いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

レコードのプレスとは?海外プレスの見分け方や査定時のポイントを紹介!

レコードのプレスとは?海外プレスの見分け方や査定時のポイントを紹介!

レコードをお持ちでも、プレスの意味を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プレスはレコードの制作過程のことで、海外でプレスされたレコードを見分けるのにはチェックすべきポイントがあります。

この記事では、レコードプレスの概要、海外プレスの見分け方や、人気の高いアーティストを紹介します。

さらに、手元にあるレコードを査定してもらうコツについても解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

そもそもレコードのプレスとは何か?

プレスとは、塩化ビニール製のレコードの制作過程を指します。

レコードを制作する際は、まずカッティングマシンでブランクディスク(ラッカー盤)に溝を刻んでレコードの原盤を制作します。

完成した原盤からスタンパーを制作し、その型に塩化ビニールを流し込みプレスすると、レコードの完成です。

このようなレコード制作の一連の過程を、プレスといいます。

レコードは同じ作品でも、プレスされた時代や国によって価値が異なります。

特に海外プレスであるのか、もしくは国内プレスであるのかで大きく価値が異なる場合が多いのです。

海外プレスレコードの見分け方

 海外プレスレコードの見分け方

海外プレスレコードがどの国で制作されたものか見分けるには、大きく2つの方法があります。

ここからは、ジャケットから確認する方法とラベルから確認する方法について、それぞれ説明します。

ジャケットからプレス国を確認する方法

1つ目は、レコードのジャケットからプレス国を確認する方法です。

ジャケットを手に取ったら、まず裏面を見てみましょう。

多くの場合、裏面に生産国が記載されています。

例えば、ジャケットの裏面に Printed in U.K. と書かれていれば、レコードはUK盤(ヨーロッパでプレスされたレコード)ということがわかります。

このように、ジャケットを隅々まで眺め、プレス国が記載されていないか確認してみましょう。

レコードのラベルからプレス国を確認する方法

2つ目は、レコードのラベルからプレス国を確認する方法です。

ジャケットにプレス国の記載がなかった場合、レコードを取り出してラベルの印字を見てみましょう。

ラベルにはタイトルや曲名とともに、プレス国が記載されている場合があります。

小さい文字で記載されていることもあるため、よく確認してみてください。

海外プレスレコードで人気の高いアーティスト

人気が高いアーティストのレコードは、その分買い取りの査定額も高い傾向にあります。

ここからは、海外プレスレコードで人気の高いアーティストを紹介します。

ビートルズ

イギリス出身の世界的ロックバンド、ビートルズのレコードは、その人気から制作された枚数も多く、特に以下の楽曲は人気があり活発な取引がされています。

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」

「ビートルズ’65」

デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイのレコードは、2016年の死後、多くがコレクターに買い占められました。

そのため現在は手に入りにくく、希少価値が高くなっている傾向があるようです。

特に、流通数の少ない作品については市場人気も高いとされています。

カーペンターズ

アメリカで結成された兄妹デュオ、カーペンターズのレコードも人気が高いものの一つです。

流通数の多さから基本的な価値はあまり高くありませんが、直筆のサイン入りだったり、海外でプレスされた輸入盤だったりすると、価値が高くなる場合もあり、買取になる傾向があります。

マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンは世界的人気のアーティストで、そのレコードを集めているマニアも多くいます。

一方でレコードの生産枚数が多く、値段がつきにくい傾向にあります。

そのため、シリアルナンバーやロゴなどのわずかな違いが買取価格を左右するでしょう。

特に、プレミア盤や限定盤などの生産枚数が限られているレコードに関しては、買い取りされる可能性が高いといえます。

ボブ・マーリー

レゲエミュージックのアーティストといえば、ジャマイカのミュージシャン、ボブ・マーリーです。

彼は宗教や社会情勢などを反映させた楽曲を多く制作し、レゲエの神様とも呼ばれています。

日本では、特にジャマイカでプレスされたレコードの需要が高い傾向にあるようです。

ボブ・マーリーのレコードをお持ちでしたら、ジャマイカ盤かどうか確認してみてください。

海外プレスレコードを査定してもらうコツ

 海外プレスレコードを査定してもらうコツ

海外プレスレコードを査定してもらうのには、いくつかコツがあります。

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

査定前にレコードをクリーニングする

査定に出す前に、レコードをクリーニングして綺麗な状態にしておきましょう。

長い間保管されていたレコードやジャケットには、ほこりや汚れが付着している可能性があります。

また、目で見てわかる汚れを払っておくのはもちろん、できれば専用の汚れ落としを使用してレコードを磨いておきましょう。

汚れ落としを使用する際は、傷を付けないよう、使用方法をよく確認しながらクリーニングしてください。

レコードの付属品を一緒に査定に出す

レコードには、ラベルやステッカー・解説書・インナースリーブ・ステッカー・ポスターなど、さまざまな付属品があります。

付属品がそろっていると、買取価格が上がる可能性があるため、手元にある場合は一緒に査定に出しましょう。

さらに、海外プレスレコードに多く見られるレコードを覆うフィルム膜、シュリンクの有無も重要なポイントです。

シュリンクが未開封のまま保管されている場合、作品によって買取が期待できます。

複数のレコードを持っている場合はまとめて売る

複数のレコードを持っている場合は、まとめて売ることで価値の高いレコードが見つかる可能性も上がります。

仮に単品では買い取ってもらえなかったレコードも、複数まとめることで買い取ってもらえる場合もあるでしょう。

そのため、売る気はなくても、手元にあるレコードを一旦すべて査定に出してみるのも効果的です。

海外プレスレコードの買い取りならバイセルにお任せください

海外プレスレコードの売却を検討しているなら、ぜひバイセルにお任せください。

買取実績が豊富なだけではなく、バイセルには買取方法として、店頭買取・出張買取・宅配買取と3つの選択肢を用意しています。

さらに、査定料をはじめ、出張料や送料を含めた手数料が無料です。

これまでレコードを売却したくても忙しくて店頭に行けなかった方や、送料などの手数料が気になって躊躇していた方も、この機会にバイセルでの査定をぜひお試しください。

おわりに

海外プレスレコードには、年代や国によってさまざまな特徴があり、一部のアーティストの作品は希少価値が高く、取引されていることもあります。

手元に海外プレスのレコードがある場合は、希少価値の高い作品かどうか、査定に出して一度確認してみましょう。

また、査定に出す前にはレコードのクリーニングと、付属品の添付も忘れず行ない、複数枚まとめて出すのが買い取ってもらうコツです。

お持ちの海外プレスレコードにどのような価値があるかわからない場合には、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。

バイセルなら24時間365日、メールか通話料無料の電話でいつでも受付可能です。

もちろん店舗に来ていただいても構いませんので、お気軽にご相談ください。