ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

落款は着物のどこにある?落款の意味・種類・見分け方も紹介!

落款は着物のどこにある?落款の意味・種類・見分け方も紹介!
落款は着物のどこにある?落款の位置や捺される意味まとめ

落款とは落成款識(らくせいかんしき)の略語で、芸術品を作成した際に日時や記名、識語を書き付ける行為や印のことです。

落款は着物にも捺されている場合がありますが、一体着物のどこに、なぜ押されるのか、丁寧に解説していきます。

着物の落款の示す意味や記されている位置はどこ?

着物の落款の示す意味や記されている位置

着物に記された落款の示す意味、それは「作家が仕立てた証である」ということです。

落款があることで作者や製作工房を特定できるので、その着物が有名な作品だと分かれば価値を知ることができます。

また、数ある着物の中には同じようなデザインのものがいくつかある、ということがよくあります。

その際に落款を見て、類似作品を見分ける際の判断材料とすることが可能です。

そして落款の位置は、おくみか衿先にあることが多いです。

作家名を踏襲すると落款に違いが出る

作家名を踏襲すると落款に違いが出る

落款をいくつか比べると、似たようなデザインのものを見かけるでしょう。

「もしかして偽物?」と思うかもしれませんが、実は同じ作家名で異なる落款を持つ場合があるのです。

たとえば初代久保田一竹は、「一竹辻が花」という絞り染め技法で有名な着物作家です。

初代はもう亡くなってしまいましたが、その技術や想いは現在2代目が承継しており、初代と異なる落款を使用しています。

以下に、1枚目に初代の落款、2枚目に2代目の落款の写真を載せました。

初代久保田一竹の落款二代目久保田一竹の落款

初代と2代目ではデザインに若干の違いが生じていることが分かりますね。

このように、落款についての知識があるだけで作家や作品の違いを見分けることができます。

作家着物をお持ちなら、現在の市場価値をバイセルがお調べいたします

作家着物は、初代か2代目どちらかによって価値が異なる場合があります。

お持ちの着物が誰が作ったかを含めて、価値がどのくらい高いかを見極めます。

着物を売却予定なら買取実績が豊富なバイセルにご相談ください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

見分けのつかない着物も落款を知れば違いがわかる

着物は同じ種類であっても、染め方・織り方・柄に違いが現れますが、素人ではなかなか見分けるのが難しいです。

例えば一口に友禅といっても、京友禅・加賀友禅・東京友禅・十日町友禅などがあり、特に加賀友禅と京友禅は柄が似ています。

そこで双方を見分けるポイントにしたいのが落款です。

この場合は「加賀友禅 手描技術者登録名簿」という加賀友禅作家の落款が登録してある名簿を確認し、落款が載っていれば加賀友禅か否かが判明します。

上記のように、落款とは作品を鑑賞するうえでとても大切なものです。

落款について:まとめ

まとめ

一流の作家によって作られた着物には、ほとんど全てに落款があります。

しかし有名な作家の作品=落款ありでも、落款あり=有名な作家の作品、というわけではありません。

言うならばハンコと同じようなものなので、素人でも捺せてしまうのです。

落款があるものを見つけた場合は判断を急がず、丁重に保管した上でまずは着物の専門知識をもつ査定員に相談してみるのが得策でしょう。

着物バナー
着物バナー

着物買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する