ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ビール券と清酒券の買取換金率は?高く売る方法を紹介

ビール券と清酒券の買取換金率は?高く売る方法を紹介
ビール券と清酒券の買取換金率は?高く売る方法を紹介

ビール券や清酒券をいただいても、お酒好きの人にとってはありがたいですが、普段飲まない人にとっては処分に困りますよね。

店舗によってはお酒以外の買い物にも使えますから、お酒を飲まない人でもお得な商品券です。

また、大量に出てきた古いビール券を売りたくても換金率が低かったり、状態に不安があって売れるかどうかが分からないという人もいますよね。

本記事ではビール券と清酒券の特徴、不要になったときの使い道、売りたくなった時に知りたい換金率、そして少しでも高く売るのコツをご紹介します。

ビール券・清酒券ってなに?

ビール券・清酒券ってなに?

ビール券と清酒券とは、「全国酒販協同組合連合会(全酒協)」と呼ばれる、お酒の販促を行っている団体が発行している商品券です。

全国の酒屋などで使えて、券に記載されているビールや清酒と引き換えられます。

また、現在発行されているビール券・清酒券には有効期限が定められています。

2005年10月以前の旧デザインの券には有効期限がなく、現在も利用できます。

ここではビール券と清酒券の違いや特徴、そしてお酒以外の商品の購入方法について解説します。

処分に困っている人は参考にしてください。

ビール券とは?

ビール券の正式名称を「ビール券共通券」といい、全国の酒屋などで販売されているアサヒ、キリン、サッポロ、サントリーといった大手メーカーの瓶ビールや缶ビールに交換できます。

また、ビール券は10年ぐらいの間に何度か額面とデザインを変更しています。

変更するごとに額面は上がっていきましたが、2020年10月に行った消費税の増税に伴って変更前の券は発売終了し、新価格と新デザインになりました。

酒税法改正の影響でビールの価格が下がったのに合わせて額面も下がりました。

現在は2種類の券が発行され、額面と引き換えられるビールの種類は以下の通りです。

交換できるビール額面記号
633mlの瓶ビール2本770円A-22-0798
350mlの缶ビール2缶488円K-8-0504

末尾4桁の数字はビール券の表面左側に記載されている記号で、交換できる商品の種類と金額がわかるようになっています。

  • 例えば、
  • ・「633mlの瓶ビール2本」は末尾4桁が「0798」なので798円
  • ・「350mlの缶ビール2缶」は末尾4桁が「0504」なので504円

ビール券は原則おつりは出ませんが、加盟店ごとに判断をゆだねられていて、店舗によっては出してくれるところもあります。

ビールメーカーが発行しているビール券は使えるの?

全酒協が発行しているビール券以外にも、サッポロ、キリン、アサヒは独自のビール券を発行しています。

全酒協が発行している券には有効期限がありますが、メーカーが発行しているビール券にはありません。

古い券でもお好きなタイミングでご利用できます。

ただし、ビールが発売した時点の価格に基づいて発行されており、商品の価格に次第では不足分を支払う場合があります。

清酒券とは?

清酒券は酒屋やスーパーなどのお酒を扱うお店で、一升瓶(1.8L)の清酒と引き換ができます。

「特撰券(とくせん)」と「上撰券(じょうせん)」のグレードの違う2種類が発行され、引き換えできる清酒の種類が変わります。

実際に利用する際は以下の表を参考にしてください。

券の名前額面記号
特撰券2,379円G-12-2399
上撰券2,055円H-10-2055

ビール券と同様に、末尾4桁が額面を意味します。

清酒はビール以上に種類が多く、同じ1.8Lであっても販売価格帯が幅広いです。

清酒券を取り扱う店舗によってはおつりが出ません。

そのため、清酒券を利用するときは記号に書かれた数字に近い価格のお酒と交換しましょう。

ただし、お酒を一本でも買わないと清酒券を使えない店舗や、清酒としか交換できない店舗もあります。

お酒以外にも利用できる

ビール券・清酒券は酒屋の他にもコンビニ、スーパーなどでも店舗で利用できます。

ビール券をどの商品に交換するのかは店舗に任せているので、「大瓶2本のみ引き換え可能」「お酒1本以上を購入」など利用条件を設けていたり、発泡酒、第3のビール、チューハイ、ノンアルコールビールやカクテルにも使えます。

お酒以外の買い物にビール券・清酒券を活用したい人は、会計前に店舗に確認しておきましょう。

また、ビール券は、東横INNが行っている「金券キャンペーン」で利用できます。

東横INNは全国展開しているビジネスホテルですから、ビール券の処分に困っている人はホテル代の補填として活用できますね。

ビール券・清酒券の換金率

ビール券・清酒券の換金率と買取価格

ビール券・清酒券は額面と換金率によって査定金額が異なります。

ビール券・清酒券をはじめとした商品券類を少しでも高い価格で売るなら、各商品券の平均的な換金率を把握しておきましょう。

換金率が分かれば、持っている商品券の査定金額を計算できますし、換金率を高く設定している買取業者を探しやすくなります。

また、換金率は有効期限までの長さによっても変わります。

買取業者に額面に近い金額で買い取ってもらうには、有効期限まで数年以上残っていると高値になりやすいです。

換金しようか悩んでいたら、できるだけ早めに売りに出すのがベストです。

あくまでも換金率は参考情報に留めておき、持っている商品券に記載されている額面を元に査定金額を計算してください。

ビール券・清酒券の換金方法

ビール券・清酒券の換金方法

お酒を呑まない人にとってビール券・清酒券は、使えるお店が限られてしまって不便に感じる人もいるでしょう。

フリマアプリで出品する際は自分で落札希望価格を設定する必要があり、相場を見誤ってしまうと、いつまで経っても売れません。

一部のフリマアプリは金券の出品を禁止にしており、ビール券や清酒券の売る方法としてはおすすめできません。

処分に困っているビール券を持っているなら、金券全般を取り扱う買取業者への売却をおすすめします。

買取業者では券の種類別に換金率を設けており、事前に自分で大まかな査定金額を計算できます。

買取方法も店頭に持ち込む方法だけではなく、「宅配買取」や「出張買取」などの便利なサービスを提供しています。

買取業者の公式サイトから簡単に申し込めますから、近くに金券ショップがない人はぜひ活用してみてください。

金券バナー
金券バナー

ビール券・清酒券を売る際の注意点

ビール券・清酒券を売る際の注意点

額面に近い査定金額を見込まれるはずが、状態や種類によっては買取不可になってしまいます。

ビール券・清酒券を売りに出す際は、以下の注意点に気をつけましょう。

  • ・未使用である
  • ・有効期限は切れていないか
  • ・汚れ・破れ・折れはないか
  • ・地域限定の清酒券ではないか

換金したい人はここで紹介する内容に該当しないかチェックしてみてください。

未使用である

ビール券・清酒券は未使用のみ買取可能です。

以下の状態だと使用済みとされてしまって換金できません。

  • ・切り取り線が切り取られている
  • ・裏面にある引換店印に店名が記載されている

自宅を整理して出てきたビール券を査定に出す前には、これらがないかを必ず確認しておきましょう。

有効期限は切れていないか

ビール券・清酒券を売る前に、有効期限が切れていないかチェックしましょう。

2005年10月以降に発行されたビール券には有効期限の記載があります。

未使用でも期限切れの商品券には価値がなくなっているため、買い物で使えないのはもちろん換金もしてくれません。

仮に有効期限が残っていたとしても、業者によっては「有効期限半年以内は買取不可」などと査定対象を限定しています。

期限まで半年を過ぎると買取不可としている場合もあります。

ですから、買取に出す前には業者の公式サイトにて確認しておきましょう。

汚れ・破れ・折れはないか

汚れ・破れ・折れの目立つ商品券は、状態次第で買取が難しい可能性があります。

「間違えてズボンのポケットに券を入れたまま洗濯をしてヨレヨレになってしまった」「引き出しの奥にビール券が挟まってシワがついている」などの事情で、状態が悪くなってしまった券は売れるかどうか不安ですよね。

ですが、以下の条件を満たしていれば買い取ってもらえる可能性が高まります。

  • ・ビール券・清酒券の本体が2/3以上つながっているか
  • ・管理番号(裏面バーコード下)が確認できるか
  • ・表面右上にあるミシン目が切り取られていないか

ビール券が全体的に色褪せていても文字が読めて利用できるレベルであれば、買い取ってくれる店舗もあります。

買取業者ごとにビール券の買取条件は異なるので、状態に不安があれば業者に問い合わせてみましょう。

今以上に状態が悪くならないように、ビール券を袋などに入れて保管しておいてください。

地域限定の清酒券ではないか

お持ちのビール券・清酒券券が、地域限定なのか全国で使えるのかを確認しましょう。

同じ商品券でも特定の地域しか利用できない割引券や地域独自で発行された期間限定の商品券も存在します。

利用地域が限定されていると利用できる人が限られて市場価値も低くなりがちです。

換金率を低く設定している業者がほとんどで、買取不可にしているところも珍しくありません。

ビール券・清酒券を高く売るコツ

ビール券・清酒券を高く売るコツ

換金率の変動が激しいビール券・清酒券を高く売るには、以下のコツを押さえることが大切です。

  • ・複数の買取業者を比較する
  • ・なるべく早めに売りに出す

商品券は額面以上の査定金額になることは難しいですが、これから紹介する内容を実践すれば可能な限り高い値段で売るのも難しくありません。

複数の買取業者を比較する

同じビール券・清酒券であっても、買取業者にごとに換金率は違います。

各業者ごとに数円単位で価格が変動しますから、少しでも高く売るなら複数の業者に査定をしてもらって査定金額を比較しましょう。

また、買取業者は定期的に査定金額をアップするキャンペーンを行っています。

キャンペーンに参加する条件を満たしていれば、思っていた以上に高値の価格で売れるでしょう。

急いで売る予定がない人は、業者選びに換金率だけではなくてキャンペーンの有無も加えましょう。

なるべく早めに売りに出す

ビール券・清酒券には有効期限があり、猶予期間があるほど換金率も高まる傾向にあります。

商品券を売りに出そうか迷っているなら、なるべく早めに売りに出すか利用するかを決めましょう。

時間が経過しても商品券の額面が下がりませんが、買取業者にとっては価値の低い商品券として扱われてしまいます。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目