いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

無名作家の絵画は売れる?買取相場や業者選びのポイントとは

無名作家の絵画は売れる?買取相場や業者選びのポイントとは

絵画や彫刻をはじめとした美術品は、買取市場で取り扱われる品物の中でも高値がつくものが多いと言えるでしょう。

特に有名作家が手掛けた作品の場合には買取価格が高くなりやすいですが、無名作家の作品の場合には買取してもらえるものなのでしょうか。

無名作家の作品は買取してもらえるのか、買取相場はどれくらいなのか、どのような買取業者にに依頼すれば良いのかなど、無名作家の作品を売る際に役立つ情報をご紹介します。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

無名作家の作品でも買取される可能性はある

無名作家の作品でも買取される可能性はある

有名作家の手掛けた美術品が高く買取されやすいのに対して、無名作家の作品は買取が難しいと思われるかもしれません。

確かに無名作家の美術品は買取してもらえないケースもありますが、買取価格がつくものもたくさんあります。

では、無名作家の美術品の中でどのようなものが買取されやすく、反対にどのようなものが買取されにくいでしょうか。

いくつかの観点から見ていきます。

工芸品の方が買取されやすい

美術品の中でも、実用的な側面もある暮らしの道具である工芸品の場合、無名作家の作品であっても比較的買取されやすくなります。

絵画などの買取価格を決める際には作家が重要であるのに比べて、工芸品の場合には作品に対する評価の比重が大きくなります。

そのため無名作家の作品であっても、作品が良ければ買取してもらえる可能性はおおいにあります。

本画・肉筆画・原画は買取されやすい

絵画の中で買取価格が高くなりやすいのは、「本画」「肉筆画」「原画」などです。


「本画」…完成した絵画作品のこと。日本画の下絵に対して使う言葉。
「肉筆画」…浮世絵などで、絵師が自ら筆をとり手書きで仕上げたもの。版画に対して使う言葉。
「原画」…複製画があるものに対して使われる言葉で、複製された絵ではない元の絵のこと。


共通するのは、絵師本人が実際に筆をとって描いたという点です。

これらの作品なら買取価格は高くなりやすく、無名作家の作品でも買取してもらえる可能性は十分にあるでしょう。

額縁に入った作品は買取されやすい

絵画で額縁に入った状態で買取に出した場合には、額縁の価格(額代)も込みで買取してもらうことができます。

無名作家の作品であっても、額代も込みで考えた場合には買取可能と判断されるケースがあります。

買取可否の基準は業者によって異なるので注意

無名作家の作品は買取業者にとっても需要が読めないため、買取可否の判断は慎重に行われます。

上に挙げたような条件によって買取されやすい、あるいは買取されにくい作品というのはありますが、実際に買取できるかどうかの判断は「業者によって異なる」としか言いようがありません。

まずは気になる骨董品専門の買取業者いくつかに査定を依頼してみて、お持ちの美術品が買取してもらえるかどうか確かめてみると良いでしょう。


無名作家の絵画の買取相場

無名作家の絵画の買取相場

買取価格がつくものも少なくない無名作家の絵画ですが、買取市場における買取相場はどれくらいになるでしょうか。

一般的な傾向で言えば、無名作家の作品で需要の少ないものであれば、買取不可になることや数百円といった買取相場になるものが多いでしょう。

ただし、美術品はそれぞれが一点ものであり、実際にそれぞれの作品をプロの査定士が見てみないことには買取額が付けられません。

そのため、一概に「買取相場は〇〇円くらい」とご紹介するのは難しいものがあります。

例えば、高く売れないだろうと思っていた作品が実は非常に価値の高いものだったというケースがあるのが、美術品買取の面白いところです。

「無名作家のものだから高く売れないだろう」と諦めてしまわず、まずは骨董品に詳しいバイセルに相談してみることをおすすめします。

無名作家の美術品を売るなら骨董品買取のバイセルへ

無名作家の美術品を売るなら骨董品専門の買取業者へ

美術品の正確な価値を見極めるのは、バイセルの高い専門知識と査定技術をもった査定士でなければ難しい仕事です。

例えば、「作者不明の絵画を査定に出してみたら、実は有名作家ものであることが分かった」といったようなケースもあります。

「無名作家の作品だから、買取してもらえるかどうか…」と思っている人こそ、美術品に精通した骨董買取のバイセルに査定を依頼してみましょう。

プロの査定を受けることで、思わぬ査定結果を聞くことができるかもしれません。

美術品の買取なら出張買取がおすすめ

絵画などの美術品は大きかったり重かったりするものも多く、自分で持ち運ぶには手間や労力がかかります。

苦労して買取店の店頭まで運んだとしても、「無名作家で需要が読めないので買取不可」というようなことになってしまえばまた持ち帰らなければならず、労力は膨大です。

また、んでいる途中に作品に傷などがついてしまい、価値を下げてしまう可能性もゼロではありません。

そこで、美術品を売るなら出張買取を利用するのがおすすめです。

出張買取とは、買取業者の査定士が利用者の自宅を訪問し、その場で査定・買取してくれる買取方法です。

出張買取であれば申し込みから査定・買取までの全てを自宅にいながら済ませることができるので、大きくて重い美術品であっても手間はかかりません。

特に「複数の作品を売りたい」「査定に出したい作品のサイズが大きい」という人は、出張買取の利用が好ましいでしょう。