CELINE(セリーヌ)歴史を徹底解説!6人の歴代デザイナーと6つの名作バッグも紹介

CELINE(セリーヌ)歴史を徹底解説!6人の歴代デザイナーと6つの名作バッグも紹介

セリーヌは1945年にパリで誕生した歴史あるブランドです。

バッグや香水、婦人靴、プレタポルテなど多くのアイテムを展開しているトータルファッションブランドで、多くの支持を集めています。

本記事ではセリーヌの歴史とブランドを作り上げた歴代のデザイナー、そしてセリーヌのなかでも人気アイテムのバッグ6選をご紹介していきます。

お品物の状態が悪くてもOK ブランド品 買取強化中!

バイセルでは、下記ブランド品の買取を強化しております。
使っていないブランドバッグやポーチ・財布などございましたら、ぜひご相談ください!

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

CELINE(セリーヌ)の歴史とは

創業から70年を超えるセリーヌは、その長い歴史のなかで大きな困難を乗り越えてきました。

まずはそんなセリーヌの歴史を振り返ってみましょう。

子供靴専門店としてパリに誕生

セリーヌは女性起業家のセリーヌ・ヴィピアナとその夫が、フランス・パリで立ち上げたブランドです。

1945年の創業当初は、パリの革職人の技術を活かしたオーダーメイドの子供靴専門店として開店しました。

セリーヌの靴は洗練されたデザインや安全性に優れた靴であったため、パリの上流階級の間で大変な人気となったといいます。

プレタポルテへの進出

子供靴の人気が高まっていくにつれて、母親たちからも婦人靴の要望が多く集まるようになっていきました。

そして誕生したのが1959年に発表されたモカシン「インカ」で、馬具をモチーフにした金具が取り付けられているのが特徴です。

「インカ」はたちまちヒットし、それきっかけにセリーヌはスカーフや香水、レザーグッズを手がけ、アイテム数を増やしていきました。

そして、1967年にはプレタポルテコレクションを開始。

これまでのアイテムに加えて、洋服やアクセサリーなども取り扱うようになりトータルブランドへ成長します。

CELINEがB.C.B.Gの代名詞的存在に

セリーヌがプレタポルテを展開し始めた頃と前後して、他の大手ブランドでもプレタポルテを展開。

欧州のモード界はこれまでのオートクチュール中心の時代から、プレタポルテの時代へ変遷する流れが起きていました。

その時代の変遷の追い風とともに、セリーヌの持つ実用性と高級感を併せ持つデザインは、フランスの上流階級の女性たちから支持を集めるようになります。

こうしてセリーヌはB.C.B.G(パリ上流階級の着こなし。

英語にするとグッドスタイル、グッドクラスの意味)の代名詞となるまで成長したのです。

衰退~LVMHグループによる経営難からの脱出

しかし時代とともにB.C.B.Gの人気は廃れていき、セリーヌは年齢層が高い人たちのブランドというイメージが定着してしまいました。

業績が悪化したセリーヌは、1987年にフィナンシェール・アガッシュ社に買収されます。

そして1996年にはLVMHグループの傘下に入り、ニューヨークで活躍していたマイケル・コースをチーフデザイナーとして招き入れます。

マイケル・コースはターゲットをアメリカのキャリア層に変更し、これまでセリーヌが得意としていた高級感や機能性に、スポーティーな要素をミックスさせました。

これが大ヒットとなり、セリーヌはブランドとしての勢いを取り戻していきます。

さまざまな改革を経たセリーヌはその後も素晴らしいデザイナーたちを受け入れ、世界的なラグジュアリーブランドと成長したのです。

CELINE(セリーヌ)の歴史を築き上げた6人の有名デザイナー

 CELINE(セリーヌ)の歴史を築き上げた6人の有名デザイナー

大きな困難を切り抜け、ファッション界をけん引するラグジュアリーブランドとなったセリーヌの成長は、歴代デザイナーたちの活躍抜きに語ることができません。

ここからはセリーヌの歴史を作り上げていったデザイナーたちを6人ご紹介します。

1945-1997:セリーヌ・ヴィピアナ

まず紹介するのは、創始者でありセリーヌのデザインの基礎を作り上げたセリーヌ・ヴィピアナです。

「女性らしくもあり自立しているアクティブな女性」というコンセプトのもとに、上品で機能的なデザインのアイテムを多く世に送り出しました。

セリーヌ・ヴィピアナの代表作としてまず挙げられるのが1966年に大ヒットした「サルキー」です。

2輪馬車が交差するように連なったモノグラム調のデザインは、多くのパリジェンヌたちの心をつかみました。

1997-2003:マイケル・コース

セリーヌがLVMHグループ傘下へ移管したのちに、チーフデザイナーとして迎え入れたのが当時アメリカで活躍していたマイケル・コースです。

マイケル・コースは退任までの間に、数々の実績を残しています。

セリーヌで往年の人気アイテムだった「マカダム」を、ラグジュアリーとカジュアルを兼ね備えた「パリ・マカダム」として生まれ変わらせたり、人気映画の衣装デザインなどを手がけたりするなど多くの活躍を見せ、低迷していたセリーヌの業績を飛躍的に回復させました。

2004-2005:ロベルト・メニケッティ

ロベルト・メニケッティは着心地が良い生地を使った美しいシルエットのデザインが特徴的なデザイナーです。

セリーヌに入社する前はジルサンダーで5年間アシスタントデザイナーを経験したあと、バーバリーの高級ライン、バーバリー・プローサムのクリエイティブ・ディレクターを務めていたことでも知られています。

2005-2008:イヴァナ・オマジック

クロアチア出身のイヴォナ・オマジックは、当初コンサルタントとしてセリーヌに入社しましたが、32歳の時にデザイナーに抜擢されます。

セリーヌの入社前はプラダ・スポーツ、ジルサンダーで経験を積んだのち、ミュウミュウのデザインコーディネーターを務めていました。

2008-2017:フィービー・ファイロ

2008年からはフィービー・ファイロがセリーヌのクリエイティブ・ディレクターとCEOを兼任し、マイケル・コース退任後から低迷していたセリーヌの業績を回復させることに成功します。

フィービー・ファイロは多くの代表作を手がけていますが、特に人気が高いのが「ラゲージ」です。

大きなマチや、フロントのジッパーポケット、大きく開く口などデザイン性と機能性に優れたこのバッグは世界中で愛用されています。

2018-現在:エディ・スリマン

エディ・スリマンはロックテイストをデザインに組み込み、従来のメンズラインを「CELINE HOMME(セリーヌオム)」に名称変更。

さらにセリーヌのロゴをフランス語表記のものから一新するなど、セリーヌの革新を積極的に進めています。

エディ・スリマンの作品で特に人気なのが「16(セーズ)」です。

60年代のバッグから着想を得て作られたシリーズで、流行に左右されないバッグとして多くの人に愛用されています。

CELINE(セリーヌ)の歴史に名を残す名作バッグ 6選

 CELINE(セリーヌ)の歴史に名を残す名作バッグ 6選

トータルブランドであるセリーヌですが、特にバッグはセリーヌのアイテムのなかでも代表的なものといえるでしょう。

シンプルなデザインでありながらラグジュアリーな雰囲気が感じられるセリーヌのバッグは幅広い年齢層の女性から支持を受けています。

ここからはセリーヌの名作バッグといわれる6点をご紹介します。

パリ・マカダム

一度は落ち込んだセリーヌの人気を復活させたマイケル・コースの代表作の一つです。

もともと石畳をモチーフとした「マカダム」の柄に、チェーンのモチーフを追加したものです。

さらにデニム生地を使用し、ラグジュアリーな雰囲気にカジュアルさをミックスしたデザインに仕上げています。

ブギーバッグ

マイケル・コースの代表作としてもう一つ忘れてはならないのが「ブギーバッグ」です。

スクエア型のシンプルなハンドバッグですが、大容量で機能的なのが特徴です。

発表当時はボックス型のレザーバッグを持つことがトレンドで、ほかの高級ブランドに比べて手に入りやすい価格だったブギーバッグは大流行しました。

ラゲージ

「ラゲージ」はフィービー・ファイロがデザインしたバッグで、セリーヌのなかでも代表的なシリーズとなっています。

スクエア型のバッグに大きなマチが広がり、台形のフォルムになっているのが特徴的です。

機能性とデザイン性を併せ持ち、サイズやカラーのバリエーションが豊富なのも魅力で、世界中から愛されています。

カバ

ラゲージと並び、セリーヌの代表的なシリーズともいえる「カバ」はサイズ、カラー、素材のバリエーションが豊富であることが特徴です。

オーソドックスなトートバッグなので、年齢や性別問わず幅広い層から人気を集めています。

トリオンフ

エディ・スリマンが手がけた代表作の一つで、パリの凱旋門を囲むチェーンから着想を得たとされるモチーフがあしらわれているシリーズです。

バッグだけではなく財布、コインケース、アクセサリーも展開されています。

16(セーズ)

こちらのバッグもエディ・スリマンによってデザインされたもので、海外のセレブたちにも愛用されています。

60年代のバッグから着想を得ており、クラシカルなデザイン性とメタルパーツがコーディネートを上品に仕上げてくれるでしょう。

サイズ展開が豊富なのも魅力の一つです。

おわりに

セリーヌは長い歴史のなかでさまざまなデザイナーによって多くの名作が生み出されてきました。

また、どのバッグも上品で洗練されたデザインで、年齢を問わず多くのシーンで使うことができるのも世界中で愛される理由の一つです。

特にフィービー・ファイロがデザインした「ラゲージ」や「カバ」などは、新品はもちろん中古市場でも需要が高く、人気のアイテムです。

不要になったセリーヌのバッグがありましたら、ぜひバイセルの買い取りサービスをご検討、ご利用ください。