ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

旧硬貨(昔の硬貨)って価値はあるの?種類や買い取りに出す前のポイントも解説!

旧硬貨(昔の硬貨)って価値はあるの?種類や買い取りに出す前のポイントも解説!
旧硬貨(昔の硬貨)って価値はあるの?種類や買い取りに出す前のポイントも解説!

あなたの財布のなかに一枚は入っている10円玉や100円玉。

それらを総称して硬貨と呼びます。

また、今現在は流通しなくなった硬貨を「旧硬貨」と呼び、旧硬貨は現在も使用可能な貨幣を指すこともあります。

ここでは古いお金、「旧硬貨」に焦点を当て、旧硬貨の現在における価値や、査定に出すときに知っておきたいポイントを紹介したいと思います。

旧硬貨の種類と価値

旧硬貨の種類と価値

皆さんのなかには「ギザ10」や「フデ5」といった言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

例えば、「ギザ10」は、1951年から1958年に発行された旧十円硬貨のことで、今現在も使用できるものです。

この時期に発行された十円硬貨にのみ周囲にギザギザが付いることから、普通の十円硬貨よりも高い希少価値が見込まれます。

このように旧硬貨は、基本的には「希少性」や「状態」によって価値が決まります。

また、コレクター需要が高い硬貨は、額面をはるかに超えた額で取引されることもあるようです。

ここでは、古銭の買取市場でも人気の高い代表的な旧硬貨やその価値を紹介します。

旧硬貨の中でも需要が高い:金貨

旧硬貨の中でも需要が高い:金貨

日本では、江戸時代にも小判などの金を用いた硬貨が流通していました。

ですが、当時の硬貨には、品位のばらつきや偽造といった多くの問題がありました。

そして、金本位制のもとで安定した通貨として金貨が定着したのは、明治時代以降のことになります。

明治時代の金貨は、大きく分けて明治前期の旧金貨と、明治後期の新金貨の2種類に分けることができます。

旧金貨には1円・2円・5円・10円・20円の金貨があり、いずれも年を追うごとに発行枚数が減ったため、製造年号が新しいほうが価値は高い傾向があります。

また、新金貨には5円・10円・20円金貨があり、昭和の恐慌で改鋳されたものが多いため、現存している新金貨はいずれも高い価値をつけられています。

大正時代と昭和時代前期には、引き続き明治の新金貨の5円・20円が流通しました。

そして、戦争によって金貨が廃止されることになります。

旧金貨は、非常に人気の古銭です。

一般的には、プレミアの価値もつきやすく、「旧20円金貨」は状態によっては数十万円の価値になることもあるようです。

戦後まで流通していた旧硬貨:銀貨

戦後まで流通していた旧硬貨:銀貨

銀という素材は調度品や装身具として古くから人々の生活に欠かせないものとして知られていました。

銀貨においても歴史は古く、紀元前の時代から貨幣として流通していたといわれています。

銀はその光沢の美しさ、変色や変質への耐久性が高いという性質や、加工がしやすくデザインの自由度の高さから貨幣の素材に適していました。

日本でも古くから銀は貨幣に使われており、江戸時代には「三貨制度」が整備され、通貨が金貨、銀貨、銅銭の三種類に統一されました。

銀貨は重さによって価値が決められており、使用する際は店先で天秤などにより計量されていたといわれています。

銀貨は明治時代以降にも発行されていて、明治初期には5銭銀から1円銀貨まで実に十種類以上の銀貨が流通していました。

このときに発行された銀貨には、有名なものも多く、コレクターの間でも非常に人気となっており、高値で取引されている銀貨も多いようです。

なかでも、旭日竜の描かれた旧硬貨「旭日竜50銭銀貨」のシリーズや、イギリス、アメリカとの貿易に用いられた「貿易銀」は特に有名で旧硬貨の買取市場でも非常に人気のある銀貨となります。

価値のある旧硬貨一覧

このほかにも、以下のような古い硬貨にとても高い価値があります。

穴銭・絵銭

穴銭とは、貨幣の中心に四角い穴が開いた古い貨幣の総称です。

穴銭に高い価値がつきやすい第一の理由は、ほかの旧硬貨と比べて非常に古い歴史があることです。

多くの専門店では、以下のような穴銭を高値で買い取っています。

  • ・永楽通宝
  • ・慶長通宝
  • ・寛永通宝
  • ・元豊通宝
  • ・長崎貿易銭

一方で絵銭は、室町時代以降におもちゃやお守りなどの目的でつくられた古い硬貨です。

恵比寿様や大黒様などが描かれており、その多くに穴銭と同様の四角や丸の穴が開いている特徴があります。

以下のようなデザインの絵銭は、高い価値があります。

  • ・水戸虎銭
  • ・大迫銭
  • ・五位堂銭 菊
  • ・鏡屋銭
  • ・浅間銭
  • ・穴一銭

外国硬貨

外国硬貨とは、その名のとおり海外で流通されていた古い貨幣やコインの総称です。

高い価値がつきやすいのは、発行枚数や現存枚数が少ないものになります。

また、金貨の場合、希少性に地金の価値も上乗せされます。

高値で買い取られる外国硬貨には、アメリカのトレードダラーやピースダラーといったさまざまな種類があります。

プルーフ硬貨

プルーフ硬貨とは、収集用に特殊な技術を用いて製造されたコインの総称です。

一般的には、模様が鮮明に浮き出ているか、表面に光沢をもつ特徴があります。

プルーフ硬貨で高い価値があるのは、やはり発行枚数や現存枚数が少なく希少性の高いものです。

また、外国硬貨と同様に、地金の価値でも買取相場は大きく変わっていきます。

記念コイン

記念コインは、国内外の記念行事などの際に発行されるコインの総称です。

五百円硬貨のように一般に流通するものではないことから、記念コインにはプルーフ硬貨と共通する特徴があります。

価値が高い記念コインには、以下のようなものがあります。

  • 平成2年 天皇陛下御即位記念10万円金貨
  • 2005年日本国際博覧会記念1万円金貨など

希少価値から額面以上の価値になることもある旧硬貨

希少価値から額面以上の価値になることもある旧硬貨

ここまで、金貨、銀貨などの古銭について紹介してきました。

冒頭でも触れた「ギザ10」や「フデ5」のように、発行年代によって形状に違いがあるものは、額面以上の価値があるとっても過言ではありません。

しかし、額面以上といっても、基本的には未使用であるなど保管状態が良いなどの条件が加味されたうえでの判断となりますのでご注意ください。

また、「昭和62年の50円硬貨」や「昭和32年、33年発行の10円玉」などは極端に発行枚数が少ないため、数千円から数万円で取引されることもあります。

ですから、いま一度、財布のなかの硬貨をチェックしてみてはいかがでしょうか?

旧硬貨は種類も豊富で、状態によって価値は大きく変わってきます。

そのため、「これはレアな硬貨かも?」と思ったときはプロの査定を受けることがおすすめです。

ここからは、旧硬貨を買い取りに出す前に抑えておきたいポイントを紹介したいと思います。

大切な旧硬貨の買い取りは古銭に詳しいバイセルへ

バイセルは全国を対象に古銭の豊富な実績を持っています。

旧硬貨を売りたい・持っている旧硬貨の価値を知りたい などのご用命の際は今すぐバイセルへご相談ください!

お電話1本で経験豊富な査定員が無料出張査定にお伺いいたします!

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

旧硬貨を買い取りに出す前に抑えておきたいポイント

旧硬貨を買取に出す前に抑えておきたいポイント

見慣れない旧硬貨をみつけたときに「これは一体いくらの価値があるのだろう?」と、インターネットで検索することもあるかもしれません。

このように旧硬貨の買取相場や価値が記載されているサイト情報を参考される方もいらっしゃいますが、実際に買い取りに出してみると思ったより安い査定価格を提示され、疑問に思う方も少なくないようです。

こうした参考価格と査定価格の開きは、以下のような保管方法や日々の取り扱いによって生じている可能性もあります。

旧硬貨で注意すべき保管方法(金貨の場合)

旧硬貨で注意すべき保管方法(金貨の場合)

金貨の場合は、ビニール袋などに入れず、専用マットに裸で置いておくことが必要です。

一方でビニール袋などには、化学薬品が含まれています。

そのため、ビニール袋に入れて金貨を保管すると、硬貨の質に悪影響を及ぼすリスクがあります。

また、強く磨いたり洗ったりすることは避けるようにしてください。

布でホコリを優しく落とす程度のお手入れをすることに加え、触れたときに指紋がつかないようにすることも大切です。

旧硬貨で注意すべき保管方法(金貨以外)

旧硬貨で注意すべき保管方法(金貨以外)

お持ちの旧硬貨が金ではない場合も、保管や取り扱い時に注意点があります。

硬貨の素材には、金以外に銀や銅・ニッケルなどさまざまな種類があります。

これらに共通していえるのは、酸素や水・塩に弱いという性質があることです。

金属は、湿気や空気に長時間触れると酸化を起こし、気付いたときにはサビがついてしまうこともあります。

ちなみに、銀貨は変色しづらいといわれていますが、常に直射日光に当たり続ける場所に保管しておけば少なからず、変色や日焼けを起こしてしまう可能性もあるでしょう。

より高額での査定につなげるためには、金貨や銀貨、記念コインなど希少価値の高い旧硬貨を箱ごとビニール袋で密封し、可能な限り良い状態を維持するのが望ましいでしょう。

   古銭バナー
古銭バナー

旧硬貨は古銭の価値を知っている古銭買取専門業者へ相談しよう!

旧硬貨は古銭の価値を知っている古銭買取専門業者へ相談

旧古銭には、リサイクルショップやヤフオクといったさまざまな買い取り・売却の方法があります。

でしが、価値の不明な旧硬貨を高く売りたい場合は、古銭の専門業者に頼むのがおすすめです。

古銭の買取業者では、経験豊富な査定員が実物を見て金額をつけていきます。

また、プロが鑑定も行なってくれるため、買取相場に応じた適正価格を把握できるだけでなく、偽物かどうかを調べられるところも大きな魅力です。

旧硬貨でプレミアがつく種類の場合、粗悪な偽物がつくられる場合もあります。

そしてこれらは、インターネット上で安価で販売されています。

なかには非常に精巧なものも存在しているため、真贋の判別ができるのは、古銭に対する鑑識眼を持った査定員だけとなるのです。

大手の古銭買取業者を利用するなら出張買取がおすすめ

古銭買取業者の多くは店舗を構えているところもありますが、遠方にお住まいですとなかなか売りに行くのも難しいという場合もあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが大手の古銭買取業者をはじめバイセルでも実施している出張買取という買取方法です。

この方法を使えば、電話やメール1本で査定員が自宅まで来てくれます。

そのため、古銭を大量に所有されている方の場合も、売却のためにわざわざ運び出す必要もありません。

出張買取を実施している古銭買取業者の多くが、出張料・査定料・キャンセル料といった利用料を無料としていまので、気軽にご相談ください。

古銭を売るなら複数の業者に!

古銭の価値は買取相場をもとに算出されます。

しかしながら、買取業者ごとに大きな開きが生じる実情もあります。

特に、プレミア価値の見込まれる旧硬貨であれば、なおさらです。

そのため、複数業者に査定を依頼し、最も高値をつけてくれた業者へ相談するのが高値で売る方法といえます。

まとめ

今回は旧硬貨の種類や価値に関してご紹介しました。

もし、ご自宅に価値の不明な旧硬貨が出てきたときは、ご自身で価値を調べる前に古銭の価値に詳しい専門業者へ相談してみましょう。

古銭買取業者ごとに買取価格には差がありますので、まずは複数の業者へ相談してみた上で最も高値をつけてくれる業者へ売却をおすすめします。


   古銭バナー
古銭バナー

古銭買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。