いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

山口百恵のレコードはいくらで買い取りされる?相場や高く売るためのコツについて徹底解説!

山口百恵のレコードはいくらで買い取りされる?相場や高く売るためのコツについて徹底解説!

山口百恵は伝説のアイドルであり、1970年代の芸能史を彩った女性です。歌としては、「いい日旅立ち」や「プレイバックPart2」といった楽曲は若い世代でも知っている歌ですが、売れる前の下積み時代の曲も良いものばかりです。

山口百恵の人気が出る前の曲はレコードの生産数も少ないため、プレミア価格がつくこともあるでしょう。この記事では、山口百恵のレコードを高値で買い取りしてもらうためのコツや相場などを解説します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

山口百恵の軌跡

山口百恵は、1970年代に絶大な人気を誇った歌手です。1959年1月17日に東京都渋谷区に生誕しました。山口百恵が世間に知れ渡った出来事として、1972年にオーディション番組に出演して準優勝し、1973年4月には公開された映画「としごろ」の主題歌で歌手デビューを果たします。

歌手デビュー後は、「横須賀ストーリー」や「プレイバックPart2」「秋桜」などのさまざまなヒット作を世に送り出し、シングルは合計33枚、アルバムは22枚もリリースするほど人気を博していました。その後、1980年に俳優の三浦友和との結婚を機に引退を表明しました。

当時、人気絶頂で引退をしたことが話題になり、引退後は表舞台に姿を現さないことで有名です。

山口百恵のレコードが高く買い取りされるために必要なこと

山口百恵のレコードが高く買い取りされるために必要なこと

引退から40年以上が経過しているにも関わらず、高い人気を誇る山口百恵のレコードは、オークションサイトなどを覗くと今でも数多く出品されています。では、実際に山口百恵のレコードを高く買い取ってもらうために何が必要なのでしょうか。

この章では、山口百恵のレコードが高く買い取りされるために必要なことを5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

生産数が少ないレアなレコードを買取業者に出す

山口百恵に限ったことではありませんが、生産数が少ないレアなレコードを買い取りに出すのは、レコードの高額買取を目指すうえで大切です。

なぜなら、生産数が少ないレコードは市場にも出回っている数が少なく、山口百恵マニアの方やレア物のレコードを求めている方々に需要があるからです。レコードの生産数は売上枚数を基準に考えるとよいでしょう。

特に、初期のレコードは枚数も少ないため、かなりの価値を秘めている可能性があります。

人気絶頂の頃よりも初期のレコードを出す

先ほど解説した「レアなレコードを買い取りに出す」に似ていますが「人気絶頂の頃よりも初期のレコードを出す」のも、高額買取を目指すうえで大切なポイントです。

有名曲である「秋桜」や「プレイバックPart2」などのレコードは、生産された数が多いためそれほどの金額にはなりません。一方で、キャリア初期に発売された「としごろ」や「青い果実」などのレコードやベストアルバムは生産数が少ないため、買取業者が高い価格で査定してくれる可能性が高くなります。

レコードに巻かれた「帯」が残っている

レコードやCDの端に巻かれている紙を見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。この細長い紙のことを「帯」といいます。帯というものは日本のレコード界で独自に発展した文化であり、レコード会社がキャッチフレーズを書くためにジャケットに巻いたのが広がったとされています。

帯は日本独自の文化のため、海外のレコードコレクターの間でも人気が高く、帯付きレコードの価値は高くなる傾向にあります。一方で、帯が付いていないレコードは、それだけで価値は低くなることを把握しておきましょう。

レコード買取専門店で買い取ってもらう

レコードを高値で買い取りしてもらうためには、「買取専門店」に査定を依頼するのも大切です。買取専門店は専門家の視点でレコードを査定してくれるため、レア物のレコードであれば、より高額での買い取りをしてもらえる可能性があります。

高額買取を目指すのであれば「レコード買取専門店」を利用しましょう。

レコードの状態が良い

レコードの保存状態が良いことも、高額買取されるための条件の一つといえるでしょう。例えば、レコードを保存するうえで、注意しなければならないのが「湿気」です。湿気によってレコードジャケットにカビが生えてしまった場合、レコードの査定額は下がってしまいます。

その他にも、レコード本体に付いてしまった傷も、査定を下げる要素になります。また、レコードは直射日光に弱いため、太陽の光が直接当たるような場所での保管は避けなければなりません。保存状態を良好に維持することが、買取額のアップにもつながります。

ただし、傷や汚れがあるからといって自分でレコードの傷を消したり、ジャケットの破れを補修したりすることは控えましょう。それにより、逆に査定額が下がってしまうこともあるので、注意してください。

山口百恵のレコードを高額買取してもらうコツ

山口百恵のレコードを高額買取してもらうコツ

先ほども紹介しましたが、山口百恵のレコードを高額買取してもらうためのコツは、「レコードの中古買取専門店」に出すことです。中古買取専門店は、即日で現金化ができるだけでなく、複数のレコードをまとめて査定することも可能です。まとめて売却すれば、高額買取をしてもらえる可能性が上がるでしょう。

また、売却の際に気を付けたいのは、レコード買取店ごとに強みとしているジャンルが違うことです。ジャズ分野に精通している買取専門店があれば、演歌を強みとしている買取専門店もあります。

山口百恵のレコードの場合に関しては、昭和歌謡を扱う店舗に査定を依頼することで、高額買取を狙える可能性が高まります。

そのため、査定に出す前には、その店舗が強みとしているジャンルを事前に確認しておきましょう。店舗によっては、ホームページにどのジャンルに特化しているかなどの情報だけでなく、買取額の例が掲載されている場合もあります。買取額の例が掲載されていればある程度の予測を立てられるので、専門店選びの際は参考にするとよいでしょう。

さらに、複数の店舗で相見積もりをとることも忘れてはいけません。店舗を比較すると従業員の知識量や対応の丁寧さ、買取額などの比較ができます。複数の店舗を調べるのは時間と手間がかかってしまいますが、買取額を上昇させられる可能性があると考えると、手間をかける価値は十分にあるといえるでしょう。

山口百恵のレコード相場

山口百恵のレコードは状態や曲によって買取価格が変動します。

ただし、山口百恵本人のサイン入りレコードの場合では、さらに価値が上がります。また、高く買い取りしてもらうための方法でも述べたとおり、まとめてレコードを買い取りしてもらうと価格は上がる傾向にあります。

おわりに

山口百恵は1970年代に絶大な人気を得た歌手であるため、有名曲である「プレイバックPart2」「いい日旅立ち」「秋桜」などが収録されているレコードには、あまり高値を期待できません。

一方で、爆発的な人気が出る前の1970年代前半に発売された「禁じられた遊び」や「ひと夏の経験」レコードは、生産された枚数が少ないため価値が上がります。本人の直筆サインがある場合は、さらに価格が上がる傾向にあります。

ただし、高値を期待できるのは、保存状態が良いレア物のレコードです。先ほど紹介したレコードを高額買取してもらうためのコツ5つを参考にしながら、高値買取を目指してみてください。

買取先にお悩みでしたらレコード買取でおなじみのバイセルにお任せ下さい。

豊富な買取実績がございますので、高価買取に自信があります!