ブランド財布の買取実態!どんなにボロボロでも買取ってくれるの?

ブランド財布の買取実態!どんなにボロボロでも買い取ってくれるの?
ボロボロのブランド財布でも価格はつきますか?
中古市場でも人気のあるブランドの場合、価格がつく可能性があります。一度詳しく拝見しますのでお電話・メールよりお問い合わせください。
使い古したブランド財布を処分したいのですが価値はつきますか?

使っていない高級ブランド品の財布を持っているけれど、古くてボロボロだから査定に出してもお金にならないのではと考えている方は少なくありません。

本記事では古くてボロボロのブランドの財布でも査定金額がつくのか、売る前に修理に出した方が良いのかなどをご紹介します。

お品物の状態が悪くてもOK ブランド品 買取強化中!

バイセルでは、下記ブランド品の買取を強化しております。
使っていないブランドバッグやポーチ・財布などございましたら、ぜひご相談ください!

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

ブランド財布はボロボロでも査定できる?!

中国などのアジア圏でブランド品への需要が高まり、状態の悪い高級ブランドの財布でも中古市場で買い手が見込める可能性があるので、一部の買取業者では査定できます。

ただし、高級ブランドだとしても財布として利用価値がないくらいボロボロだと買取が難しい場合が多いです。

ボロボロのブランドの財布を売るときは事前に買取業者に確認しておきましょう。

バイセルでは利用できないほどの状態ですと買取が難しい場合がありますが、傷や汚れがあるブランドの財布でも査定金額がつけられます。

どのくらいボロボロの状態なのかを査定で確認します。

高級ブランドの財布をお持ちの方はバイセルの査定に出してみてください。

ブランドの財布がボロボロになる理由!売る前に修理に出すべき?

ブランドの財布は皮革製のものが多く、クローゼットにしまったままにすると湿気が滞留してカビが好む環境になり劣化しやすくなります。

代表的な劣化の特徴は「内ベタ」と呼ばれる、財布の内側にできるベタ付きです。

高級ブランドの革製品はフランスやイタリアなどの乾燥しやすい国で作られています。

そのため内ベタの心配はいりませんが、日本は湿度が高くなりやすいので革製品がべたつきやすくなります。

製造国との気温の違いで内ベタが発生しやすくなるのです。

ブランドの財布についた内ベタは、濡れたクロスで拭いても取れません。

ルイヴィトンやシャネルなどの高級ブランドであれば有償でリペアをしてもらえますが、ボロボロの財布をリペアしてもらうと出費がかさんでしまいます。

直してから査定に出して高い金額で売れたとしても、リペアの金額が査定金額を超えるとマイナスになってしまう可能性があります。

内ベタが落ちないほど劣化しているブランドの財布は、リペアに出さずにそのままの状態で査定に出すことをおすすめします。

 

中古でも人気ある財布のブランドとモデル

財布の買取において中古でも人気のブランドをご紹介します。

ボロボロだと売ることはできませんが、買取業者によっては買取可能な場合もあります。

お持ちの場合は査定に出してみることをおすすめします。

エルメス

エルメスの財布は、「ベアン」と「アザップ・シルクイン」などの財布が定番です。

ベアンは財布の正面にHロゴの金具が配されていて、一目でエルメスと分かります。

硬めのレザー、カラー展開の多さ、コンパクトな作りが特徴です。

ベアンはエルメスの中でも人気の財布です。

アザップ・シルクインもエルメスの人気の財布です。

シルクインは表面にエルメスのシンボルであるHのマークがないのが特徴です。

アザップは、表面と内側の両方にレザーを使った「クラシック」と、内側にシルクのスカーフを使った「シルクイン」の2種類があります。

シルクインには外側には本革のヴォーエプソンを、内側にはエルメスの「カレ」が使われています。

ルイヴィトン

ルイヴィトンの財布はロックミーとジッピーウォレットが定番です。

ロックミーはフロントに「LV」型の留め具がついており、ひねることでバッグを開閉する仕様となっています。

ジッピーウォレットは、モノグラム・ダミエ・ヴェルニ・エピラインなどのバッグのコレクションからも出ています。

モノグラムやダミエデザインのジッピーウォレットは、革割れを起こしていても買取できる場合があります。

エピは凸凹形状の型押しが特徴です。

型押しレザーのなかでもシワになりにくく、型崩れがしづらいです。

水にも強く、耐久性に優れており経年劣化がしづらいとされています。

アルマは丸みのあるフォルムが特徴です。

開口部はフルラウンドジップで両脇まで開く仕様になっています。

また、ショルダーストラップ付きの2WAYバッグとしても使えます。

シャネル

シャネルの財布にはカンボンラインやマトラッセがあります。

カンボンラインはカーフスキンのキルティング生地に、大きいロゴマークがついたデザインが特徴です。

カラーは黒と白のモノトーンが主流ですが、ピンクやベージュの単色もあります。

マトラッセはラムスキンやカーフスキンに、ダイヤ柄のキルティング生地とココマークの金具が特徴です。

カラーが豊富で、定番のブラックのほかシルバーやデニムまであります。

グッチ

グッチの財布は、代表作のグッチ・ダブルG、その他はGGキャンバス、シマ、レザージップアラウンド、2本のリボンを交差させたデザインのプリンシー、グッチの新ロゴマークが置かれたGGマーモントシリーズ、竹を使ったバンブーシリーズなどがあります。

グッチ・ダブルGは、財布の表面にグッチの頭文字「G」が二つ並んだデザインです。

キャンバス地や塩化ビニールなど長く使える素材を中心に、汚れに強いピッグスキンを用いた財布もあります。

プラダ

プラダの定番の財布はサフィアーノです。

素材は、型押しされた牛革である「サフィアーノメタルオロ」を使っています。

また、リボン付きの長財布もプラダの人気商品です。

リボンの長財布は廃番になっているので、中古市場で需要が高い傾向にあります。

黒よりもピンクと赤色が人気のようです。

ボロボロのブランド財布を買取に出す時の注意点

ブランド品の財布だからといって必ずしも売れるとは限りません。

財布に破れ、汚れ、シミなどがあまりに酷ければ買取不可となる場合があります。

期待すると提示された査定金額に落ち込んでしまう可能性があるでしょう。

査定金額は状態、ブランド、モデルなどによって異なります。

気になるようでしたら、高級ブランド品の買取実績が豊富なバイセルにご相談ください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ