いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

絵画は複製画でも売れる!高額買取になるレプリカ絵画とは?

絵画は複製画でも売れる!高額買取になるレプリカとは?
複製画の作品を持っています。売ったらいくらになりますか?
絵画は作品の大きさや保存状態などによって買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。
物置を整理していたら複製画がありました。買取対象になりますか?
複製画やレプリカ、模倣品の違いが分かりません。どのような作品でも査定はしてもらえますか?

「複製画(レプリカ)は売れない」と思われていることが多いですが、諦めるのはまだ早いです。

複製画は模倣品や贋作とは異なり、美術品として十分な価値があるため、買取市場でも需要が見込めます。

複製画の処分を考えている方は、買取に出すことも選択肢にいれてみましょう。

複製画の定義と高く売れる作品、複製画のおすすめの売却先をご紹介します。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料


複製画は業者で買い取ってもらえる!

複製画は業者で買い取ってもらえる!

複製画は、作品や状態によって業者で買い取ってもらうことができます。

「そもそも複製画の定義って何?」「模倣品との違いが分からない」「なぜ複製画が売れるの?」という疑問点について簡単にお答えします。

複製画の定義

複製画の定義は、複製する原画があることを前提とし、原画の作者に許可を取ったうえで複製した絵画とされています。

複製画は「複製品」の意味をもつ英語である「レプリカ(replica)」とも呼ばれます。

「レプリカ」は、絵画以外の美術品などの模写品・複製品を指す際にも使われます。

また、意外と知られていないのが「複製画は贋作や模倣品とは異なる」という点です。

贋作や模倣品は誰の許可もなく、ただ原作に似せて描いたり、複製画をさらに複製したりしているものです。

贋作や模倣品を「原画」と称して販売している悪質な売り手も存在するので、十分な注意が必要です。

複製画が売れる理由

複製画が売れる理由は「美術品としての価値があるから」と言えます。

複製画は原画を複製していますが、近年ではその複製の技術力が高まってきているのです。

先進的な技術を使っているものや緻密に再現されているものは、原画と同様、もしくは原画以上の価値が付くこともあります。

またシリアルナンバーが入っている複製画であれば、限定部数のみの製作であることが多いため、より価値の高いものとされることが多いです。

バイセルなら複製画でも正しく価値を見極めます!

価値の高いものがあるとはいえ、実際に複製画を買取に出すにあたっては分かりにくいことも多く、「売れるのかどうか」「ちゃんと価値を見極めてもらえるかどうか」など不安はつきものですよね。

複製画を安心して売りたいなら、美術品の買取実績が豊富なバイセルへお問い合わせください。

バイセルはお客様の安心を第一に買取サービスをご提供し、日本全国のたくさんのお客様からご指名をいただけるようになりました。

バイセルの出張買取サービスなら、美術品査定のプロがご自宅まで伺い、1点1点丁寧に作品を拝見して価値を見極めます。

「まずは試しに査定だけ」でも大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

買取対象になるレプリカと買取相場

買取対象になるレプリカと買取相場

買取対象になるレプリカの特徴としては、世界的に有名な作家が手掛けた作品などがあります。

買取対象になりやすい代表的なレプリカの作家名は以下の通りです。


●外国人作家

アンディ・ウォーホル アルフォンス・ミュシャ
クリスチャン・ラッセン ゴッホ
ベルナール・ビュッフェ マルク・シャガール
モネ ピカソ

●日本人作家

ヒロ・ヤマガタ 青木繁
黒田清輝 小出楢重
安井曾太郎 東山魁夷
藤島武二 山下清

これらの作品の中でも、モネの「印象、日の出」や東山魁夷の「緑響く」など、有名作品のものであれば買取対象となることがあります。

また、こちらで挙げた作家のレプリカ以外にも、買取を期待できる作家ものは多数あります。

ただしレプリカは、状態や作品などによって買取額が高く付かないことや買取自体が難しいこともあります。

そのため、レプリカの買取相場は一概にいくらとは言えないので、買取業者で査定を依頼するのが確実でしょう。

レプリカではなく高く売れる版画の可能性も!

ラッセンやヒロヤマガタなどの作品は、シルクスクリーンの技法を使ったものが有名です。

シルクスクリーンは、原画をもとにインクを下に押し出して刷り取る版画技法です。

シルクスクリーンを用いて同じ作品を複数制作できますが、これはレプリカではなく、美術品としての価値あるれっきとした本物です。

「レプリカと思っていたら高く売れる版画作品だった」といったことも十分あり得るので、レプリカの査定は美術品を熟知した買取業者に依頼しましょう。

レプリカを売るなら骨董品買取のバイセルがおすすめ!

レプリカを売るなら骨董専門の買取業者がおすすめ!

美術品としての価値があるとされているレプリカは、絵画に特化している骨董買取のバイセルに査定依頼するのがおすすめです。

絵画に特化していないような総合買取店に査定依頼すると、レプリカについて詳しくないスタッフが査定することになるでしょう。

それゆえレプリカとコピー品を混同してしまい、買取額が極端に低くなってしまったり、買取不可とされてしまうかもしれません。

バイセルに在籍する査定士であれば、美術品に対して専門知識を豊富にもち、レプリカとしての価値も十分に認識しています。

お持ちのレプリカは、骨董品買取のバイセルで適正買取額を算出してもらい、損することなく買取に出しましょう。