いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

レコードを処分する方法は?捨てる前に現金化する方法や売れるレコードを知っておこう!

レコードを処分する方法は?捨てる前に現金化する方法や売れるレコードを知っておこう!

「レコードを手放したい」「できるだけ手間なく売りたい」など、レコードの処分方法についてお悩みでしょうか。

近年、若者を中心にアナログレコードの人気が高まっており、中古市場でも需要の高さがうかがえます。

そのため、ただ単にレコードを捨ててしまうのはもったいないケースがあります。

本記事では、レコードの廃棄方法のほか、買取店で売るメリットや売れやすいレコードについて詳しく解説します。

入手困難なレコードであれば中古市場で需要が見込める可能性もあるので、レコードの処分を検討している方は捨てる前にぜひ参考にご一読ください。

レコードの買取に関するお知らせ

LP盤のみの買取となります。
状態やジャンルによっては、お値段が付かないものもございます。
内容により宅配査定・店舗査定をご案内する場合がございます。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

レコードを処分する方法は2つ

レコードを収集していると、部屋の収納の場所をとるようになり、「聴かなくなったレコードを処分したい」と考えるようになりますよね。

レコードの処分方法としては、どのようなものがあるのでしょうか。

おもに以下の2つが挙げられます。


・ゴミとして廃棄する

 …レコードをゴミとして処分する際は、各自治体の分別方法を確認したうえでの廃棄が必要です。

・売却して現金化する

 …レコードは中古レコード店や買取店などで売却、あるいは自分でフリマサイトやオークションサイトに出品して売ることもできます。


以下にて、それぞれの処分方法について詳しく解説していきます。

レコードをゴミとして廃棄する

レコードをゴミとして廃棄するには、自治体のゴミとして処分する方法と不用品回収業者に依頼する方法があります。

具体的にどのように廃棄すれば良いのか、それぞれの特徴や注意点をご紹介します。

自治体のゴミとして処分する

レコード盤をゴミとして廃棄する際は、可燃ゴミと不燃ゴミのどちらに該当するのか、各自治体のホームページであらかじめ確認しておきましょう。

レコード盤の分別区分は、地域によって異なるケースがあるため注意が必要です。

例えば、東京都杉並区では可燃ゴミ、大阪府寝屋川市では不燃ゴミと区分されています。

原則は無料で処分が可能ですが、一部地域では費用がかかる場合もあるため注意しましょう。

例えば東京都立川市での区分は不燃ゴミとなり、指定の袋を購入し、そこに入れて決まった収集日に捨てなければいけないなどの細かいルールがあります。

また、レコード盤を除いたジャケットや帯、透明の内袋は、分別して可燃ゴミとして出すケースもあります。

いずれにしても自治体のゴミとして出す場合は、地域により収集日や時間帯、費用の有無が異なるため、各自治体のホームページで詳細を確認してください。

不用品回収業者に依頼する

レコードを自分で処分するのが面倒な方は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。

不用品回収業者に依頼した場合は処分費用が発生しますが、希望の日時に引き取りに来てもらえるため便利です。

処分費用は、一般的にトラックの大きさで決まることがほとんどですが、なかには積み放題プランを用意している業者もあります。

積み放題プランであれば、トラックに積み込める分はいくら積んでも金額が変わらないため、処分したいレコードが多い場合にお得に利用できるでしょう。

ただし、不用品回収業者のなかには悪質な業者も存在しますので注意が必要です。

高額請求をされたりリサイクル料金を請求されたりするトラブルも少なくないため、業者を選ぶ際は注意しましょう。

売却して現金化する

売却して現金化する

レコードの処分方法には、廃棄する方法以外に中古レコード店や買取店で買い取ってもらったり、フリマアプリやオークションサイトで売って現金化する方法もあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フリマアプリやオークションサイトで売る

レコードは、パソコンやスマートフォンを使って、フリマアプリやオークションサイトで売ることができます。

フリマアプリやオークションサイトは、商品ページにレコードの内容や写真、発送方法の選択などの入力をすれば、簡単に出品できるのがメリットといえるでしょう。

商品が購入されると、入金確認後にレコードを梱包して発送するといった流れです。

おもにスマートフォンではアプリ、パソコンではインターネットを利用して出品が可能です。

ドーナツ盤と呼ばれる直径7インチのレコードを発送する場合は、LPレコードよりサイズが小さいため、破損に注意しなければなりません。

数量限定盤や入手困難なレコードは需要が高く、価格がつきやすいです。

買取店に売る

中古レコード店や買取店では、レコードを直接お店に持ち込むほか、宅配や出張買取で査定を依頼することができます。

店舗への持ち込み買取は、好きな時にレコードを持ち込んで査定してもらい、店員からその場で査定結果を直接聞くことができるため気軽に売却を済ませられるでしょう。

また、レコードをすぐに現金化できるのもうれしいポイントです。

買取店が宅配買取や出張買取を行っている場合は、自分で店舗まで持ち運ぶ必要がないため、大量のレコードをまとめて売りたいときに便利です。

レコードに詳しい買取店であれば、プロがしっかりと査定をしたうえで買取を行うので安心でしょう。

ただし、小規模のレコード買取店は特定のジャンルに特化しているケースがあるので注意が必要です。

例えば、ヒップホップのレコードをクラシック専門店へ買取依頼してしまうと、レコードの相場や希少性が考慮されず、買取を拒否されてしまうこともあります。

どこの店舗に買取を依頼するか、しっかりと検討したうえで査定を依頼しましょう。

バイセルでは、幅広いジャンルのレコードをお買い取りしております。

バイセルの査定士はレコードの知識や査定経験を持ち合わせていますので、安心して査定をご依頼いただけます。

バイセルなら持ち込み買取・宅配買取・出張買取の中から、ご都合に合わせてお好きな買取方法をお選びいただけますので、お気軽にお申し付けください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

売れやすいレコードの特徴

 売れやすいレコードの特徴

レコードは、状態や付属品などによって買取の可否が変わることがあります。

売れやすいレコードの特徴を解説しますので、お持ちのレコードが該当するかどうかチェックしておくと良いかもしれません。

保存状態が良いもの

レコードは、保存状態によって査定評価が左右されます。

カビが生えていたり、レコードのジャケットが破れていたりするほか、ジャケットへの書き込みやレコード盤の針飛びなどがある場合、査定評価が大きく下がってしまいやすいため注意しましょう。

また、DJとして使用していたレコードは、曲と曲をつなげる際に手でレコードを触る頻度が多いため、保存状態が悪くなりがちです。

ジャンルによっては「スクラッチ」と呼ばれるレコードをこするパフォーマンスを行うこともあり、針飛びの原因になるケースも少なくありません。

一方で、保存状態の良いレコードは、買取需要に期待できる可能性が高くなります。

日頃から管理を怠らないようにしましょう。

付属品がそろっているもの

レコードの査定評価には、帯や歌詞カードなどの付属品の有無も影響します。

レコードにはラベルやインナースリーブ、ステッカーなど、さまざまな種類の付属品があり、特に日本盤のレコードには帯や歌詞カードが付属していることがほとんどです。

付属品がそろっていないという理由で査定評価が低くなる可能性もあるため、付属品があるものはきれいに保管しておきましょう。

そのほか、輸入盤にも多く見られる「シュリンク」も重要なポイントです。

シュリンクとは、一般的にレコードを覆っているビニールのフィルム膜を指します。

シュリンクが未開封のままでレコードが保管されていれば、ジャンルによっては買取需要に期待できるでしょう。

売りたいレコードが複数枚あるならまとめて売る

レコードを複数枚まとめて売るのも効果的です。

単品では価値や需要がなく、買取が難しいレコードであっても、何枚かをまとめると買い取ってもらえる可能性が高まります。

大量にレコードを保有している場合は、まとめ売りも検討しましょう。

レコードを売るなら買取方法はどれがいい?

バイセルでレコードをお売りいただける場合、持ち込み買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法からお選びいただけます。

それぞれの買取方法の特徴を解説しますので、ご自分に合った方法を見つけてくださいね。

持ち込み買取

持ち込み買取は、駅から近い場所に位置するバイセルの店舗までレコードを持ち込み、その場で査定を受ける買取方法です。

事前予約なしで査定をお受けいただけますので、ふらっといつでも立ち寄れるのもメリットです。

反対に予約いただければ待ち時間なしでご利用いただけますので、スピーディーに買取を済ませたい方は予約しておくことをおすすめします。

また、店舗での査定は完全個室でプライバシーに配慮された空間で行いますので、安心してご相談いただけます。

宅配買取

宅配買取をお申し込みいただければ、無料宅配キットをお送りしますので、そこに売りたいレコードを詰めて発送すればあとは査定結果を待つのみです。

また、集荷依頼もいただければ業者が家まで取りに来てくれますので、自分で荷物を宅配受付まで持ち込む手間も省けます。

お電話にて査定結果をご連絡し、納得いただければ指定の銀行口座に査定額が振り込まれます。

宅配買取は、家から出ずに、かつ査定員と顔を合わせずに気軽にレコードを現金化したいという方におすすめの買取方法です。

出張買取

出張買取

バイセルの出張買取は、離島を除く日本全国どこでも対応しています。

ご希望の日時に査定士がご自宅を訪問し、その場で査定・買取・現金化まで済ませられます。

利用者は売りたいレコードを自宅で用意して待つだけなので、家から出ずに便利に買取を済ませられます。

また、レコードに詳しい査定士が対面で査定を行うので、不明点や気になることは何でも聞くことができます。

さらに、出張買取終了後に満足度向上のためフォローコールをおかけしますので、率直なご意見をお聞かせください。

そのほか、クーリングオフやお客様相談室など、お客様の大切なお品物を取り扱ううえで必要な体制を整えておりますので、安心してご利用ください。

レコードを店舗まで持ち運んだり、レコードを梱包・発送するのが面倒という方は、出張買取を活用しましょう。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

おわりに

本記事では、レコードの処分方法として廃棄する方法と現金化する方法を解説しました。

レコードは自分で廃棄することが可能ですが、自治体ごとにルールが異なるので、必ず確認してから廃棄しましょう また、レコードを売却する場合は、レコードの保存状態が良く付属品がそろっていることで評価が高くなる傾向にあります。

また、レコードのなかでも限定盤や生産数が少ないものは、希少価値が高いので価格が付きやすいです。

部屋に眠っているレコードは、捨てる前に一度売ることを検討してみましょう。

不要なレコードの買取なら、積極的にレコードを買い取っているバイセルへぜひご相談ください。