1000円切手とは?どのくらい価値がある?使い道や買取価格を解説

2024.06.07

切手買取 コラム
1000円切手とは?どのくらい価値がある?使い道や買取価格を解説

1000円切手は2019年までに日本で販売されていた最も額面の高い切手です。

親戚から受け継いだ切手コレクションのなかに1000円切手を見つけて、額面の高い切手を初めて見たという方は少なくないでしょう。

現在、1000円切手は郵便局で購入できませんが、他の切手と同じように郵送料金の支払いに利用できます。

本記事では1000円切手とはどのような切手なのか、売却はできるのか、買取価格はいくらなのかについてご紹介します。

切手の買取保証実施中!

お問い合わせ・無料相談はこちら

0120-612-783

通話料無料・24時間365日受付中

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

1000円切手とは

1000円切手とは

1000円切手とは、1枚あたりの額面が1000円の切手です。

1975年から2019年まで発行されていた1000円切手は、国内で発行された郵便切手のなかで額面が最高額です。

1000円切手には、発行時期が古い順に「吉祥天立像」「松鷹図」「富士図」と3つの図柄が採用されました。

一番最後に発行された富士図が2019年販売終了時のデザインです。

図柄の美しさもあって切手コレクターからも愛されていましたが、実用面での需要が少なく、2019年の消費税増税に伴う郵便料金の変更によって廃止となりました。

1000円切手の買取価格

1000円切手の買取価格

1000円切手は発行が廃止された現在でも、査定で需要はあります。

査定金額の出し方は買取業者によって異なるので一概には言えませんが、バラ1枚で800円前後が一般的なようです。

基本的に切手の査定金額は額面を基準に算出され、希少価値が高い切手以外だと額面を超えるような金額が提示される可能性は低くなるでしょう。

1000円切手のほかにもコレクター需要の高い切手は多くあります。

親族から受け継いだりして、「価値がよくわからない」と思っている切手コレクションのなかにも、ひょっとすると価値の高い切手があるかもしれません。


※上記は参考価格であり、実際の買取価格を保証するものではありません。

※ご査定時の市場状況、在庫状況により買取価格が変動する場合がございます。

※買取相場の価格は未開封の未使用品を想定しています。

お品物の状態によって価格が大きく変わる場合がございますのでご了承ください。


希少価値の高い切手の種類例はこちらの記事をご覧ください。

お持ちのコレクションのなかにそれらの切手がないか確認してみましょう。

1000円切手の使い道は?

1000円切手は封書を送るにしては割高のため、使い道に迷う方も多いのではないでしょうか。

1000円切手の主な使い道は以下の通りです。


・重量のある定形外郵便やゆうパック、一般書留、速達の支払いに使用

・国際小包、EMS(国際スピード郵便)の支払いに使用

・料金別納郵便の支払いに使用


それぞれ詳しく解説します。

重量のある定形外郵便やゆうパック、一般書留、速達の支払いに使用

切手を郵送料金として使用する際に、料金より切手の額面が高くなってもお釣りは返ってきません。

そのため1000円切手は、定形外郵便やゆうパックなど送料が1000円を超える場合によく使用されます。

ほかにも一般書留や速達なども、普通郵便より料金が高いため1000円切手が使われることがあります。

特に会社や団体などで多数の郵便物を発送する際、小額の切手を何枚も使って1000円分とするのは、切手の計算や貼り付けだけで手間がかかります。

そのような場合、送料を計算しやすいように1000円切手を使い、端数は別の切手で支払うことが多いです。

料金別納郵便の支払いに使用

大量の郵便物を一括で送付する際、1通ずつ切手を貼って送付せず、料金別納郵便という仕組みを使用します。

1000円切手は料金別納郵便の支払いにも使用しやすいでしょう。

送りたい郵便物が増えるほど送料が高額になるため、そのような場合には1000円切手と端数に少額の切手を使うと便利です。

ほかにも、通販業者が荷物を発送する際、送料の支払いで1000円切手を使用するケースがあります。

切手は「郵送物」の発送や受け取り以外で使用しないため、送料を切手で管理することがあります。

これには、切手の残数管理と郵便局で発行される領収書のつけ合わせをするだけで、送料を把握できるメリットがあります。

1000円切手を買取に出すならバラよりもシートで!

1000円切手はバラよりもシートで査定に出すことをおすすめします。

シートなら大量に郵便物を送付する際の支払いに対応しやすく、そろえて保管がしやすいので企業からの需要が高まりやすいからです。

1000円切手は20枚で1つのシートになっています。

シートから1枚でも切り離してしまうとバラ切手扱いとなり、シートで買取に出すよりも査定金額が下がる場合があります。

1000円切手はバラさないようにファイルなどに入れて保管しておきましょう。

1000円切手をお得に売るなら切手に詳しい買取業者を選ぼう!

1000円切手をお得に売るなら切手に詳しい買取業者を選びましょう。

切手に詳しい買取業者は、状態、種類、バラかシートか、発行年代が古いか、発行枚数は少ないかなどを査定基準にしています。

切手の価値の判断に熟知した査定士が対応するので、安心してお任せできます。

バイセルは切手の買取を積極的に行っており、利用者のご都合に合わせて出張・宅配・店舗買取の3つを提供しています。

1000円切手の売却をご検討であればぜひお選びください。