カメラが故障したらどうする?【症状別の対処法】修理先・買取先を解説!

カメラが故障したらどうする?【症状別の対処法】修理先・買取先を解説!

カメラは多数の精密パーツから作られているため、扱い方を誤ったり保管状態が悪かったりすると、気付かないうちに故障してしまうことがあります。

持っているカメラが初めて故障したという方は、どこを直せばいいのか、どこへ修理に出せばいいのか迷ってしまいますよね。

本記事ではカメラの故障を招く原因や、カメラ・レンズそれぞれの症状別の対処法を紹介しますので、お困りの方は参考にご覧ください。

故障したカメラの修理先と買取先についても解説するので、ぜひ最後までお読みください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

カメラが故障するよくある原因

精密機械であるカメラは、普段の何気ない使い方、あるいは保管方法によって故障してしまうことがあります。

カメラの故障を招く代表的な原因を紹介するので、同じことをしたことがないか、自分の行動を振り返ってみましょう。

強い衝撃

カメラが故障するおもな原因として挙げられるのが、強い衝撃をカメラに加えることです。

撮影中にカメラを手から落としたり柱や壁などにぶつけたりして、シャッターやレンズ、内部のミラーが破損してしまうのです。

使用しないときは、なるべくレンズカバーを着けたりカメラバッグに入れるなどしてしっかりと保護しておきましょう。

高温多湿の場所での保管

湿気の多い場所にカメラを置いていると、カメラの内部が錆びたりカビが生えたりします。

また、高温の場所での保管は、熱によって内部機構の故障を招く原因となり得ます。

カメラを保管する際には、風通しが良く涼しい場所が適しています。

砂やホコリの混入

砂やホコリの侵入は少量なら問題ないこともありますが、蓄積していくと撮影した写真にノイズが発生したり、カメラが故障してしまったりする可能性が高まります。

野外でのレンズ交換時は風に当たらないように注意し、撮影後はその日のうちに砂やホコリをきちんと落としましょう。

使用過多

シャッター、レンズ、バッテリーなどカメラに搭載されている部品は、撮影のたびに消耗し破損しやすくなるため、撮影機会が多い人ほど、カメラが故障する可能性が高くなります。

また、長く同じカメラを愛用している場合も、経年劣化によって故障を招くことがあるでしょう。

長年愛用しているカメラは、こまめにメンテナンスを行いましょう。

【症状別の対処法】カメラ本体の場合

 【症状別の対処法】カメラ本体の場合

カメラの故障による不具合のなかには、ひと工夫することで解決する場合があります。

カメラ本体に起こる具体的な症状別の対処法を紹介するので、修理に出す前に試してみてください。

電源が入らない

カメラの電源が入らない原因には、バッテリーの充電が不足していたり挿入方法が間違っていたりする場合があります。

まずはこれらに該当しないかチェックし、充電あるいは正しく挿入するなどして対処してみましょう。

また、バッテリーなどの端子は錆びやすく、接点が錆びると通電しないことがあります。

錆びが確認できた場合は、端子クリーニングを試してみるのもおすすめです。

充電ができない

カメラのバッテリーには、ほとんどが繰り返し充電して使えるリチウムイオンバッテリーが用いられています。

耐久性があるリチウムイオンバッテリーですが、何度も使用していると徐々に機能が低下し、やがては充電できなくなってしまいます。

稼働時間が短くなったなどと思い当たることがある場合には、新しい純正バッテリーへ交換しましょう。

また、電源と同じように端子が汚れていると充電できないことがあるため、汚れやホコリが付いていたら丁寧に拭き取ることも大切です。

撮影ができない

写真が撮影できない場合、ピントが合っていないなどの撮影方法による問題と、シャッターの故障の2つの原因が考えられます。

まずは、設定されている撮影方法や備わっているシャッター機能について再確認しましょう。

もし、これらの方法でも撮影ができないときは、シャッターが故障している可能性が高いため、部品の交換が必要です。

電源が勝手に切れてしまう

撮影中に電源が勝手に切れてしまうのは、カメラ内部の温度が極端に高温・低温になっている可能性があります。

そのため、撮影環境を見直し、正しく稼働するか試してみましょう。

ただし、バッテリーに問題がある可能性もあるため、「充電ができない」場合と同様の対処法も効果的です。

フラッシュが発光しない

フラッシュが発光しない原因には、カメラの設定や撮影モードによって光らないようになっている可能性があります。

各種設定を見直して、希望の設定へ変更しましょう。

また、バッテリー不足で発光しない場合もあるため、バッテリーチェックも合わせて行いましょう。

カメラ本体が熱くなる

カメラ本体が熱くなる原因としては、長時間連続での使用が挙げられることが多いです。

熱くなったら電源を切り、温度が下がるまで待つことが有効です。

また、撮影場所が熱いことで、カメラに熱がこもっている可能性もあります。

その場合には、日陰を用意して風通しの良い場所を作り、カメラを日光や熱から守り内部の熱を冷ましましょう。

【症状別の対処法】レンズの場合

レンズに起こる具体的な症状別の対処法を解説します。

レンズの不具合もまた、ひと手間加えるだけで解決することがあるので、修理に出す前にご参考にお読みください。

レンズにホコリや汚れがついた

レンズにホコリや汚れがついていることを発見したら、すぐに取り除くことが大切です。

時間が経つほどホコリや汚れは落ちにくくなるので、素早く対処することで重大な故障の防止につながります。

ただし、カビが発生しそれが広範囲におよんでいる場合は素人での対処が難しいので、業者へレンズクリーニングの依頼をするのがおすすめです。

レンズに傷がついた

レンズが傷ついた場合は、業者に修理を依頼しましょう。

自分で不用意に研磨をしたら、かえって傷を広げてしまい、レンズの修復が難しくなることもあります。

ピントが合わなくなった

ピントが合わない際には、レンズの曇りが原因として挙げられることがあります。

レンズの状態をチェックし、やわらかい布などで曇りを取り除きましょう。

また、撮影技術や視度調節ダイヤルの問題なども挙げられます。

レンズ以外にも原因がないか、カメラと併せてチェックしましょう。

カメラが故障した際の修理先

 カメラが故障した際の修理先

故障したカメラの修理先には、おもにカメラメーカーと修理業者の2つが挙げられます。

それぞれの修理先の特徴や依頼方法などを紹介します。

カメラメーカー

各カメラメーカーでは、自社製品の修理を受け付けています。

そのため、故障したカメラのメーカーに直接問い合わせて修理を依頼すれば、わかりやすく案内してくれるでしょう。

ただし、メーカーであっても発売から年数の経っているカメラは修理できない可能性があるので、古いカメラの修理は注意が必要です。

代表的なカメラメーカー、ニコン・キヤノン・ソニーなどでは、自分で修理に出したいカメラを窓口に持ち込むか、ホームページから修理を申し込んで発送するかを選択できます。

修理の申し込みには、カメラの機種の入力が必要なので、型番などを入力できるように準備しておきましょう。

カメラ修理業者

カメラ修理事業者では、幅広いメーカーの修理に対応しています。

そのため、複数のメーカーのカメラやレンズを一度に修理してもらうことが可能です。

また、メーカーにパーツの在庫がなくても、修理業者が所有していることもあります。

年代の古いカメラを修理したい場合には、メーカーが対応できなくても諦めずに修理業者に問い合わせてみましょう。

バイセルなら故障したカメラ・古いカメラも買い取れます!

バイセルでは、程度にもよりますが、故障したカメラの買取も積極的に行っています。

「故障したカメラを買い替えたい」「古いカメラだったから修理ができなさそう」といった場合もぜひバイセルにお任せください。

バイセルでは店頭買取・宅配買取・出張買取の3つの買取方法を実施しておりますので、ご都合に合わせてお好きな方法をお選びいただけます。


バイセルで実施している3つの買取方法を紹介しますので、ぜひ査定や買取依頼をご検討ください。

店頭買取

「店頭買取」は、バイセルの店頭へカメラを持ち込んで買取を申し込む方法です。

予約をしなくても店頭で査定や買取が済ませられるので、すぐに売りたい人におすすめです。

また、店頭では個室で相談ができるため、じっくりと売却するかを検討できます。

宅配買取

「宅配買取」は、売却したいカメラをバイセルへ着払いで発送いただき、バイセルにて査定・買取を行う方法です。

査定を申込みいただく際に、希望者には無料宅配キットを配布しているため、送料や梱包資材などの費用をかけずに利用が可能です。

ただし、輸送中の破損には対応していないため、故障したカメラでもしっかり梱包して発送いただくようにお願いしております。

出張買取

「出張買取」では、ご自宅へ査定士が訪問し、その場で査定や買取手続きを行います。

店舗へカメラを持っていく必要がないので、複数のカメラや周辺機器もまとめて査定してもらいたいときに便利な方法です。

査定料や出張料などは必要ないため、査定額から手数料を差し引かれることはありません。

おわりに

カメラはデリケートな製品なので、丁寧に扱わないと内部パーツが破損し故障してしまいます。

しかし、故障のような不具合が起こっても、少し手を加えることで状況が改善する場合があります。

本記事で紹介した不具合と対処法を照らし合わせ、可能なことは試してみましょう。

また、バイセルでは故障したカメラや古いカメラでも買取を行っています。

故障が直せないなどの理由で廃棄を考えている方は、バイセルでの査定・買取をご検討ください。