いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

Canon EOS 9000Dとは?製品仕様や特徴を詳しく解説!

Canon EOS 9000Dとは?製品仕様や特徴を詳しく解説!

Canon EOS 9000Dは、初心者に優しい高性能カメラとして2017年に発売されました。

製造から年数が経った今もなお高い人気を誇ります。

この記事では、本体の仕様やCanon EOS 8000D・EOS Kiss Mとの比較を通して、EOS 9000Dの魅力を詳しく解説します。

中古販売店などでEOS 9000Dの購入を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

 

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

Canon EOS 9000Dとは?

Canon EOS 9000Dは、2017年の発売以来、多くの人に使われてきたカメラです。

ここでは、EOS 9000Dとはどのようなカメラなのか、特徴や仕様について解説します。

Canon EOS 9000Dの概要

EOS 9000Dは、EOS 8000Dの後継として2017年にCanonから発売された一眼レフカメラです。

エントリーモデルながら初心者向けのKissシリーズに属さないため、当時の最新技術をしっかりと採用することで、誰でも手軽に本格的な撮影を楽しめるカメラとして人気を集めました。

Canon EOS 9000Dのおもな仕様

EOS 9000Dは、ストロボを内蔵したデジタル一眼レフカメラです。

有効画素数は約2,420画素数のAPS-CサイズCMOSセンサーを用いることで、最高約6コマ/秒の高速連写撮影もキレイに撮影できます。

また、Wi-FiやBluetoothなどにも対応しているので、スマートフォンやパソコン、プリンターへの接続もスムーズです。

撮影機能だけでなく、編集などまで手軽に行える仕様により、幅広い層から扱いやすいカメラとして支持されています。

Canon EOS 8000DやEOS Kiss Mとの比較

EOS 9000Dは扱いやすい機能が採用されていますが、他のカメラとはどのような違いがあるのか気になる方も多いと思います。

そこでEOS 9000Dを、同時期に発売された「EOS Kiss M」や旧モデルである「EOS 8000D」の仕様と比較します。

おもな仕様 EOS 9000D EOS 8000D EOS Kiss M
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 約131.0×99.9×76.2mm 約131.9×100.9×77.8mm 約116.3×88.1×58.7mm
本体重量 ・約540g(バッテリー、カードを含む)
・約493g(本体のみ) ・約565g(バッテリー、カードを含む)
・約520g(本体のみ) ・ブラック:約387g、ホワイト:約390g(バッテリーパック、カード含む)
・約351g(ブラック・本体のみ)
有効画素数 約2420万画素 約2420万画素 約2410万画素(総画素数約2580万画素)
撮像画面サイズ 約22.3×14.9mm 約22.3×14.9mm 約22.3×14.9mm(APS-Cサイズ)
使用レンズ キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む) キヤノンEF-M、EF、EF-Sレンズ群
ダスト除去機能 自動・手動、ダストデリートデータ付加 自動・手動、ダストデリートデータ付加 自動・手動、ダストデリートデータ付加
動画撮影可能時間 ・常温(+23度)約1時間55分
・低温(0度)約1時間50分
・常温(+23度)約1時間20分
・低温(0度)約1時間
・常温(23度)約2時間10分

EOS 9000Dは、EOS 8000Dの後継機種であることから、仕様もよく似ています。

しかし、本体が軽量・コンパクト化されていたり、動画撮影可能時間が伸びていたりと、細かな機能が向上していることがわかります。

また、EOS Kiss Mは軽量・コンパクトに力を入れているため、比較するとEOS 9000Dのほうが大きく重く見えるかもしれません。

しかし、有効画素数では上回っているなど、基本的な仕様には大きな違いはないことがわかります。

EOS Kiss Mは、EOS 9000Dの1年後に発売されたモデルなので、Kiss Mの初心者向け仕様を採用しつつ高性能なプレミアムエントリーモデルに仕上がっています。

Canon EOS 9000Dのおもな特徴

Canon EOS 9000Dのおもな特徴

EOS 9000Dに備わっているAF性能やAPS-Cセンサーなど、具体的な特徴を解説します。

初心者に優しい機能が備わっているので、EOS 9000Dの理解を深めて、実際に使う際のイメージを掴んでおきましょう。

AF性能

EOS 9000Dには、0.03秒という発売当時で世界最速のAF合焦速度を実現する「デュアルピクセルCMOS AF」が搭載されています。

CMOSセンサーにより撮像と位相差AFの両方を行なうことで素早く被写体にピントが合い、シャッターチャンスを逃さずに撮影できます。

Wi-Fi・Bluetoothを搭載

EOS 9000Dは、Wi-FiやBluetoothを搭載しており、スマートフォンやパソコン、プリンターなどへ簡単に接続可能です。

撮影後の編集や共有が手軽になり、SNSなどへの投稿も素早く行なえます。

最新映像エンジンと大型のAPS-Cセンサー

有効画素数約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーに加え、当時の最新映像エンジン「DIGIC 7」を搭載していることもEOS 9000Dの特徴の一つです。

より美しく被写体を撮影できるため、撮影に慣れていない方でも手軽に本格的な写真が撮影できます。

動画撮影

Full HD動画の撮影への対応、高速AF機能や高性能な映像エンジンの働きにより、動いている被写体もキレイに撮影できます。

また、高速連写もキレイに撮影できることから、タイムラプス動画の撮影にも適したカメラです。

Canon EOS 9000Dがおすすめな方

Canon EOS 9000Dがおすすめな方

EOS 9000Dは当時の最新技術を採用したことで、高い性能を発揮する一眼レフカメラです。

そこで、具体的にどのような方にEOS 9000Dがおすすめなのか解説します。

露出設定を自分で行いたい方

写真の明るさは露出補正によって決まり、撮影場所や被写体によって設定値を変えることで写真の雰囲気や魅力がアップします。

EOS 9000Dの露出補正は、1/3、1/2段ステップによるプラスマイナス5段ずつのダイヤルが採用されており、設定値を細かく変えられます。

そのため、露出補正を自分で設定して、より美しい写真を撮影したい方におすすめのカメラです。

予算を抑えた高機能一眼レフが欲しい方

EOS 9000Dは、当時の上位モデルに採用されていた機能や装備を採用した、高性能なカメラです。

さらに、もともとエントリークラスとして発売されていたため、カメラ初心者でも購入しやすい価格帯を実現しています。

低価格ながら高い性能を発揮するカメラなので、予算を抑えて高機能一眼レフカメラを購入したい方にぴったりです。

エントリーモデルとして購入を検討している方

エントリークラスとして発売されたEOS 9000Dには、撮影シーンに最適な明るさになるモードが搭載されています。

自分で細かな設定をしなくても、被写体をキレイに撮影できるため、一眼レフカメラのエントリーモデルを探している方におすすめです。

手動での設定もできるので、撮影に慣れてからも機能不足を感じにくいカメラとなっています。

Canon EOS 9000Dの買取ならバイセルにお任せください

Canon EOS 9000Dは優れたカメラですが、2017年に発売されたカメラであるため、すでにお持ちの方は買い替えを検討しているかもしれません。

または、EOS 9000Dに買い換えるために古いカメラが不要となるケースもあるでしょう。

買い替えのためにカメラの売却を考えている方は、買取方法が豊富なカメラ買取のバイセルにお任せください。

買取方法が選択できると、都合や買取に出す品物に合わせて便利に買取を依頼できます。

バイセルの買取方法、店頭買取・宅配買取・出張買取の特徴を簡単に解説します。

店頭買取

バイセルの店舗では、全店舗個室を用意しており、他のお客さまの目を気にすることなく買取を依頼できます。

個室ブース内で担当の査定士から、査定結果や査定理由などの丁寧な説明を受け、売却するかどうかじっくりとご検討いただけます。

査定後でも自由にキャンセルできるので、安心して店頭買取をご利用ください。

宅配買取

バイセルの宅配買取は、送料が無料なだけでなく、専用の宅配キットも無料でお渡しいたします。

お客さま自身でダンボールなどをご用意いただく必要はなく、宅配買取の利用に余計な費用がかかりません。

EOS 9000Dだけでなくレンズなども一緒に査定に出したい方は、箱に詰めて発送するだけなので、ぜひ宅配買取をご利用ください。

出張買取

バイセルでは、お客さまの自宅に伺い、その場で査定を行なう出張買取を全国で実施しています。

出張料などは必要なく、最短で翌日に伺うことが可能です。

買取金額はその場で現金でお支払いするため、なるべく早くかつ家から出ずに手軽にカメラを売却したいお客さまにおすすめの買取方法です。

おわりに

Canon EOS 9000Dは、エントリーモデルながらも、上位モデルと同様の機能を採用した高性能カメラです。

自動で最適な設定を行う撮影モードだけでなく、手動での細かい設定にも対応しているため、初心者以外の方にも扱いやすいカメラに仕上がっています。

初心者からカメラに慣れてきた頃まで、長く使えるモデルと言えるでしょう。

そのため、EOS 9000Dは中古市場でも人気が高く、状態次第では高値での買取も期待できるカメラです。

不要になったEOS 9000D、あるいはその他のカメラをお持ちの方は、ぜひ買取実績が豊富なバイセルにお売りください。

経験豊富な査定士によって、相場や状態を考慮した的確な価格で買い取らせていただきます。