高くつくこともあります。

コレクターの間では古いだけで500円にもかかわらず、それ以上で取引されているものもあります。このことから、古い切手の価値の高さがうかがえます。

高級ブランド品は新しいモデルが高く売れることもありますが、それとは買取事情が異なりますので、切手においては古いものに価値があると考えるとよいでしょう。

祖父や祖母が持っている切手にはあなたが生まれる前の古いものもあるかもしれません。

この古い切手が意外に買取ってもらう時に高く付く可能性もあります。

手に入れることが難しい切手に価値がある

価値のある500円切手に共通することは、すべて手に入りにくいという点です。

今、手に入れようと思ってもなかなか手に入らないものに価値があります。

発行部数が少ない500円切手などは買取においては高値がつく傾向にありますので、今なお封書でよく見るようなありふれたものでなければ調べてみる価値はありそうです。

ただし自分で調べても価値があるのかどうかがわからないこともあります。

そこで信頼できる査定員にお願いして調べてもらうと良いでしょう。

ずっと家に眠っていた切手がとても価値のあるものだったという嬉しい発見があるかもしれません。


切手バナー
切手バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。