伝統的染色法『茜染』の歴史と広まった意外な理由

2024.05.23

着物買取 コラム
  伝統的染色法『茜染』の歴史と広まった意外な理由

日本は古来から草木染がされており、伝統的な染色方法が受け継がれています。

茜染は着物愛好家なら聞いたことがあるかもしれません。

夕焼けのような赤色が特徴の茜染も古来から存在し、今では岩手県の名産品として知られています。

本記事では茜染の魅力と染色方法を簡単にご紹介します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

茜染とは

茜染は多年生植物のアカネの根から出る赤い染料を使って染める方法です。

アカネは中国、朝鮮半島、日本などに多く生息しています。

古来から伝わる茜染は岩手県の南部藩時代に手厚い保護下で生産され、全国に特産品として広まるようになりました。

茜染は岩手県で作られる南部絞りの染料に使われています。

栽培と染色技術の高度さから、南部絞りは高価な着物とされています。

茜は薬草としても重宝されていた

茜染は染料以外にも薬草としても使われているほど、当時の人の生活に馴染んでいました。

茜は古くから薬草として用いられており、浄血や保温、体の活性化といった効果が期待されていました。

他にも月経予防薬や止血の効果ももたらすとされて重宝していたようです。

平安時代には赤ん坊の産着や妊婦の腹巻などにも茜染が用いられてきました。

万葉集にも茜染についての短歌が詠まれているほどです。

茜染の染色方法

茜染めは職人の手仕事により一つ一つの色彩が異なり、化学染料では出せないでしょう。

夕焼けのように温かくて優しい赤色と、ふわっとした生地の風合いが茜染めの魅力です。

ここでは現代まで受け継がれている伝統的な茜染の染色方法を簡単にご紹介します。


1、茜の根を採取して細かく切む

2、細かく切った根っこを通気性の良い袋に入れて鍋で30分煮込む

3、赤色の泡が出たら取り出す

4、ぬるくなったら袋から茜の値を取り出して、染色液が完成

5、染色液を白い布に漬けて乾かす作業を複数回行う


水を張った鍋に袋を付けると、袋から黄色っぽい色が出てきます。

鍋が沸くまで火にかけ続けることで色が濃くなり、次第に黒っぽい色にまで変色します。

染色液を白い布に漬けて乾かす作業を複数回行って色の濃さを調節します。