ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

高額買取を狙える根付とは?買取相場と高く売る方法をご紹介!

高額買取を狙える根付とは?買取相場と高く売る方法をご紹介!
高く売れる根付とはどんなもの?根付の買取相場や高く売るコツも解説

骨董品にも様々な種類がありますが、根付は海外にも「NETSUKE」コレクターがいるというほど、世界的に人気の高い骨董品です。

骨董品買取市場でも根強い人気があり、高い価値がつくものも少なくありません。

根付の基本知識に加えて買取相場、高額買取されやすい根付の特徴、高く売るコツ、買取業者の選び方などの買取情報をご紹介します。

根付とは

根付とは

根付とは、江戸時代に使われた留め具です。

印籠や巾着などを、紐で帯から吊るして持ち歩くときに用いられました。

着物には洋服のようなポケットがありませんが、根付を使うことによって和装でも楽に小物を携帯することができます。

実用品として始まった根付ですが、江戸時代後期ごろからはファッションアイテムとしての側面が強くなっていきました。

美しい彫刻や装飾が施されたものが増え、素材も黄楊(つげ)や黒檀(こくたん)などの堅木、珊瑚・象牙などの高級品と様々です。

そのため、ひとくちに根付と言っても色も形も様々です。

手元にあるものが根付かどうか迷ってしまう場合には、基本的に「紐を通せる穴が2つ開いている、手のひらサイズの彫刻品」は根付であると思って良いでしょう。

現代では和装をする機会が少なくなったことで実用品としての根付は衰退していきましたが、美術品としての根付の価値は現在も評価されています。

特に美しい装飾の施されたものや、象牙を使った根付は骨董品買取市場でも高い人気があります。

ただし、象牙の根付には贋作が多く、「中国・香港で出回っているものはほとんどが偽物」とまで言われています。

象牙の根付は偽物の場合には買取対象にならないことが多いですが、本物の場合は高額買取の期待もできるでしょう。

※バイセルでは象牙製の根付の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

根付とセットになっていることが多い印籠とは

印籠(いんろう)とは、薬などを携帯するための小さな容器のことです。

当初は印判を入れたことから印籠という名がついたようです。

かつては携帯用の常備薬入れとして実用的な道具でしたが、根付と同様、後には美術工芸品へと変容していきました。

印籠というと、ドラマ『水戸黄門』の決め台詞でご存じの人も多いかもしれませんね。

印籠は根付とセットで用いられることが非常に多く、骨董品買取市場においても、根付と印籠のセットでの買取に対応している買取業者も多いようです。

高額買取されやすい根付とは?3つのポイント

高額買取されやすい根付とは?3つのポイント

根付は骨董品買取市場でも根強い人気を誇るアイテムです。

需要が高い根付であれば、高額買取を狙うことも可能でしょう。

具体的には、以下のような特徴の根付なら、買取市場での需要が高くなりやすいでしょう。

・象牙彫刻の根付
・有名作家の根付
・ご当地キティの根付

順にご紹介していきます。

象牙彫刻の根付

根付は、美しい装飾のされたものや象牙製のものが人気だと先述しました。

そこでやはり、精巧な細工がなされた象牙彫刻の根付であれば、高く買取されやすい傾向があります。

「どのようなデザインのものが高く買取されやすい」というのは一概には言えませんが、例えば動物をかたどった根付で、表情や毛並1本1本などに細部にまで精巧な細工が施されているようなものなら高額査定も期待できるでしょう。

そうでなくとも、象牙は素材自体が価値の高いものです。

象牙の根付をお持ちなら、まずは試しに骨董品専門の買取業者に査定を依頼し、価値を確かめてみても良いかもしれません。

有名作家の根付

有名作家が手掛けた根付は骨董品コレクターからの需要が高いため、高く買取される可能性があります。

根付の名工や有名メーカーの例としては、山口友親・原舟月・出目右満・平井汲哉・寿玉・鈴木東谷・幸正などが挙げられます。

ただし、有名作家の根付には贋作も多く出回っているため注意が必要です。

有名作家の根付を購入する際には、信頼できる人や店から買うことが大切でしょう。

ご当地キティの根付

一部のコレクターから熱狂的な人気を集めているものに、ご当地キティの根付があります。

ご当地キティの根付は全国各地の観光名所で販売されており、ハローキティが各地の名産物を持っていたり、その地方にちなんだ恰好をしていたりします。

ご当地キティの根付を買取に出す場合には、集めているご当地キティの種類が多く揃っているほど高く買取されやすいでしょう。

種類がたくさん揃っており、保存状態も良い場合には高額買取される可能性もあります。

根付の有名作家

根付の有名作家

有名作家の手掛けた根付は骨董品買取市場でも高い人気があります。

ここではその中でも、特に買取市場での人気が高い根付師をご紹介します。

懐玉斎正次

懐玉斎正次(かいぎょくさいまさつぐ 1813-1892)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した根付師です。

独学で身に着けたという彫技を生かし、牙彫や木彫の置物・根付を制作しました。

幕末から明治にかけて根付が日本独特の工芸品として海外で人気になったこともあって、正次の作品も多くが欧米諸国に渡っており、日本国内での希少価値は高くなっています。

正次の根付の見分け方としては、「懐玉堂」「正次」「懐玉」「懐玉斎正次」などの銘が刻まれていることが挙げられます。

ただし、人気作家なだけに贋作も多いため注意が必要です。

鈴木正直

鈴木正直(すずきまさなお 1815-1890)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した根付師です。

巧みな彫刻技術から、正直が拠点とした伊勢では名人と呼ばれていました。

鈴木正直作品には動物をかたどったものが多いのですが、足が折りたたまれた様子などを功名に表現し、小さいのに精巧で創造性あふれる点が特徴と言えるでしょう。

「無事かえる」にちなんで正直が制作したヒキガエルの木彫は、伊勢土産として全国に広がりました。

森田藻己

森田藻己(もりたそうこ)は、1879年(明治12年)東京生まれの根付師です。

主に木彫や牙彫を得意とし、きわめて細密な彫りの技術を生かした写実的な表現が特徴です。

細密な表現のために200本もの彫刻刀を使い分けており、作品を彫っている時間よりも刃を研いでいる時間の方が長かったと言われるほど、強いこだわりを持っていました。

細密彫刻の頂点に達したと言われる森田藻己作品は同業者からの支持も厚く、上野の西郷隆盛像の制作で有名な彫刻家・高村光雲(たかむらこううん、1852-1934)も藻己の作品を愛蔵していたそうです。

山口岡友

山口岡友(やまぐちおかとも)は、江戸時代中期に活躍した根付師です。

主に木彫や牙彫を得意とし、花や小鳥など自然物の表現を多く行いました。

江戸時代中期に書かれた、細密工芸に関する初の本格的な手引書である『装剣奇賞(そうけんきしょう)』にも岡友の作品が掲載されており、根付彫の妙手として紹介されています。

山口岡友作品の人気は江戸時代当時から凄まじかったようで、存命中から贋物が量産されていたというエピソードもあります。

根付の買取相場はどれくらい?

根付の買取相場はどれくらい?

骨董品買取市場における根付の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

上で名前を挙げたような有名作家・有名メーカーの作品であれば、高いもので買取相場は1万円前後といったところでしょう。

ただし、根付の買取相場は保存状態などによっても大きく変動します。

ここでご紹介した相場はあくまで目安に過ぎませんので、参考程度と捉えてください。

お持ちの根付の正確な価値が知りたい場合には、試しに骨董品専門の買取業者の査定を受けてみるのがおすすめです。

根付買取でおすすめの業者の選び方

根付買取でおすすめの業者の選び方

高い価値のつくこともある根付ですが、買取に出す際にはどのような買取業者を選べば良いでしょうか。

ここでは、「こんな買取業者ならおすすめできる」という4つのポイントをご紹介します。

・骨董品専門の買取業者
・買取実績が豊富な買取業者
・複数の買取方法から選べる買取業者
・無料サービスが充実している買取業者

骨董品専門の買取業者

根付に限らず、1点物の骨董品は正しく価値を見極めるのに高い専門知識と査定技術が必要とされます。

少ない情報から作者や作られた年代、作品の良し悪しなどを見極められるのは、十分な専門知識を持った鑑定士に限られるでしょう。

特に象牙の根付に関しては、素材の真贋の判定にも高い査定技術を要します。

査定の信頼性という観点から、根付を売るならやはり骨董品専門の買取業者を利用するのが最も安心できます。

買取実績が豊富な買取業者

骨董品専門の買取業者といっても数多くありますから、その中からどう選べば良いか迷ってしまうかもしれません。

そんな時には「買取実績が豊富」、つまり「多くの人から選ばれている」というのは1つの安心材料になるのではないでしょうか。

問い合わせ件数が多い・全国規模で買取サービスを展開しているなどの買取業者は、多くの人から選ばれており、それに対応できるだけの豊富な人材がいるということでしょう。

安心して利用できる買取業者である可能性が高いと言えます。

複数の買取方法から選べる買取業者

買取業者が提供している買取方法には大きく分けて、店頭に品物を持ち込む「持ち込み買取」、品物を買取業者に送付する「宅配買取」、査定員が利用者の自宅まで来て査定・買取する「出張買取」の3つがあります。

宅配買取は買取業者の営業時間に合わせる必要がなく、そして出張買取は自宅から1歩も出る必要がない、便利な買取方法です。

買取業者によっては、このうち「持ち込み買取のみ対応」というところもあれば「3つの中から自由に選べる」というところもあります。

ご自身の都合やその時々の状況に合わせて便利な買取方法を選択できるという点で、複数の買取方法を提供している業者を選ぶのがおすすめです。

無料サービスが充実している買取業者

買取サービスを利用する際、業者によっては査定料やキャンセル料、出張買取の出張費といった手数料が必要になる場合があります。

せっかく根付に高い買取価格がついたとしても、手数料がかかってしまうのでは実際に手にできる金額は目減りしてしまいますよね。

また、「試しに査定だけ」と思っても、いちいち手数料がかかっては気軽に利用することができません。

根付に限った話ではありませんが、安心して利用するには手数料無料のサービスが充実している買取業者の利用がおすすめです。

根付を高く買取してもらうための3つのポイント

根付を高く買取してもらうための3つのポイント

有名作家の作品を中心に高い価格で取引されるものもある根付ですが、少しでも高く売るためにはどのような点に注意すれば良いでしょうか。

根付を買取に出す際に押さえておきたい、より高く売るための3つのポイントをご紹介します。

・鑑定書や箱などの付属品を揃えておく
・作品の保存状態を良く保っておく
・複数業者の査定を見比べる

鑑定書や箱などの付属品を揃えておく

有名作家が手掛けたものなど、根付には共箱と呼ばれる木箱に入った状態で世に出るものが多いです。

この共箱はコレクションとしても重要なほか、墨書き(作者のサイン)が入っていることも多いことから、真贋の見極めにも大きな役割を果たします。

特に有名作家の作品には贋作も多いですから、本物の証明となるような共箱・鑑定書といった付属品は買取の際にも重要です。

買取業者としても買取後の販売がしやすくなるため、買取価格を高く設定しやすくなります。

鑑定書や共箱などの付属品は大切に保管しておき、買取の際には作品と一緒に査定に出すようにしましょう。

作品の保存状態を良く保っておく

いくら価値の高い根付であっても、ヒビ割れている・欠けているなど保存状態が悪ければ買取価格は下がってしまうでしょう。

割れや欠けの原因となるような大きな衝撃を与えないように注意するほか、例えば木製の根付は湿気で傷んでしまうこともあるため、保管場所の環境にも気を付けましょう。

ただし、保存状態が良くないからと言って、買取前に自力で修復しようとするのはおすすめできません。

無理な修復はさらなるダメージにつながることもありますし、修復によって作品が本来持つ歴史的価値を損ねてしまう可能性もあります。

お手入れは乾いた布で拭くなど、簡単なものにとどめておくのが良いでしょう。

複数業者の査定を見比べる

1点物の骨董品である根付は価値の判定が難しく、その時々の買取価格は業者によってある程度の幅が出てしまうことがあります。

そこで、根付を売る際には複数の買取業者で相見積もりを取り、査定内容を見比べるのがおすすめです。

その中でより高く買取してくれる買取業者、あるいは実際の査定を見て最も信頼できると思った買取業者を選ぶと良いでしょう。

その際、査定料などの手数料を無料にしている買取業者を選べば、無駄な出費を抑えることができます。

根付の買取にまつわるQ&A

根付の買取にまつわるQ&A

根付などの骨董品の買取には、特に初めて利用する人にとっては分かりにくい点も多いかもしれません。

そこで、根付の買取につきもののよくある質問をご紹介し、それについて解説します。

作者などの情報が分からない根付でも買取してもらえる?

古い根付で親や知り合いから譲り受けたものの場合、持ち主がその根付についての情報を把握していないケースはよくあります。

そのような場合でも、遠慮することなくまずは骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみるのがおすすめです。

査定で価値を把握した上で、持っておくか売るか決めると良いでしょう。

根付と一緒に買取に出した方が良いものはある?

上述したように、共箱や鑑定書などの付属品は根付と一緒に買取に出すのがおすすめです。

その他に、印籠などの「根付によって帯に取り付けるもの」とセットで買取に出すことで、業者によっては買取価格がアップする場合があります。

どれくらい買取価格がアップするのかは個別のケースによりますので、詳しくは買取業者に相談してみましょう。

ボロボロの場合でも箱は必要?

共箱がボロボロで汚らしいからと捨ててしまうケースを耳にする事があるのですが、どんなにボロボロでも共箱は根付と一緒に査定に出すのがおすすめです。

ボロボロの箱でも墨書きが確認できれば本物の証明になるため、買取価格アップにつながります。

査定を受ける前に捨ててしまうことのないようにしましょう。

根付・印籠と一緒についている小さな玉はなに?

根付や印籠に小さな玉がついていることがあるのですが、これは緒締め(おじめ)といって印籠の蓋を開閉するための道具です。

印籠の場合と同様、セットで買取に出すことで買取価格がアップする可能性があります。

また、緒締めを単独で集めているコレクターもいるため、緒締めだけでの買取に対応している業者もあります。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

骨董品買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。