いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

資産性が高い喜平ネックレスとは?高く買い取ってもらうコツと合わせて紹介!

資産性が高い喜平ネックレスとは?高く買い取ってもらうコツと合わせて紹介!

シンプルで無骨な金属のチェーンがなめらかな輝きを放ち、存在感のある喜平ネックレス。

バブル期に、男性を中心に金の価値をアピールできるジュエリーとして流行しました。

バブルが崩壊すると流行こそ収まりましたが、現在でも喜平ネックレスは根強い人気を誇っています。

この記事では、喜平ネックレスの概要や資産性が高いといわれる理由、高額買取のコツを紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

喜平ネックレスとは

金属を輪にしてつないだだけではなく、チェーンのコマを90度ひねって押し潰し、潰された面が並んできれいに見えるデザインが、喜平ネックレスの特徴です。

近年は有名芸能人が愛用していることで、再び人気が高まっています。

チェーンのつなぎ方の名称

チェーンのコマを90度にひねって押し潰し、それらを組み合わせたものを「喜平」と呼びます。潰した面が整然と連なり、なめらかに輝いて見えることが大きな魅力です。

コマの太さやつなぎ方で変わる重厚感

コマ1つの太さやカットの方法によって、見る人に与えるイメージは大きく変わります。

多くの面を持つ多面カットは地金の輝きがより目立つようになり、存在感は抜群です。面の数が6つ、8つのものはそれぞれ6面喜平、8面喜平と呼ばれています。

また、1つのコマにいくつのコマを組み合わせているかによって、密度が変わります。

1つのコマに3つを組み合わせたトリプル編みは密度が高く、重厚感を感じさせます。

喜平チェーンの名前の由来

「喜平」という個性的な名前の由来には、2つの説があるとされています。1つは、「喜平」という名前の職人が最初にデザインしたという説。

もう1つは、19世紀のアメリカ南北戦争の頃、騎兵隊がサーベルを吊り下げるのに使っていた鎖の形状に似ており、「騎兵」が「喜平」に変わったという説です(諸説あり)。

喜平ネックレスに資産性があるといわれる理由

 喜平ネックレスに資産性があるといわれる理由

喜平ネックレスはジュエリーとしての人気が高いことに加え、資産としても評価されています。

なぜ、資産性があるといわれているのでしょうか。

おもにゴールドやプラチナ製であること

喜平ネックレスはおもにゴールドやプラチナで作られています。

金もプラチナも資産性が高いことから、喜平ネックレスにも資産性があるとされるのです。

金やプラチナの純度が高ければ高いほど、さらに価値は高まります。

金属の使用量が多い

喜平ネックレスはチェーンを組み合わせて作られるため、全面が同じ材質です。

チェーンの長さやコマの太さ、組み合わせ方で使う量は変わりますが、重量のほぼすべてが金やプラチナでできています。

販売価格にマージンなどの上乗せが少ない

一般的なジュエリーは加工が複雑で、加工費として大きなコストがかかります。

そのため、販売する側が利益を出すにはマージンなどの上乗せが必要です。

しかし、喜平ネックレスはチェーンを組み合わせるだけの造りで、チェーンそのものにデザイン性があるため、販売価格に上乗せするマージンなどが少なくて済みます。

そのために、金やプラチナの取引相場に近い価格で入手しやすいのです。

売却時にもロスが少ない

保存状態にかかわらず、地金の取引相場に近い買取価格が付きやすいことも、喜平ネックレスに資産性があるとされる理由です。

最初から投資目的で入手して、資産として持つ方も少なくありません。

また、喜平ネックレスには金やプラチナがたくさん使われているため、経年劣化やキズ、デザインの古さなどでマイナス査定されにくいことも特徴です。

手持ちの喜平ネックレスはどのくらいで買い取ってもらえそう?

 手持ちの喜平ネックレスはどのくらいで買い取ってもらえそう?

手元にある喜平ネックレスは、いくらぐらいで買い取ってもらえるのでしょうか。

確認方法をまとめています。

プラチナか18Kかを確認しよう

引手金具などの刻印を確認し、プラチナか18Kかなど材質を確認しましょう。

ギャランティカードや品質証明書などがあればより正確に材質などを確認ができ、お店に買い叩かれてしまうリスクを回避できます。

大体の重さを確認しよう

はかりを使用し、喜平ネックレスの重さを確認しましょう。

現状の地金相場は、「ネックレスの重さ×1g当たりの地金価格×金純度」でわかります。

ここから算出した数字から買取価格が推測可能です。

18 Kは約75%が金でできている合金なので、買取単価は地金価格の約75%です。

Pt900は90%がプラチナなので、純プラチナの地金価格の約90%が買取価格になります。

バイセルに査定を依頼する

より正確に買取価格を知りたい場合には、貴金属買取に詳しいバイセルに査定を依頼しましょう。

材質の取引相場は日本共通ですが、買取相場は会社によって異なります。

買い取ったあとの手数料や人件費、利益率などは各社で異なるためです。

貴金属に詳しい査定士がいるバイセルであれば、よりきちんと見てもらえます。

喜平ネックレスを高く買い取ってもらうコツ

資産性の高い喜平ネックレスを、できるだけ高く買い取ってもらうコツを解説します。

貴金属の買取実績が豊富な店に依頼しよう

貴金属の買取実績が豊富なお店を選び、買取価格の見積もりを依頼しましょう。

見積もりは無料の場合がほとんどです。

地金の相場をチェック

見積もりを依頼する前に、インターネットなどで地金の相場をチェックしておきましょう。

相場は毎日どころか毎分変化しており、当日の相場によって大きく査定額が変わることもあるため、売却するタイミングが重要です。

より正確に知りたい場合には、お店の公式サイトなどで買取価格を比較してください。

公式サイトに金やプラチナの買取単価が載っていない場合でも、頻繁に買い取りを行なっているお店であれば店頭に掲示されています。

売却先店舗は複数チェック

お店によって買取金額は変わるため、複数のお店に見積もりを依頼するようにしましょう。

複数の見積もりのなかで、見積もり金額が最も高いお店に売却することがおすすめです。

出張買取や宅配買取を行なっているお店だと、交通費などの出費を防げます。

ホコリや手あかなどはふき取っておこう

金製品において、ホコリや手あかによる汚れはあまり査定に影響しません。

ただし、あまりにも汚れがひどいと、買い取りを断られることがあります。

少しでも売却価格を上げるために、見積もりに出す前にホコリや手あかなどふき取り、取れる汚れは取っておくようにしましょう。

おわりに

バブル期に流行した喜平ネックレスは、芸能人が愛用していることや資産性が高いことなどが要因となり、近年再び人気が高まっています。

シンプルで無骨なデザインなため、流行り廃りに影響されにくく、今後もネックレスの定番の一つであり続けるでしょう。

地金の相場は近年上昇を続けており、購入した時期によっては売却額が購入額を上回ることもあり得ます。

資産性の高さを活かして手放すことを考えた際には、複数の店舗に見積もりを依頼し、できるだけ高価で売却するようにしましょう。