いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

使用済み切手や消印のある切手は買取可能?価値の高い使用済み切手の種類もご紹介!

2024.04.03

切手買取 コラム
使用済み切手や消印がある切手は買取可能?価値の高い使用済み切手の種類もご紹介!

親族から受け継いだなどの理由で、価値がわからない切手をお持ちではないでしょうか。

また、その中には既に使用済みの切手や消印付きの切手もあるかと思います。

切手や消印のなかには買取市場で需要が高いものがあり、使用済み切手でも種類によっては買取に出すことができます。

本コラムでは、なぜ使用済み切手を買取してもらうことができるのか、価値が高い消印の種類、高額で売れる可能性のある使用済み切手の種類などをご紹介します。

また、買取してもらえない使用済み切手の処分方法や、高く売るためのコツも解説するので併せてご一読ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

使用済み切手が買取してもらえる理由

使用済み切手が買取してもらえる理由

消印が押された使用済み切手は、種類や状態によっても異なりますが一部買取できるものがあります。

使用済み切手とは、消印が押されていて郵便料金として使用できない切手です。

消印が押されていない切手に関しては、はがきや封筒に貼っていても使用済みとはみなされません。

それでは、なぜ郵便料金として使用できない切手が買取してもらえるのでしょうか?

使用済み切手を買取してもらえる理由を以下でご紹介します。

使用済み切手のコレクターがいる

切手のコレクターの中には、未使用の綺麗な状態のものではなく使用済みの切手を集めている人もいます。

なぜなら、切手に押されている「消印」の希少性に注目しているためです。

そのため、文字が鮮明に残った珍しい消印が押されている切手に関しては、未使用の切手よりも価値があるとみなされ高額で買い取ってもらえる可能性があります。

希少性の高い古切手がある

希少性の高い古切手には特定のコレクターがいます。

そのため、使用済みで消印が押されているものだとしても、発行枚数が極端に少ない切手やプレミア切手に関しては買取してもらえることがあります。

価値が高い消印の種類

価値が高い消印の種類

使用済み切手に押されている消印ですが、その消印自体にも高い価値が付くことがあります。

切手の消印には、その切手が「いつどの郵便局で消印が押されたか」が書かれています。

そのため、特別な日に押された消印は、切手コレクターにとって重要な意味を持つ切手になるのです。

では、一般的に高い価値が付く消印には一体種類があるのでしょうか。

以下で、高値が期待できる消印切手の種類と特徴をご紹介します。

お持ちの切手の消印と照らし合わせてぜひご覧ください。

  1. 特殊通信日付印(特印)
  2. 小型記念通信日付印(小型印)
  3. 風景入通信日付印(風景印)
  4. 初日用通信日付印(初日印)
  5. 満月印
  6. 小代式機械印

特殊通信日付印(特印)

特殊通信日付印(通称:特印)は、万博や国民体育大会などの国家的記念行事のときだけに使われる大型の記念印です。

特印は赤茶色のインクで、直径はおよそ36ミリ。

ふみの日などに、その記念日に関係するイラスト入りの特印が押されます。

また、切手趣味週間などの記念切手の発行日に、その切手にちなんだイラスト入りのものが押されることもコレクター人気が高く、価値が高い理由の一つになっています。

小型記念通信日付印(小型印)

小型記念通信日付印(通称:小型印)は、全国切手展や地域の記念行事、施設の開設記念など特印を使うほど大きな行事でないときに使われる記念印です。

直径は33ミリほどで、特印と同様に赤茶色のインクで押印されます。

小型印も特定の日付にしか押されないため、コレクターに人気があり価値が高い消印になっています。

風景入通信日付印(風景印)

風景入通信日付印(通称:風景印)は、観光など訪問の記念となるように、その土地の名所などを描いた特別な日付印です。

直径36ミリ以内で、特印と同様に赤茶色のインクで押印されます。

例えば、渋谷郵便局であれば、ハチ公などが描かれた風景印が押されます。

観光地や名所などの美しい風景が描かれた消印は、そのデザイン性の高さからコレクターに人気があり価値が高くなっています。

初日用通信日付印(初日印)

初日用通信日付印(通称:初日印)は、切手やハガキの発行日に押される日付印です。

ハトのマークが描かれていることから「ハト印」とも呼ばれることもあります。

初日印は新しい切手が発行された初日に使用される特別な印のため、切手の歴史的な始まりを示すものとして歴史的な重要性を持つため価値が高くなっています。

満月印

満月印は、切手の中央にきれいな丸い形で押され、文字がはっきりと読める消印です。

その名のとおり切手に納められた丸い消印の形が、夜空の満月のようであることから満月印と呼ばれています。

切手のなかに収まらず、はみ出している消印は準満月印と呼ばれています。

郵便局での記念押印(台紙などに貼られた切手に押印する郵便局のサービス)では、コレクション用に満月印を指定する人もいるほど、価値が高い消印です。

小代式機械印

小代式機械印は、通常の手で押す消印とは違い、郵便局の自動押印機で押される消印のことです。

消印の機械化が始まった初期のもので、わずか数年しか使用されなかったため希少性があり価値の高い種類となっています。

高額買取してもらえる可能性が高い使用済み切手

高額買取してもらえる可能性が高い使用済み切手

高額買取してもらえる可能性の高い、レアな使用済み切手の種類をいくつかご紹介します。

該当の切手をお持ちであれば、買取対象となり高値で売れる可能性もあるので一度査定に出してみると良いでしょう。

  1. 赤猿
  2. オオパンダ
  3. 毛主席詩詞
  4. 初日用通信日付印(初日印)
  5. 見返り美人
  6. 月に雁
  7. 中華人民共和国展覧会
  8. ウェルセンター

赤猿

赤猿切手は、有名なプレミア中国切手の一つで赤い背景に猿の全身が描かれています。

発行当時の1980年は文化大革命の時代で欧米文化を排除しており、切手収集も欧米文化のうちの一つとされていました。

そのため、赤猿切手も収集目的での購入が禁止されていました。

さらには外国への切手の輸出が不可能だったことも相まって、多くの人の手に渡ることがなかったため、赤猿切手は大変希少価値が高くなっています。

赤猿切手を売るタイミングや買取事例について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

オオパンダ

オオパンダ切手もプレミア中国切手の一つで、水墨画のパンダが図柄となっています。

1963年発行の1次(特59)に3種と、1973年発行の2次(革14)に6種発行されており、すべて合わせると9種類あります。

オオパンダ切手は、切手収集が禁止されていた文化大革命期に発行されたというのと、発行枚数が少なかったことから希少性が高くなっています。

特に6種類すべてが 揃っていると、バラバラに売るよりも1枚あたりの買取額がより高くなる傾向にあります。

オオパンダ切手の特徴や人気の理由について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

毛主席詩詞

毛沢東関連の切手も、プレミア中国切手の一つです。

毛沢東は、革命指導者でありつつ詩人でもあり、モチーフとなった切手の種類が多数あります。

1967年の文化革命時代に、第1次、第2次、第3次と3回に分けて発行されており、全部で14種類あります。

その多数ある切手の種類の中でも特に詩詞を書く姿や、詩詞そのものが図柄になった毛主席の図柄は人気があります。

また、14種類揃っている方が単品に比べて特に買取額が高くなりやすく、場合によっては数十万円で買い取ってもらえることもあるほどです。

詩詞切手以外の、代表的な毛沢東切手の種類や買取相場について気になる方は、以下のコラムをご覧ください。

見返り美人

見返り美人切手は、日本の切手趣味週間シリーズ第2弾として、1948年に5枚綴りで発行された切手です。

浮世絵師・菱川師宣が描いた作品「見返り美人図」が図案となっています。

見返り美人切手は、高いデザイン性と浮世絵が描かれた最初の切手であることが切手コレクターから高い評価を得てプレミア価値がつきました。

また、切手コレクターからの人気を受けて、その後1991年と1996年に2度も再発行されました。

なかでも、150万枚しか発行されていない1948年発行の見返り美人切手が、最も希少価値が高く、高額買取になりやすい傾向にあります。

見返り美人切手の特徴や高く売るコツ、買取に出すおすすめのタイミングについてもっと詳しく知りたい方は、以下のコラムをご覧ください。

月に雁

月に雁切手は、見返り美人切手の好評を受けて、翌年の1949年に切手趣味週間シリーズの第3弾として5枚綴りで発行された切手です。

浮世絵師・歌川広重が描いた作品「月に雁」が図案となっています。

月に雁切手の発行枚数は200万枚と見返り美人切手よりは多いのですが、その他の切手趣味週間シリーズの発行枚数よりは少なくなっているため、希少価値が見込まれます。

また、月に雁切手は見返り美人切手に並ぶ人気を誇り、切手買取市場でも需要が高く、高額買取が期待できるでしょう。

月に雁切手も人気を受けて、1996年に復刻版が2,000万枚発行されましたが、発行枚数が少なかった1949年発行の月に雁切手のほうがより価値が高いとされています。

月に雁切手の特徴や買取に出すおすすめのタイミング、買取方法について、もっと詳しく知りたいという方は以下のコラムをご覧ください。

中華人民共和国展覧会

中華人民共和国展覧会切手は1980年に中国で発行された記念切手です。

2種類の切手が発行されており、「開幕を祝う」と「友好往来」と呼ばれています。

いずれのデザインも中国のスタンプデザイナー「蘆天驕」が担当しており、女性らしいポップなデザインが人気です。

2種類がシートで揃っている完品の場合は希少性が高く、高額買取になる可能性が高くなっています。

ウェル・センター

ウェル・センターとは、切手の印刷がきれいに中心に配置され、余白のバランスが等しく取れている状態を指します。

反対に、切手の印刷がずれてしまっている状態をオフ・センターと呼びます。

切手買取市場では、オフ・センターよりウェル・センターの切手のほうが価値は高く、買取額も高い傾向にあります。

製造技術が発達した現代ではウェル・センターが一般的ですが、戦前・戦後あたりの製造技術ではオフ・センターがよく見られていたようです。

そのため、戦前・戦後に作られたウェル・センターの切手は、特に買取額が期待できるでしょう。

買取してもらえない使用済み切手の処分方法

買取してもらえない使用済み切手の処分方法

価値の高い中国切手などは使用済みであっても買取してもらえる可能性があります。

しかし、それ以外の切手に関しては使用済みで消印が押されていると、買取してもらうのは中々難しいでしょう。

では、買取してもらえない使用済み切手はどのように処分すれば良いのでしょうか。

また、ゴミに捨ててしまう以外に活用できる方法などはあるのでしょうか。

以下でご紹介します。

寄付をする

使用済み切手や消印付きの切手は、NPO団体やボランティア団体に寄付をすることができます。

収集された切手はイベント時などに販売され、その費用が発展途上国の支援に役立てられます。

箱や封筒などに使用済みの切手を入れて、寄付をしたい団体の住所に送付しましょう。

また、イオンモールなどの大型ショッピングセンターに切手回収箱が設置されていることもあります。

ただし、セロハンテープが付いている切手や折り目のある切手などは収集対象外になっているため注意しましょう。

フリマアプリで売却する

使用済みや消印付きの切手は、メルカリなどのフリマアプリで売却する方法もあります。

フリマアプリでは、基本的に未使用の切手など現金と同等の価値を持つ金券類の販売は禁止されています。

そのため切手は、「使用済み」に限り販売することができるのです。

フリマアプリでの売却であれば、不要な使用済み切手を処分することができ、さらに現金まで得ることができるのでタダで処分してしまうのは惜しいと思う方にはおすすめの方法です。

価値のある使用済み切手を高く売るためのコツ

価値のある使用済み切手を高く売るためのコツ

使用済み切手や消印付きの切手でも、種類によっては希少性が高く、高額買取されることがあります。

せっかく価値のある切手を買取に出すなら少しでも高く売りたいところです。

そこで、価値がある使用済み切手や消印付きの切手を少しでも高く売るためのコツを、大きく分けて3点ご紹介します。

封筒やハガキから剝がしておく

切手を封筒やハガキ、台紙などに貼り付けたままの場合は、査定前に剥がしておきましょう。

ほとんどのコレクターは切手単体でコレクションしておきたいと考えるため、切手を剥がす手間が省けて、買取額が上がりやすくなります。

切手を封筒やハガキから剥がす際には、「水剥がし」がおすすめです。

剥がしでは、まず切手の周りの余白を数ミリ残して切り取ります。

次に洗面器などに張ったきれいなぬるま湯に、切手を10分程浮かべます。

その後丁寧に切手を剥がし、最後はタオルや吸い取り紙などで水分を完全に取り除きましょう。

詳しい「水剥がし」の方法を知りたい方は以下のコラムをご覧ください。

ピンセットで扱い、ストックブックに保管する

使用済み切手は、色落ち・汚れなどが見られず、消印がはっきり残っている状態のものほど買取額が高くなる傾向にあります。

そのため、状態を維持しておくために、取り扱い方や保管方法に気を付けることが大事です。

切手を取り扱う際は、手の皮脂が切手に付着すると汚れの原因となるため、素手ではなく専用のピンセットを使いましょう。

また、切手はシワ・汚れを防ぐためにストックブックに保管してください。

さらに、カビを避けるために、乾燥剤などを使って湿気対策が必要です。

以下のコラムでは、よりきれいに切手を保管する方法や、代用品で手軽に保管する方法をご紹介しています。

気になる方は、併せてご覧ください

切手に詳しい買取店に買取を依頼する

使用済み切手や消印付き切手の買取を検討している場合は、切手買取店に依頼するのがおすすめです。

特に中国切手に関しては使用済みでも価値の高い種類が多くあります。

切手に詳しくない業者に依頼した場合、本来の価値を見極めることができずに、買取価格が本来より低く見積もられてしまう可能性もあります。

その点、切手買取店であれば、切手に詳しい査定士が在籍しているため本来の価値をしっかり見極めてくれるでしょう。

切手買取なら切手に詳しいバイセルへお任せください!

ご自宅に価値の不明な切手がある場合は、ぜひバイセルへお任せください。

バイセルでは切手に詳しい査定士が多数在籍しております。

使用済み切手や消印付きの切手でも、種類や状態によっては一部お買取り出来る場合がございます。

「珍しいかも?」と思う切手がご自宅にあれば、まずは一度バイセルへご相談下さい。