ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

24kgpとは?刻印がある金杯の買取や価値、純金とメッキの見分け方を解説!

24kgpとは?刻印がある金杯の買取や価値、純金とメッキの見分け方を解説!
金買取24kgp

結婚式で使ったり、記念品としてもらったりと、さまざまなシーンで使われることがある金杯。

なかには、「もう使わないから売りたい」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、金杯の買い取りに関する情報とともに、純金とメッキの違いや、24kgpと刻印された金の買い取りについても説明していきます。


GP製品(メッキ)の買取について

バイセルではGP製品(メッキ)の買取が難しい場合がございますので、ご自身の金杯が金製品かメッキ製品か不明な場合には、オペレーターまでお問い合わせください。(0120-542-668

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

記念品や縁起物として使われる金杯とは?

杯は、一般的に中央がくぼんだ皿状または円筒状をしており、金製以外に漆器製、ガラス製、銀製、陶磁器製などがあります。

最近では、おもに陶製の杯を使用することが多くなっていますが、祝いの席などでは、今でも金杯が多く使われるでしょう。

金杯は、結婚式や神事でお酒を飲むときに使うというイメージが強いかもしれませんが、舞踊の道具、優勝した際のトロフィー、記念品としても使われることもあります。

記念品や縁起物として使われる場合、その多くは純金よりもメッキでできています。

メッキ製が多い理由は、金製品よりもコストを抑え、さまざまなシーンで使えるように製造されているためです。

金杯の裏にある24kgpはメッキ?価値はある?

金杯を裏返したとき、底に「24kgp」という刻印がある場合、それはメッキでできているという証拠です。

24kgpのGPは「Gold Plated」の略で、鉄やアルミなどの表面に、薄く本物の金を施したものを意味します。

メッキの金杯にも金が含まれていますが、金杯の重量1gあたり0.01gなど、かなり少量です。

表面に金を貼りつけていたり、塗っていたりするだけで、すべて金でできているわけではありません。

そのため、一般的に金としての価値はありません。

24kgp(メッキ製品)は金買取してもらえない

金買取業者や質屋の多くは24kgpを買い取っていません。

24kgpは金の含有量が少なく、金としての価値がないと判断されるためです。

注意書きに「メッキ製品の買取不可」、「24kgp刻印の貴金属は買い取りできません」などと書いている業者もあります。

ただし、24kgpの刻印があっても、例外として、ブランド価値ある時計や指輪は需要が見込まれて買い取りできる場合があります。

メッキを含む金製品をお持ちであれば、買い取ってもらえるかどうかを業者に問い合わせてみましょう。

バイセルでは見極めが難しい金製品の査定を多数受け付けていますので、「買取可能な金製品や金買取の流れ」などが気になった方は下のバナーからご覧ください。

金バナー
金バナー

純金でできた金杯の買取価格の計算方法

24kgpの金杯はメッキであるため売却できないことが多いのですが、純金であれば買い取ってもらうことが可能です。

金杯が純金でしたら、計算すればある程度の買取価格を予想することができます。

金買取相場はレートの影響によって変わりますが、(買取当日の地金価格)×(金貨の重量)の計算式で決まります。

金杯はアクセサリーなどより重量があるため、純度が高ければ高額買取が期待できます。

金相場の動向は毎日変動するのでチェックしておいて、金の価値が高まっているときに売却すれば高額で買い取りしてもらえます。

金の刻印の種類

純金の金杯の刻印は、「Au999」や「K24」など、AuまたはKを頭文字にした数字表記が多くなっています。

Auは金の元素記号で、金の含有率を1000分率で表す方法です。

一方、Kはカラットのことで、金の含有率を24分率で表記します。

例えば、純金であれば「Au999」または「K24」と刻印され、金の含有量が75%の場合は、「Au750」または「K18」などと表記されます。

金杯の場合、他にも刻印の種類があります。

ホールマークと呼ばれるもので、造幣局が製品の品位試験に合格したものだけに刻印する証明印です。

また、「純金」と漢字で刻印されていることもあります。

さらに中国産の金杯の場合は、「足金」や「千足金」と表示していることがあります。

足金はAu990の金で、千足金はAu999を意味します。

純金とメッキの見分け方

金買取24kgp金杯

一見、金製品に思えるものでも、刻印がないと判断しにくいことがあります。

純金かメッキかを見極めるにはどうすれば良いのでしょうか。

見分ける方法をいくつか紹介しましょう。

純金はメッキより重い

純金とメッキでは、重量にかなりの差があります。

アクセサリーだとわかりにくいこともありますが、金杯など大きいものだと明確に判別できます。

純金は重く、メッキは軽いのが特徴です。

見た目より軽いと感じるものはメッキである可能性が高いでしょう。

手の平を使ってもわかりますが、計量器を使って大きさと重量を比べるとよりわかりやすくなります。

純金は磁石には付かない

重さで簡単に見分けられるものもありますが、なかには精巧なメッキ製品があり、純金に近い重量に仕上がっていることがあります。

重さで判断できない場合は、磁石を使ってみましょう。

メッキは磁石に反応してくっつきますが、純金は反応しないため、すぐに見分けられます。

ただし、金杯の場合はアクセサリーより重さがあるため、磁石が反応しにくかったり、磁石に反応しない素材を使っていたりすることもあります。

最終的に自己判断できないものは、金買取業者へ持ち込み、査定依頼したほうがよいでしょう。

優良な金買取業者であれば、無料で査定してくれるところがほとんどです。

経験豊富な査定員がいるところで確認してもらってください。

刻印を確認する

金メッキ製品にも、メッキが施してあることを示す刻印があります。

「24kgp」といった刻印の場合、「純金を使用したメッキ製品」であることがわかります。

純金の場合には「24K/18K」もしくは「K24/K18」と刻印されていますが、メッキ製品の場合にはこれらの刻印のあとに2つないしは3つのアルファベットが刻印されています。

このアルファベット表記を、金メッキ製品の目印としてチェックしましょう。

また、金杯の刻印は高台に施されていることが多いので、確認する際の参考にしてみてください。

メッキを示すアルファベットは「GP」以外にも多数あるので、不安に思ったら金買取業者へ持ち込み、どのような素材で作られているかを教えてもらうのも一案です。

24kgp(メッキ製品)製品のお手入れ方法

メッキ製品だからといって、まったく価値がないわけではありません。

金買取業者では買い取りを断られてしまいますが、デザイン性やメーカー、歴史的要素が評価され、フリマやオークションでは購入希望者が出てくる可能性もあります。

金そのものが持つ輝きがあるため、お手入れを行ない、きれいな状態を保つことをおすすめします。

24kgp(メッキ製品)のお手入れ方法は次のとおりです。

擦らないこと

金メッキ製品には、化学反応を起こして金メッキを析出させるものや、電気分解の要領で金メッキを析出させるものなどがあります。

土台となる金属に、コーティングがされているイメージを持つとわかりやすいでしょう。

指紋や皮脂などを拭き取るために布で擦ると、金メッキが徐々にすり減っていきます。

そのため、布で擦らずに、優しく表面を拭き取るようにしてください。

皮脂汚れは早めに落とそう

24kgpなどの金メッキ製品は、汗汚れや皮脂汚れに弱い性質があります。

肌に触れている部分は、特に色がくすみやすくなる傾向にあります。

汗をかきやすい夏場などは、メッキ製の金杯を触らないようにするなどの対策を講じてください。

また、その日のうちに柔らかい布で軽く拭き取る程度に汚れを落としてください。

汚れを落とす方法

金杯に付いた汚れを落としたい場合は、ぬるま湯で汚れをさっと流したあと、柔らかい布ですぐに水分を拭き取ります。

中性洗剤をお湯で溶かしたものに、メッキ製の金杯を入れてすすぐことも効果的です。

ただし、傷やメッキ剥がれの原因になるので、台所用スポンジは使わないでください。

メッキや金製品の刻印の種類

刻印があっても、あまり見かけない刻印だと、純金かメッキかの判断が難しいこともあるでしょう。

以下で、KやAu、kgp以外の刻印についてもご紹介しましょう。

GP(ゴールドプレーテッド、ゴールドメッキ、金メッキ)

刻印にGPの文字が入っている場合、金メッキを意味します。

金メッキは、金属の上に薄く金の膜を貼り、金色に光らせているのが特徴です。

金メッキは衝撃に弱く傷付きやすいため、メッキが剥がれ、中身の金属部分が表に出てしまうこともあります。

GF(ゴールドフィルド、金張り)

刻印にGFの文字がある場合、金張りした製品を意味します。

GPとは異なり、厚い金のプレートでできており、芯として真鍮が少量入っているのが特徴です。

長期間使っていても、GPのように剥がれてしまうリスクがありません。

GFの金の層は、GPの100倍くらいの厚みがあり、丈夫だといわれています。

このように、金杯に「k24gp」や「k24gf」などの刻印がある場合、素材や構造は違いますが、どちらも純金ではなくメッキという意味です。

したがって、これらの表記があると、金買取としては取扱不可となってしまいます。

おわりに

純金の金杯は純度に応じて高額買取してもらえますが、メッキの金杯は買い取りしてもらえません。

手持ちの金杯を裏返し、まずは刻印をチェックしてみましょう。

24kgpやk24gfなど「k」と「数字」以外の表記がある場合は、メッキという意味です。

刻印がない場合は、重さや磁石を使った方法で見極めてみてください。

金杯以外のブランドアクセサリーだと、メッキでも売却可能な買取業者があるため、手放したい場合は問い合わせてみるとよいでしょう。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目