カルティエ3連リングの買取価格は?トリニティは高く売れるかも!

カルティエ3連リングの買取価格は?トリニティは高く売れるかも!
独身時代に買った買ったカルティエ3連リングを売りたいです。いくらになりますか?
地金相場や保存状態などによって買取価格が変わりますので一度拝見いたします。お電話・メールよりお問い合わせください。
母が昔に愛用していたカルティエ トリニティリングを譲り受けました。デザインが古いのですが価値ってありますか?

カルティエの3連リングといえば大流行した「トリニティ」ですが、かつてご褒美に自分で購入したりプレゼントでもらったという方も多いのではないでしょうか。

しかし、今では使わずにしまいこんだまま、ということもあるでしょう。

本記事ではトリニティの種類や買取価格、さらに高く買い取ってもらう3つのポイントを紹介します。

カルティエの3連リング「トリニティ」が不要になったので処分したいという方は、ぜひ参考にご覧ください。

お品物の状態が悪くてもOK ブランド品 買取強化中!

バイセルでは、下記ブランド品の買取を強化しております。
使っていないブランドバッグやポーチ・財布などございましたら、ぜひご相談ください!

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

※本記事の内容は、必ずしも買取価格を保証するものではございません。予めご了承下さい。

トリニティとは?

「Cartier(カルティエ)」は、1847年にルイ・カルティエによって創業されたジュエリーブランドです。

1924年に3連リング「トリニティ」が誕生しました。

数あるバリエーションの中でも、ピンクゴールド・イエローゴールド・ホワイトゴールドの3色で構成された3連リングは、動きのある華やかなジュエリーに仕上がっています。

ピンクは愛を、イエローは忠誠を、ホワイトは友情を象徴しています。

このスリーカラーモデルも人気がありますが、シンプルさが魅力のワンカラーモデルも人気です。

トリニティは高い買取価格が期待できる?

トリニティは高い買取価格が期待できる?

基本的にカルティエ3連リングを含めた貴金属のジュエリーは、地金相場に大きく影響されやすいです。

カルティエ3連リング「トリニティ」の買取価格や価値について解説します。

カルティエ3連リングの中でもダイヤモンドは価値が高い

カルティエ3連リングの中でも、ダイヤモンドリングは特に価値が高いといわれています。

ダイヤの品質・カラット・カラー・透明度・加工技術などで査定額が変わりますが、カルティエで使用されるダイヤは超一級品とされており、高額買取が期待できるリングです。

逆に、並行輸入品は数が多く定価が安いことから高値が付きにくいといわれています。実は、カルティエは並行輸入品も流通しているため、その点に注意が必要です。

昔に買ったカルティエのリングは高値で売れやすいです!

「トリニティリングは時代遅れだから高値は期待できなさそう」と思っている方もいるでしょう。

しかし、カルティエリングはデザインやダイヤのカラット、透明度、そしてブランド価値も査定金額に上乗せされます。

デザインが古くてもカルティエほどの需要の高いリングは、高値の査定金額が見込まれます。

不要になったカルティエがあれば、ぜひジュエリーの価値が見抜けるバイセルへお問い合わせください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

スレや傷が少ない美品は高値になりやすい

トリニティはリングの幅が広いモデルが多く、その分地金を多く使っているので地金としての価値が大いに見込めます。

さらに傷が少ない美品は、ブランドジュエリーとしての価値も高まるため、より高額買取が期待できます。

反対に、スレや汚れ、使用感のある状態だと価値が下がってしまいます。

長期間、手入れせずに保管していると劣化していく恐れもありますので、早めに査定に出すことをおすすめします。


バイセルのブランド品の実績や買取方法を知りたい方は、以下のページにてご覧ください。

カルティエトリニティリングを高く買い取ってもらう3つのポイント

カルティエトリニティリングを高く買い取ってもらう3つのポイント

カルティエ3連リングの買取価格を少しでも上げるためには、おもに以下の3つのポイントに気を付けることが重要です。

  1. 日頃からきちんと手入れする
  2. 付属品を揃える
  3. カルティエの買取実績が多い業者を探す

具体的にどうすればいいか、詳しく解説します。

日頃からきちんと手入れする

着用したリングには汗や皮脂汚れが付着しているため、クロスなど柔らかい布で拭き取る習慣を身につけましょう。

また、保管箱にいろいろなアクセサリーを一緒に保管しないことも大切です。

アクセサリー同士がぶつかって傷をつける恐れがあるので、保存袋などを使って個別に保管することをおすすめします。

また、長期間使わずにいるリングも、変色等していないか定期的にチェックしておくと良いでしょう。

付属品を揃える

リングを購入した際に付いていた「ギャランティカード」や「化粧箱」などの付属品が残っている場合は、リングとセットで査定してもらいましょう。

付属品がそろっていることで「保存状態が良い」と判断され、買取金額がプラスになる可能性があります。

また、特にダイヤ付きリングの場合は、鑑定書があると品質が保証されている証拠を提示できるので信頼性が高くなります。

カルティエの買取実績が多い業者を探す

カルティエ買取の実績が豊富な店は、過去の取引データ・市場価値などを細かく考慮して査定します。

トリニティの知識もあるため、適切な査定額を出してくれる可能性が高いです。

業者のホームページなどに「カルティエ強化買取中」と宣伝していたり、カルティエ買取専用のページがある場合には、積極的にカルティエ製品を買い取っている業者と言えるでしょう。

バイセルではトリニティリングをはじめ、カルティエなどのブランド品を取り扱っております。

カルティエを含む累計3,700万点以上(2015〜2023年の合計買取数)の豊富な買取実績をもっており、ブランドに詳しい査定士が在籍しております。

お客様が大切にしてきたトリニティリングをより高く買い取るために努力いたしますので、ぜひ一度無料査定をお受けください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ

カルティエ3連リング「トリニティ」でよくある疑問

カルティエ3連リング「トリニティ」でよくある疑問

カルティエ3連リング「トリニティ」は時代遅れなのか、そして素材のバリエーションは何があるのか、よく挙げられるこの2点の疑問について解説していきます。

トリニティは時代遅れ?

カルティエ3連リング「トリニティ」は、90年代のいわゆるバブルの時代に人気が出たジュエリーで、一大ブームになりました。

現在ではブームから数十年と年数が経っていますが、中古市場を見てみるとカルティエのブランド力は大きく、いまだに人気があります。

2017年からトリニティが再流行したこともあり、中古買取市場でも多数取り引きされています。

地金としての価値も相まって、ブランドジュエリーを取り扱う買取業者では高値が付くケースもあるようです。

トリニティの素材

トリニティの種類は、ホワイトゴールドやピンクゴールドのみのリング、ホワイトゴールドとセラミックで作られたリング、すべてパヴェダイヤで埋めつくされたリングなどがあり、 非常にバリエーション豊富です。

定番人気は3色3連リングですが、シンプルなものからゴージャスなものまで、幅広い層に需要があるリングがそろっています。

トリニティの素材は、3連リングを例に挙げると、3本とも750のK18です。

金75%とそのほかの物質25%でできており、「そのほかの物質」の内容によって色が変化します。

ホワイトゴールドはパラジウム、イエローゴールドは銀と銅が半々、ピンクゴールドは大半が銅となっています。

トリニティはブランド買取業者で高く売ろう!

トリニティはブランド買取業者で高く売ろう!

カルティエ3連リング「トリニティ」の買取価格について解説しましたが、実際の買取価格は買取店によって異なります。

より高く売りたいなら、ブランドの価値がわかる買取業者へ査定に出しましょう。

特に複数のブランド買取業者へ査定依頼して相見積もりをとれば、より高額な買取価格を提示してくれたお店を選ぶことができます。

昔よりはやや人気が落ちてきているトリニティですが、根強い人気があるリングなので、きれいな状態が保たれたものは期待以上の買取価格になるでしょう。

ブランド買取のバイセルにて、カルティエのトリニティの無料査定を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・無料相談はこちら

電話から相談する

0120-612-773

通話料無料・24時間365日受付中

メールから相談する

お申し込みフォームへ